日本は世界の中で裕福な国と思われています。
心の豊かさということは置いておいて、物質的な豊かさについてです。
どのような点で世界の中で日本は裕福だと思われているのでしょうか。
なにか統計的なもので具体的に教えていただきたいと思います。
回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>どのような点で世界の中で日本は裕福だと思われているのでしょうか。



先ず、表面的な統計数値(GDP・貯蓄率・就学率など)と日本製品のイメージからでしようね。
各統計値については、他の皆さんの回答通りですね。

無職の大学生がクレジットカードを持ち、海外旅行に行く。
20代前半の若者が、ブランド品を買い漁る。
日本人観光客が大挙して出かける国々では「日本=金持ち」というイメージしかありません。
反対に言えば「鴨がネギを背負って来る」事を意味していますがね。
社会資本の整備も進んでいて、電気・風呂・トイレ・水道が付いていない家屋は存在しません。

また、首相・外務大臣が海外旅行に行く度に「莫大な、現金をお土産」として持参しますよね。
先の麻生君は「中国旅行で温家宝首相に会うために、50億円の出演料」を支払っています。
政治的にも、「日本は、世界各国に定額給付金をばら撒く国」との印象を植え付けています。
クリントン国務長官が来日した時の出演料は、1兆200億円でした。

国内的にも、一部の特権階級には子々孫々無職でベンツに乗る権利を合法的に与えています。
(某市町村役場・警察では、一般採用試験とは別に特別枠を設けています)
こういう福祉国家も、世界中で日本だけです。

然しながら、「日本は実態のない国」というのが一般的です。
日本という名前を知っていても、地図を見ても分からない外国人が多いです。
また、未だに某国も地理には「ちょん髷姿」が載っています。

※日本は、決して裕福な国ではありません。
※ネットカフェ生活者・青色テント生活者・日雇い生活者などは統計対象外です。
※20代・30代・40代の経済的原因での自殺者率は世界一位です。
    • good
    • 0

ほとんどの家庭で便所が水洗。


ほとんどの家出自宅にお風呂がある。
多くの家庭に車がある。
食べ物に本気で困らない。
着ている服に、つぎはぎしてない。

といったところでしょうか。
    • good
    • 1

使いもしない預金です。


郵貯に始まり、たんす預金まで。
果ては、株券までたんすや押入れにゴロゴロあります。
不景気の一因でもあるんですけどね。

これらがなければ、とっくに日本は世界から無視されています。

しかし、預金全部はたいて世界中のあらゆる物を買いまくったらどうなるんでしょ。ある意味軍事力より凄いかも。
たぶんタンス分は入っていないですが、こんな感じです。


・日本銀行-資金循環統計からわが国の金融がどこまでわかるか
http://www.boj.or.jp/type/exp/seisaku/expsj.htm
・日本銀行-国際比較:個人金融資産1,400兆円
http://www.boj.or.jp/type/exp/seisaku/exphikaku. …
    • good
    • 0

とりあえず、データを置いておきます。



国の国内総生産順リスト - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE% …

世界でいちばん幸福な国ランキング World Values Surveys
(PDFファイル)
http://umich.edu/news/happy_08/HappyChart.pdf


日本はそれほど裕福とは思われていませんよ。
極端な話、田舎の方に行くと「日本ってどこにあるんだ?」とか聞かれるくらい。

裕福というより、日本製品のほうが知られています。
    • good
    • 0

やはり国内総生産(GDP)。

日本は中国に猛追されており早晩順位は変わるでしょうが、アメリカについで2位を長らく堅持していたのは紛れもない事実です。国の面積/国民の数から言ってこの順位は世界に誇れる記録だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は本当に豊かな国?

こんにちは。
日本はG8のメンバーであり、GDPも世界2位だそうですね。
経済大国と呼ばれ、観光客も多く訪れます。
しかし、街を見渡してもとても裕福な国とは思えません。
テレビや映画で見るヨーロッパの国々やアジアの一部の国々の美しい街並みや、その土地の気候にあった人々のセンスの良いファッションなどの様子から、とても日本人が彼らよりも裕福で幸せでレベルの高い国とは言えないように思えます。
例えば、ウィキペディアの国内総生産のページを見ると、日本が2位でフランスが6位。額も日本の半分程度ですが、フランスの方が裕福に思えます。
歴史的な街並が残り、人々も優雅に思えます。ストが多いとは聞いていますが・・・。
人々のマナーは悪く、日本はどこでもゴミだらけ(ディズニーランド以外)、落書きだらけ。通勤電車はひどい状況、汚い海で海水浴。大企業以外は休暇は少なく、長時間勤務。狭い部屋、家を買うのは大変。
また、北欧諸国は年金制度も充実し老後は安心して生活できるそうですが、知人のシルバー人材センターの仕事で働いているご老人は、来月から仕事がなく絶望しています。
勿論、それらの情報が全てではないとは思いますが、実態はいかがなものなのでしょう。
日本は本当に豊かなのでしょうか?

こんにちは。
日本はG8のメンバーであり、GDPも世界2位だそうですね。
経済大国と呼ばれ、観光客も多く訪れます。
しかし、街を見渡してもとても裕福な国とは思えません。
テレビや映画で見るヨーロッパの国々やアジアの一部の国々の美しい街並みや、その土地の気候にあった人々のセンスの良いファッションなどの様子から、とても日本人が彼らよりも裕福で幸せでレベルの高い国とは言えないように思えます。
例えば、ウィキペディアの国内総生産のページを見ると、日本が2位でフランスが6位。額も日本の半分...続きを読む

Aベストアンサー

日本は豊かな国ともいえますし、まだまだGDP2位にふさわしい国といえないといえばそういえます。

まず町並みについては、ヨーロッパなどの石作りのビルは200年以上前の建物がざらにあるようで、また馬車の時代が長かった為に道路含めた都市設計がなされています。昔は城壁都市として全部を塀で囲った都市も多かったために、街を作る=都市設計するという考えかたもあります。ですので町並みが整然ときれいに整っているのです。
対して日本の家屋は昔から木造建築です。加えて戦後ビルが出来るようになってからも40年程度で減価償却が終わると壊して新しいものをたてていきます。また昔は都市計画など無かったことと、馬車の時代がほとんどなかったために、現在の自動車文明を支える道路を新しく作ることが必要です。
これが日本の町並みが整然としていない理由です。しかし40年で壊して作れる財力があるという点では、他の国ではまねができません。
(阪神大震災の復旧の時に、視察に来た北欧の政府首脳が、何台も並んでいるクレーンなどの建築重機を見て、「うちの国ではこれほどの機械も人も材料(H鋼材など)もこんなに一度に用意できない、日本の底力を見た気がする」と感想を述べたぐらいです)

次に、人々のマナーですが、日本はかなり良いほうでしょう。ただし交通マナーに関しては欧米のほうが一歩ぬきんでているといえます。

更にファッションのことを言えば、ブランドがこれほど売れており高校生がルイビトンをもっているような国は日本だけです。
またユニクロからブランド品まで、同じパンツでも1000円から1000000円まで幅があるのも日本だけでしょう。普通の国は一般向けの価格帯と富裕層向けの価格帯しかありません。着こなしの問題は別ですが、世界中のファッション関係者が注目し、観察に来るのが日本の原宿です。
日本はファッションの最先端の国であることは間違いありません。

また台湾が貧困そうには見えなかったということですが、観光客を貧困窟に案内することはありません。その国のイメージダウンにつながりますし、観光客が行動したら危険が伴うこともあるからです。
日本以外の国は先進国といえども、貧困層の住む地域(スラムなど)が必ずあります。貧困地域が無いのは日本だけです。
ただし、日本の場合は「貧困」そのものを定義していません。普通の国は平均所得の何%以下の所得者層を貧困層として認定し、社会保障対策を行っています。しかし日本にはそのような基準がないために、「だから貧困は無い」ともいえます。
知人のご老人の例はこのような日本の社会対策のお粗末さの被害者であるといえるでしょう。

日本はヨーロッパに比べれば社会的なインフラ整備は遅れています。しかし実情をきちんとみれば、なかなか日本のような豊かな国は無いことが分かるはずです。ただし社会的な整備は足りないところもいっぱいあります。

日本は豊かな国ともいえますし、まだまだGDP2位にふさわしい国といえないといえばそういえます。

まず町並みについては、ヨーロッパなどの石作りのビルは200年以上前の建物がざらにあるようで、また馬車の時代が長かった為に道路含めた都市設計がなされています。昔は城壁都市として全部を塀で囲った都市も多かったために、街を作る=都市設計するという考えかたもあります。ですので町並みが整然ときれいに整っているのです。
対して日本の家屋は昔から木造建築です。加えて戦後ビルが出来るようになって...続きを読む

Q日本は現在、世界で一番豊かな国って知ってましたか

下記は経済研究者、岡部陽二さんのホームページのコピペですが、読んでみた貴方のご感想を教えてください。

これまで国や地域の経済力を国際的に共通の尺度で計測して比較する指標としては,GDP(国内総生産)か国民所得しかなかった。国民所得はGDPの一構成要素であり、何れも企業で言えば「売上高」に相当する「フロー」の概念である。

これに対し、ノーベル賞受賞者でもあるステグリッツ・ケンブリッジ大学教授は、2009年に出した報告書で「GDP偏重ではなく、個人の富とか福利厚生度を重視する指標を開発し、これを経済政策に役立てるべきである」という考えを明確に打ち出した。この提言を受けて、2012年6月には国連が中心となって開発した「包括的資本“Inclusive Wealth Index(IWI)”」という新指標に基づく試算値が発表された。

これは企業会計におけるバランス・シート上の「総資産」に相当する「ストック」の概念であり、GDPを超える画期的な国際比較統計として注目されている。EUではすでにこの新指標を活用した経済政策の展開が議論されている。

この新指標の衝撃は、包括的資本(IWI)の総額では米国が首位であるものの、「一人当りIWI」では、対象20ヵ国中、日本が435,466ドルと断トツの世界一にランクされたことである。(図表1、右欄)。

GDPの総額では、中国に抜かれて世界第3位に落ち、「一人当りの名目GDP」では38,491ドルで世界24位(2013年、PPP換算)にランクを下げている日本が、英エコノミスト誌が真の国富( The Real Wealth of Nations)と高く評価した新指標による国際比較でトップとなったことは、驚きであり、マジかと疑われても致し方ない。

その所為であろうか、この新指標は一部の研究者には注目され、福島清彦立教大学教授著「世界で一番豊かな国・日本」(2013年、(株)きんざい)といった解説書も出版されているにもかかわらず、マスコミは全社一様に無視している。

GDPとは異なり、「包括的資本」は所得や経済活動を生み出す源泉としての資本(富)に着目したもので、資本が将来齎すであろう価値を現在価値に引直した額である。資本のポートフォリオ全体が増えれば、将来世代が経済活動を行なうための基盤は減らさずに受け継げる持続可能性指標として位置づけられている。

包括的資本は、図表2に見られるように、物的資本、人的資本、自然資本の三つで構成されている。人的資本の構成比率(2008年)は日本;72%、米国;75%、英国;88%と先進国では高く、BRICSでは、ロシア;21%、中国;44%、インド;46%と低い。

人的資本は「(教育年数+訓練年数)×教育を受けた人の数×平均賃金の現在価値」という数式で算出される。日本の一人当り人的資本が、312千ドル米国の291千ドルを上回っているのは、米国では大学進学率は51%と高いものの、入学者の中で卒業できる比率が53%と低く、大卒比率が27%に低下しているためとされている。EUでは、共通政策として、現在30%の大卒比率を2020年までに40%に引上げる目標を掲げている。もっとも、日本の高学歴が内実を伴っているかどうかは疑問であろう。

日本の一人当り物的資本;118千ドルは先進国の中で格段に高い。これは、高度成長期にGDPの約15%が設備投資に向けられ、公共投資も最近まで高水準を続けてきた社会インフラの蓄積を反映したものである。

日本の自然資本はIWIの1%を占めるに過ぎないが、1990年から2008年の間に若干増加している。これは、森林資源の増加によるもので、この間に自然資本が増加したのは20カ国中3カ国に過ぎない。自然資本の構成比がきわめて高い国は、ナイジェリア;69%、ロシア;66%、サウジアラビア;55%である。IWIを構成する3資本は同一の金銭単位で集計されるので、産油国が石油を掘って自然資本を減らしても、その石油収入を新たな産業に投資したり、社会インフラを充実させたりすることで、包括的資本全体が増えればよい資本循環になる。

日本の包括的資本は、総額・一人当りともに、対象計測期間18年間にわたり、コンスタントに増加しているのは、特筆に値する(図表2)。計測対象20ヵ国のうち、ロシアはIWI総額が減少、一人当りIWIは6ヵ国で減少している。この間の一人当り実質GDPの増加率は、日本;1.0%、中国;9.6%と大きく開いているが、一人当りのIWI増加率は、日本;0.91%、中国;2.07%である。日本の0.91%増は、米国;0.69%、英国;0.88%に比しても悪くない。

下記は経済研究者、岡部陽二さんのホームページのコピペですが、読んでみた貴方のご感想を教えてください。

これまで国や地域の経済力を国際的に共通の尺度で計測して比較する指標としては,GDP(国内総生産)か国民所得しかなかった。国民所得はGDPの一構成要素であり、何れも企業で言えば「売上高」に相当する「フロー」の概念である。

これに対し、ノーベル賞受賞者でもあるステグリッツ・ケンブリッジ大学教授は、2009年に出した報告書で「GDP偏重ではなく、個人の富とか福利厚生度を重視する指標を開発し、...続きを読む

Aベストアンサー

僕も、#1の方と同じ考え方です。
岡部陽二さんのホームページのコピペならば、そのアドレスを書けばいいのではないですか?
もう一度、それをされてから別に感想を話します。

実は僕も日本が世界一であることは重々承しています。なぜなら、

1.犯罪の少なさ
これは皆さんよく知っていることですが、さらに犯罪件数もここ近年どんどん減っていることが警察白書からも見られます。
え、と思う人も多いと思いますが、事実です。
マスコミは同じ事件を繰り返し報道するので、以下にも犯罪が増えているような錯覚になるそうです。

2.貧富の差がないこと
日本は世界で一番貧富の差のない国です。
アメリカなんかは、1%の金持ちが50%のGDPを握っています。
そうすると、当然金持ち様様になります。そう、金持ちがどんだけお金を使ってくれるかが経済成長のカギとなるわけです。
ところが日本は、経済効果を考える時、金持ちより庶民(ここでは中流階級がポイントでしょう。日本は中流階級の一番多い国です)が金を使ってくれることが大切となっています。つまり、金持ちが大胆なぜいたくをするより、
「主婦が晩御飯のおかずを一品増やすこと」
「OLや女子大生が服を一着買うこと」
これらの方が大切という経済構造なのです。

3.経済が国内で自立していること
皆さんは、日本が貿易立国だと思っていませんか?実は間違いなのです。
これは、貿易依存度という統計であらわされています。
ヨーロッパや韓国は非常に高い(30%以上。韓国では50%以上)のに、日本(10%ほど)とアメリカ(5%ほど)は小さいのです。
これは、経済が国内で自立していることを示しています。
勿論、貿易をせずして日本経済が成り立つわけはありませんが、ちゃんと統計で出てきているのです。

僕も回答が長くなりましたが、この考え方をどうおもわれますか?

僕も、#1の方と同じ考え方です。
岡部陽二さんのホームページのコピペならば、そのアドレスを書けばいいのではないですか?
もう一度、それをされてから別に感想を話します。

実は僕も日本が世界一であることは重々承しています。なぜなら、

1.犯罪の少なさ
これは皆さんよく知っていることですが、さらに犯罪件数もここ近年どんどん減っていることが警察白書からも見られます。
え、と思う人も多いと思いますが、事実です。
マスコミは同じ事件を繰り返し報道するので、以下にも犯罪が増えているような錯覚にな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報