シナリオ制作をするので、参考と勉強を兼ねて探しています。

個人的に純愛や異世界ファンタジー(特に中国や平安時代、中世ヨーロッパ時代)が好きなので、その類で有名でお勧めなどがありましたら教えてください。

あまり個性的すぎると返って混乱してしまうので、表現力や心理描写、ストーリの進め方やキャラ設定などを特に参考にしたいので、読みやすい感じがいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中国物ファンタジー


酒見賢一さんの「後宮小説」「陋巷に在り」なんてどうでしょう。
純愛ではないんですが。
勉強になるかはわかりませんが、単純に面白いから好きです。
なんていうかイマジネーションがすごい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イマジネーションに心惹かれました。
本屋で探してみます。
どうもでした^^

お礼日時:2009/05/27 19:48

・フィリパ・ピアス トムは真夜中の庭で 岩波少年文庫


 1958年カーネギー賞受賞のヴィクトリア時代へのタイムトラベルがモチーフのファンタジー
 日本でもこの作品のファンは多く、文学座で舞台公演もされ、宮崎駿監督が映画化したい話に挙げていた作品
・三浦哲郎 ユタとふしぎな仲間たち 新潮文庫
 東北の山間の小さな村が舞台の和風ファンタジー
 NHKでTVドラマ化され、劇団四季の演目にも入っている作品
などがシナリオ制作上で参考になる内容を含んでいると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その作品読んでみたいですねぇ。
ぜひ参考に見てみます!
どうもです^^

お礼日時:2009/05/19 12:58

トールキンは指輪で有名ですが、指輪は映画みてしまえばいいので、ここは異色のギャグ、「農夫ジャイルズの冒険(トールキン小品集 評論社)」がおすすめです。


指輪書き終わったあとにトールキンが書いたギャグなのですが、それでも言語学者のトールキンらしく、土台がシッカリしています。キャラも、もちろん立っています。同じ人物がこうもちがう作品書くのかという事例にいいでしょう。

あとはゲド戦記書いたグウィンの「夜の言葉」(岩波書店)は、長年絶版でしたがジブリのご威光で再販となりました。グウィン自身が、作品書くときの心がけ、を書いた名著です。

これでたりなかったら、本屋さんで今はファンタジーとかあふれかえってますので、より取り見取りです。大きな書店の方がいいでしょう。ついでに、歴史・人文の棚もご覧になるといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー。
本屋に行って、どんな本か見てみます。
どうもです^^

お礼日時:2009/05/19 07:26

自分からはそういう推奨する小説などはありません


代わりに目に付いた物から片っ端に読み漁ることをお奨めします

特定の物にこだわると模倣に過ぎない物になりがちです
読むと言うことは疑似体験です
たくさんの経験をしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、拘ると感情移入したりして、模倣した物になります^^;
色んなジャンルの本を読むことですね。
どうもでした^^

お礼日時:2009/05/19 07:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q純愛でないもの

19歳大学生です。
よく純愛純愛と俗に言いますが、
純愛でない愛ってどんな愛なんですか。
いわゆる純愛小説を読んでみると、なんてことない
いつも自分たちがしているような、普通の恋愛にしか
見えないんですが。
愛に不純なものってあるんでしょうか。

Aベストアンサー

お金など、他の欲求とリンクしてしまうことがメインになる「愛?」が不純とされるのではないでしょうか?
でもそんなコトって実際にあるんでしょうかね?(^^;

ってか、それを不純といってしまったら全てが不純だと思うんですが・・・

引いた視点で”あの”韓国ドラマを見ていると、それを純愛と謳う解説者の良識すら疑ってしまうのですがねぇ・・・。

ボクの見識ではもしホントの純愛があるんだとすれば、それはもっとドロドロした物だと思いますよ。

演じたウソの恋愛が悪意でないのだったら、ボクはそれを彼女の愛情だと受け入れますよ。
本心では無くともそれがボクに対する情だと感じることができればのハナシです。

相手があってのことですから、一方的な純愛ってのもヘンだと思います。

答えになっていなくてスマソ

Q平安朝

平安朝を舞台にした本を探しています。
陰陽師もの、政権争いもの、その他なんでも
いいです。とにかく読みたい。待ってます。

Aベストアンサー

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/8702/

http://www.people.or.jp/~seimei/hituji.html

ご参考まで

Q純愛

昨日、恋空のドラマがスタートしましたね。(私はまだ見てませんが^^)
恋空はいろんな意味で賛否両論の作品ですね。
恋空は『純愛』をテーマ(?)にしていますが、一体純愛って何なんでしょう?

そこで質問です!
 Qあなたの考える『純愛』とはどんな恋愛ですか?
  また、あなたの理想の恋愛は?

男女、年齢など添えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

男性です。
純愛・・・って難しいですね。十人十色じゃないでしょうか。

私が恋愛相手に期待するのは、お互いに何でも相談できて、お互いに高めあっていける仲になれるということです。
もちろんいい関係だと、お互いに相手のことを思いやるようになると思います。自分も相手も見返りの期待なしに相手に奉仕するし、奉仕したいと感じられるとおもいます。

こんなステキな関係になれたらすばらしいと思います。

Q参考文献について

参考文献について
素人ですが本を出版しようと考えています。沢山読んだ本の中から文章を引用したいのですが、このような場合本を出版している会社に許可を頂くため電話で連絡をとったり著者に事前におことわりの連絡をとったりするのでしょうか?もしわかる方いらっしゃいましたらご回答宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

著作権法で許容されている引用の条件を満たせば、良いのです。詳しくは、下記アドレス参照のこと
http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime7.html#3

Q究極の「純愛」小説は?

一時期「純愛ブーム」なんてものがありましたが、いま無性に「純愛」を描いた小説が読みたくてたまりません。
「これは究極の純愛小説!」というような作品があれば、教えていただけませんか?

尚、お願いする身でありながら、ワガママを言って恐縮ですが「世界の中心で、愛をさけぶ」のような作品は好みではないので、こういうタイプの作品以外でお願いします。
ちなみに、現在私が一番好きな「純愛」小説は、泉鏡花の「外科室」です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が純愛だと感じた小説は、ドストエフスキーの「貧しきひとびと」です。
往復書簡の形で展開される、役人と若い女性の物語。
ただ、恋愛が主題というわけでもないので、お求めのものとは違うかもしれません。それと、ちょっとテーマが重いです。
でも私は大好きです。

Q時代小説の主役たち

こんにちは。はじめまして。
このごろ、自分でも不思議なくらい時代小説を読み出しました。いまのところ、のらりくらり素浪人風、実は剣の達人、みたいな主人公のものを楽しんでおります。これから、少し連載の長いシリーズものを読んでみたくなりました。ところで時代小説の主役たちにはどんな人がいるのでしょうね?シリーズものなどで、皆さんが気に入っている主人公がいたら、(その人物像、作家名など)紹介していただけませんか?どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どうもこんにちは!
お邪魔します。

私も最近になって藤沢周平と池波正太郎を読み返しているところです。

このお二方の作品で、
>のらりくらり素浪人風、実は剣の達人
ということでしたら、
『用心棒日月抄シリーズ』藤沢周平(新潮文庫)
『よろずや平四郎活人剣 上・下』藤沢周平(文春文庫)
『剣客商売シリーズ』池波正太郎(新潮文庫)
辺りでしょうか。
ほかには柴田練三郎の『御家人斬九郎』(新潮文庫)もお気に入りです。
(渡辺謙が主役演じたTVシリーズも良かったです)

藤沢周平の作品では、浪人物ではありませんが、映画「武士の一分」の
原作が収められている『隠剣シリーズ』(文春文庫)や『たそがれ清兵衛』、
『竹光始末』なども面白いです。

池波正太郎では、ご存知『鬼平犯科帳シリーズ』(文春文庫)や裏社会を
扱った『仕事人 藤枝梅安シリーズ』(講談社文庫)も楽しめると思います。
柴田練三郎では、やはり『眠り狂四郎シリーズ』(新潮文庫)でしょうか。

以上、ご参考まで

Q不倫関係で純愛などあり得ないですか?

私は今まで不倫してきました。
先日別れを告げられました。
最初は遊びだったのですが、別れて気がつきました。
不倫というのは模擬恋愛、身体だけの関係というけど、私の場合は純愛でした。

ここでも色々質問させていただきましたが、みなさんのご意見では純愛などあり得ない、みたいなことでした。
本当に不倫では純愛などあり得ないでしょうか?
ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

あるかもしれませんね。
でも、あったからなんなんでしょう。

不倫してる大体の人は「自分は純愛、自分だけは純愛」とか思ってるようですね。
しかしどんな理由があれ、倫理から外れてる事に何ら変わりはありません。
他人を傷付けるよりも、自分の気持ちの満足感を選んだような人間である事も理解できずに・・・

そして、最後は自分が数十倍傷付くことすら解ってない人間です。

Q時代小説でオススメを

最近、和田はつ子さんの時代小説にはまっています。
和田さん以外は今井絵美子さんの「立場茶屋おりき」と高田郁「みをつくし料理帖」が大好きです。
今井さん、高田さんは上記のシリーズ以外はそこまで好きでもないのですが、和田さんに限っては全シリーズが好きで、全シリーズにはまるような作家さんにまた出会いたいと思い皆さまに何かオススメは無いか質問させていただきました。

ちなみに宮部みゆきさん、平岩弓枝さんはしっくりきませんでした。
池波正太郎さんは最初ものすごくはまったのですが、途中からなぜか冷めてしまいました。
森真沙子さんの「日本橋物語」も内容は好きなのですが、色恋の描写が少し生々しい所が苦手です。
好きな傾向は書き下ろしで、人情あり、推理あり、(贅沢を言えばおいしそうな食べ物の描写があり)だと思います。
数ある和田作品の中でも「余々姫夢見帖」は一番ヒットしています。

何かとくせのある質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

田牧大和『緋色からくり』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4103157313.html

稲葉稔「研ぎ師」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/433473930X.html

あとは、ファンタジーなのですが・・・美味しそうな食べ物描写がある作品で
香月日輪「大江戸かわら版」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4652077815.html

Q純情・純愛ロマンチカについて

最近、ボーイズラブにハマりました。
なので、ネットの小説だけではなく実際に買ってみようと思い、色々と調べたところ、純愛ロマンチカ、純愛ロマンチカが面白いと聞きました。
そこで、質問なのですがこの作品純愛(漫画)純情(小説)はどっちが面白くて、どう違うんでしょうか?
ネタバレになってしまいますが、どうぞ宜しければお願い致します。

Aベストアンサー

一番最初に読むのは「純情ロマンチカ(漫画)」の1~7巻をオススメしますよ^^♪
小説バージョンの「純愛ロマンチカ」1~3巻は、漫画で登場する宇佐見先生(ウサギさん)が妄想と実益を兼ねて漫画の中で書いている小説が、実際に小説化された作品なので。
だから、漫画を読んでから小説を読んだほうが、ウサギ先生の妄想の激しさが解かっておもしろいですよ!
漫画のほうだとウサギ先生が大好きな美咲くんは、元気いっぱいな意地っ張りで可愛いのに、小説の中だとウサギ先生にメロメロで、おしとやかっぽくなってたりするんですよ(笑)

あと、個人的に好きなのは漫画の中の「純情エゴイスト」です!こちらはウサギ先生の友達さんが主人公。最近こちらもウサギ先生の妄想小説が実際に「純愛エゴイスト」という文庫で出版されましたよ~。
ものすごくオススメです♪

なにはともあれ漫画を先に読むほうがいいですよ!

Qおすすめ時代小説教えてください

私のジャンルを問わず一番好きな小説は池波正太郎の「剣客商売」です。あと、「忍者丹波大介」「火の国の城」を読みました。また、マンガですが、「鬼平犯科帳」「仕掛け人 藤枝梅安」は現在出版されている分はほとんど読んでいます。で、池波正太郎で他におすすめの小説を教えてください。「真田太平記」は第1巻の最初のちょっと読んでやめました。いまいち引き込まれなかったからです。我慢して読んでいけば、面白くなるのでしょうか?他の作者でも、おすすめの時代小説はありますでしょうか?「御宿かわせみ」の第1巻を最初のちょっと読みましたが、これも挫折しました。我慢して読んでいけば面白くなるのかなぁ?

Aベストアンサー

こんばんは。

『剣客商売』は読まれたとのことですが、『黒白(上・下)』『ないしょないしょ』は読まれましたか? どちらも剣客商売の番外編ですので、もし未読でしたらオススメです。他の池波作品では『おとこの秘図(上・中・下)』がやたらめったらおもしろかったおぼえがあります。といっても、池波作品はどれもおもしろいってのが私の感想ですけど。

>「真田太平記」は第1巻の最初のちょっと読んでやめました。
>いまいち引き込まれなかったからです。
>我慢して読んでいけば、面白くなるのでしょうか?
我慢して読んでいけば面白くなります。少なくとも私にはおもしろかったです。でも、我慢して読むもんじゃないですよ。気に入らなければ読まずにおいといて、またいつか気が向いたときに読めばいいんです。小説なんて腐るほどあるんですから、今これを読んどかないとなんて考える必要はないと思います。

#2さんが書いておられる山田風太郎の明治物は私も超オススメです。個人的に山田風太郎にハマるきっかけともなった『幻燈辻馬車(上・下)』が私のイチオシです。

#3さんオススメの隆慶一郎『一夢庵風流記』にも激しく同意します。隆作品は『影武者徳川家康(上・中・下)』『捨て童子・松平忠輝(上・中・下)』『花と火の帝(上・下)』など、長編は特にハズレなしだと思います。くれぐれも「峰隆一郎」とお間違えなく。

#5さんオススメの藤沢周平は私も好きです。ただ、池波ファンからするとちょっと暗くて地味すぎるかなって気もします。池波作品のあっけらかんとした明るさとは対照的に、武家社会のしがらみの中で生きる人々の哀感のようなものが描かれたものが多いですから(私見です)。しかし、藤沢周平は開高健と並んでジャンルを超えた次元で美しい日本語を書く作家だと思いますので、文章そのものを味わうという意味でははずせません。

とりあえず、その他印象に残った時代小説を挙げておきますので、暇が許せば手にとってみて下さい。
○井上靖『おろしや国酔夢譚』
○皆川博子『笑い姫』
○米村圭伍『風流冷飯伝』『退屈姫君伝』
○金重明『算学武芸帳』『戊辰算学戦記』
○C・W・ニコル『勇魚(上・下)』
○藤井素介『海鳴りやまず 八丈流人群像』
○羽田雄平『峠越え』
○乙川優三郎『霧の橋』
○藤田雅矢『糞袋』
どれか一冊となると藤田雅矢の『糞袋』を押します。時代小説でウンコって!

以上、敬称略で失礼しました。ほな。

こんばんは。

『剣客商売』は読まれたとのことですが、『黒白(上・下)』『ないしょないしょ』は読まれましたか? どちらも剣客商売の番外編ですので、もし未読でしたらオススメです。他の池波作品では『おとこの秘図(上・中・下)』がやたらめったらおもしろかったおぼえがあります。といっても、池波作品はどれもおもしろいってのが私の感想ですけど。

>「真田太平記」は第1巻の最初のちょっと読んでやめました。
>いまいち引き込まれなかったからです。
>我慢して読んでいけば、面白くなるのでし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報