ダイハツ フェローMAX 48年式 ユーザー車検 排ガス試験について質問になります

愛三製キャブレターが付いています。

ユーザー車検に行ったところ排ガスで落ちました。
どうすれば排ガスで合格するのか教えていただきたいのでよろしくお願いします。

アイドリング、加速共に問題ありません。

ただ本日車検ラインで順番待ちのため30分ほどアイドリングを
続けていたところ下記のような症状に陥りました。

・加速にムラが生じる
・30分アイドリング直後エンジン停止したところ始動不可

加速ムラは15分ほど急加速せずに走行していたところ改善
始動不可はアクセルをあおりながらスターターを回しなんとか始動
こちらも15分ほど走行したところエンジン始動は回復

また最近からですが下記の症状も出ています

・強い排気ガスの匂いがする
・燃費悪化

帰宅しキャブ周りを確認したところ愛三製キャブレターの
パワーピストンを制御する固定ネジが紛失し
パワーピストンが一番上まで上がっている状態でした。

写真はキャブOHする前のキャブですが今日のパワーピストン
の位置はこの状態で車検を通したことになります。

※現在はキャブは綺麗になっております

パワーピストンの位置が制御できず燃料がとても濃い状態に
なってしまったということでよろしいでしょうか?

他の可能性は考えられますでしょうか?

よろしくお願いします。

「フェローMAX ユーザー車検 排ガスにつ」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

画像の赤丸は、加速ポンプで名前の通りアクセルを急に踏んだときに


一時的にA/Fをリッチにするためのものと思われますので、アイドル時の排ガスには直接は関係ありません。
原因としては、アイドルアジャストスクリューの調整不良位しか思いつきませんが?

この回答への補足

すいません

逆でアクセルを踏んだときに連動してピストンも押されるのを確認しました。回答いただいたとおりアイドルアジャストスクリュー調整してみます。

補足日時:2009/05/23 16:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

赤丸内は一時的に作動するならいいのですが作動しっぱなしの
状態で固定されていました。アイドル時の赤丸内ピストンは
見えないくらいキャブ本体に差し込まれていなければいけません。

アイドルアジャストスクリューの調整も合わせて行いたいと思います。

お礼日時:2009/05/20 08:24

失礼しました。

2サイクルですものね。
アクセルワイヤより強制ですね。
それなら画像の状態だと燃料が濃い状態になり
(要するにかぶる)ガス検はOUTですね。

その心棒(確かプランジャーと言ったかな)を下
げっぱなしでも急加速が悪いだけなので、下げて
受けると行けるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですか やはりガス検アウトですか。。。。
プランジャーを下げれるように修理してからラインに通したいと思います。

お礼日時:2009/05/19 12:55

加速ポンプは中にピストンが入っていて、エンジンの負圧(空気)に応じて上下して追加ガソリンを送るのです。

アクセルを開けると負圧が働いて上に上がると思います(画像の状態)。でもほんの1秒程度開くだけでまた閉まりますので加速ポンプの上下動がHC,COに直接関係するとは思えません。
私の感ですが加速ポンプのピストン(その当時はもしかすると牛革を張り付けていたかも)劣化によりコントロール効かず、結果として追加ガソリンがエンジンに入り込んでしまうのではないかと思います。
 確認の方法としてはチャンバー(アイサンと書いているところです)にフュエールレベルがあるのですがアクセルをあおるとレベル面上下が激しいなら全体を含めて加速ポンプも不調だと思います。
 また革ですと部品無いとおもうので製作するしか無いと思いますが、そんな簡単にはいかないですね。
いずれにしても2次エアーなども関わってくるので本当にキャブレター技術がないとダメかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

>加速ポンプのピストン(その当時はもしかすると牛革を張り付けていたかも)劣化

確かにキャブ分解時、加速ポンプに革らしきものがついておりました。
表面にひび割れはありましたのでもしかすると劣化している可能性もあります

>アクセルを開けると負圧が働いて上に上がると思います
>でもほんの1秒程度開くだけでまた閉まりますので加速ポンプの
>上下動がHC,COに直接関係するとは思えません。

排ガス計測時は加速ポンプピストンを制御するネジが外れており
ピストン位置はは画像と同じ状態で全開で空いておりました。

この加速ピストンはアクセルワイヤーに連結されていたので
アクセルの開度によって上下するものと思われます。

加速ピストンの劣化については教えていただいた方法を週末にでも試してみたいと思います。

お礼日時:2009/05/19 12:19

まずキャブレター車は一般車とはガス検査基準値が違うのはご存じでしょうか? HC,CO共に一般車より高い数値が基準だったと思います。


またフェローMAXは2サイクルでしたでしょうか? それであればテスター機に2サイクルのボタンがあるはずですので、それを押してテスターに掛けることです。
通すコツですが、CO,HCどれがダメなのでしょうか? coがダメならアイドルを高めにする(要するに完全燃焼の状態に近づける)ことです。
低めると悪い方向に行くはずです。
HCはどうだったかちょっと忘れましたが方法はあります。
更にエンジンオイル(2サイクルの場合)古いなら新品にした方が完全燃焼に近づきます。アイドルから白煙が出ているようでは厳しいかと思います。
パワーピストンとは加速ポンプの事ですね。どのネジが外れたのか判りませんが、固着していなければガス検にさして影響はないと思います。
それが開いていないと不調であればメインジェット、スロージェットの状態が悪いと言う事になります。

この回答への補足

他サイト 知恵袋回答に

>CO2(二酸化炭素)ではなく、CO(一酸化炭素)ですね。
>ちなみにHCは炭化水素、ガソリンの燃え残りと考えてください。

こうありました。

HCが、ガソリンの燃え残りが多いということはやはりパワーピストン
(加速ポンプ)の機能不全が考えられるような気がします。

一酸化炭素・・・ これはどうすれば直るか
アイドル以外の箇所を探すのが課題のようです。

補足日時:2009/05/19 08:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>テスター機に2サイクルのボタンがあるはず

係員に指示され2サイクルボタンを押し計測しました。

>通すコツですが、CO,HCどれがダメなのでしょうか?

CO,HC 両方×でした。

アイドルは1500回転で安定しています。
これ以上高いのは扱いづらいのですが・・・。

>パワーピストンとは加速ポンプの事ですね

なるほど ありがとうございます。
アクセルを踏み込んだ状態が画像赤枠内の状態
逆にアイドル時はそのピストンが見えないくらいキャブ本体に入ってます。

と、いうことはアイドル時に加速ポンプが全開の状態だった

そういうことになるでしょうか?

お礼日時:2009/05/19 08:42

・加速にムラが生じる


・30分アイドリング直後エンジン停止したところ始動不可
オーバーヒート気味になってパーコレーション起こしかけてたんじゃないでしょうか、フェローって電動ファン付いてましたっけ?
同様に長時間アイドリングでカブっちゃったんじゃないでしょうか、プラグはどうでしたか?

排ガス計るのはアイドリング時ですから、スローを絞るのは常道です
しかしパワーピストンってなんでしょう?いわゆるバキュームピストンのこと?でも不圧キャブじゃないですよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アイドリング中水温計を睨んでました。

水温は水温計の真ん中より少し下で安定していました。
電動ファンは後付けでアイドリング中ずっと回していました。

>同様に長時間アイドリングでカブっちゃったんじゃないでしょうか、プラグはどうでしたか?

私もそうかと思います。
ただ30分やそこらのアイドリングでカブルとは思いませんでした。
プラグはまだ見ていませんので週末にでも確認します。

スロー絞るの了解です。

パワーピストンって名称は整備マニュアルに書いてありました。
アクセルケーブルとリンクされているようなのでアクセルを
踏み込んだときに、このピストンが上がるのだと思います。

お礼日時:2009/05/19 08:35

残念ですが


「奥まで突っ込みなさいっ!!」と
注意されます。

「少し手前まで(手前気味)」では測定に変化がありません。

まぁ、要はスロージェットを絞ればよいだけですが
>この状態で車検を通したことに
とあるので
合格はしたのですね?

この回答への補足

すいません

この状態で車検場ラインを通したこと ということになります
車検は落ちました。

スローの問題でしょうか?

補足日時:2009/05/18 22:40
    • good
    • 0

>ユーザー車検に行ったところ排ガスで落ちました。


>他の可能性は考えられますでしょうか?

昔、物の本に、ユーザー車検合格の秘訣が掲載されていた。
排ガス検査棒を奥まで突っ込むと不合格になる率が高くなるから、
少し手前まで(手前気味)にしておく、と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは最後の手段で・・・

いえ、ちゃんと合格ラインに達した車にしたいのです(笑

お礼日時:2009/05/19 08:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアージャッキについて

クルマを持ち上げてウマに乗せるのに、ガレージジャッキではなく手軽なエアージャッキ(排気ガス使って風船を膨らませるようなやつ)を検討しているのですが、
身の回りで使っている人を一度も見たことがありません。

ひと昔前は雑誌とかでよく見かけたのですが、なぜでしょうか?
安全性とか耐久性に問題があるのでしょうか?

重いガレージジャッキを使うよりよほどお手軽だと思うのですが…

Aベストアンサー

懐かしいですね、まだあったんですか。私は1975年頃購入して数回使いました。
収納状態でも大き目のファンヒーターほどのサイズがありますからとてもじゃまでした。
膨らんでいくうちにバッグ側のホース位置がずれて自分で取り付け部を踏んでしまいエアーを抜くことも入れることも出来ず往生したこともありました。
凍結時チェーン装着に使った時はすべり出て車体が落ちた時も怖かったです。
側溝に車を落としたこともありますが、ボディーをゴリゴリと塀にこすりながら持ち上げるのでとてもひどいことになりました。
使用後にはずしてエアーを抜きますが、排気に混ざった黒い水も飛び散りますから手と服も気をつけなくてはいけません。
以上の理由から購入は絶対止めたほうが良いと思います。
周りの人の注目は集めますから、そういう意味では面白いですけど。

Q始動後 アイドリング不調

こんにちは

毎回お世話になっています

SUBARUサンバーH5年式(13万キロ)に乗っているものです


毎回ではないですがごく稀にエンジン始動した後にアイドリングが低下してエンストする寸前まで(エンストはしませんが)アイドリングが下がるのです

ただ走行すればアイドリング、電圧ともに問題ないです


この場合キャブがいけないのですか(この場合はキャブを清掃しなくてはならない)?

それともプラグを交換していないのでこうなるのですか(交換したのは2年前)?


それともか他に原因があるのですか?


困っているのでよろしくお願いします(泣)

Aベストアンサー

お久しぶりです。
この寒い中でもサンバー、ガンバッてるようですね!

その年式になると、キャブのアチコチが不調になってます。

私がよく経験するのは、
「チョークバルブの閉じっ放し」。

エンジンかける前は、冷えてれば当然 チョークバルブは全閉してます。
で、エンジン始動直後は 「チョークオープナー」というデバイスにより
ほんの少しチョークバルブが開かれます。
これが開いてないと混合気は過濃となり、アイドリングが不安定になります。

すぐに走りだしてしまえば、スロットルバルブとリンクしてチョークバルブは
強制的に開かれますので、問題ありません。

停車時、冷えてる間にアイドリング不調なら、いちど「チョークオープナ」の作動を確認してください。
そのデバイスへのホース途中にある「チェックバルブ」が詰まってしまってる場合が多いです。

そういう時は、そのバルブを交換するか、いっそ 取っぱらってしまい、ホースのみで「直」につなぐか、です。

始動直後は、このように「チョークオープナ」が作動しますが、暖機されるまでの間は
「チョークを閉じる」作用をする 別のデバイスがあります。
このデバイスは、同時に 「回転をあげる」作用もしてます。
(冷えてる間は、アイドリングを高めてます。)

冷えててもアイドリングが低いのは、このデバイス(冷却水=お湯で作動)が働いてないのか、
それ以上にエンジン不調になる要素が勝っているため 回転が低いか・・のどちらかです。

たまにしかならないのであれば、とりあえず、「チョークオープナ」を作用させる機能部品が正常か?を診てください。 チョークバルブ本体や、各リンケージの動きがシブくなってることも考えられます。

お久しぶりです。
この寒い中でもサンバー、ガンバッてるようですね!

その年式になると、キャブのアチコチが不調になってます。

私がよく経験するのは、
「チョークバルブの閉じっ放し」。

エンジンかける前は、冷えてれば当然 チョークバルブは全閉してます。
で、エンジン始動直後は 「チョークオープナー」というデバイスにより
ほんの少しチョークバルブが開かれます。
これが開いてないと混合気は過濃となり、アイドリングが不安定になります。

すぐに走りだしてしまえば、スロットルバルブとリンクして...続きを読む

Q排ガス損失の計算式のなかの0.33とは

排ガス損失の計算式で

「排ガス量×0.33×(排ガス温度-室内温度)×100/低位発熱量」

という計算式を見つけましたが、
この中の0.33という係数はどういう意味を持っている係数なのでしょうか?
小生、全くの素人で勉強中の身ですですので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

< 排ガス量×0.33×(排ガス温度-室内温度)×100/低位発熱量 >
とありますが これが何を求める式なのか、その参考書に記載されていると思います。 
排ガス量・温度差・低位発熱量および 0.33 の数値の単位についても説明されている筈です。

それは兎も角として;

この 0.33 は、排ガスの平均定圧比熱 Cp [ = 0.33 kcal/Nm3・℃ ] のことでしょう。

Qキャブ車のアイドリングの異常について教えてください。

10年ほど前のダイハツのミラですが、アイドリングがおかしいのです。走行し、停止時に回転があまり落ちず1000回転以上で下がらなかったりします。そうかといえば、停止させようとキーをOFFにしてもすぐに止まらずしばらくしてやっと止まるとか。とにかく高いだけとか低いだけなら調節すれば直りそうですが、こういう現象の原因は何でしょうか?どうしてこういう現象が起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

アイドリングが高いままで下がらない原因は色々考えられますね。
単に電気負荷やエアコンの負荷が掛かっている為にアイドルアップしている場合、キャブのリンク機構(ワイヤーも含む)の動きに渋さがあり引っかかりが起きている場合、
キャブ内のスロットルバルブにカーボンやスラッジが溜まりそれが原因でスロットルバルブが動きずらくなっている場合、等が考えられますね。

またキーをオフにしてもエンジンが止まらないのは、上記キャブのアイドリングが高くてエンジンが止まらない場合、キャブのスローカットソレノイドバルブの作動が悪くて止まらない場合、シリンダー内にカーボンスラッジ溜まりそれが原因となる場合、等が考えられますね。

Q排ガス循環率の計算を教えてください!(至急)

炭素86%水素14%(質量割合)の油を燃料とし、
燃焼排ガスの一部を燃焼用空気(乾き)に混合して排ガス再循環して燃焼しています。
燃料は完全燃焼していて燃焼排ガスの酸素濃度、排ガスを混合した空気中の酸素濃度
(いずれも乾きガス中の酸素体積割合)がそれぞれ3.5%、18.5%です。
このボイラーの運転空気比、排ガス再循環率を計算という問題です。

運転空気比については、
α=0.21/(0.21-O2)にて、1.2と求めましたが、それから先に進みません。
また、運転空気比も簡易式ではなく、他の方法で解いたほうが良いでしょうか?

同じ質問で、排ガスを混合した酸素量から排ガス循環量を計算するアンサーがありましたが、
いまいち良くわかりません。

何分、初心者なもので、懇切丁寧にご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

再アップしておきました。
http://www.axfc.net/
Sc_371921.zip img001a.zip
DLキー:enekan

解説では空気比は厳密に計算しています。
また画像右下に排ガス循環率の簡易式が載っています。

> また、運転空気比も簡易式ではなく、他の方法で解いたほうが良いでしょうか?
出題した人の考えに依るので分かりませんが、その人はこのテキストの問題をそのままパクったことは間違いありません。

Qエアコン始動時のアイドリング不調について、

 H5アルトMT(89000km)なんですが、エアコン始動時の回転数が変です。アイドリングは1000回転なんですが、エアコンを入れると調子のいいときは、1200回転までいきますが、調子の悪いときは800回転まで下がってしまいます、その状態からアクセルをふんで、回転を上げると1200回転で一定しています。通常のエンジン回転は一定しています。原因は何なんでしょうか教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

リンケージとはキャブのスロットルワイヤーが接続されている
「棒」と「スプリング」で構成された部分を言います
この部分に磨耗によりガタが発生すると
スロットルバルブやチョークバルブの開度が一定でなくなったり
してアイドル回転数の変動に繋がってしまいます
キャブ車ですと一般的にソレノイドバルブを使って
アイドル回転数を上げるようになっていますが(機械的にスロットルバルブを
少し開く)この部分にガタつきがあっても同じような結果になります
汚れによる原因で動きがスムーズでない事も
原因として考えられますがその際 CRCを吹いてはいけません
更にごみが付着してしまいます
そういう場合はキャブクリーナーで洗い流すようにします

キャブ車の場合 アイドル回転数の調整作業は
3回行うのが普通です
無負荷状態、電気負荷状態の補正、エアコン負荷状態の補正
これらがきっちりと出来ていないと
回転数の変動に繋がる事もあります




 

Q最近インターネットで車の排ガスは毒ガスという

最近インターネットで車の排ガスは毒ガスという
HPやサイトをよく見ますが実際どれだけ毒ガスなのですか?
自分は車に乗らないのですがたしかに車の排ガスは臭いし
迷惑だと思うけど有害じゃないと思ってたのでショックです。

Aベストアンサー

http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-130303X379.html

Q車検の排ガス検査

ワゴンRの車検が1ヵ月後にあるのですが、オイル上がり、下がりのエンジンオイル消費があります。マフラーからも青白い煙を吹いてます
車検の排ガス検査で上記の状態で検査は通るのでしょうか?

症状の事は把握しているので、検査が通るかどうかだけです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

元Sディーラー勤務、現役整備士です。

排ガス検査ではCO(一酸化炭素)とHC(炭化水素)を測定します。
COは不完全燃焼のガソリン、HCは未燃焼のガソリンだと思って頂ければ良い(NoXは窒素酸化物で車検時に測定はしません)と思いますが、オイルっ喰いが酷い車の白煙はCOがぐんと上がる可能性があります。年式にもよりますがCOで4,5%、HCで1300ppmが規制値(新しい車はもっと厳しい)ですので、一度事前に測定される事をお勧めします。

ディーラーや町工場は認証工場である限り排ガステスタを持っています(認証取得に必須の機械ですので)から、なじみの工場でテスタのプローブをマフラーに突っ込んでもらって10秒も待てばすぐ判ります。

尚ワゴンRのオイルっ喰いの場合、意外と添加剤でごまかせる場合がありますので、正式な修理方法(バルブステムシールとピストンリング交換。工賃考えたらリビルトエンジン載せ買えの方が安い場合有り)を実行する前に一度試してみる価値はあります。

添加剤の種類としては「エンジンストップリーク」と呼ばれる「オイル漏れ止め剤」と「チューンナップトリートメント」や「フォアオイル」と呼ばれる「スラッジ溶解成分を含んだ添加剤」の2種類同時使用で、「漏れ止め剤」はオイルシールをふやかして柔らかくしシール性を復活させてバルブステムシールからの「オイル下がり」を修復します。チューンナップトリートメント(wynn’s商品名)」は「フラッシング剤」の様にオイルに混ぜてエンジン内部の汚れを取る効果がありますが、フラッシング剤のように入れてすぐ抜く物でなく次のオイル交換まで入れたままにする物で、オイル上がりの一因となっている「ピストンリングのスラッジによる固着」を、スラッジを溶解する事でピストンリングの動きを良くして「オイル上がり」を修復します。

ウチの13万km乗ってるワゴンRもコレだけで随分改善されました。添加剤なら2本使っても6~7000円です。一度試してみては如何ですか?

元Sディーラー勤務、現役整備士です。

排ガス検査ではCO(一酸化炭素)とHC(炭化水素)を測定します。
COは不完全燃焼のガソリン、HCは未燃焼のガソリンだと思って頂ければ良い(NoXは窒素酸化物で車検時に測定はしません)と思いますが、オイルっ喰いが酷い車の白煙はCOがぐんと上がる可能性があります。年式にもよりますがCOで4,5%、HCで1300ppmが規制値(新しい車はもっと厳しい)ですので、一度事前に測定される事をお勧めします。

ディーラーや町工場は認証工場である...続きを読む

Q車検・モクモクと煙が出る車は排ガス規制引っ掛かる?

ユーザー車検をいつも自分で行っています

排ガス検査について質問です。

車検の際にマフラーに棒のようなものを入れて排ガス?の数値を測る点検項目がありますが
前回、その項目で引っ掛かりました。  
検査場近くの工場に持ち込んだところ、何かキャップをはずしてくれ、再検査に臨んだところ、見事検査通過しました。

そこで下記質問です。

もう一台車を持っているのですが、その車はエンジンオイルが燃えている様子で、
普通に走っていても、マフラーから白い煙が出ています。

エンジンをかけたばかりの最初の30秒位は、モクモクを煙が上がる状態です。

この状態ですと、車検時の排ガス点検には必ず引っ掛かるものでしょうか? それとも
エンジンオイルの燃える煙と、排ガスチェックの内容(検査されている数値)は関係のないものでしょうか?

教えてください

Aベストアンサー

質問者様も解ってる様に、オイルが燃えれば規定基準は通りません。

悪徳検査無しの車検工場しか、車検に通る事は不可能です。

Q車検切れの自動車を他地域の車検場で継続車検できる?

現在東京に住んでいますが、たまたま実家の車を借りていてこちらで車検がきれてしまいました。
ちなみに私の家から一番近い車検場は多摩車検場で、車は岩手ナンバーがついています。

この状態で多摩車検場で継続車検を受けられるのでしょうか?
車検の切れていない状態での継続車検なら、日本全国どこでも受けられるのは知っていますが、車検が切れていた場合は多摩ナンバーにかえないといけないのでは…と危惧しています。

もちろん車検場に持ち込む場合は仮ナンバー等での走行を前提とします。

ご存知の方ご教授願います。

Aベストアンサー

車検は、期限が切れていようが切れていくとも最寄りの検査場でできますが、ディーラーや近くの整備工場でもできます。自分で検査場に行けるのならいいでしょうが。ディーラーや整備工場に頼む方が楽ですよ。
ナンバーが岩手ナンバーという事ですが、必ず必要なのは納税証明書は他県で受ける場合必ず必要になりますので、用意していたほうがいいでしょう。東京では岩手の自動車納税証明書は再発行できませんので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報