Armingtonというひとのかいた、「Trust the Heart」という本がとても読みたいんですが、アマゾンで調べてもらったところ絶版ということがわかりました。どんなメディアでもいいので読む方法があれば教えてください。

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=49693
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe cry of the heart 2っ目のtheはどうして必要なんでしょうか?

こんにちは、お世話になります。

漫画「北斗の拳」の英語版を発見して読んでいます。

そこでケンシロウが言った台詞の中で、この定冠詞の用法がわかりませんでした。

背景:「み、水を・・・。」そういいながら荒野をさまようケンシロウ。 やっとこさ町を発見して村人に「み、水。」と呟くも、怪しい人物と誤解されて、牢屋に閉じ込められる。

そこに現れたリン。 ケンシロウに水とわずかな食料を与えてあげる。

感動し、感謝の言葉を述べるケンシロウ、しかしリンはトラウマが原因で言葉が喋れないので返事ができない。

そこで、ケンシロウはおもむろに手を伸ばして秘穴を突く。

その時のセリフ:
"Now, it all depends on her. The cry of 『the』 heart will give her the power to speak."

一応自分なりの訳:
「さあ、これで彼女次第だ。 心の叫びが喋る力を与えるだろう。」

質問:ここで、秘穴を突いた事により、肉体的な原因は治したので、あとは精神的な問題だけが残っているのだとおもいます。

このThe cry of 『the』 heart の一つ目のtheは「話し手と聞き手が共通に理解している特定のもの、つまり「リンの叫び」だからthe cryなのだと思いますが、2個目のtheは何故必要なんでしょうか? 

なにかものすごく基本的な事だと思いますが、このheartの前についているtheの用法が思い浮かびません。(恥)

教えてください、よろしくお願いいたします。

こんにちは、お世話になります。

漫画「北斗の拳」の英語版を発見して読んでいます。

そこでケンシロウが言った台詞の中で、この定冠詞の用法がわかりませんでした。

背景:「み、水を・・・。」そういいながら荒野をさまようケンシロウ。 やっとこさ町を発見して村人に「み、水。」と呟くも、怪しい人物と誤解されて、牢屋に閉じ込められる。

そこに現れたリン。 ケンシロウに水とわずかな食料を与えてあげる。

感動し、感謝の言葉を述べるケンシロウ、しかしリンはトラウマが原因で言葉が喋れ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。ご丁寧な最新お礼メールを有難うございました。30代に仰天されましたか?フランス滞在延べ年数を誤解している方から「年齢詐偽」との声もありましたので(そんなこと詐偽ってもしょうがないのですが)、「一応30代です」とカムアウト致します(笑)。

ご質問1:
<2個目のtheは何故必要なんでしょうか?>

このtheがherにあたるからです。

1.このheartは彼女の心を指しています。つまり、特定のheartなので定冠詞theがついているのです。

2.The cry of the heartで「彼女の心の叫び」となります。

3.それなら何故最初からThe cry of her heartとしないのか、という疑問については、その主語が、同一人物であるherを目的語にとっているからです。
例:
The cry of her heart will give her
とすると、herがダブってしまい、まるで、herは別の女性を指しているように見えます。

4.このような誤解を避けるため、文法上は所有格として使われているherを指示形容詞のtheに置き換えて、それが後出のherを指していることを暗示しているのです。

あと、ご質問にある表現で一部理解できないところがありました。
「秘穴を突いた事により、肉体的な原因は治した」???です。
「北斗の拳」は読んだことありませんので、背景がよく理解できませんでしたので、回答に勘違いがありましたら予めご了承下さい。

前回のお礼コメントでは、参考URLの添付を有難うございました。とても興味深く拝読しました。返礼として、同様の参考URLを下記に添付しますので、ご参照下さい。回答コメントのジョークのセンスも光っています。

いただいたお礼コメントに逐一お返事したいほどなのですが、また削除の可能性がありますので、前回のご質問が締め切られてしまい回答できなかった、補足質問にのみ回答致します。

補足質問1:
<The Brasilian beauty is very reputated, so your girl friend must be imaginably beautiful. Beau Mec + Belle Femme = must be photogenic.>

1.must be imaginablyは「想像に難くない」といったニュアンスで使っています。

2.なお、Beau Mecはフランス語でかっこいい男性を指して使われる俗語です。


補足質問2:
<Tengu Legend. Which region’s legend? If he has the looks like Europeans, it’s natural that he became narcissist>

これは私もわかりません。外人顔、というと堀の深い「平井堅」を想像してしまいます。ご質問のheはそんな外見をされているのでしょうか。


最後に「教えた英語が役に立った」とった、いつも暖かい励ましのお言葉を有難うございます。それだけで、とても心が豊かになります。その奥深い優しさが超美人を虜にした秘密なのでしょうね。

また他の質問(安全な別カテで)でお会いできるの楽しみにしています。

以上ご参考までに。
今から外出で(こちらは今午後過ぎです)、夜は知人宅に招待されているので、夜中まで戻りません。補足質問などがありましたら、お返事が遅れますことをご了承下さい。

こんにちは。ご丁寧な最新お礼メールを有難うございました。30代に仰天されましたか?フランス滞在延べ年数を誤解している方から「年齢詐偽」との声もありましたので(そんなこと詐偽ってもしょうがないのですが)、「一応30代です」とカムアウト致します(笑)。

ご質問1:
<2個目のtheは何故必要なんでしょうか?>

このtheがherにあたるからです。

1.このheartは彼女の心を指しています。つまり、特定のheartなので定冠詞theがついているのです。

2.The cry of the heartで「彼女の心の叫...続きを読む

Qthe comparison of the heart to a pump

the comparison of the heart to a pump(心臓をポンプに例えること)という例文が辞書に載っていたのですが、このthe heartの部分は自分は英作文とかだったらa heartと書くと思うのですが、a heartではダメなのでしょうか。また、文頭のthe comparisonのtheをaに変えることはできるでしょうか????

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これはa comparison between a heart and a pumpと言う、心臓とポンプとの比較、と言うフィーリングではないのですね。

つまりこの表現(ご質問の)はあくまでも、心臓をポンプと比較すること(例える事)、と言っているのです。 つまり、心臓と言う物が主題になっているわけです。 言いかえると心臓のことを言っているのであってポンプはどんなポンプでもいいわけです。 ですから心臓にはtheがつき、ポンプにはaと言う不定冠詞が使われているわけです。

a comparisonはひとつの比較と言う事になり、comparisonsのうちのひとつなわけです。

当然ながらポンプを主体としてそれを心臓にたとえると、と言う方向にこの文章を持っていくとなると、the comparison of the pump to a heartとなるのですね。

しかし他に主題があり心臓のポンプとの比較・たとえであればa hear to a pumpと言う表現はもちろん考えられます。The comparisons of a heart to a pump, a kidney to a filter, and a brain to a computer are all very simplified explanation of the functions of our (body) organs.と言うようにたとえをいろいろ持ってきているわけですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これはa comparison between a heart and a pumpと言う、心臓とポンプとの比較、と言うフィーリングではないのですね。

つまりこの表現(ご質問の)はあくまでも、心臓をポンプと比較すること(例える事)、と言っているのです。 つまり、心臓と言う物が主題になっているわけです。 言いかえると心臓のことを言っているのであってポンプはどんなポンプでもいいわけです。 ですから心臓にはtheがつき、ポンプにはaと言う不定冠詞が使われ...続きを読む

QThe Heart's Codeという本

The Heart's Codeという本がBROADWAYという出版社から出ています。どのような内容の本なのでしょうか?読んだことのある方に教えていただきたいのですが。私は心臓移植などをした人に前の人の好みなどが受け継がれるというような内容の本を探していて、もしかしたらこれじゃないかと思って質問しました。在庫切れで手に入らないみたいなので、どのようなことが書いてあるか教えてください。よろしくお願いします。大学の授業で必要なので…。

Aベストアンサー

この程度の記載で参考になりますか?

・http://www.spiritualityhealth.com/newsh/items/bookreview/item_1512.html
・http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0767900952/002-3147384-3244828?v=glance

 他にも,「Google」(↓)で「The Heart's Code BROADWAY」を検索すると色々とヒットします(雑音も多いですが)。

参考URL:http://www.google.co.jp/

QHer heart emitted the craziest little ping.の意味は?

お世話になります。
とある原書で、
主人公の女性が意中の男性に思わせぶりな態度をとられたときに

Her heart emitted the craziest little ping.

と書いてあったのですが

これはどういう意味なのでしょうか。
さっぱりわからないので、
ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

心臓がかすかに奇妙なピーンという音を立てた。

文脈が読ま無い事にはなんとも言えませんが、「ドキっとした」の個性的な表現ではないでしょうか?
前後の文を読まない事には、確実なことは言えませんけど。

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報