Web制作会社にホームページの作成を依頼しました。

サイトで集客ができないため修正依頼をしました。
修正が終わり確認をしたらぶっとびました。

・ヘッダー画像のデザインを勝手に修正!

・メルマガの文言を勝手に削除!

・上部ボタンの文言を勝手に修正!
  (担当者が勝手に文言を変える)

苦情を入れると、
「あんたが修正範囲を大幅に超えてるのが悪い!」
逆切れされてしまいました。
逆切れしながらも笑っていました。

意味がわりません・・・

お願いしていないところを勝手にグチャグチャ
にされたのできちっとやるように依頼しました。

すると

・ヘッダーコピーの色を赤にしてくれと
言ったのにオレンジにされた。
指摘すると青のデザインの上に赤を記述すると
オレンジ色になってしまうという理屈!

・テキストの文章を勝手に変えた。

・上部ボタンを勝手に緑色にされた

・会社概要をお問い合わせの内容に勝手に変えられた。

また違う箇所を勝手にいじられた。
もう話しになりません!
会社のトップを出せと言いましたが、私が担当ですの一点張り。

担当者は感情的でクライアントをナメてます。
感情的過ぎて会話になりません。

修正依頼したら、サイトをメチャクチャに
するので修正依頼もできません。
もう精神的にも疲れてきました・・・

月の修正範囲が多い私が全て悪いそうです。
なのでこのような仕打ちを受けてると思います。
担当者は全く反省しておりません。

これでは会社の信用がガタ落ち。
こんな悪徳対応とは契約時に聞いてなかった。
想像を超える損害です。

ありえない損害です!

私は絶対に許せません!!
このような場合はどうすればいいのでしょうか?
私は損害賠償できるでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

損害賠償の請求と簡単にいいますが、ご質問者の損害はいかほどですか?



許さないからいくら請求する!と声を荒げても誰も見向きしません。

たとえば、そのHP製作会社は信用ならないので、別の所へHPの修正依頼をした。その分は本来必要のない費用だから、もとのHP製作会社への費用支払いは無駄であり、その分請求するというのが損害賠償請求というものです。

ご質問者もご自分で書かれている通り、なめられているんです。
私なら金払ってHP作成を依頼しているのですから、自分の意図と違うことをする担当者がいればとことんクレーム入れます。
担当者が応じないのであれば会社まで出向きます。

この回答への補足

たとえば、そのHP製作会社は信用ならないので、別の所へHPの修正依頼をした。その分は本来必要のない費用だから、もとのHP製作会社への費用支払いは無駄であり、その分請求するというのが損害賠償請求というものです。

なるほどですね。

●故意でサイトの文言をいじられた

●一度や二度ではない

●依頼したことを全くやらない

●担当が感情むき出しで会話が成立しない

●トップが雲隠れしている
 (社長は元ホストの25歳・・最近知りました)

●頻繁にやるので精神的苦痛を受けた

これは会社にとって利益ですか?
これは会社にとって損害ですか?

全て事実です。
あなたはどうおもいますか。

これは損害賠償請求に値しないと言えますか?

補足日時:2009/05/19 22:14
    • good
    • 0

貴方と制作会社の契約はいわゆる請負契約になります。


どのような契約内容になっているもでしょうか?
それにより瑕疵修補請求や損害賠償請求の有無が変わってきます。
そこでここでは民法上の原則についてのみ振れておきます。
まず、請負人の担保責任を当然に請求できます。すなわち仕事の目的物に瑕疵があるときは注文者は請負人に対し相当の期限を定めて瑕疵の修補を請求できます(民法634条1項本文)。
ただし相手方から修補が重要でなくかつ過分の費用を要するとの反証が認められた場合は請求は棄却されます(同条1項但し書き)。
加えて、瑕疵が注文者の指示によるとの反証が認められた場合も請求は棄却されてしまいます(636条)
さらに別途瑕疵の修補に代えまたはそれとともに損害賠償の請求も可能です
(同条2項)。損害賠償額は契約が完全に履行されれば得られたであろう利益となります。
さらに契約の目的が達せられない場合は解除する事もできます(635条本文)。
もっともこの場合も先ほどの反証が出され採用された場合は認められません。
これらは請負契約上認められるものであり制作者たる債務者の帰責性(故意、過失の証明)は不要です。担保責任として当然に認められます。
ただし個別の契約を交しており、当該担保責任を排除する特約があればそちらが優先してしまいます。

この回答への補足

私は修正範囲を若干超えた作業を
Web製作会社に発注しました。
Web製作会社は受注しました。

ここでWeb製作会社は修正範囲が超えている
なら私に何らかのアクションを起こしたはず。

私と連絡を取らずに引き受けたということは
制作会社が合意したと捉えることができますよね。
今回はそれが無かったということです。

しかし、確認や連絡の有無はともかく、受注したなら
きちっとやるのが普通ですよね。

弁護士に依頼する前にお聞きします。
損害賠償を請求して一ヶ月おおよそ売り上げる金額が払われる
のは理解できますがホームページで全く集客できていなかった
場合はどうなるのでしょうか?

補足日時:2009/05/19 21:58
    • good
    • 0

早急な対応が必要ならば、まずWebサイトのソース一式を、文面変更される前のバックアップデータも含めて渡すように請求し、別のWeb制作会社で会社のホームページを正常化させましょう。


(お怒りはごもっともですが、会社の被害を止めないことにはジリ貧です)

続いて契約の内容から、「月の範囲を超えた修正要望」がどこに当たるのか、確認をしてみてください。
Webサイトに詳しい方に見ていただき、向こうの言い分である作業量が妥当か、また注文にない文言の変更をWeb製作会社に許可を与えているかどうか、を精査することです。

上記2点が満たされていなければ十分訴訟も可能ですし、相手先の評判にもダメージがくるかもしれないとなれば真摯な話し合いが持てるかと思います。(法には明るくないもので、漠然とした記載ですみません)

中には質問者様のように詳しくない方であることをいいようにする悪い業者もいますし、私もこういった対応には怒りを覚えます。
応援のみで心苦しくありますが、どうか良い解決ができることを願っております。
    • good
    • 0

請け負いですか?派遣ですか?


きちんと書面で指示は出しましたか?
もしきちんとした指示を出して請け負い契約を結んでいたら当然、それは検収できないだけですよね?
また、WEBとはいってもプログラムの一種と考えれば瑕疵はあるはずです。

派遣の場合はきちんと監督していなかったあなたが悪いのではないでしょうか?

実際に損害賠償なんかの話になると、法律がどうなっていようと最終的にはどうなるかは裁判してみないとわかりません。

それにしても、相手先の責任者と話もできないような会社なんてあるんですか?それとも個人会社でその人が無限責任を持っているんでしょうか?
    • good
    • 0

バックアップデータを使って元に戻すのがよろしいのではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間と技術がありません。

私は真剣に悩んでます。
専門家のかた、弱者を助けてください!

お礼日時:2009/05/18 19:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q劇的ビフォーアフター

劇的ビフォーアフター


いつも、劇的ビフォーアフターを見て
あそこまで壊すなら全部壊して新築にしたほうがいいんじゃない?
って思います。

建築の事とか法的な事に無知な私に劇的ビフォーアフターのリフォームの利点を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 あの番組でリフォームする家の多くが敷地に問題があるので、都市計画や建築基準法上、建て替えができないところだと思います。
 現存している建物の場合、建築基準や都市計画が変わっても、取り壊すと言うことはありません。ただ立て直す場合、現行の基準に従う必要があります。
 で、たとえば道路に接していないとか、建坪率とか容積率を守ると、まともな建物が建たないとか、そういうことが理由ではと思います。
 また、建て替えると固定資産税も変わりますよね。

 個人的には、土地を売れるものなら、どこかに住み替えた方がいいような気もしますね。

Q通常損害・特別損害と積極損害・消極損害

債務不履行による損害賠償が通常損害・特別損害に分類しているの比して、不法行為による損害賠償が積極損害・消極損害に分類しているのは、債務不履行の場合には契約関係が前提にあり、自分の不履行について相手方の事情による損害の程度を予見出来るのために予見を判断の基準にしているのに対して、不法行為の場合には予見性で判断することが適当でないからと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

全然違います。

通常損害、特別損害という分類は民法416条に基づく“損害の範囲”の問題ですが、これは不法行為にも類推適用されるというのが判例通説なのですからこの分類は不法行為にも当てはまります。
一方、積極損害、消極損害というのは、賠償額の算定に当たって算入すべき損害の“種類”の問題です。ですから当然、債務不履行でも不法行為でも問題になり得ます。

内田先生の民法IIの債務不履行とIIIの不法行為の効果のところを読んでみれば解ります。どちらにも、通常損害、特別損害の話と積極損害、消極損害の話両方が書いてあります。つまり、損害の範囲と種類はそれぞれ別個の概念であり、債務不履行であろうと不法行為であろうと、いずれも理論的に同じように問題になります。

ちなみに履行利益、信頼利益はまた別の問題。これはどちらかと言えば、賠償の範囲の問題。これも書いてあります。

Q皆さんが驚いた、ビフォーアフターって、何?

ビフォーアフターと言ったら、建物のリフォーム前とリフォーム後を紹介する番組で有名ですが、それに限らず「使用前、使用後」でもいいし、「食べる前、食べた後」「変わる前、変わった後」でも結構です。
「○○前、○○後」という感じで、皆さんが驚いた、ビフォーアフターって、何ですか?

Aベストアンサー

自分自身の体です。

ダイエット前 83kg
ダイエット後 56kg
体重差は27kgです。

以前のわたしの写真を見ると自分でも信じられません。

Q直接損害と間接損害と第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償

免責条項で直接損害と間接損害は補償しないといったら、
第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償はどうなるのでしょうか?
根拠もお願いします。

Aベストアンサー

債権の規定は原則任意規定なので特則が適用され,補償はうけられないとおもいます。

Q中古の物件購入して大規模リフォームを考えてます。ビフォーアフターみたいにできるのでしょうか?

こんばんわ

毎週ビフォーアフターを見て感動しています。
現在、別居検討準備中であること、住んでいる家が駅から離れていてバスでないと駅まで出れないこと、なおかつ中央線沿線のためほぼ毎日電車遅延の被害を受けていることで、もっと利便性のよい家に住みたいと考えています。

貯金もたまったので、都心の中古マンションか、23区内の中古の一戸建てを格安で購入して、大規模リフォームをしようと考えています。

格安物件だと築30年近いものもありますが、リフォーム可能でしょうか?

リフォームはビフォーアフターのように全面的に行い、風呂、トイレ、キッチンは最新で快適なものを使い、部屋の間取りは全てぶち抜いて広いワンルームにする予定です。

一戸建ての場合、建築基準法により再建築できない物件もあるのですが、ビフォーアフターのように広さを変更せずに、内装も外装も新しくすることは可能なのでしょうか?

また、そのための良いリフォーム業者の見分け方も教えてください。

Aベストアンサー

おはようございます(^^)
私もビフォーアフター大好きです♪

我が家は2年前に一戸建てを全面リフォームしました。間取りも一階は全て変更しました。
構造上抜けない柱もあるので、全くの思う通りとはいきませんが、ほぼ希望は叶いました。設備も最新ので使い勝手は最高です。外装もサイディングを全て張り替えて、周りの人には新築だと思われています。

リフォーム業者はいろいろあって迷うところですが、都内ならたくさんの業者が選べるので何社か見積もりしてもらって、相性のあうところを選べばいいのではないでしょうか?私の場合、資料請求した段階で何となくここは○ここは×というのを感じました。
(うちは田舎なので、選択業者が少なかったですが営業の方と気があって話はとんとん拍子でした)

少しでも参考になれば幸いです。

Q他社が開発したソフトの、ユーザーからの修正の依頼(著作権)

 ソフト開発会社に勤めていますが、ベンダーの対応に不満を抱いているユーザーからタイトルの件の依頼が良く来ます。
 著作権に関して触れてこないユーザーの場合は、そのように修正して差し上げていますが、いま商談中のユーザーから、法律的に大丈夫なのか?と聞かれています。

 具体的にはVB5.0で他社が開発したプログラムを、ハードのOSのアップに伴うVB6.0への移行作業を依頼されている、といった感じなのですが、こういった作業は可能ですか?
 当社が作ったプログラムをユーザーが手直ししているケースも多々ありますし、システムを複製して転売するようなことがなければOKなのではないでしょうか?

 全く無知なご質問ですが、特にソフト関係に詳しい方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

Aベストアンサー

特段契約上の特記事項がない限り
開発ソフト会社に著作権があります。
ユーザー側に許されているのは
業務上やむを得ない最低限の
改造だけです。

別なソフト会社が手を入れると
開発元に著作権侵害で訴えられる場合が
ありますから慎重に。

ソフトの著作権に関わる本が出ていますから
目を通されてください。

一番いいのは、ユーザーが開発会社から
無償で著作権を譲渡してもらい、
それをおたくの会社が改修する事でしょう。

Q3/6放送分「劇的 ビフォーアフター」

3/6放送分の「劇的 ビフォーアフター」の最後で本のプレゼント情報が紹介されていました。どなたか応募先・記載事項等ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

プレゼント内容は
「匠百軒」「あなたの家のビフォーアフター」の2冊です。
100冊ずつ、計200名にプレゼントされます。
住所・氏名・欲しい本のタイトルを明記してください。
宛先は
〒105-8691 私書箱183号
ABC「大改造!!劇的ビフォーアフター」
        番組本プレゼント係
です。
4月15日必着分まで有効です。

Q裁判で鑑定人を依頼するのは損害賠償額1000万以上

いつもお世話になっています。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7878175.html?from=history
で質問したものです。

父は市の土木工事で家に被害をこうむったとして、市に対して被害額30万円ほどを支払うようにとの裁判をおこしました。
裁判結果は敗訴でした。

その後、姉が土木工事を専門に研究しておられる大学教授に工事写真を見せて意見を聞いたところ
大学教授は工事の問題点をいくつも指摘されました。

姉が大学教授の話をもとに市と交渉したところ
市は工事に不備があったことを認め、工事をやり直すと言ってきました。

この件で、先日「教えてgoo」に質問したところ、
弁護士は専門家に鑑定を依頼するべきだったのではないか、と回答をいただきました。
(ありがとうございました。)

それで弁護士に「なぜ専門家に鑑定を依頼しなかったのか」と尋ねたところ
次のような返事が返ってきました。

専門家に鑑定を依頼すると50万円ほどかかる。
父は法テラスで裁判費用をたてかえてもらっているうえ、市への請求額は150万円(30万円と書きましたが勘違いでした。)なので
専門家に鑑定を依頼することは想定していなかった。

それではいくらくらいなら鑑定するのか、と弁護士に尋ねました。

その返事は1000万以下の請求額で鑑定を依頼したことはない。
市に対して1000万円以上の慰謝料を請求するとすれば、明らかな過大請求である。
鑑定を依頼しなかったのは常識的な判断だったと思う。

といってきました。

弁護士が言っていることは正しいですか?

いつもお世話になっています。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7878175.html?from=history
で質問したものです。

父は市の土木工事で家に被害をこうむったとして、市に対して被害額30万円ほどを支払うようにとの裁判をおこしました。
裁判結果は敗訴でした。

その後、姉が土木工事を専門に研究しておられる大学教授に工事写真を見せて意見を聞いたところ
大学教授は工事の問題点をいくつも指摘されました。

姉が大学教授の話をもとに市と交渉したところ
市は工事に不備があったことを認め、工事をやり直す...続きを読む

Aベストアンサー

 前に回答した者ですが、補足も含めて申し上げます。あらかじめ専門家に鑑定書(あるいは意見書)を書いてもらって、それに従って主張をして、それを書証として提出するのが理想的です。しかし、この鑑定書は、いわば借用書とか契約書と同じですから、契約書を専門家に作成したもらったからと言って、その作成報酬が訴訟費用にならないのと同じ理屈で、民事訴訟費用には含まれませんので、法テラスの法律扶助の対象にもなりません。
 もっとも、鑑定書作成費用を損害の一部として請求するという方法もなくはありませんが、弁護士費用の全部が損害額として認められないのと同じで、全額が認められるとは限りません。弁護士費用を法テラスに立て替えてもらっているのに、鑑定書作成費用をお父様が自腹を切るというのは、あまり現実的ではないように思います。
 上記の鑑定書は、裁判所の証拠調べの方法における「鑑定」とは違います。手続的には証人尋問を念頭に置いた方がイメージとしては近いです。(鑑定でも、多くの場合、鑑定人は鑑定書を作成しますが、あくまで鑑定書に基づく鑑定人の「陳述」が証拠調べの対象です。)
 一方、鑑定も難しい面があります。鑑定書を専門家に作成してもらう方法であれば、誰に依頼するか依頼者が決めることができますし、報酬もあらかじめ取り決めすれば良いですから、鑑定書の内容も費用もあらかじめ知ることができます。
 しかし、鑑定の場合は、鑑定人は裁判所が選任しますから、お父様にとって不利な鑑定結果を陳述するかもしれません。また、鑑定人が50万円で引き受けてくれるとは限りませんから、仮に100万円だとした場合、50万円は法テラスに立て替えてもらうにしても、残り50万円は自力で調達しなければなりません。

 「その返事は1000万以下の請求額で鑑定を依頼したことはない。」という弁護士の発言は、法律等を根拠にしているのではなく、その人の経験によるものでしょう。つまり、費用対効果を考えると、1000万円以下の請求では、依頼者にとって割が合わないという趣旨の発言でしょう。
 「費用対効果なんか気にしなくて良い。仮に認容額が10万円にならなかったとしても、裁判所は相手の非を認定してもらうのが目的なのだから。」と言う依頼者に限って、実際に認容額が10万円にしからなかった場合、「弁護士費用や鑑定費用で100万円も払ったのに認容額が10万円にしかならないのは、弁護士の怠慢だ。弁護士は依頼者である私に、90万円を賠償する義務がある。」と言を翻すことは珍しくありませんから、何でもかんでも鑑定をやれば良いという話ではありません。(誤解がないように申し上げますが、お父様がそのような危険な依頼者であるという意味ではありません。)

 前に回答した者ですが、補足も含めて申し上げます。あらかじめ専門家に鑑定書(あるいは意見書)を書いてもらって、それに従って主張をして、それを書証として提出するのが理想的です。しかし、この鑑定書は、いわば借用書とか契約書と同じですから、契約書を専門家に作成したもらったからと言って、その作成報酬が訴訟費用にならないのと同じ理屈で、民事訴訟費用には含まれませんので、法テラスの法律扶助の対象にもなりません。
 もっとも、鑑定書作成費用を損害の一部として請求するという方法もなくはあり...続きを読む

Q7/4放送 ビフォーアフターのアプローチの素材について

7/4放送 ビフォーアフターのアプローチの素材について

添付した画像と同じ素材なのか不明なのですが、7/4放送 ビフォーアフターの玄関アプローチ

に使用した素材をお分かりの方いらっしゃいませんか?

我が家の古い玄関先も同じものにしたいのですが、どんな素材でどのような名称なのか、検索
しても探せませんでした。

公式HPも見たのですが、素材がわかりませんでした。

何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

エポキシ系樹脂舗装だと思います。

Q損害賠償されて勝手に通帳から引き落とされた…

会社から損害賠償請求されたのですが、
その際に会社に預けてあった通帳から勝手にお金を引き出されてしまいました。

損害賠償自体は、完全にこちらに非があるのであまり会社の行動を非難できる立場ではないのですが、それでも勝手に通帳から引き出すというのは明らかに違法なことではないのでしょうか…

お金が引き出されたせいで、今月の家賃が払えそうにありません。
誰かアドバイスお願いします。

(追加)
・会社に通帳を預けてあるのは『その方が手数料がかからなくていい』という部長Aの勧められたからです。
・損害賠償の理由は、自分が故意に器物を破損したからです。
・一番始めに断っておくべきだったかもしれませんが、会社に引き出されたというのはあくまで推測です。というのは、お金が引き出されているのに気づいたのはつい1時間前であり、会社にはまだ確認していないからです。しかし、社長が通帳をもっている・会社から損害賠償を請求されている(正式な書類は受け取ってなく、部長Bから口頭で伝えられただけです)という状況から、会社に引き下ろされたものと仮定して書きました。すみません。

会社から損害賠償請求されたのですが、
その際に会社に預けてあった通帳から勝手にお金を引き出されてしまいました。

損害賠償自体は、完全にこちらに非があるのであまり会社の行動を非難できる立場ではないのですが、それでも勝手に通帳から引き出すというのは明らかに違法なことではないのでしょうか…

お金が引き出されたせいで、今月の家賃が払えそうにありません。
誰かアドバイスお願いします。

(追加)
・会社に通帳を預けてあるのは『その方が手数料がかからなくていい』という部長Aの勧めら...続きを読む

Aベストアンサー

まず、預金通帳や印鑑または、キャッシュカードを会社に預けて置くこと自体が「大きな間違いです」。

あなたに、何らかの障害、例えば、判断能力が無い、とかの問題であれば、多少、手間や時間がかかりますが、「成年後見人」制度があります。親とか、兄弟とかになってもらい、あなたの異常な行動があれば、「成年後見人」が取り消すことができます。

まずは、市役所とか区役所の「無料」法律相談があるはずですので、聞いてみてください。

もし、あなたが正常人であるなら、
>>『その方が手数料がかからなくていい』という部長Aの勧められたからです。
これは、全く根拠のないことですし、全くの違法行為です。
まずは、預金通帳、印鑑、カード等を取り返しましょう。

また、故意に器物を損壊したととしても、会社が勝手に預金通帳から引き落とした場合は、勝手に引き落とされたことに対して、逆に、会社に対して「損害賠償」または、「慰謝料」の請求ができます。

器物を破損して「損害賠償」を支払うのは、一応「常識」ですが、「損害賠償」をいつ実行するかは、特に決まりはありません。あなたが支払いをせずにダラダラと引き伸ばしたような場合は、会社が裁判所に訴えて、「差し押さえ」等をするだけです。

あなたが、預金通帳等を会社に預けていること自体、私には全く理解できません。

すぐに、手元に取り戻しましょう。会社の違法行為です。

これも、話し合って「ラチ」があかない場合は、市役所や区役所の「無料」法律相談などでアドバイスを受けましょう。

まず、預金通帳や印鑑または、キャッシュカードを会社に預けて置くこと自体が「大きな間違いです」。

あなたに、何らかの障害、例えば、判断能力が無い、とかの問題であれば、多少、手間や時間がかかりますが、「成年後見人」制度があります。親とか、兄弟とかになってもらい、あなたの異常な行動があれば、「成年後見人」が取り消すことができます。

まずは、市役所とか区役所の「無料」法律相談があるはずですので、聞いてみてください。

もし、あなたが正常人であるなら、
>>『その方が手数料がかか...続きを読む


人気Q&Aランキング