NOT回路とNOR回路はどんなところで使われていますか?
とても詳しく知りたいので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

コンピュータに限らず論理回路の重要な部分ですので、その回路を持つ半導体は、ほとんどのデジタル機器に使われています。

    • good
    • 0

#1の回答にあるように、何にでも使われているというのが正しいとは思いますが。



例えば、NORを二つ組み合わせるとフリップフロップを作ることが出来ます。
フリップフロップは1ビットの情報を保持することが出来るので、たくさん集めればメモリになります。
パソコンのケースを開けると中に入っている部品のメモリのことです。
メモリにもいくつか種類があるのですが、その中でもフリップフロップを使ったメモリのことをSRAMといいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの回転速度とバッテリーの電圧の関係

お世話になります。

モーターの回転速度とバッテリーの電圧の関係についてお聞きします。

バッテリーA(ニッケル水素):8.4V、1600mAhの公証値→テスター計測値9.02V
バッテリーB(ニッケル水素):9.6V、1300mAhの公証値→テスター計測値10.31V

の2種類のバッテリーが手元にあります。

その2種類のバッテリーをモーターに接続してモーターの回転スピードをテストしたら、バッテリーAの方が明らかに早いのです。

普通、電圧が高いバッテリーの方が、モーターを早く回転させられるのではないのでしょうか???


ちょっと別のテストを実施するために、バッテリーCを借りてきて、

バッテリーB(ニッケル水素):9.6V、1300mAhの公証値→テスター計測値10.31V
バッテリーC(ニッカド):8.6V、600mAhの公証値→テスター計測値8.73V

の、2種類のバッテリーをモーターに接続してモーターの回転スピードをテストしたら、バッテリーCの方が明らかに早いのです。

これって、どう判断すればよいのでしょうか?

※電圧のVは、関係無いの?(笑)


◎備考
バッテリーBのみ電池ボックスを利用。
バッテリーAとバッテリーCにに関しては、ラジコン等で使われているような、パック型のバッテリーです。

最初はこれが理由で、抵抗が発生しており、電圧低下を招いているのかと思ったのですが、テスターで計測したら、10.31Vあったので関係無いと判断したのですが、もしかして?


以上の情報から、お分かりになる方いらっしゃいますでしょうか?

お世話になります。

モーターの回転速度とバッテリーの電圧の関係についてお聞きします。

バッテリーA(ニッケル水素):8.4V、1600mAhの公証値→テスター計測値9.02V
バッテリーB(ニッケル水素):9.6V、1300mAhの公証値→テスター計測値10.31V

の2種類のバッテリーが手元にあります。

その2種類のバッテリーをモーターに接続してモーターの回転スピードをテストしたら、バッテリーAの方が明らかに早いのです。

普通、電圧が高いバッテリーの方が、モーターを早く回転させられるのではないのでし...続きを読む

Aベストアンサー

 No.1回答者の意見にもあるように、動作中の電圧を確認しないと
いけません。
 質問者様の測定されたバッテリー電圧は、解放時電圧ですので内部抵抗が
無視された電圧です。
 バッテリーの内部抵抗によって、動作時にモータ自体にかかる電圧・
流れる電流は変化します。
 定格電力負荷時のバッテリー定格電圧と無負荷時の電圧差が、バッテリーの
内部抵抗で費やされる事になります。
 試験用モータの消費電流が、それぞれの定格電流より大きい場合は、
より内部抵抗での電圧低下が起きますので、モータ回転数の変化は内部抵抗の
大きいバッテリーBほど大きく下がりますね。

 

Qnor回路だけでand,or,nand回路を作成したいのですが

タイトルの通り、nor回路だけでand,or,nand回路を作成したいのですが、or回路はnor回路を二つ並べて作成することができたのですが、andとnandの回路を作ることができません。教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

ANDを二重否定して、ドモルガンで変形させていくと良いです。
NOT回路は、NOR回路の入力をつないで一つにしてしまえば出来ます。
ANDが出来れば、NOTをつないでNANDに。

Q*大至急お願いします!!*DCモーターの制御回路について

バッテリー 24V
モーター 定格24V 16A
を使い、小さな電気駆動車を作成しようとしています。
モーター制御回路を作成したいのですが、上手くいきません。考えた回路を添付しておきます。

この回路だと無負荷の時は異常は起きませんでした。しかし、負荷をかける(人が乗ると)とトランジスタが壊れてしまいました(モーターに電流が流れっぱなし)。コレクタ損失を越えたからだろうと考えています。
モーターの特長がよく分からないのです。

・教えてほしいこと
トランジスタを使ったモーター制御の設計方法。
また、他のモーター制御方法があれば、設計方法を教えてほしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2SD2083の定格制御電流は12Aですが、モーターの定格16Aに対しても足りません。
つまり、モーターの始動電流=16A×10=160Aでは壊れてもおかしく無いです。(電源能力により、ここまで大電流は流れないし、トランジスタもそこまで電流は流せないので、実際は数倍程度のはずです)
単純にトランジスタの定格制御電流が大きい物に変える方法もありますが、人が乗る車の場合は、このような単純な回路では、始動電流が過大になるので、実用的では無いと思います。
したがって、PWM制御回路などを使って、ソフトスタート出来る回路を組んだ方が良いと思いますよ。
マイコンでパルス電流を与えられるはずなので、モーターのー極と+極の間にフライホイールダイオードを組む事で可能だと思います。(フライホイールダイオードは、モーターのー極から+極へ電流が流れるようにつなぎます)
トランジスタの制御電流を超えないように、パルス幅を工夫してプログラムを組んでください。(モーターに定格電流を流したいならば、トランジスターはもっと余裕の有るものに変える必要があるかもしれません)
モーターと車輪のギヤ比を工夫して、始動時の負荷を軽減するなどの機械設計も考えた方が良いです。

2SD2083の定格制御電流は12Aですが、モーターの定格16Aに対しても足りません。
つまり、モーターの始動電流=16A×10=160Aでは壊れてもおかしく無いです。(電源能力により、ここまで大電流は流れないし、トランジスタもそこまで電流は流せないので、実際は数倍程度のはずです)
単純にトランジスタの定格制御電流が大きい物に変える方法もありますが、人が乗る車の場合は、このような単純な回路では、始動電流が過大になるので、実用的では無いと思います。
したがって、PWM制御回路などを使って、ソフトスタート...続きを読む

Q交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧

交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧が等しいので電圧を基準に書く」という説明をよく見るのですが

例えば画像の回路ですと電源に流れる電流は2Aです。抵抗に流れる電流はベクトル図より1.2Aでコンデンサに流れる電流は1.2Aでベクトル合成して2Aとなりますので
各素子に流れる電流は向きも大きさも違うのではと思ったのです

「電流が等しいので」「電圧が等しいので」とは一体何が等しいのでしょうか。

また、全てのベクトルを1つにまとめると訳のわからない図になってしまいます。
どこが間違っているのでしょうか
抵抗の電流→IR
抵抗の電圧→VR
コンデンサの電流→IC
コンデンサの電圧→VC
です。

ICとVRは同相なのではないでしょうか
VCとICは90度ずれるはずなのに違ってしまいます

Aベストアンサー

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は、j1 とは書かないと思いますがここでは、jの係数をはっきりさせる意味で書いておきます。)
  I = I1 + I2 (計算してください。)
となります。この電流をもとに、各素子の電圧を求めると、

  VR = 3 x I1 = 6(3 - j4)/5, VL = j4 x I1 = 8(4 + j3)/5
  VR' = 1 x I2 = 5(1 + j1), VC = -j1 x I2 = 5(1 - j1)

となります。
あなたの疑問を解決するためには、少し回り道ですが、これらの値でいくつかのベクトル図を描いてみてください。

まず、I1 を複素平面に描く。それから、VR, VL を同じ複素平面に描く。すると、I1 と VR とが同じ向きになっていることが分かると思います。VL は、VR(I1) から、+90度回った方向に描かれていることもわかると思います。そして、2つの電圧を合成した結果は、10 + j0 となっているでしょう。
同じことを、I2, VR', VC でもします。すると、VC は、VR'(I2) から、- 90度回った方向に描かれていることが分かると思います。

今描いたベクトル図を、電流基準で見直します。ということは、ベクトル図の電流方向に実軸を合わせて、ベクトル図を見るということです。すると、電流、電圧の関係は同じでも、なんとなく見え方が違っていることが分かると思います。

これで、どうでしょうか。

並列回路の場合、各枝の電流が違っていますから、そのうちのどれかを基準にして、ベクトル図を描くのは良い方法ではないことが分かります。各枝の電圧は同じですから、それを基準にベクトル図を考えるのが良いということも分かると思います(ただし、慣れていないうちは、混乱するから、ベクトル図を描くときには、電流を基準にして描くことにしておいた方が安全だと思います)。

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は...続きを読む

Qモーター駆動回路

添付回路図ですが、モーターの正転、逆転のスイッチを押した瞬間に半導体は壊れないでしょうか?
また、正転逆転同時に押した場合はどうでしょうか?
電子的な速度で瞬間的に半導体に過電流が流れ壊れないでしょうか?
スイッチング素子は絶対最大電流は7Aのようです。

Aベストアンサー

今日は。

この回路ですと「モーターの正転、逆転のスイッチを押した瞬間に半導体は」

 壊れます。

 DCモータには等価的にインダクタンスが含まれます。そのインダクタンスのためにモータの電流を遮断するたびに非常に大きな逆起電力電圧が発生します。その大きな逆起電圧がドライブ用のFET(CPH3440)に加わりFET(CPH3440)が耐圧オーバーで破壊されてしまいます。

「また、正転逆転同時に押した場合」に最後にOffされたスイッチにより同様に大きな逆起電力電圧が発生するため、ドライブ用のFET(CPH3440)が破壊されます。

こちら(http://yahoo.jp/box/9DbTqh)に、回路図とシミュレーション結果をアップしました。

 回路でDCMはDCモータでモータの駆動端子はe+とe-で表されてます。また、m+とm-はモータの負荷端子です。
 また、FETは同じもののmodelが無かったためCPH3440に近い特性のFETを使用しました。

 7777777vさんの回路との違いは2つあります。
まず、

1)モータのインダクタンスによる逆起電力電圧によりFETが破壊されるのを防ぐために1Aクラス以上のダイオードD1,D2をを図のように取り付けます。
2)また、トランジスタQ1,Q2がスイッチがoffされた場合にopenになってしまいQ1,Q2のOffへの切り替わりが遅くなってしまいますのでスイッチがoff時にそれぞれのトランジスタのベースのインピーダンスを下げるために図のように抵抗R7(10kΩ)、R8(10kΩ)を取り付けます。

以上の対策で問題なく動作するようになると思います。

今日は。

この回路ですと「モーターの正転、逆転のスイッチを押した瞬間に半導体は」

 壊れます。

 DCモータには等価的にインダクタンスが含まれます。そのインダクタンスのためにモータの電流を遮断するたびに非常に大きな逆起電力電圧が発生します。その大きな逆起電圧がドライブ用のFET(CPH3440)に加わりFET(CPH3440)が耐圧オーバーで破壊されてしまいます。

「また、正転逆転同時に押した場合」に最後にOffされたスイッチにより同様に大きな逆起電力電圧が発生するため、ドライブ用のFET(CPH3440)...続きを読む

Q論理回路(NAND、NOR)について

現在論理回路について学習中です。
参考書を読んでいたら回路をNAND、NORのみを利用して作成するというものがありました。
実際、NAND,NORを利用すれば他の論理ゲートはどれも実現できるのでどんな回路も作れると思います。
実際に、このような考え方を利用したゲートアレイというものが使われているということも知りました。
参考書が少し古いので現在では違うかもしれませんが・・

そこで、今現在このような考え方を利用して実際に導入しているような例は何か無いでしょうか?
また、家電においても取り入れられているということも聞きましたが実際にはどうなのでしょうか?
あわせてNAND、NORのみを利用して回路を作ることで、利用するゲート数が増えてしまうという欠点を補って余りある利点も教えていただけると幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

他の方がおっしゃっているように,NAND回路は,CMOS1ゲートで構成できるので,面積が小さく,高速に動作させることができます.

NAND,NORのみを利用している回路,というのは,少なくとも,私が携わっているデジタル家電用LSI(ASIC)ではないですね.やはり,可読性というものも求められますので,ANDゲートやORゲートも必要によって使用しています.

また,現在は,論理素子を結んで回路を作成するような設計(スケマティックな設計といいます)はあまり行われておらず,Verilog-HDLといったC言語ライクな上流設計が主流ですので,NANDやNORを使用するか,そのほかを使用するかは,論理合成ツール(C言語で言うコンパイラのようなもの)に任されてしまっているので,私たちが,それを意識することはほとんどなくなりました...

でも,私も昔は,論理圧縮でNANDだけを使用して回路を組みなおすといった地道な作業をしたこともありましたが^^;
あっ,論理回路は極端な話,NANDだけで構成することも可能です..ゲートアレイの構成要素にもいろいろありますが,NANDだけで構成されているものもあります.

最後に,XOR(排他的論理和)は,普通に考えると,NOT2個,AND2個,OR1個で構成できることはわかりますよね?しかし,実は,NAND4個だけで構成できるのです.ブール代数を駆使して考えてみてください.

他の方がおっしゃっているように,NAND回路は,CMOS1ゲートで構成できるので,面積が小さく,高速に動作させることができます.

NAND,NORのみを利用している回路,というのは,少なくとも,私が携わっているデジタル家電用LSI(ASIC)ではないですね.やはり,可読性というものも求められますので,ANDゲートやORゲートも必要によって使用しています.

また,現在は,論理素子を結んで回路を作成するような設計(スケマティックな設計といいます)はあまり行われておらず,Verilog-HDLといったC言語ライク...続きを読む

QDCモーターの制御方法、回路について教えて下さい。

 5インチの乗用鉄道模型の電動機関車を作っています。モーターは中国製の電動スクーターのモーターを使います。DC24ボルト・200 W・11.5Aのラベルがあります。このモーターの制御ができるような方法を教えて頂きたいのです。スクーターについているコントローラーを使用するつもりでしたが、動きませんでした。(バッテリーと直結すればモーターは回転します)
 
鉄道模型のメーカーのコントローラーを購入すれば早いのですが、かなり高価ですので、できるだけ安く仕上げたいと思っています。 
 
(1)共立電子のモーターコントローラーキットのワンダーキットBOSO-8で制御できるのでしょうか? 
 
(2)発熱が大きいとは思いますが、可変抵抗のホーロー製の100W10オームぐらいのレオスタットで制御できるのでしょうか?(何オームの抵抗器がよいのでしょうか?)
 
(3)それとも電子工作の初心者でも、部品を手に入れられて、組み立てられるようなセットや回路があるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)共立電子のモーターコントローラーキットのワンダーキットBOSO-8で制御できるのでしょうか? 

少なくともそのまま繋ぐのは無理です。

>(2)発熱が大きいとは思いますが、可変抵抗のホーロー製の100W10オームぐらいのレオスタットで制御できるのでしょうか?(何オームの抵抗器がよいのでしょうか?)

出来なくもありませんが、「100W-10オームの可変抵抗」って、現在では電子制御ユニットより入手は難しく、安くもないはずですよ。
昔の電車であったように、複数の抵抗器を繋ぎスイッチで切り替える方がまだ現実的かも。
手作りに拘るなら、抵抗も自作する方法もなくはないです。
例えば、ホームセンターで一巻60円程度のステンレス針金(太さ0.28mm程度の細いもの)と
レンガを買ってきて、電熱器よろしく巻きつけて自作抵抗器を作るとか
必要な針金の長さを調整しおわったら、上からセメントを塗って保護、
当然発熱はしますから、火傷その他には注意が必要です。

>(3)それとも電子工作の初心者でも、部品を手に入れられて、組み立てられるようなセットや回路があるでしょうか?

スクーターについているコントローラーを使用するのが簡単でしょう。
>スクーターについているコントローラーを使用するつもりでしたが、動きませんでした。
ありがちな例でいうと、モーターの駆動に関係なさそうだからというような思い込みで、センサー類とか保安部品類への配線を外したままにしていませんか?
普通は、配線切れ異常を検知して駆動しなくなるはずですよ。

>(1)共立電子のモーターコントローラーキットのワンダーキットBOSO-8で制御できるのでしょうか? 

少なくともそのまま繋ぐのは無理です。

>(2)発熱が大きいとは思いますが、可変抵抗のホーロー製の100W10オームぐらいのレオスタットで制御できるのでしょうか?(何オームの抵抗器がよいのでしょうか?)

出来なくもありませんが、「100W-10オームの可変抵抗」って、現在では電子制御ユニットより入手は難しく、安くもないはずですよ。
昔の電車であったように、複数の抵抗器を繋ぎスイッチで切り替える方が...続きを読む

Q論理回路NORと他のゲートとの入出力の違いについて

こんにちは。
この前、電子技術の授業で習ったのですが、
AND・OR・NAND、といった基本論理回路は1,2が入力、3が出力。4,5が入力、6が出力といった形で、
NORだけが、2,3が入力で1が出力。5,6が入力で4が出力といった形になっていると聞きました。
なぜ、NORだけ入出力が違う(逆になってる)のでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今では殆ど見かけなくなったTTLでは確かにその通りですが C-MOSでは違います TTLと同じC-MOSもあります

そのような端子配列である必要はありませんが規則性があった方が覚えやすいでしょう
ICチップからリード線をIC電極に機械が自動で配線します その時に端子配列が決まるのですが
電気的特性を考えますと短い方が良いのは容易に想像出来ますので若しかしたらそのような事も考慮したのかも知れません

標準ICの現在は電源端子とGND端子は対角上にあります 初期の物には中央部になっていた物もありました
これではプリント板を設計する上でも作成実装し検査や保守時にも面倒です ですから後に統一されたものと思います

しかしつまらない事を話す先生もいるものですね?

Qモーターのフルブリッジドライバ回路

DCモーター(マブチモーターレベル)をトランジスタでフルブリッジ回路を組むとじかに電池接続したよりも高い電圧が必要になるようですがトランジスタの特性上のものでしょうか?
FETでフルブリッジ回路を組むと変わってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

フルブリッジドライバ回路はモーターの正・逆回転を電子制御する為に採用されて
います。
ラジコンのサーボモーターや、少し前のVTRなどのテープ駆動回路のモーター制御の
正・逆回転を電子制御しています。

>電池接続したよりも高い電圧が必要になるようですがトランジスタの特性上のものでしょうか?
リレーなどの機械的接点で制御するなら電圧低下は無視できますが、トランジスタ等の
場合には飽和電圧が存在し、どんなに頑張っても0.2Vから0.3Vの飽和電圧が発生します。
 電子回路で制御する場合は、通常電源電圧の-0.2Vから-0.3Vの範囲でしか利用できません。
FETの場合には飽和電圧がより少ないタイプも開発されていますのでそちらを選択すると
電源電圧の利用率が改善されます。

よって、フルブリッジドライバ回路の場合0.2Vから0.3VX2倍の電圧低下が発生します。
トランジスタの特性上のものであるのと同時に、制御回路を挿入するとエネルギーの
ロスとして、利用電圧低下が発生します。
信号電圧波形の直線性を必要とする用途では、必要な出力電圧範囲+5Vから+10V程度を
供給している場合があります。
 

フルブリッジドライバ回路はモーターの正・逆回転を電子制御する為に採用されて
います。
ラジコンのサーボモーターや、少し前のVTRなどのテープ駆動回路のモーター制御の
正・逆回転を電子制御しています。

>電池接続したよりも高い電圧が必要になるようですがトランジスタの特性上のものでしょうか?
リレーなどの機械的接点で制御するなら電圧低下は無視できますが、トランジスタ等の
場合には飽和電圧が存在し、どんなに頑張っても0.2Vから0.3Vの飽和電圧が発生します。
 電子回路で制御する場合は...続きを読む

QLC並列共振回路はどんなところで応用されているか?

LC並列共振回路は、ラジオの選局の他にどんなところで応用されているか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同調回路も含めて全てフィルターとして扱われます。
例えば
1.高周波増幅で発生する高調波を除去する
2.正弦波をわざと歪ませて3倍とか5倍の周波数を取り出すとか
  (周波数逓倍)
3.方形波からある特定の周波数を取り出すとか


人気Q&Aランキング