こんばんわ。新型インフルエンザについて質問です。
新型インフルエンザは世界保健機関(WHO)と英国、メキシコの研究チームがまとめで致死率0.4%で通常の季節性インフルエンザよりかなり高い。また感染力も季節性インフルエンザより高いとのニュースを以前見たのですが、インフルエンザ関連の質問や回答を見ると今回の新型インフルエンザは季節性インフルエンザと変わらないとの意見ばかりです。
この情報は訂正されたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

5月11日付のWHOの見解の邦訳によれば、


季節性インフルエンザの二次感染率は5%~15%で、
今回のH1N1の二次感染率は、22%~33%と現時点では推定されているが、
限られた地域から得られた限られた情報に基づく暫定的な情報とのこと。
メキシコでのアウトブレイクを除けば、H1N1ウイルスは健常者には非常に軽症の疾患を起こす傾向にあると。
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/20 …

5月11日付のCDC(米国疾病対策センター)の情報は、
病原性という点で季節性インフルエンザとほぼ同等という情報に基づいて作成されている、とのことです。
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/20 …

確かに海外のニュースサイトを見てみると、もはやあまりニュースにはなってないようです(全部見てるわけではないので、国により異なるかもしれません)。
でもWHOは「じゃあもういいですね」とは言ってないので、一般的な危険とはまた違う観点でも注視してるんじゃないでしょうか?
研究としても。

インフルエンザ及び鳥インフルについて国立感染症センターの文章がありました。
これは普通のインフルエンザの話です。
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/intro.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。色々情報有難うございます。

お礼日時:2009/05/19 22:07

関連分野の研究者として昨年まで現役でした。

ただいまは海外の医療関係の企業で嘱託として勤務をしております。

今回の新型はあくまで普通のインフルエンザと同じような弱毒性であって、一番懸念されていた強毒性のものではありません。致死率が高いのは最初に大きな流行となったメキシコの特殊事情(医療費の高さ、貧困によって風邪くらいでは医者にかからないのが当たり前、医療技術という事情、その他)によるものです。初めに流行したのがNYであったりロンドンであったり東京であれば数字は大きく変わっていたでしょう。また感染力が高いのは、だれも免疫を持っていないのですから、これまた当然です。また突然変異、と言葉では言いますが、実際には1秒とか2秒とかで変異するわけではありません。ある人の体内から飛び出した弱毒性ウィルスが、たとえば空中で変異して強毒性になる、などというものではないのです。

感染はこれからもどんどん増えていくことは間違いがないでしょうが、健康な子供、成人ともに症状が出ればすぐに対処、という風にしていれば、日本にいる限りでは重大な結果を招くことはあまり考えられません。

すでに海外では日本の加熱した報道ぶりが話題になって久しいです。海外在住の研究者、学者から見ると「日本のように医療システム(保険制度も含めて)が整っているところでなぜあれほどに騒ぎ、海外での学会やビジネスに来ない人がいるのだろう」というのが正直な感想のようです。ぜひ冷静な対応をお願いしたいものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。致死率は発表ほどはないということですね。

お礼日時:2009/05/19 22:05

今は、初夏や夏ですからね。


冬になると、本領を発揮するでしょう。

両方のインフルエンザを罹患した人(外国人)の話によると、
諸症状は、新型インフルエンザの方が重いようです。

本日お昼のTV番組でも、
スペイン風邪も当初は弱毒性だったのが、
強毒性に突然変化(変異)した、
と放送していた。

現時点では、新型インフルエンザ(=豚インフルエンザ)に対して、
油断禁物です。

新型インフルエンザは、
3種類(人+豚+鳥)のウィルスから構成されているようで、
『ハイブリッド』なインフルエンザですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/19 22:02

変異率がわかりません


人から人に感染する場合に変異し、強毒性を獲得する確率はいかがでしょう、致死率5%とかになったら大混乱ですね、現在も感染は続いています。感染が止まらない限り強毒性の可能性も無くなりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2009/05/19 21:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA型インフルエンザ 鳥インフルエンザ

A型インフルエンザ 鳥インフルエンザ
A型インフルエンザは鳥インフルエンザでしょうか?ウィキで調べたところインフルエンザの中で鳥に感染するものがA型インフルエンザと記述してあったので。

4類感染症に H5N1以外の鳥インフルエンザ と載っていました。つまりこれはA型インフルエンザの残り143種を意味しているのでしょうか?

詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>A型インフルエンザは鳥インフルエンザでしょうか?

いいえ、違います。
鳥インフルエンザウイルスはA型インフルエンザウイルスですが、A型インフルエンザウイルスが全て鳥インフルエンザウイルスではありません。型インフルエンザウイルスの中には、ブタインフルエンザウイルス、ウマインフルエンザウイルス、ヒトインフルエンザウイルス等たくさんの種類があります。


>4類感染症に H5N1以外の鳥インフルエンザ と載っていました。つまりこれはA型インフルエンザの残り143種を意味しているのでしょうか?

おそらくそうでしょう、特に亜型を指定していないだけです。

Q開業医はインフルエンザにならないのですか?

インフルエンザの予防注射をしたのにインフルエンザになってしまいました。
不思議なのは医者がインフルエンザになったと余り聞かないことです。
連日インフルエンザの患者が押しかけ、医院はウィルス濃度が高そうなのですが。

ずっと不思議に感じています。

Aベストアンサー

開業医ではないですが、いまで言う地域拠点の総合病院で出産に付き合いました。
陣痛室で待機していたのですが、ある一つのことをするだけのために医者が来ました。
分娩室に滞在することおよそ5-10分、帰り際、床に設置したビデオをふんずけそうになりながら、
くしゃみを1回だったのに、彼の風邪をしっかり移されてしまいました。
母子とも問題はなかったのですが。
明確に原因がはっきりしているケースは最初で最後ですが、
今の季節、病院にいくとろくなことはないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報