有機結晶を構造解析することになった実験初心者です。
3次元空間に規則的に分子が並んだ分子集合体の固体ができて、最小の繰り返し単位が格子となると思うのですが、その格子のa軸、b軸、c軸はどう決めてるんですか?長さ順とかですか?

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

結晶の対称要素から、ほぼ自動的に決まります。

対称要素から決まらない時には、長さ順で c<a<b となるように決めます。

単斜晶系を例にすると、ふつうはα=γ=90°となるように結晶軸をとるので、b軸は2回軸に平行になります。空間群 P2 やP2/m のように、 a軸とc軸をどのようにとっても空間群の記号が変わらないときには、c<a となるように軸をとります。軸の取り方によって空間群の記号が変わる時には、“International Tables for Crystallography”に載っている記号と一致するように軸をとります。たとえば、P2/a と P2/c は同じ空間群を表す記号なのですけど、ふつうはP2/cとなるように、つまり映進面の進む方向がc軸になるように、軸を決めます。

軸の取り方と結晶群の記号については、「Pbnm Pnma」をキーワードに検索すると、斜方晶系を例とした、もっとわかり易い説明がいくつかヒットしますので参照して下さい。

なお、別の結晶構造(同形や多形など)と比較したりする時には、上で述べたルールに従わない軸を採用することもあります。また、単斜晶系ではα=β=90°にとる流儀もあります。さらには、よく分からない軸の取り方をしている文献もないわけではないです。しかし、分子結晶の構造解析では、ふつうは上で述べた慣習に従っているものが多いと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強してみます。

お礼日時:2009/11/11 15:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバカバカしい質問ですが、数学でxがとる値の‘’とる‘’と、x軸をとるの‘’とる‘’の意味をそれぞれ教

バカバカしい質問ですが、数学でxがとる値の‘’とる‘’と、x軸をとるの‘’とる‘’の意味をそれぞれ教えて下さい。辞書で調べても出てこなかったので
m(__)m

Aベストアンサー

>平面上にx軸をとるということです
平面上にx軸を想定する、といった方がわかりやすいかな。
>多くの中から選んで決めるという
多く、どころか、無数・・になります、無数=1つという考え方もあります、無数のうちから任意んの1つ、と考えれば、選ぶ必要ありません、勝手に決めつけた1つでよいだけです。

Q分子結晶と金属結晶

第一族の水素原子は分子結晶を、
ナトリウム原子は金属結晶をつくりますが
その相異点はなんですか?

Aベストアンサー

同じ1族でも水素原子は特別です。

水素原子はただ1個しか電子をもちません。その電子はK殻に入っています。K殻は最大2個の電子しか入らないので、水素原子の電子配置を安定させる方法は、電子を1個放出してH+になるか、電子を1個吸収するか、どちらも可能です。実際には共有結合によりH2という分子になります。そして低温では分子結晶をつくることになります。

一方Naは11個の電子をもち、最も外側のM殻には1個しか電子がありません。M殻は8個で安定なので、Naは電子を1個放出してNa+になります。そして放出された自由電子により金属結晶をつくるのです。

つまり、最も内側のK殻が2個で一杯になるなるという特殊性により、H原子は他の1族原子とは性質が違うわけですね。

Q健康診断結果 洞性頻脈右軸偏位 右下肺野 腫瘤影の意味 

健診を受け、再検が4つもあり、ちょっと落ち込んでいます。
その中で、意味のまったくわからないものがあったので
こちらで教えていただければ と思い書き込みしました。

ちなみに現在授乳中です。

よろしくお願いいたしいます。

1.洞性頻脈右軸偏位 
2.右下肺野 腫瘤影

Aベストアンサー

健康診断で再検とのことで、とても心配ですね。
心中お察しいたします。

さて、ご質問のことに回答していきたいと思います。

1.洞性頻脈右軸偏位
これは心電図より診断されたことだと思います。
この症状を説明するには、心臓がどうやって動くのかを説明する必要があります。
心臓は心筋という筋肉で構成され、生体内の中で唯一自動能を持つ筋肉です(筋肉を動かす電気信号を自分で発生させて筋肉を収縮させ、動かすことができる筋肉)。
その筋肉収縮の元となる電気信号は、心臓の洞結節という心臓の上のほうで起こります。
この電気信号は心房を収縮させ、次第に下に伝わって心室を収縮させます。
洞性頻脈というのは、この洞結節で起こる電気信号の回数が多いということです。
ただし、安静時の心拍数が130以下であれば問題ないとされています。
また右軸偏位というのは、電気信号の起こる位置が多くの人(普通といってしまっては語弊があるかと思いますのでこのような表現にしました)よりも右にずれているということです。ただこれだけではあまり問題になりません。

以下のサイトを参考になさってください。
http://www.hcc.keio.ac.jp/Links/ECG/ECGsyoken.htm#20

2.右下肺野 腫瘤影
この質問を拝見して一番心配になったのはこちらのほうです。
肺は解剖学的に左は2つ(上下)、右は3つ(上中下)に分けています。
右下肺野というのは右の肺の下のほうということであり、腫瘤影とはそのままですが、腫瘤の影があるということです。
この影の正体を明らかにするには、喀痰細胞診といって喀痰の中に含まれる肺の細胞を調べます。
この検査で確定診断になると思います。
こちらを参考にすると、肺の解剖学がわかると思います。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/resources/cp1/cp1f.html

現在、体調は悪くありませんか?
息苦しいとか、すぐ息が切れる、すぐに疲れるとか、微熱が続いているとか・・・。
いずれにしろ再検査を早急に受けてください。

お子さんが小さいということで、心配です。
なんでもないことを祈っています。

健康診断で再検とのことで、とても心配ですね。
心中お察しいたします。

さて、ご質問のことに回答していきたいと思います。

1.洞性頻脈右軸偏位
これは心電図より診断されたことだと思います。
この症状を説明するには、心臓がどうやって動くのかを説明する必要があります。
心臓は心筋という筋肉で構成され、生体内の中で唯一自動能を持つ筋肉です(筋肉を動かす電気信号を自分で発生させて筋肉を収縮させ、動かすことができる筋肉)。
その筋肉収縮の元となる電気信号は、心臓の洞結節という心臓の上...続きを読む

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Qモータのd軸、q軸ってどうゆう意味なのでしょうか?

モータの本を読んでいるとよく"d軸","q軸"といった言葉が出てくるのですが、なんの事を言っているのかよくわかりません(><)

どなたかご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

d-q軸には二通りの取りかたがあります。
同期電動機だと、界磁磁極の中心軸がd軸、それと(電気的に)直角方向をq軸にとります。
誘導電動機だと、主磁束の方向をd軸、それと(電気的に)直角方向をq軸にとります。

Q分子結晶とイオン結晶の区別について

高校化学です。

固体状態において以下の物質についてイオン結晶・分子結晶の分類をお願いします。
もし、高校生にわかる解説があるようでしたら、よろしくお願いいたします。

塩化水素
硫化水素
フッ化水素

価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶だと習ったのですが、上記の物質についても固体にした場合はイオン結晶でよいのでしょうか。たとえば、塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすいのですが、上記の物質についてはどのように考えればよいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになるので、水素の原子核が剥き出しになるからです。電子殻に包まれていない剥き出しの原子核、というものは非常に不安定なので、(高校化学の範囲内では)固体中に水素の陽イオンH+を含むものは、ありません。

水溶液中で水素イオンH+と呼ばれているものは、剥き出しの原子核ではなく、じつはH3O+(あるいはH3O+にH2Oが配位したもの)である、ということを高校化学で習うと思います。それと同じ理屈です。

> 塩化カリウムや硫化マグネシウムなどは常温で固体なので、イメージがしやすい

高校化学の範囲内では、常温常圧で気体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、どれも分子結晶になると考えていいです。

高校化学の範囲内では、常温常圧で液体の化合物は、常圧下で冷却して結晶にすると、たいていの場合、分子結晶になると考えていいはずです。こちらはちょっと自信がないので、学校や塾などで先生に確認してください。なお常温常圧で液体の単体には、常圧下で冷却して結晶にすると金属結晶になるものがあるので、注意してください。

何々化水素という名前の化合物の結晶は、すべて分子結晶です。イオン結晶ではありません。

> 価電子の数が8に近いものと0に近いものの結合がイオン結合で、それによってできる結晶がイオン結晶

水素の価電子数は1で0に近いです。ですけど水素原子のもつ全電子数も1で0に近いです。そのため、価電子数が1の他の元素は電子を1個失って1価の陽イオンになりやすいという性質を持つのですけど、水素だけは例外になります。というのは水素原子が電子を1個失って陽イオンになると、全ての電子を失うことになる...続きを読む

Q直近の時間軸としての意味

直近という言葉は、最も近い出来事などに使われますが、
これは、未来の出来事についても「直近」で良いのでしょうか?
凡例を探してみても、「過去最も近い出来事」についてしか
見つけられませんでした。

また、未来で最も近い出来事(イベント等)を指す言葉として
適切なものを知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

「近々」という言葉があります。「ちかぢか」とも「きんきん」とも読めます。「ちかぢか」の方が現代的でしょう。なお、少し古いですが「不日(ふじつ)」という表現も、ほぼ同じ意味を表します。

Q分子結晶と共有結合の結晶について教えてください。

学校で、分子結晶は、分子が分子間力で繋がった状態。
共有結合の結晶は、原子どうしが共有結合でつながったものだと習いました。
そうすると、共有結合で原子が結びついてできた分子が、分子間力で繋がったものは分子結晶なのですか?
あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
わかりにくくてすいません。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
分子結晶に限らず、いくつか例を挙げられるようにしておかないと意味がない。脳の記憶容量の無駄遣いにしかならない。
ただ、共有結合の結晶を作る物質は、高校化学では4つしか問われることはないけれど、分子結晶を作る物質はなんぼもあります。
そして、共有結合の結晶というのは、その結晶1個で1個の分子という存在です。

で、分子間力で分子はほとんど繋がりません。なんとなく集まっちゃおうかなあ、くらいの弱い引力です。
(それに対して共有結合はちょっとやそっとでは切れない原子のつながり)
その分子間力で多数の分子が規則正しく配列している状態になったものが分子結晶です。

おわかりとは思いますが、結晶というのは構成粒子が規則正しく配列していないと結晶とは言いません。

Qポリマーフィルムのマシンアクシス(機械軸)とはどの方向でしょうか

基本的な質問で申し訳ありませんが、
ポリマーフィルムのマシンアクシス(machine axis)とは、どのような(特性の)方向の軸なのでしょうか?
フィルムの長さの方向でしょうか?
なぜマシンアクシスというのでしょうか?
マシンアクシスの訳は「機械軸」でしょうか?
「機械軸」は機械の回転軸の意味のようです。
素人の私には、「ポリマーフィルム」の「回転軸」というのは意味が理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

axisは座標軸のことで、軸といえば軸ですが、回転軸あるいは回転とは関係ないと思います。
工程では機械もしくはフィルムの流れは存在しますから、MDでもマシンアクシスでも、定義することができますし、したがって存在します。
巻き取り工程でも、MD,TDが逆転することはありませんから、そのまま用いられるでしょう。
訳は、直訳なら機械方向、意訳なら流れ方向かな。
MD、TDのままで注釈をつけるほうがいいでしょう。
MD,TDの概念は、製鉄や製紙、印刷にもあるのではないでしょうか。
フィルム側からみても、MD、TDの物性の異方性は見て取れると思います

Q化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成について。

化学工学、高分子合成、高分子工学、有機合成についてなのですが、

この分野で社会的ニーズや就職が良いと思われる分野はどれでしょうか?また、伸びると思われるのはどれでしょうか?化学工学がプラント関連で実践的で企業でも求められるというのはよく耳にするのですが、他がいまいち良く分かりません。

どなたか、詳しい方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

機能性プラスチック関連の研究を行うためには、高分子合成・高分子工学が必ず必要になります。ご存知の通り機能性プラスチックは様々なところにたくさん使われてますので、需要がなくなるという事はまずありません。

一方有機化学は機能性プラスチックだけでなく、医農薬の分野でも必要とされる学問です。プラスチックの原料を作るために有機化学の力が必要とされる場面も多数ありますし、医薬品やその原料を探したり作ったりするのにも有機化学が必要です。就職が悪いなんてことはありませんし、需要もあります。

この中で選ぶとするなら、将来自分がやりたいと思うものを選ぶのが一番だと思います。もちろんどれを選んでも勉強は必須ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報