ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

よくデッサンは描けば描くほど上手くなると聞きます。
では、平面構成、立体構成においてはどうなのでしょうか?
僕の経験上では、デッサンにおいては、それこそ枚数と作品レベルが比例しているように
平面構成、立体構成においては、ある程度経験をこなせば、その後たいていの人は同じレベルにとどまっているように感じます。
浪人生と現役生を比べても、デッサンにおいてはレベルの差は顕著だけど、
平面構成、立体構成においてはその差はあまり感じられないように思います。
そう考えると、美大受験で合否の差を決定する1番のポイントはデッサン力だと感じているのですが、どうでしょうか?

A 回答 (2件)

デッサンは単純に表現の「技術」の違いがわかりますが、平面構成などは表現の「感性」がわかりますよね。



見たものそのままを写すデッサンは、上達も早いですが、構成を上達させるのはなかなか難しいです。「平面構成、立体構成に差は感じられない」とのことですが、まさにそこは感性なのであなたの主観では違いがなくとも違う人が見たらまた違う感じをもつものです。

つまり、デッサンという「技術」は万人の評価はほぼ一致しますが構成という「感性」は評価が分かれやすいということです。
大学の学科によってどちらを重視しているのかは一概にいえません。特にデザイン科などは、表現の「技術力」よりもオリジナリティーのある「感性」を重視する傾向があります。また試験を採点する教授の「感覚」にもよるのです。(ここが美術の点数化できないとこですね)

どこかで習っていらっしゃるのでしょうから、目標の美大の過去の合格傾向をよく調べるといいと思いますよ。
    • good
    • 0

う~ん、どうなんでしょうね。


私も受験の時にデッサンや平面構成は練習しましたがあまり平面構成や立体構成は得意じゃないですね。

私の場合はデッサンが好きで平面構成、立体構成よりはるかに数をこなしています。
他の人の場合も受験や課題のために平面構成、立体構成をやったけど普段やらないので数を多くこなすデッサンが伸びる(伸びている)ように感じるのではないかな?と思います。

平面、立体構成はセンスや器用さによるところも大きいですしね。
それも原因かもしれません。
でも友人でデッサンは苦手だけど平面、立体が得意だった人は同じ学校のデッサンが上手い人は落ちたけどその人は通ったということもありました。

確かに受験課題としてはデッサンが一番見比べて評価をつけやすいとは思いますが一番のポイントになるかはその学校や受験方法次第ではないでしょうか?
しかし基本的に多くの学校が受験課題として採用しているのがデッサンですから重要なのは間違いないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色彩構成の基本やコツを教えてください

高校生です。
色彩構成を始めたんですがうまくいきません。

美術大学の入試にあるような、具体的なものでなく、
暖かい寒い、明るい暗い、といった抽象的なものを構成しているんですが、
どうも行き当たりばったりに線を引いて、適当に色を選ぶだけでうまくいきません。

色彩構成の基礎的な構成方法などを教えてください。
一応、色彩に関する本はいくつか読んでいます。

こういう事を聞くのはなんだか間違っているような気もするんですが、
実際にやってみてもなかなか身につけられず、頭が痛いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悩んでしまって先へ進めない、手が動かない…お気持ちはわかります。
と言っても頭の中でどうこうしても解決しませんよ。

とにかく数をこなしましょう。
でも漫然とたくさん取り組んでも成長はないので、意識するべきポイントを押さえましょう。

ご質問と回答へのお礼だけでは、ご質問者様が何を目的に色彩構成なるものに取り組んでいらっしゃるのかがよくわかりません。美大(広い意味で~美術系の学校)の入試とかではないのでしょうか?

美大の入試にも具体的なモチーフとして実物が与えられるものもありますし、実物はないけれど「都市と高速道路のイメージ」というような具体的なテーマが与えられる場合と、抽象的な「力強い」「平和な」などの言葉だけが与えられる場合がありますよね。(学校や学科によって傾向が決まっていると思います)
後者の訓練は色に関わる仕事では(もちろん趣味や服のコーディネイトにも)とても役立ちます。
色彩構成についてのご質問なので、前者については省きますが、平面構成ということで言えば、これらを表現することも大事なことです。

ご自分なりに勉強されるにしても、何らかの課題を設定してその「しばり」の中で表現することは訓練になると同時に「何でもあり」でない分やりやすいともいえます。

例えば「F6の画面の中に5つの異なる大きさの円だけを使って「夏」を表現する」という具合です(もちろんどのような画面の大きさでもよいし、6本の直線とかでもよいわけです)
美大の入試であれば、決められた時間内にキレイに塗るとか~そのようなことも要求されますが、それはまた別の訓練なので置いといて…
とにかく色を塗ってみることです。
こうすれば「夏」に見えるんじゃないか?と考えながら。
何だったら塗り絵のように輪郭をコピーしておいて、違う色で同じ「夏」を表現するのも面白いかもしれません。色彩の勉強ならこれも有りです。
同じ輪郭で色違いの「夏」を塗ったとして、どちらがより「夏」らしいでしょうか?その違いはなぜでしょうか?あるいは「春」も塗ってみましょう。「夏」とどこが違うのでしょう?
「春」にはピンクがあり、「夏」にはないかもしれません。
なぜピンクがあると「春」に見えるのでしょう?
ではピンクを入れても「夏」に見える色の組み合わせはないでしょうか?
ピンクをいれずに「春」を表現できないでしょうか?

こんなやり方でいろんなものを表現しては、なぜそのように見えるのか?
どのような色の組み合わせが何を感じさせるのか?
その引き出しをひたすら増やすのです。

頭で考えていても大してわかりはしません。
とにかく塗って目の前に表出させ、試行錯誤する。

どのような画材で勉強されるのかわかりませんが、豊富に使えるようにその一点一点は安価なもので構いません。
とにかくたくさん試してみることです。

そして雑誌や服装、パッケージなど、世の中にあふれる色のついたものを見るときにそれがどのように見えるか
「高級そうだな」「温かそうだな」「甘そうだな」
なぜそう見えるのかをご自分なりに分析してみてください。
ご自分で色彩構成されるときの引き出しに財産が増えていきますよ。

悩んでしまって先へ進めない、手が動かない…お気持ちはわかります。
と言っても頭の中でどうこうしても解決しませんよ。

とにかく数をこなしましょう。
でも漫然とたくさん取り組んでも成長はないので、意識するべきポイントを押さえましょう。

ご質問と回答へのお礼だけでは、ご質問者様が何を目的に色彩構成なるものに取り組んでいらっしゃるのかがよくわかりません。美大(広い意味で~美術系の学校)の入試とかではないのでしょうか?

美大の入試にも具体的なモチーフとして実物が与えられるものも...続きを読む

Q平面構成について。

タイポグラフィの読み方という本を購入して読んでいるうちにわからないものがいくつかあったので答えていただきたいです。

文の一部です。
「一番はじめに自分のものにすることは、意外に思われるかもしれませんが、それは丸、四角、線という、ごく簡単な要素を使った平面構成です。」

なのですが。
この「平面構成」とは、一般的にどんなことなのでしょうか。
また、どんな学習で、どのように学べば身につくものなのでしょうか?

サイトや、本などがありましたら参考資料として使いたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

えーと、文脈にもよるのですが、「平面構成」というのは「立体構成」の対義語でして、
要するに、三次元の構成に対する、二次元上の構成です。
「画面構成」といったほうが、より分かり易いかと思います。

例えば、まず白い画用紙を一枚用意してください。
その上に、赤い画用紙を四角く切ったものと、黒い画用紙を三角に切ったもの
を載せて、どの配置にすれば、良い構図となるか、色々動かしてみます。
これが「平面構成」です。

前述のように、実際に指すものは多義的で、例えば古典的な絵画だったら、
どこに人を配置するか、どこに建物をおくか、どう対象を枠内に入れるか、
といったものになるし、抽象絵画だったら、四角と三角を、どういった配置にするか、
如何に組み合わせるか、どういった色を使うか etc って感じです。
デザインの分野だと、紙面のレイアウト等ですね。ウェブ・サイトのデザインも、
平面構成です。↓ここも参照してください。
http://www.totemjapan.com/test/che.htm

>また、どんな学習で、どのように学べば身につくものなのでしょうか?

「平面構成」って課題は、美大の受験にもありまして、予備校なんかでは、
そういった授業なんかもあります。そのための参考書ももちろん出版されていて、
本屋で美術のコーナーの、絵画制作の手引き本だとか、美大受験の参考書の棚
を見れば、おいてあるはずです。ただ、あれが実際に役に立つかどうかは疑問ですね。
というのも、美大受験の「平面構成」ってのは、実際の作品をみてもらえばわかる
と思いますが、「受験のため作品」と言いましょうか、独特なものなんです。
実際のパッケージ・デザインだとか、雑誌のレイアウトや、ウェブ・サイトから
学んだ方が、ずっと良いかと。

時間とお金があるのでしたら、美大の受講生になることをお勧めします。
現在、少子化等、諸々の理由から、多くの美大でも、一授業から受けられる
受講生を募集していることが多いです。もちろん、試験はありません。
また、美大の予備校でやるような馬鹿馬鹿しいものもやらせません。
というか、そんなものを飛ばして、タイボグラフィーの授業を直接受けたほうがいいかも。

えーと、文脈にもよるのですが、「平面構成」というのは「立体構成」の対義語でして、
要するに、三次元の構成に対する、二次元上の構成です。
「画面構成」といったほうが、より分かり易いかと思います。

例えば、まず白い画用紙を一枚用意してください。
その上に、赤い画用紙を四角く切ったものと、黒い画用紙を三角に切ったもの
を載せて、どの配置にすれば、良い構図となるか、色々動かしてみます。
これが「平面構成」です。

前述のように、実際に指すものは多義的で、例えば古典的な絵画だった...続きを読む

Q平面構成色塗りの手順について(アクリルガッシュ)

私立の美大入試で平面構成を学んでいます。
経験者の方などに質問なのですが、
受験のときに色を塗る手順、
技法的なこと、
注意していたこと等、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

私が受験当時にしていたことは、自分の色を作るということです。
絵の具チューブから出した生の色をそのまま使うよりも、
何色も混ぜて自分だけの色を作り、自分だけの世界を描くように心がけていました。
入試は競争です。他の作品と差別化することが大切なんです。(純粋な意味での美術ではないかもしれませんね)
作り出した色は当日再現する時間が勿体ないので、前日作っておき持って行きましょう。
乾燥しても水で溶ける絵の具を選ぶことが前提ですが…
また、平面構成そのものに関しては、ある程度自分の中で図案をパターン化し、
こういうテーマが出題されたときにはこれを描こう、といった具合に決めておくことです。
これはあなたが目指している学校の過去問や合格作品例などを5,6年分集めてその学科が好む傾向や手法などを研究する必要があります。
色を塗る手順としてはやりやすい方法でいいのではないでしょうか。
私は面積が大きいところや色の薄い箇所から描いていきました。
緊張や焦りから、受験当日は時間が短く感じられます。
自分の絵を仕上げる時間をきちんと計算して、時間内に仕上げられるよう、練習を繰り返してください。
後悔しないように頑張ってくださいね。

私が受験当時にしていたことは、自分の色を作るということです。
絵の具チューブから出した生の色をそのまま使うよりも、
何色も混ぜて自分だけの色を作り、自分だけの世界を描くように心がけていました。
入試は競争です。他の作品と差別化することが大切なんです。(純粋な意味での美術ではないかもしれませんね)
作り出した色は当日再現する時間が勿体ないので、前日作っておき持って行きましょう。
乾燥しても水で溶ける絵の具を選ぶことが前提ですが…
また、平面構成そのものに関しては、ある程度自分の...続きを読む

Q現実的に考える、美大受験。

高校三年生、もう受験勉強に勤しんでいなければいけない時期です。
いままで教えてgooにて実に沢山のの質問をさせていただきましたが結局答えはだせないまま、今に至っています。
「お前は悩んでるだけだな。やりたい事があるならやりゃいいじゃないか。
どの道進んだって安定なんてありはしないんだからよ」と友人に言われて、興味のあることをやってみる
道を考えてみました。美大受験です。「一番ありえない道」として今まで考えていなかった道です。

美大を考えると、たくさんの問題がでてきます。美大で行きたいのはやはり「武蔵野」「多摩」で、
学科試験に実技という形になります。自分は横浜周辺に住んでいますがアトリエに通わなければ
受からないと聞きます。いったいどのアトリエがいいのでしょうか?

仮に入学できたと考えて、美大は初年度で200万かかり、その後も素材費やらの膨大な諸経費が必要になります。
親には「入学金くらいはだしてやれるけど、あとはお前が稼いでくれないと行かせてやれない」と言われています。
毎日課題ばかりで暇がないと聞きますが、美大生でバイトなんでてきるのでしょうか?
また、「奨学金(貸出金)もらえば少しは楽になる」とも聞きますが、実際には全学費の何割くらいが奨学金で補えるものなんでしょうか?

さらに、仮に卒業したあとはどんな職業につくことができるのでしょうか?
親に「美大なんかでてどうやってご飯を食べていくつもりなんだ?」と言われ、言い返せませんでした。

この時期に言い出す内容ではないのは分かっていますが、予備校へ行ってしまったらアトリエにはいけない。その逆もです。
これ以上予備校に入るのが遅れれば授業についていけないでしょうし、対応もどんどん遅れていってしまいます。
もうタイムリミットはすぎているのでしょうが、お話を聞かせてください。よろしくお願いします。

高校三年生、もう受験勉強に勤しんでいなければいけない時期です。
いままで教えてgooにて実に沢山のの質問をさせていただきましたが結局答えはだせないまま、今に至っています。
「お前は悩んでるだけだな。やりたい事があるならやりゃいいじゃないか。
どの道進んだって安定なんてありはしないんだからよ」と友人に言われて、興味のあることをやってみる
道を考えてみました。美大受験です。「一番ありえない道」として今まで考えていなかった道です。

美大を考えると、たくさんの問題がでてきます。美大...続きを読む

Aベストアンサー

某美大卒の者です。

質問がたくさんあるので、ひとつづつお答えします。

まず、横浜のアトリエですが、個人規模の小さいところは割とあります。大手だと、横浜には確か代ゼミか河合塾の美大予備校があったはず(すいません、もう10年以上前のことなんで記憶が曖昧…)
ちなみに、「美術手帖」という月刊誌の後ろのページに予備校の広告が載っています。
体力に自信があれば、横浜近辺にこだわらず、都心の予備校に通うという手もありますね。ただ、毎日のこととなると正直かなりの負担になりますので、よく検討してください。

あと、美大はやはり金がかかります。学費に関しては、私立でもかなり差があります。私の頃は、造形大>多摩美>武蔵美、の順だったかな…今はどうか分かりませんが。画材に関しては、日本画・彫刻科>油画科>デザイン科、の順(あくまでも目安です!)。普段使う絵の具や鉛筆は全て自腹です。金持っている子とそうでない子の差が、使っている道具で如実に判断できるほどです…。
また入学後のバイトについてですが。ファインアート系は割と暇なようですが、デザイン系は確かに忙しいです。私はデザイン系だったのですが、1・2年のうちは朝から夕方までみっちり授業があるので、日曜と長期休暇にしかバイトできませんでした。
ただ、私の友人で夏休みだけで何10万か貯めて学費の足しにしている子もいましたし、夜中のコンビニバイトや道路工事など、気合いでバイトしている子は結構いました。ですから、絶対に無理とは言いません。工夫とやる気次第で何とかなると思います。
奨学金については、すみません詳しくないので…他の方のご回答に期待しましょう。

率後の進路ですが、これは…ざっくりとしか言えませんが、デザイン系ならどうにか職にあり就けます。しかしファインアート系は非常に難しいです。
私のクラスだと、10年前ですが一応、就職希望の子は何とか全員決まったのですが、最初からフリーターを選んだ子も結構多かったですよ。全体の1/4は勤め先が決まらないまま卒業しました。

受験準備ですが、確かに今からだとちょっと遅いかな…という感じもしますが、私が受験生だった頃(10年前)は、高3の夏期講習から参加して、見事難関の私立美大にストレート合格した子はいました。ただし、そういう子はみんな学科で点稼ぎするタイプでしたね…。今は学科で足切りする学校も増えていますので、学科と実技をバランスよくすすめることを忘れないように頑張ってください。ちなみに美大受験の場合、浪人する子も非常に多いのですが、どうしても現役で…とのことであれば、美大にこだわらず専門や短期も視野に入れたほうがいいかも。まぁ、あくまでも最終手段ですが。

ともかく、目指しているのであれば一度予備校に足を運んでみましょう。講師の先生がもっと詳しく説明してくれることでしょう。
あと予備校訪問は、デザイン系か油画、彫刻などファインアート系か、位は一応決めてからにしましょう。

某美大卒の者です。

質問がたくさんあるので、ひとつづつお答えします。

まず、横浜のアトリエですが、個人規模の小さいところは割とあります。大手だと、横浜には確か代ゼミか河合塾の美大予備校があったはず(すいません、もう10年以上前のことなんで記憶が曖昧…)
ちなみに、「美術手帖」という月刊誌の後ろのページに予備校の広告が載っています。
体力に自信があれば、横浜近辺にこだわらず、都心の予備校に通うという手もありますね。ただ、毎日のこととなると正直かなりの負担になりますので、よく...続きを読む

Q武蔵野美術大学と東京造形大学

武蔵野美術大学と東京造形大学を受験しようかと考えているのですが
それぞれの大学の特徴や豆知識的なもの(試験についてや実際の授業、大学の雰囲気など)
をぜひ教えて頂きたいです。

それから、美大受験は難しいということで
2つの大学だけでは少ないでしょうか?
一応それぞれの大学で2つずつくらい学科を併願受験しようとは思っているのですが…。
それについてもご意見頂けたら幸いです。
ちなみにデザイン(DTP、広告、グラフィック、Webデザイン等)を勉強したいと考えています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 ムサビ日記という本知っていますか?最近出たブログ集。これを読むと、ほんと、良くわかりますよ。買わなくても武蔵美のホームページのムサビコムをまとめた物なので、ホームページでも読めますけど・・受験生時代の話もいっぱい。受験時の話も・・受験前に広報の手羽さんの受験の注意話は、目を通しておくとすっごく役に立つと思います。

 造形の方は良くわかりません。英国に関しては、3校の中で一番難しくて、差がつきやすいと思いますけど。総学生数が、武蔵美のほうが3倍くらい多いと思うけど・・だから、デザイン業界だと武蔵美出身者ってほんと多いです。なぜ多摩美受けないの?テストは似ていますよ。受けたほうが、後で後悔しないんじゃないかな?やれるだけのことはやったほうがいいですよ。

 なぜか、1つにしか受からなかった人も普通にいますよ。造形大落ちて武蔵美・多摩美両方受かった人とか・・

 併願について・・2学部併願する人は、とてもとても多いです。特にグラフィックは、難関なので、併願する率も高いと思う。武蔵美・多摩美の試験日程が近いので、併願によっては毎日続くこともあるので、それも考えて併願する学部を選ばないと・・実技の試験ってものすごく神経使うので、疲れます。

 デザイン学部って似ている様な者が色々あって、学校によってカテゴリー分けも違うので、今週末の多摩美と造形のオープンキャンパス行って、悩むことなど、相談室の人でもいいし、学部の学生を捕まえて聞いてみたらいかがですか?学部の学生も当番制になっていて、何もすることない時間も多いので、喜んで質問に答えてくれますよ。

 最後に3月31日のお昼近くに繰り上がり合格が来た人知っています。がんばってね。

 ムサビ日記という本知っていますか?最近出たブログ集。これを読むと、ほんと、良くわかりますよ。買わなくても武蔵美のホームページのムサビコムをまとめた物なので、ホームページでも読めますけど・・受験生時代の話もいっぱい。受験時の話も・・受験前に広報の手羽さんの受験の注意話は、目を通しておくとすっごく役に立つと思います。

 造形の方は良くわかりません。英国に関しては、3校の中で一番難しくて、差がつきやすいと思いますけど。総学生数が、武蔵美のほうが3倍くらい多いと思うけど・・だ...続きを読む

Qアクリルガッシュの使い方

アクリルガッシュを利用したのですが

絵具は水で溶いて画用紙に描けますか?

筆の洗浄は水でいいのでしょうか?

初心者ですお願いします

Aベストアンサー

No.1です。

すみません、ベタ塗りのガッシュのほうですね。

では、こちらで。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110160076
ベストアンサーの方の回答がわかりやすいでしょう。

左側のメニューに使い方があります。
http://www.turner.co.jp/art/gouache/index.html

画用紙でもよいんですが、なるべく厚めのほうがよいと思います。
そのままだと水を吸って紙がたわんでしまうので、
面倒でなければ水張りすると良いですよ。

水張り
http://oumiai.fc2web.com/mizubari/mizubari.htm

Q色彩構成って?

先日、教員採用審査で色彩構成という課題がありました。
大学受験の時は推薦で受かり色彩構成の勉強をやらず、大学に入ってからも一切触れなかったので一体色彩構成というのがなんなのかもつかめません。検索してみてもわずかしか作品をみる事が出来ず、しかもモチーフを決めているらしい作品、想像画らしいもの、いろいろありホントに困ってます。
私が受けた色彩構成の問題はテーマは「未来」。副題を考え、その作品のコンセプトを述べよ、というものでした。
ケント紙4つ切りに20×30センチの枠を描きその中に描いて時間は3時間でした。
色彩構成とは一体なんなのでしょうか!?

Aベストアンサー

 もうやめてしまいましたが、高校の美術教師でした。
色彩構成に厳密な定義はありません。デザイン分野の中で、平面作品で、なおかつ色面分割による作品であれば、かなり具象的なものから抽象にいたるまでひとくくりに色彩構成、もしくは平面構成などとよばれます。
 美大のデザイン科などを受験すると、たいがい入学試験にあるのですが、これも専攻や、学校によって傾向がまちまちという程度のものです。
 ですから、「未来」といったテーマなら、環境破壊や、戦争といった具体的なイメージを絵にして、それを単純化、平面化してもよいし、逆に全く抽象的な形と色で作品化してもいいわけです。
 ただしあまりに抽象的だと、これのどこが「未来」なのっていうことになるかも知れません。初めて作品を作られるのであれば、(ましてコンセプトを述べるのであれば)やはり何か具体的なシーンを考えた方が楽ではないでしょうか。ただし、この時あまりいろいろなイメージを詰め込まないで、主題がはっきりした方がいいと思います。
 画材は、ケント紙or画用紙にポスターカラーか、ガッシュが一般的ですが、
おすすめは(試験で許されるのなら)アクリルガッシュという絵の具です。
これは塗重ねが出来るので、初心者にも扱いやすいでしょう。
 あと色彩についてはいろいろ難しいのですが、突き詰めればセンスなので、自分に色感があると思われるなら、自分を信じていけばいいのではないでしょうか。もし自信がない時は、市販の配色辞典が強い味方になります。きれいな色の組み合わせというのはあらかじめ存在していますから、辞典を見て暗記してしまいましょう。(ちょっと邪道っぽいですが)
じゃ、がんばって下さい。

 もうやめてしまいましたが、高校の美術教師でした。
色彩構成に厳密な定義はありません。デザイン分野の中で、平面作品で、なおかつ色面分割による作品であれば、かなり具象的なものから抽象にいたるまでひとくくりに色彩構成、もしくは平面構成などとよばれます。
 美大のデザイン科などを受験すると、たいがい入学試験にあるのですが、これも専攻や、学校によって傾向がまちまちという程度のものです。
 ですから、「未来」といったテーマなら、環境破壊や、戦争といった具体的なイメージを絵にして、そ...続きを読む

Qおすすめの芸術大学教えてください

僕は本や雑誌など商品をデザインする仕事がしたいんですが、関西に遊びで卒業して終わるんじゃなくて、本当に実力がついて仕事に使えて、就職できるような芸大ありますか?
なるべくDQNな人がいないところでお願いします。
あと偏差値なんかを書いてもらえればありがたいです。

Aベストアンサー

現在、関東の某美大生やってるものです 
 
大学は雰囲気によって好み(合う合わない)が分かれるので、自分で調べるのが一番良いと思いますよ。自分の合う大学に行けばメキメキと実力が付くし、合わない所に行けば、下手したら不登校、留年、中退になってしまいます。
   
ココが役に立つと思います。
http://passnavi.evidus.com/
 
あとは、大学のHPを見たり、資料を取り寄せたり(タダなので、気になるところはとにかく取り寄せると良いと思います)、自分の足でその大学を見に行って雰囲気を確かめたほうが良いでしょう。
  
とくに、美術・芸術系の大学は、それぞれの大学に個性がありますから。私も、とある芸術大学に自己推薦という感じで受験し、かなり本気でその大学に入りたい!と思っていたのに、実際にその学校に足を運んで面接をしているうちに、その大学の雰囲気があまり好きではないと気づき、3段階あった試験の最終選考まで残ったのに、それを蹴って他の大学にした経験があります(その時には、芸術祭や展示会を参考にしました)
 
あと、高校と違って大学の偏差値はその模試によって参考にすべき偏差値が違うので(代ゼミが一番有名でしょうか?)数字でポンと一発で分かるものではないです。とくに、芸術・美大の場合は、実技も関わってきますから、偏差値だけではなく、実技の内容も重要になってきますね。(実技の内容を見ても、自分にその学科が合う、合わないがなんとなく分かると思います)(美大予備校や画塾の資料と取り寄せると、過去の作品例が載ってたりして、それも結構参考になります)
     
DQNに関しては、知名度、入試の難易度が高い大学になればなるほど、少なくなるでしょう(当然)。難易度の高い美大、芸大の入試を突破するには、それなりの経済力、知性、実力が必要になってくるので、やっぱりそれなりの人が集まってます。入ってからも、クリエイター心(高いプライド)があるせいか、大学に合格しただけでは満足せすに、一般大学の人に比べてけっこう課題の取り組み方が真面目な人が多い気がします(あくまでも、一般大学に行った私の友人と話してて私が思ったことですが)。
   
また、そのような大学であれば、学校生活を自分なりの考えをもって真面目に過ごしていれば、実力はちゃんと付くはずです。(ただ、上でも述べたのうに、学校の雰囲気が自分と合わないと、生活自体がつまらなくなって課題に身が入らなくなってしまうでしょう)。
 
美大、芸大だと就職がない、専門学校の方が就職が良いというのはまったくの素人(デザイン・アートに関しての知識がない人)が勝手に抱いているイメージなので、気にしなくて良いと思います。雑誌やTVで取り上げられるような人たち(そうでなくても、大手企業のデザイナー、アートディレクター)は、圧倒的に美大、芸大出身の人が多いですから。
 
つか長っ!(--;)
とにかく、自分で調べるのが一番です!

現在、関東の某美大生やってるものです 
 
大学は雰囲気によって好み(合う合わない)が分かれるので、自分で調べるのが一番良いと思いますよ。自分の合う大学に行けばメキメキと実力が付くし、合わない所に行けば、下手したら不登校、留年、中退になってしまいます。
   
ココが役に立つと思います。
http://passnavi.evidus.com/
 
あとは、大学のHPを見たり、資料を取り寄せたり(タダなので、気になるところはとにかく取り寄せると良いと思います)、自分の足でその大学を見に行って雰囲気を確...続きを読む

Q芸大に合格するには

今年の3月に17歳になるフリーター男です。
高校は行きませんでした。
ずっと怠惰な生活を送ってきました。

でも変わりたいと思い、
去年の11月に高卒認定試験(旧・大検。大学を受ける資格をもらえる試験)
を受け、合格しました。

グラフィック関係で食っていきたいと思い、
東京芸術大学を受けようと考えています。

絵は好きですが、デッサンが出来る程度です。
鉛筆でしか絵を描いたことがなく、しかも、
絵はたまに描く程度です。

こんな俺ですが、来年に
東京芸術大学に受かることなんて出来るんでしょうか。
それと、いまからどんなことを頑張ればいいのでしょうか。
どんな勉強をしたらいいのかまったく分かりません。
分かる方どうか教えてください。


ちなみに、絵に対する情熱は誰にも負けないです。
どんなことでも頑張ります。

Aベストアンサー

こんにちわ。私は芸大卒の者です。何かアドバイスできればと思って回答したいと思います。

まず始めに情熱やがんばりだけでは通用しないという世界だという事です。つまり絵が好きな人など山ほどいるわけですし(だから倍率も高い)、それは芸大に限らずどこの一流大学でも「医学部に行きたい」とか「東大に行きたい」と思っている人が多く存在するのと全く一緒です。さらに言えば芸大生=絵が好きという式は必ずしも当てはまるというわけではありません。

私は正にその典型なんですが、幼少期からデザイナーであった父にスパルタな美術教育を受けさせられ育ってきました。ですので絵は描けるのは当たり前でしたが「美術が好きか?」と言われれば首を傾げます。「じゃあなんで芸大行ったの?」なんて友人には聞かれますが、それは凄く単純で勉強ができなかったからです。もし一般大学を受験しても三流しか行けなかっただろうし、それなら美術系に進学しようと思ったことが理由です。そのようなモチベーションの学生は意外と多くいます。しかし僕を含め彼らは現役や一浪で合格してしまってるわけですから情熱がいかに儚い物か分かると思います。

私は投稿者さんのポートフォリオを見たことが無いので具体的なことはアドバイスできませんが「デッサンが出来る程度です」という心境では受験は厳しいと感じます。合格した学生はほぼ口を揃えて「(芸大って)難しかったか?」と言いまし「落ちるはず無いだろ」と強気です。私もそうでした。これは自慢的な表現ではなく多くの受験生の中で合格通知を貰う学生は「受験=合格」という構図が無理屈で勝手に成立してしまっているのが現状です。確かに冷静に考えてみれば高倍率ですし選考も不透明ですが私は「苦労したな」という感覚は全くありません、「(受かって)当然でしょう?」という方が遥かに強いです。

私が通っていた油彩科に関して言えば長年英才教育で絵画をやってきた人しかいないし受賞歴、活動歴、師事歴などを考慮してもアマプロがごった返している大学であることを忘れないでください。芸大生の9割は多摩美、武蔵美に同時合格しています。自分が美術素人だと思うのであれば100%落ちます。芸大は自分の作品が一番と思う人間の為の大学で不安定な自信で合格した人間を僕は見たことがありません。

こんにちわ。私は芸大卒の者です。何かアドバイスできればと思って回答したいと思います。

まず始めに情熱やがんばりだけでは通用しないという世界だという事です。つまり絵が好きな人など山ほどいるわけですし(だから倍率も高い)、それは芸大に限らずどこの一流大学でも「医学部に行きたい」とか「東大に行きたい」と思っている人が多く存在するのと全く一緒です。さらに言えば芸大生=絵が好きという式は必ずしも当てはまるというわけではありません。

私は正にその典型なんですが、幼少期からデザイナ...続きを読む

Qクロッキー帳とスケッチブックの違い

タイトル通りです
クロッキー帳とスケッチブックはどんな違いがあるか教えてください
もしや同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

クロッキー(仏語)、スケッチ(英語)で、本来はどちらも同じ物をさすけど・・・
日本では、クロッキーは速写の意味合いが強く、スケッチは写生や下絵の意味が強いですね。

ですから、日本で売られているクロッキーブックと称されているものは、速写に適した、鉛筆やコンテなどで描き易い紙が使われています。
また、速写ですから、沢山描く事が可能なように枚数が多く薄い紙ですね。
このため、水彩などので描くには適さない紙が多いです。

スケッチブックは、エスキースとして屋外で、色彩まで含めて描く場合が多いので、より多くの画材に適した紙が選ばれ、水彩絵の具などを使っても描き易い紙が使われます。

まぁ、クロッキー帳に色鉛筆という選択も悪くはないと思いますが・・・・

クロッキー帳の紙:質より量
スケッチブックの紙:ある程度の質を確保
って感じがしますけど


人気Q&Aランキング