数年前に小笠原航路として就航する予定で、経済状況の悪化などで計画が頓挫し引き取り手がなくなったTSLはその後どうなったのでしょうか?護衛艦に転用するなどの話もあったようですが、そのことも含めてご存知の方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国が主体となって開発したはいいが、あまりの高コストに行き場を失って、現在三井造船玉野事業所に繋留中です。


しかも国は投げ出してしまったわけで、あまりにもお粗末ですね。
恐らく民間でこれを欲しがるような海運会社はないでしょう。
重油が使えず、軽油では燃料費があまりに高すぎるからです。また、高波で運行できないなど制約もあります。
しかも浮揚のためのディーゼルエンジンのほか、推進用にガスタービンエンジンを使っており、整備の面でも民間にとっては不利です。

未だ海運界では在来船型が主流なのも、こうした高速船はコスト面で折り合いが付かないからです。


護衛艦転用は初耳です。というかありえません。そんな軍事小説があったような気はしますが。
戦闘艦と商船は構造がまったく違いますし、運用の仕方も異なります。
軍事小説でよくある魔改造的なものは、対費用効果の面からも不経済です。
高速輸送艦としての転用の話はなくはなかったようですが、あまり貨物搭載も出来ず(たった210t)、RoRo船ですらなく、使い勝手が悪いでしょう。軍用とて経済性は無視できません。

このまま廃船となる可能性もありそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。無責任な国の姿勢には呆れ返ります。そのツケは国民にまわされるのでしょうか?

お礼日時:2009/05/25 17:38

スーパーライナーオガサワラですよね?



2日前に岡山県玉野市の三井造船所沖の瀬戸内海に浮かんでいるのを
見ましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。いまだに引き取り手が無いのでしょうか?

お礼日時:2009/05/18 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング