ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

学校で習ったことも、もう記憶の彼方。
ダヴィンチコードでローズライン(子午線)という言葉をきいて、なんとなく天文学に興味を持った次第です。

天文学全般について、イラスト入りで分かりやすく、でもある程度詳しく書かれている初心者におススメの本や雑誌をご紹介いただけないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

宇宙をある程度深く知ろうとすると当然物理学や化学の話も出てきます。

逆に、天文学はそういった包括的で根本的な謎を提供してくれる、とても魅力的な分野でもあると思います。
そこで、少し「天文学」にはそれてしまう話が多くなるかもしれませんが、「ビッグバン宇宙論」ができるまでの古代からの「科学」の歴史をわかりやすくまとめた本を紹介します。
「宇宙創成(上・下)」 サイモン・シン
ちなみに、中学生でもわかりやすく読めるので、気楽に挑んでみることをおススメします。
    • good
    • 0

私の蔵書の中からお奨めしてもよさそうなものをピックアップ


してみました。

 天文学全般をざっと概観するようなものをお探しならばこちらなど
いかがでしょう。
 (1) 新版「星空のはなし」~天文学への招待~ 
    河原郁夫 著  地人書館
 簡単な図解と一般教養課程で学ぶ程度の天文知識が平易な内容で
 まとめられていると思います。

 (2) シリーズ現代の天文学I
   人類の住む宇宙   日本評論社

 全部で17巻ありますがその第一巻は普通の方が読んでも
 理解できるように最新の宇宙論やその捕らえ方が解説されています。
 なぜ星が遠くにいっているのか、なぜ空が暗いのか、そうした疑問を
 経緯と理論、豊富な図説で説明しています。 最近の本の中では
 納得させる力が強い一冊でした。 基礎が分かった上で読むと
 知的感動があると思います。(1)の次に(2)という流れでいかがでしょう。

 (3)現代天文学実験 宇宙を観るI<初級篇>
    横尾武夫 編  厚生社厚生閣

 かなり本格的な本です。実際に自分で望遠鏡を用いて観測し
 計算して一般に知られる現象等を追認したり、実験したりするもので
 最近の天文書では少なくなった実践できる本です。本で知識として
 得るだけでなく、自分自身で実感してみたいときには(3)を。

 観測分野ではまた別に良書がいくつかあると思いますので
 天文学一般→理解しやすい宇宙論→実践 というパターンで
 ご紹介してみました。 ご希望にそぐわないお奨めでしたら
 失礼しました。
    • good
    • 0

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/chigaku/
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2008/tv/ch …
図書館に行って、司書に相談してください。
子供向け図鑑、科学雑誌ニュートンの別冊、天文シミュレーションソフト、
「天文学」で検索すると、いろいろなホームページにたどりつけると思います。
http://dir.yahoo.co.jp/Science/Astronomy/
http://dir.yahoo.co.jp/Science/Astronomy/Worldas …
    • good
    • 0

恒星社厚生閣の「やり直しの天文学」というのがあります。

一応、記述は大人向け。
あとは、「星ナビ」辺りが良いかも知れません。

今年は、世界天文年ということで、日本天文学会・天文教育普及会・国立天文台・日本プラネタリウム協議会・日本公開天文台協会と、文部科学省・日本学術振興会・日本学術会議協賛で、世界天文年日本委員会では、「星空ブックフェア」を企画して行っています。

お近くの本屋さんなどに出かけられて、ご自身の興味を持った書籍を手に取られてみてはいかがでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初心者用 天文学の本

最近、星や惑星に興味をもったのですが
初心者でもわかりやすい天文学の本は
ありますか?
なるべく図やイラストがあるものがよいです。

あと、洋書(子供用の英語程度)でもわかりやすい
のがあればお願いします。

価格は 3000円以下ぐらいのものを
ご紹介くださるとうれしいです。

Aベストアンサー

以前、ここで回答したものがありますので、ご紹介します。↓uri

まず読むのにはもってこいだと思います。ただし、天体望遠鏡の使い方、星座88みたいなものは載っていません。
星座・星でしたら藤井旭『全天星座百科』2500円ですかね。

今、気づいたのですが、『宇宙の事典』の1800円は安い!です。

あと、あなどれないは
『まんがで知ろう天文学1~3』星の手帳社 各825円
超新星爆発のことなんて、これ以上わかりやすく詳しく書いたものは見たことありません。ロマンもたっぷり、私は好きですね。
それぞれの巻は『星世界探検』『太陽系探検』『大宇宙探検』となっています。

ただし、これはamazonや一般書店にはないと思います。
でも大体の天文系の施設では売っています。東京近辺であれば、未来科学館、科学技術館、横浜こども科学館、八ヶ岳自然文化園、野辺山高原ベジタボールウィズ、生命の星地球博物館、に置いてあったのは確認しています。(横浜こども科学館は一部品切れでした)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1914487

以前、ここで回答したものがありますので、ご紹介します。↓uri

まず読むのにはもってこいだと思います。ただし、天体望遠鏡の使い方、星座88みたいなものは載っていません。
星座・星でしたら藤井旭『全天星座百科』2500円ですかね。

今、気づいたのですが、『宇宙の事典』の1800円は安い!です。

あと、あなどれないは
『まんがで知ろう天文学1~3』星の手帳社 各825円
超新星爆発のことなんて、これ以上わかりやすく詳しく書いたものは見たことありません。ロマンもたっぷり、私は好きですね。
...続きを読む

Q天文学者になるための進路・・・。

今中2なんですが、将来天文学者になりたいと思っています。
そこで質問があります。

(1)天文学者になるためにはどのような高校、大学に行くべきですか?

(2)天文学者になって、どのようにして収入を得るのでしょうか?

(3)その他アドバイスなどあれば、お願いします。

Aベストアンサー

(1) 地域のトップ公立高校、もしくは東大合格ランキングに名前の入る私立国立高校。東大理一に行くのがベスト。

(2) 既に回答されている通りです。また、天文学に詳しい地学教員という道もあるでしょう。大学で必ず教職を取ってください。

(3) 天文学者としてメシを食っていくには、平たく言えば「東大にスムーズに入れる」頭脳が要求されます。学歴以上に頭脳が必要です。

ここまで回答されているように、天文学を専攻してメシを食えるポストは決して多くなく、競争は熾烈です。要するに、東大や京大を卒業して博士を取った人と競争して勝たなければ、天文学者として研究生活を送れないのです。

実際問題として、天文学者としてメシを食っている人の多数は東大学部卒、かなり差があって京大学部卒だと思いますよ。例えば、東大に行けなくて他の大学に入ったとして、大学院を経て、将来的に東大に受かった人たちと勝負して勝てるでしょうか?現実には難しいと思います。

質問者様が首尾よく東大や京大に行ければ良いのですが、うまく行かなければ、「なるべく田舎の地方公務員になり、余暇に天体観測を楽しむ」生き方も大いにありだと思います。最近は、アマチュアでも各地の公共天文台で1メートル級の望遠鏡を使えるようになってきました。個人でも、30センチくらいの望遠鏡は十分所有できます。昔なら想像もできなかったことです。

うまく行けば、自宅にドームを設置することもできるでしょう。田舎なら土地が安く、自宅からでもそこそこ星が見えますから。地方公務員の給料ならそのくらいはできます。

いきなり後ろ向きなことを言って悪いですが、そういう方向もあると考えてください。

(1) 地域のトップ公立高校、もしくは東大合格ランキングに名前の入る私立国立高校。東大理一に行くのがベスト。

(2) 既に回答されている通りです。また、天文学に詳しい地学教員という道もあるでしょう。大学で必ず教職を取ってください。

(3) 天文学者としてメシを食っていくには、平たく言えば「東大にスムーズに入れる」頭脳が要求されます。学歴以上に頭脳が必要です。

ここまで回答されているように、天文学を専攻してメシを食えるポストは決して多くなく、競争は熾烈です。要するに、東大や京大を...続きを読む

Q宇宙について学べる入門書を教えてください

最近になって宇宙に興味を持ち始め、双眼鏡等で気楽に星見を楽しんでいます。
そうした中で、宇宙という物について学んでみたいと思うようになりました。

高校は理系だったので数学に対して苦手意識はありませんが、大学は文系だったので
高度な数式などは理解できそうにありません。

なので比較的そういった文系の人でも理解できそうな入門書のような物があれば
教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

草思社 の サイエンス・マスターズ の
シリーズ に 入っているもの は、 いかがですか。
  2 ポール・ディヴィス  『宇宙 最後の 3 分間』
  4 ジョン・バロウ    『宇宙が始まるとき』
 16 マーティン・リース  『宇宙を支配する 6 つの数』
 17 リー・スモーリン   『量子宇宙への 3 つの道』
生物学 や 物理学 等 いろいろな ものが あって、
どれも わかりやすく おもしろいです。

Q天文学に興味があり、勉強をしたいのですが。

高校生の時理数系でしたが、得に天文学を勉強をした事がなく、
でも興味があります。
何か良い勉強の仕方があれば教えて下さい。
(学校へ通う以外で・・・趣味程度で勉強が出来ればいいなと思ってます)

ついでに
天文学が関係してる資格があれば教えていただけたらと思います。
(取るのは無理だと思うけど、一応あれば教えて下さい)
よろしくお願いします

Aベストアンサー

天文学系の資格と言うのは聞いたことないです。
理系なら学校に通う以外で勉強をするとなると、どうしても
本格的にはやれませんよ。

一応、「天文ガイド」や「Newton」という本が出てますから
それらを読んで望遠鏡などを買ってみては如何でしょうか。

「天文ガイド」は天文学者や教授の報告や惑星・月観測用の望遠鏡の
本格的な販売も行われており、天文ファンの必携アイテムです。

また、「ニュ-トン」は科学的な事象を抜粋した分かり易い理系の本です。
内容は刊号によって違いますがブラックホ-ルやアインシュタイン方程式の構造、
相対性理論の説明やスティ-ブン・ホ-キング博士の特集など、天体物理学的な
天文学の内容その他を分かりやすくまとめてあります。

この二冊を毎月読むだけでも教養・趣味としては十分過ぎるほどの知識が身につきます。また、時に新聞社やテレビ局などで天文学講座や天体観測会などが催される場合もありますよ。

本格的にやるのなら月・惑星研究家とか、大学に行くとかした方が良いですけどね。少しでも参考になればいいんですけど。

天文学系の資格と言うのは聞いたことないです。
理系なら学校に通う以外で勉強をするとなると、どうしても
本格的にはやれませんよ。

一応、「天文ガイド」や「Newton」という本が出てますから
それらを読んで望遠鏡などを買ってみては如何でしょうか。

「天文ガイド」は天文学者や教授の報告や惑星・月観測用の望遠鏡の
本格的な販売も行われており、天文ファンの必携アイテムです。

また、「ニュ-トン」は科学的な事象を抜粋した分かり易い理系の本です。
内容は刊号によって違いますがブラック...続きを読む

Q宇宙

最近宇宙に興味を持ちはじめたのですが今まで読んだ宇宙の本は難しく困ってます。初心者でもわかりやすい宇宙の本はありますか?

Aベストアンサー

私は、どれか1冊としたら
「宇宙の事典」ナツメ社 をオススメしています。

【この本の特徴】
網羅性が高い: 
 どれか一部分がやたら詳しかったりする本が多い中で、この本は網羅性が高く、まったくといっていいほど抜けがありません

詳細な説明:
 網羅性が高いものは通りいっぺんの浅い説明になりがちですが、この本はかなり深いレベルのことまで書かれています。初版が2004年と比較的に新しいこともあり、ごく最近の理論、説についての説明がけっこう含まれている点もいいです。

わかりやすさ:
 オールカラーで写真、図版満載(といより、写真や図の方が多い)。説明文も平易で中学生以上であればなんなくわかる文章です。また、説明順序も遠いところ(宇宙の始まり)から、大規模構造、銀河系、星、太陽系とだんだん近くなっていくのも、効果的だと思います。
(ちなみにコスモスは私もオススメです)

amazonでの他の方のレビューも参考にしてみてくださいませ↓

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4816336575/qid=1137976695/sr=8-7/ref=sr_8_xs_ap_i7_xgl65/250-1490529-7600242

私は、どれか1冊としたら
「宇宙の事典」ナツメ社 をオススメしています。

【この本の特徴】
網羅性が高い: 
 どれか一部分がやたら詳しかったりする本が多い中で、この本は網羅性が高く、まったくといっていいほど抜けがありません

詳細な説明:
 網羅性が高いものは通りいっぺんの浅い説明になりがちですが、この本はかなり深いレベルのことまで書かれています。初版が2004年と比較的に新しいこともあり、ごく最近の理論、説についての説明がけっこう含まれている点もいいです。

わかりやす...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報