売掛債権回転期間と買掛債務回転期間について教えてください

1)売掛債権回転期間
売掛債権回転期間=売掛債権÷(売上高÷12)
何か月分相当の売掛債権が残っているかを表すというのはわかるのですが、なぜそれが「平均何ヶ月で売掛金が現金回収されるか?」ということになるのか、ピンと来ません。
売上債権というBSと売上高というPLの数字で、なぜキャッシュがわかるのでしょうか?解説いただけると幸いです。

(2)買掛債務回転期間も同じです。
買掛債務回転期間=買掛債務÷(仕入高÷12)
何か月分相当の買掛債務が残っているかをあらわすことまでは理解できるのですが、「買掛債務の返済(支払い)に何ヶ月要しているか」がなぜわかるのか、ピンと来ません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

簡単なモデルを作って考えてみましたか?



例えば年間の売上高が120万円だったとしましょう。
すると毎月の売上金は10万円で、それがすべて売掛金処理だとすると単純計算で売掛金は毎月10万円増えることになります。
1ヶ月で回収しているのであれば、毎月の売掛金残高は10万円ですね。
(先月の売掛金10万円は回収できているから)
もし20万円であるのなら、2か月分の売掛金がたまっていることになります。
つまり先月と先々月の売掛金がたまっているので、平均すれば売掛金は2ヶ月で回収しているということになります。

買掛金についても然り。

キャッシュについては、売掛金が売り先への貸付金、買掛金が仕入先からの借入れと解釈できますよね?
貸付けや借入れがキャッシュにどのような影響を及ぼすかは、自ずと分かってくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/19 19:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算書類 買掛金は未払い金処理??

今年から青色申告をします。貸借対照表の負債の部には支払手形、工事未払い金、未払い金、未払い工事受け入れ金、短期借入金。預かり金、その他流動負債がありますが 買掛金は 未払い金ですか?その他流動負債ですか?わかりません。どなたか教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

勘定科目からすると建設業のようですね。建設業の経理では「買掛金」という勘定科目を使わずに「工事未払い金」を使います。

Q買掛債務回転期間の算出について

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

一般的に買掛債務回転期間を算出する公式は

 買掛債務回転期間=買掛債務÷(仕入高÷12or365)

だと思いますが、一説には、

 買掛債務回転期間=買掛債務÷(売上高÷12or365)

と、売上高を使用する説があるようです。

ご質問したいのは、
1.売上高を使うパターンは正しいのか否か。
2.なぜこのような算出方法(説?)があるのか。

の2点です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

仕入高は詳しいPLを見なければ載っていないですが、
売上高なら必ず載っています。
従って、算出が簡単なので、このような方法が取られているのではないでしょうか。
また、正しいかというと、当然仕入高を採用した方が正確だとは思いますが、
よほど利益率の高い企業でない限り、大きく変わらないと思います。

Q未払い金と未払い費用の違いが良くわかりません

よろしくお願いします。
簿記を勉強しているのですが
未払い金と未払い費用の違いがよくわかりません。
確定債務と不確定債務で、前者は

確定債務=支払い金額が決定している費用、
不確定債務=支払い金額が確定していない費用

とありますが、未払い費用を計上した時点で、金額が確定しているような気がします。

未払い金
→土地などの購入でまだ支払っていないもの

未払い費用
→家賃などで今期の費用に含まれるが支払日がまだのもの

というイメージなのですが
違いがよくわかりません。

教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3の者です。

前回投稿での家賃の例えについては、説明のために持ち出したものであり、一般的でないからといって例示に使えないものではない、とご理解いただければ幸いです。

実のところ、前回投稿の時はかなり眠くて、頭の回転がとてもゆっくりになっておりまして、そんなときに不確定債務でない例として思い当たったのが未払家賃だけだったんです。特約がなければ、家賃は後払いになるので・・・。

確かに後払い家賃は特約で排除されるケースが多く、一般的ではないと気付いていたのですが、他に思いつかん、もうええわこれで、としてしまったものです。

余談が長くなってしまいました。申し訳ありません。


ひとつ書き忘れたのですが(こちらが今回の投稿のメインです)、未払費用になるのは継続して役務提供(サービス提供)のおこなわれるものに限られますので、継続していないサービス提供や継続した物販などは、未払費用で計上しないのが原則です。

Q売掛債権回転日数について

債権管理を行うのに、販売管理システム上の数値を使って分析の資料にできないかと思っています。
こうした指標は、計算式はあるものの、明確な定義が無いため、いざ使って見ようということになると、適用の基準に悩むところです。

回転日数=売上債権×365/売上高
という式で求めますが、例えば、月単位に回転日数を見ようとした場合、どのような求め方をすればよいのでしょうか?
当月の売掛金÷1日当り売上としたとき、売掛金を求めるタイミングというのは、入金日を基準に求めるのが回収率の基準としては正しいのでしょうか?
全社や組織毎の数字は基準が異なるため、割り切りで月末で算出するしか方法が無いように思えますが、果たして意味があるものなのかという気もします。
実務ベースでこのようなことをされている方がおられましたら、アドバイス頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

売掛債権回収日数は確かに経営や投資の指標として使われます。
しかし目的は細かい貸し倒れリスクを見ることではありません。
目的は『この売掛金が大体何日で現金化できるか?』にあります。現金化できればキャッシュリッチになり新たな仕入や投資ができる…というキャッシュフロー(経営・投資)の判断数値です。

貸し倒れリスクは回収日数よりむしろ、個々の相手先に依存するもので回収日数が長くても、相手が安定していれば債権回収的にはそれで十分に合格点となります。

またこの数値は月毎に使うのは不適切のように思えます。
1月(正月休み)、5月(GW)、8月(盆休み)、9月(連休)、12月(正月休み)は連休に支払日が重なることがあり、銀行の翌営業日に振り込む契約を交わしていると数字がものすごく悪くなります。逆に連休前に支払うと数字が格段に良くなります。(支払日が土日にあたるだけ1,2日の誤差が生まれる)
そして、数字を見ただけではそれが遅延なのか、銀行によるものなのか一目で判断はできません。(カレンダー片手に数字を見る必要がある)
そこら辺の補正も入れていかないと、真面目にやっているのにカレンダーのせいで赤信号が灯る会社も出てきそうです。

また月に複数回の回収のある取引先では、回収日数を使うと数字のマジックで遅延の事実に気付けない可能性もあります。(1回目に2日の遅延を起こしても、2回目の振込みが前倒しされていたら、回収日数では遅延に気付かない)

年単位の回収日数ですら、季節によって売掛金が変動するような会社であれば、決算書だけ見て出した回転日数は信用できません(それなりの補正が必要)。


債権回収の立場からして最も重要なのは「回収日数」ではなく「遅延の事実(取引先と売掛金の規模)」です。回収日数が長いことは問題ではなく、例え回収日数が短くとも遅延自体が問題なのです。

僕が社長で『貸し倒れ』について会議を開くとすれば、回収日数ではなく過去に入金の遅延を起こした取引先名(遅延の規模と時期、何日後に回収できたかも分かればベスト)のほうが、日数の数字の羅列より話がしやすいと思います。

凝縮しすぎた数字は便利かもしれませんが、大事な情報を殺す可能性もありますよ。

売掛債権回収日数は確かに経営や投資の指標として使われます。
しかし目的は細かい貸し倒れリスクを見ることではありません。
目的は『この売掛金が大体何日で現金化できるか?』にあります。現金化できればキャッシュリッチになり新たな仕入や投資ができる…というキャッシュフロー(経営・投資)の判断数値です。

貸し倒れリスクは回収日数よりむしろ、個々の相手先に依存するもので回収日数が長くても、相手が安定していれば債権回収的にはそれで十分に合格点となります。

またこの数値は月毎に使うのは不...続きを読む

Q未払いの買掛金 減額交渉のポイントを教えてください

私は、経営に関して素人(それも、ど素人)です。
既に死亡した当事者の代理で交渉をしています。

会社の清算はまもなく完了します。
取引先への未払いの買掛金が5千万円(仮に)あります。
取引先は社長の土地を第2順位で根抵当権設定しています。
金融機関への負債は2千万円(仮に)あります。
金融機関も同じ土地を第1順位で根抵当権設定しています。
いずれも、根抵当権の極度額ほぼいっぱいです。

当時のことは詳しく知りません。
この1~2年、なぜか納品額が大幅(2倍~4倍)に吊り上げられました!
会社清算にあたり、取引先へ買掛金の支払い額について
利益分の一部でも考えてもらうように交渉したところ、
取引先からこんなことを言われました。
1.納品物は原価で販売した。
2.製品開発費が多額にかかっているので、その分は上乗せした。
3.業界全体が厳しい状況に入ったため、うちもやむを終えない形で納品物の値段を上げた。しかし、利益なしで販売した。

したがって、利益は含んでいないので、買掛金に関してはそっくりそのまま支払ってほしい。

わが社は、高い納品物で利益が見込めないと分かってはいましたが、今後価格が安定して仕事も増えることを期待し赤字覚悟で品物を仕入れていました。
しかし、にっちもさっちも身動きできなくなり倒産に至りました。

関係者から話を総合すると、こんな感じらしいです。
こんな状況で、減額交渉をする余地はあるのでしょうか?
もし、何かあればそのポイントを教えていただけないでしょうか。

私は、経営に関して素人(それも、ど素人)です。
既に死亡した当事者の代理で交渉をしています。

会社の清算はまもなく完了します。
取引先への未払いの買掛金が5千万円(仮に)あります。
取引先は社長の土地を第2順位で根抵当権設定しています。
金融機関への負債は2千万円(仮に)あります。
金融機関も同じ土地を第1順位で根抵当権設定しています。
いずれも、根抵当権の極度額ほぼいっぱいです。

当時のことは詳しく知りません。
この1~2年、なぜか納品額が大幅(2倍~4倍)に吊り上げら...続きを読む

Aベストアンサー

ああ、ごめんなさい。前の質問でもしお父様が...という話もしていたのですこし混乱してしまいました。
今現在の話ですね。

弁護士にお願いする場合でよく知人経由で、、、という話がありますけど、それはそのつながり次第でかなり差が出ます。つまり、商売上手な弁護士というのはいろんなところで紹介してもらえる人を作るわけで、それを武器にうまく利益を上げることを目指すことが出来るわけです。要するに腕はよいかもしれないけど、報酬も高いという話です。知人による紹介の場合は、腕前はそれなりに期待できますが、報酬については高くても不思議は無いということです。

もちろん安く誠実にこなしてくれる弁護士に当たることもあるでしょうけど、特に会社関係を専門に扱っているような弁護士だと結構お高い場合が多いかと思いますよ。
今回の場合ですと弁護士にしたらそんな難しい案件ではないのでは?と思いますから他の弁護士を探された方がよいかと思います。その際にはどうやって弁護士を探すかという問題がありますので、公的な弁護士会などに相談されては?という話です。

ちなみに報酬規定はありますが、これはあくまで任意の基準であり、義務や強制では無いので、これと異なる報酬をもらうこともできるようになっていますから、どんなに高くても法外とはいえません。
それはあくまで頼む方が高すぎると思うかどうかです。2500万円が高いと思えばもっと安いところに頼むだけなのです。
個人的に思うにはご質問の案件でそんな高額報酬を求めてくる弁護士が必要とは思いません。
あと商売精神旺盛な弁護士は仕事を選びますので、お断りの意味で高額な報酬を求めることはあるでしょう。
これは弁護士に限らず世間一般によく行われていることで、「お断り見積もり」と私は称しています。

ああ、ごめんなさい。前の質問でもしお父様が...という話もしていたのですこし混乱してしまいました。
今現在の話ですね。

弁護士にお願いする場合でよく知人経由で、、、という話がありますけど、それはそのつながり次第でかなり差が出ます。つまり、商売上手な弁護士というのはいろんなところで紹介してもらえる人を作るわけで、それを武器にうまく利益を上げることを目指すことが出来るわけです。要するに腕はよいかもしれないけど、報酬も高いという話です。知人による紹介の場合は、腕前はそれなりに...続きを読む

Q売掛残高と売掛債権の管理

売掛残高と売掛債権の管理について。
与信管理を始めようと準備しています。与信は「売掛残高」の管理が必要ですが、手形での支払を受けた場合、「売掛残高」の消しこみをかけるのは振出を基準にしますか。それとも満期日の入金を基準にしますか。
「売掛債権」の消しこみであれば手形の振出を基準とするのが良いと思いますが。(元帳上で受取手形/売掛金となるので)
この考え方は正しいでしょうか。
実務はどちらがスムースにおこなえるでしょうか。

Aベストアンサー

>「売掛債権」の消しこみであれば手形の振出を基準とするのが良いと思いますが。
>(元帳上で受取手形/売掛金となるので)
>この考え方は正しいでしょうか。

売掛債権の定義
 売掛債権=売掛金
売掛金の消し込みであれば、受取手形を受領した時に売掛金が減少します。
よって、質問者さんの考え方は正しいと思われます。

しかし、与信が目的のようですから売上債権を管理する必要があります。

売上債権の定義
  売掛金+受取手形
http://www.nsspirit-cashf.com/yougo/yougo_urikake.html

与信管理の為に、売上債権管理の必要があります。
この場合の与信額は、取引先が潰れた場合最高でいくら損をするか。を事前に
決めておきます。
(潰れにくさを計数化したものが与信限度額です)
当該販売先が潰れた場合、売掛金であっても受取手形であっても原則的には
同じです。つまり与信的には受取手形が現金化して始めて管理が終わります。
 (勿論、廻手形は違いますが)

質問者さんは、上記の事から本質問をされたのかと思われます。

しかし、売掛金と受取手形は法的意味合いも管理方法も異なりますから、勘定
上は別々に管理した上で、与信限度額として合算して管理される事が合理的で
あろうと思われます。

>「売掛債権」の消しこみであれば手形の振出を基準とするのが良いと思いますが。
>(元帳上で受取手形/売掛金となるので)
>この考え方は正しいでしょうか。

売掛債権の定義
 売掛債権=売掛金
売掛金の消し込みであれば、受取手形を受領した時に売掛金が減少します。
よって、質問者さんの考え方は正しいと思われます。

しかし、与信が目的のようですから売上債権を管理する必要があります。

売上債権の定義
  売掛金+受取手形
http://www.nsspirit-cashf.com/yougo/yougo_urikake.html

...続きを読む

Q買掛金未払いで内容証明で催促状がきました

5年間ほど未払いになっていた買掛金に対し、相手方より代理人弁護士名にて、内容証明郵便で催促状がきました。
支払いがなければ、法的手段をとりますという内容です。
当方としては支払う意思がありますので、先方の社長宛に電話を入れ、また会社にも出向いておりますが、出かけておられたり、電話をかけても
取り合ってもらえません。当方はその請求書の明細書を欲しい旨を
伝えてありますが、何の連絡も頂けない状態です。
どうにかして相手方と連絡を取りたいのですが、このように弁護士が代理人となっている場合は、弁護士に連絡するのでしょうか。
支払う意思はありますがその前に先方と話がしたいのです。

Aベストアンサー

相手方は代理人にお金を払って委任したものですし,代理人に交渉なども任せたいと考えているでしょう。
実際に連絡がついたとしても,代理人に任せてあるから,そっちに連絡して欲しいと言われたらどうしようもありません。
支払う意思があるのなら特に,代理人と話をした方がスムーズに話が進むと思いますよ。
請求書の明細書が欲しいとかの希望も代理人に伝えればよいことです。

Qグループの売掛金・買掛金システム

連結の場合、売掛金・買掛金システムについて、グループ共通利用が困難な場合が多いのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

A.業態が違えばシステムが違う為
 在庫を持たないサービス業と在庫の受払が売掛買掛情報と連動する業種では
 そもそもシステムに求める物が違うし、システムで処理すべき情報量も桁違い。
 動かないことには話にならないので情報量の多い側に合わせてシステムを
 作れば少ない側にとっては過剰包装のシステムとなる。
 原価計算等とも連携することが多いので、これまた困ったこととなる。

みたいな判断をする企業が多いのではないでしょうか。

Q買掛金と未払金の違いで・・・

少し屁理屈な質問かもしれないのですが、お答えいただけるとありがたいです。

例えばモチを販売するのにもち米、着色料、うす、もちを販売するパックを買い料金を後払いとします。
もち米、着色料は買掛金、
うすは未払金になると思うのですが、
もちを販売するためのパックはどちらになりますか?
販売するときはパックに入ったもちを売るので、パックも原材料(商品)の一部になると考え買掛金とするのがよいのか、
別と考え未払金とするのがよいのか悩んでいます。

弊社では上記の例が医薬品や器具に置き換わるのですが、上記の例が分かりやすいと思い書いてみました。
よろしくお願いします。一言理由等も付け足していただけると幸いです。

Aベストアンサー

買掛金でしょう。
販売する商品に付随する物は買掛金で良いと思います。消費して無くなってしまいますからね。
その商品を販売するためにだけ購入するのですから・・・・

Q売掛・買掛の残高とは?

自営業をしています。

会計士さんに「去年の年末の時点での売掛・買掛の残高を確認してください」と言われたのですが、売掛・買掛の残高とは何でしょう。
経理など全くの素人なので基本的な事も分かっておりません。
分かりやすいご説明お願いします。

Aベストアンサー

・売掛金 
 自社製品を売りました。まだ、代金は回収してないです。じゃあ、
 どのくらいの金額を回収してないのか?その額を答えればよいと
 思います。
・買掛金
 商品を仕入れました。まだ、代金は払ってないです。じゃあ、
 どのくらいの金額を払ってないのか?その額を答えればよいと
 思います。
 ちなみに、備品購入などでまだお金払ってないというものは、
 未払金という別の勘定科目になるので注意してください。

会計士さんは、この額とともに他の預貯金の残高などを総合的に
チェックして、経営状態をチェックするのだと思います。
たとえば、売掛金が売上にくらべてやけに多いと、ちゃんと
売上金の回収はできてるのだろうか。。。とかチェックする
んでしょう。

自分は経理のプロではないで参考程度にしてください。大きくは
間違ってないと思いますが・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報