51才になります。これから65才ぐらいまで働ける仕事を考えています。転職はこの年齢から難しいと思います。ハウスクリーニングで独立を考えるのは如何でしょうか。成功例、失敗例など教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「ハウスクリーニング(洗い屋さん)」は競争が激しく、営業が難しいというイメージがあります。


商売ですのでお客様(ターゲット)をどこに置くかは重要ですね。
一般顧客ですと「ダスキン」を始めとする知名度のある大手が壁になると思います。
賃貸物件が対象ですと、管理会社やオーナーへの営業がポイントになると思います。
(そこでは、クリーニングだけでなく補修・営繕も含めた管理業務にシフトしていかないと難しい気がします)
独立でということですので、PRや営業も御自分でということになるのでしょうか。
ハウスクリーニングは新規市場の開拓ではなく、競合がある中での営業ですから、ともすれば「価格競争」になります。
売上をあまり高いところで求めなければできると思います。
想像ですが売上的には個人では良く頑張っても月20~30万円くらいかなと思います。
経費も含んでいますので、結構厳しいものがあると思います。
景気の影響もかなり受けている業界ですので、今は厳しいと言わざるを得ません。
(賃貸でもクリーニングを外注しない方向になっていると思います。オーナー、家主も家賃収入が厳しいので、自分でクリーニングする方が多くなっている感じがします。)
私は52歳ですが、クリーニングは体力も使いますので傍で見ていても自分は厳しいかなと思っています。
(ひたすら体を動かす仕事です。それで「なんぼ」の仕事のように思います。もちろん、技能的な面もありますが、0からですと残念ですが、若い子に軍配が上がります)
一方、51歳は若いですから、今までの経験を生かした仕事等が見つけられる可能性があるのなら、その方向を考えた方が良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング