デシベルをあらわすメーターとして、以下調べた内容なのですが

・ピークメーター(30ms区間の平均値)
速い、瞬間的なレベルの値をメーターで見ることができる

・VUメーター(300m区間sの平均値)
人間の耳の聴覚、知覚速度に似ている間隔で、音圧を表示することができる

とありました。
RMSメーターについて調べましたが、文献も少なく、求め方(二乗平均平方根)などはありましたが、情報も少なく、上記のメーターとの違い、使うことによっての利点などがよくわかりませんでした・・・
ご存知の方、よろしくお願いしたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

目的、用途、原理が全く違います。



VUメーターは音響機器(オーディオ)で使われるレベルを表示するための機器で、BTS規格5703で目盛りや動特性などが定められています。

1.228V(600Ω系 4dBm)の入力があったとき、0VUの目盛りを指すこと。
レペル 0VU 、1 kHz の正弦波を急に加えた場合、メータの指針が 0.3 ±0.03 秒で 0VU の振れの 99% に達し、0VU での振れすぎは 1~1.5%以内であること。
(2.VU VU計 VUメータについて のところを見てください)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/office_s/w_knowle …
(参考)
http://www.netlaputa.ne.jp/~cadeau/Q&A01.htm

ピークレベルメータ
0dBを指示するまでの時間が10ミリ秒以内と規定されており、瞬間最大値を表示する、と言ってもよいでししょう。
http://www.wdic.org/w/TECH/%E3%83%94%E3%83%BC%E3 …

rmsは測定方法の呼び名です。
瞬時値の二乗平均の平方根(root-mean-square:rms)をとるところから、この呼び名があります。
http://www.nfcorp.co.jp/techinfo/dictionary/009. …

このrmsを求めるのに通常、演算回路が用いられます。
電圧、電流、電力すべてに適用されます。
上記URLの最後に「交流電圧計」とあるところをクリックすると、商品見本が表示されます。

勿論、rms計を使ってオーディオ値(電圧・電流・電力)を測定することはできますが、聴感とはあまり関係の無い値ですから、出番はないでしょう。

rms計がオーディオで威力を発揮するのは、ノイズの測定です。
ノイズはいろんな波形が複雑に入り混じっていますから、平均電圧(電流)計では正しい値が測れません。
(上記「交流電圧計」の中にノイズメータが表示してあります)

[お詫び]
貼り付けたURLの中にずいぶん長いものがありますので、これはきちんと表示されないかもしれません。
前もってお詫びして置きます。
    • good
    • 0

発熱を問題にするときはRMSが便利です。



例えば電源コードの抵抗値がR[Ω]で、電流がI[Arms]だと損失P[W]はR×I^2で計算できます。何Wなら発熱が何℃だから溶けない!などと確認します。
    • good
    • 0

「VUメーター」と「RMSメーター」は、呼び名が違うだけで、同じものだそうです。



 http://blogs.yahoo.co.jp/boorankenko/43860559.html

には、次のように書かれています。

1.VUメーター(RMSメーター)
Volume Unit Meterの略である。
ほとんどのアナログ音響機器において、このVU計が採用されている。
表示されるレベルが、人間の聴感に近い値を表してくれることから、英語では、「実行値」を意味するRMS(root mean square value) Meterとも呼ばれる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんかあっさりしてましたね・・・
すいません、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/18 17:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVUメーターとピークメーターの違いは?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

ビデオの編集ソフトの音声を見るメーターのところで、VUメーターとピークメーターが選べるようになっていますが、この違いは何か分かりません。
よろしくお願いします。

取説を見てもよく分からないので。

Aベストアンサー

オーディ的な見方やお使いのソフトによりますが、ビデオ編集用ソフトなら・・ということで。
VUメータ は音がちゃんと有るかどうか確認する意味であります。
音の大きさに合わせて動きますよね?
ピークメーターは、も音に反応して動くものですが、音の最大時の大きさを指示してくれるもの、の場合が多いです、よくある補助機能としてピークホールド機能付き(最大時の大きさがわかりやすいようにその値を保持して表示する)だったりします。
単純にピークランプなどなら、それが点灯したらレベルオーバーです、ということもあります。
デジタル音声の録音ではレベルオーバーが命取りです。
アナログ音声だとレベルオーバーでは音が歪むくらいですが、デジタルの場合は音があっても不明な音になり、最悪は音にもならない変な音になったりします。
VUメータは、たぶん、緑、黄、赤などに色分けされていると思いますが、緑の範囲なら大丈夫、だけど、あんまり音が小さいとまた聞きにくいものになるので、作品全てを通して最大時の音量が一瞬黄色範囲くらいなるようにレベル調整します。
ソフトによっては、小さすぎた音量をデジタル式に大きくできますが、レベルオーバーした音量は絶対に直せません。
ですから、音量の最大レベルをチェックする場合はピークメーターを、単に音の確認や十分レベル以下の音ならVUメーターという使い方になると思います。

オーディ的な見方やお使いのソフトによりますが、ビデオ編集用ソフトなら・・ということで。
VUメータ は音がちゃんと有るかどうか確認する意味であります。
音の大きさに合わせて動きますよね?
ピークメーターは、も音に反応して動くものですが、音の最大時の大きさを指示してくれるもの、の場合が多いです、よくある補助機能としてピークホールド機能付き(最大時の大きさがわかりやすいようにその値を保持して表示する)だったりします。
単純にピークランプなどなら、それが点灯したらレベルオーバーで...続きを読む


人気Q&Aランキング