派遣の離職票について教えてください。契約期間満了に伴い、更新しなかった場合なのですが、1か月の待機期間に派遣会社からの紹介を受けないと会社都合扱いになると認識しています。この場合、紹介されて面接し働きたい希望をしても不採用になる場合はどうなるのでしょうか。それでも、派遣会社は紹介しているので自己都合になりますか?

A 回答 (2件)

 あなた自身が今の派遣会社に次の仕事を紹介してもらうつもりがなければ、契約期間満了後すぐに会社都合で離職票を発行してもらえます。

1ヶ月の待機期間は昨年12月に廃止されたそうです。事務上1ヶ月以内に発行すればいいことになっているだけです。事務方と交渉して1日でも早く発行してもらいましょう。偶然次の仕事の紹介があれば、その時点で失業保険をキャンセルすればいいだけです。それから、今年4月の法改正で、会社都合で退職した場合に限り給付日数が1ヶ月延長できるそうです。
    • good
    • 0

契約満了といっても基本的に次の更新の話があったのにそれを断ったら自己都合です。

この場合1ヶ月間仕事の紹介の有無は関係ありません。
ただ、更新を断ったのは契約と違う仕事を強いられてきたとか、派遣元や派遣会社側にも問題があった場合はこの限りではありませんが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請負契約、業務委託契約、派遣契約それぞれの違い

請負、業務委託、派遣業務それぞれの違いがいまいちはっきりしません。
私の解釈では
例えばビル立てるとしましょう。

請負契約では発注者がビルの完成を目的に契約するため、仮に請負者がどんなに失敗しようが、どんな合理化をして簡単に建ててしまおうが、結果(成果物)が出来上がれば、契約が履行されたものと考えられる。また、発注者はいかなる場合でも請負者への指揮命令権を持たない。

業務委託ではビルの完成を目的とせず、ビルを建設する作業自体を目的に契約するため、ビルが完成しなくても建設作業をおこなっていれば、契約が履行されたものと考えられる。
また、発注者はいかなる場合でも請負者への指揮命令権を持たない。

派遣契約ではビルを建設する作業をおこなうために人材を確保するのが目的なため、完成はおろか,ビルを建設する作業自体を履行しなくても問題はない。ただし、発注者は派遣労働者に対して指揮命令権をもつため、作業をするよう指示することになるため、その結果、その指示に従わなかった場合、契約が履行されていないと考えられる。

さらに掻い摘むと
請負はビルさえできれば手法は問わない(問えない)
業務委託はビルはできなくてもいいが、ビルを建てる作業はしなければならない。
派遣は発注者がビルの建て方、などを指示し、それに従わなければならない。

こんな感じ解釈していますがもんだいないでしょうか?(ここでは建設業における派遣は認められないなどということは無視していただいて結構です。成果物ををわかりやすく考えたかったのでビルとしただけなので)

請負、業務委託、派遣業務それぞれの違いがいまいちはっきりしません。
私の解釈では
例えばビル立てるとしましょう。

請負契約では発注者がビルの完成を目的に契約するため、仮に請負者がどんなに失敗しようが、どんな合理化をして簡単に建ててしまおうが、結果(成果物)が出来上がれば、契約が履行されたものと考えられる。また、発注者はいかなる場合でも請負者への指揮命令権を持たない。

業務委託ではビルの完成を目的とせず、ビルを建設する作業自体を目的に契約するため、ビルが完成しなくても建...続きを読む

Aベストアンサー

まず、「請負」「派遣」は法律用語であるところ、「業務委託」は法律用語ではないため、同列に並べて比較できるものではありません。
業務委託は取引用語のひとつであって、請負や派遣をも含めて使われることすらある、定義の一定しない用語です。そのため、法律で定義付けされている定義請負・派遣と比較しても、あまり意味がないのです。

請負・派遣と比較して意味があるのは、「委任(または準委任)」です。

民法の予定する請負の場合には、請負人は仕事の完成義務を負い、仕事の目的物に瑕疵があれば注文者の請求により修補義務を負います。また、注文者の指図も可能です(636条参照)。
したがって、お書きの事例でいえば、基本的には瑕疵のないビルさえできれば良いが、注文者の指図があればその範囲で従わねばなりません。

民法の予定する委任(または準委任)の場合には、受任者は委任事務を処理する義務を負い、委任の本旨に従って善管注意義務を負います。また、委任の内容としての指図もありえます。もっとも、請負との区分上、仕事を完成させる義務は負いません。
したがって、善管注意義務を果たしつつビルを建てる作業をしていさえすれば良い、といえます。

派遣は、労働者派遣法によるものであって、「派遣元事業主が、自己の雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けて、この派遣先のために労働に従事させること」になります。究極の目的は、人の確保ではなく、労働への従事です。
したがって、派遣先である発注者の指揮命令に従う必要があります。

まず、「請負」「派遣」は法律用語であるところ、「業務委託」は法律用語ではないため、同列に並べて比較できるものではありません。
業務委託は取引用語のひとつであって、請負や派遣をも含めて使われることすらある、定義の一定しない用語です。そのため、法律で定義付けされている定義請負・派遣と比較しても、あまり意味がないのです。

請負・派遣と比較して意味があるのは、「委任(または準委任)」です。

民法の予定する請負の場合には、請負人は仕事の完成義務を負い、仕事の目的物に瑕疵があれば...続きを読む

Q派遣先は延長を希望したが、契約期間満了にて終業した場合、派遣会社への自

派遣先は延長を希望したが、契約期間満了にて終業した場合、派遣会社への自分の印象は悪いのでしょうか?

こんにちは。
先月末、派遣期間の契約満了にあたり、終業した者です。

終業前に、派遣会社の営業さんから
「先方が延長を希望している為、延長できないか?」と
聞かれましたが、
断ってしまいました。

元々、期間限定(3か月)の仕事だったので、
気持ちが続かなかったり、こちらの勝手な都合だけですが、
延長を断ってしまいました。

営業さんは、「極力、延長してほしい」と仰り、
こちらが「延長できない」旨を伝えると非常に困った感じでしたので、
心証を悪くしてしまった事が気になっています。


契約が満了した為、終業したので、
契約の途中でこちらが勝手に辞めた訳ではないのですが、
先方が延長を希望したり、
営業さんもこちらに延長をお願いして下さった中辞めたので、
何となく、こちらが無理やり辞めた様な気持ちになってしまっています。


先月末の派遣終業前から、
転職活動をしているのですが、
とくに、延長を断ってしまった派遣会社が扱う求人に応募しても
次の段階に進める事もなく、スルー状態です。


偶然スキル不足で選考通過しないだけかもしれませんが、
やはり、前回の終業の仕方が響いているのでしょうか?

契約違反をしたことなど何もないのですが、
「要望に応じない人」として記録されているのでしょうか?

やはり延長を断ったのは心証が悪かったのでしょうか?


ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

派遣先は延長を希望したが、契約期間満了にて終業した場合、派遣会社への自分の印象は悪いのでしょうか?

こんにちは。
先月末、派遣期間の契約満了にあたり、終業した者です。

終業前に、派遣会社の営業さんから
「先方が延長を希望している為、延長できないか?」と
聞かれましたが、
断ってしまいました。

元々、期間限定(3か月)の仕事だったので、
気持ちが続かなかったり、こちらの勝手な都合だけですが、
延長を断ってしまいました。

営業さんは、「極力、延長してほしい」と仰り、
こちらが「延長でき...続きを読む

Aベストアンサー

 複数箇所(派遣先・派遣元含め)で、派遣経験を持っており6tcさんと同じような形で、辞めたことが有ります。その場合でも、すぐに紹介を貰ったことも何度か有ります。

 契約から見れば、途中で辞めたわけではないですし、契約は互いの合意で進められるものですので、6tcさんの悪い所は無いと思います。

 私の個人的な考えですが、数年前のように、派遣業界が厳しくない時期でしたら、すぐに同じ派遣会社で仕事に就けることが出来たと思います。

 只、現在は派遣社員が余っている状況ですし、派遣先の要望も以前より高くなっていると思います。その為、派遣会社で、人を選ぶ場合、派遣先の意向を断った経緯が有る人より、そうではない人を選んでいる、のではないかと思います。つまりは、「こちら側から言ったことに、ニコニコYesと言う人」を優先してしまうのではないかと思います。

 今の派遣会社では、仕事が決まりづらいと思いますので、他の派遣会社をあたってみられたらいいと思います。6tcさんのお住まいがどちらわ分かりませんが、都心であれば、星の数程、派遣会社は有ります。

Q業務請負契約と、業務委託契約の違いは何でしょうか?

業務請負契約と、業務委託契約の違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

過去の質問に全く同じモノがありますが、参考にならなかったのでしょうか?

業務委託と業務請負の違いとは?
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1317066.html

Q契約期間満了時、自己都合を会社都合で終了させてもらえるでしょうか?

今年の九月で一応の契約期間が終了します(六ヶ月更新)。こちらとしては契約更新はしないで退職しようと思うのですが、その際派遣元に会社都合ということで退職とさせてくださいとお願いしようと思うのですが、そのような融通はきくのでしょうか?
実際、そのようなお願いをした方がいらっしゃれば、その時の状況をお教えください。

Aベストアンサー

私は去年の8月末が、契約書に書かれた契約期間で、そのときに契約を終了しました。
(基本の契約書は10月末でしたが、個別の契約書(派遣先が明記されているもの)が8月末まででした)
自己都合や会社都合と言うより、契約期間終了による退職になるのではないでしょうか。
会社に契約の継続の意志がないことを伝えればいいと思います。
私の場合、離職票の番号も自己都合の番号ではありませんでしたから。
失業保険の給付も、1週間の待機期間後すぐに行われました。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q契約満了。失業保険は会社都合で、待機制限なしでもらえますか?

お世話になります。
3ヵ月ごとの更新の長期の仕事で、今の会社に4年半います。
できればまだ更新するつもりでいたのですが、
4月に派遣法が改正されたことに伴い、
6月で派遣契約を終了してほしいと派遣先から言われました。
この場合は「会社都合」になり、
失業保険は待機制限なしでいただけるのでしょうか。
あと、派遣元から仕事の紹介を受けて、それを断った場合は失業保険はもらえないものなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そんなことはありません。基本的に自己都合で退職した場合は3ヶ月の待機期間をおかなければなりませんが、会社都合の場合申請して約1ヶ月で受け取る事ができます。ある程度働いた場合、契約期間中に退職しても「任期満了にして欲しい」と相談すれば任期満了扱いにしてくれる会社もあります。退職してすぐに職安へ行って申請したほうがいいですよ。
派遣元から紹介された仕事を断っても問題ありません。「この仕事は条件が合わない」などと言って断っておけばよいでしょう。
あと、これはウラ技ですが、本来3ヶ月しかもらえない雇用保険を1年間もらいつづける方法もあります。
それは、職安で斡旋してる職業訓練所に通う事です。いろんな資格の勉強が出来るし行っている間は交通費も雇用保険も出ます。私の母は雇用保険を最後にもらった月からヘルパーの学校に通い実質1年3ヶ月雇用保険をもらいつづけました。スキルアップのために是非活用してください。

Q業務委託と請負の違いについて

業務委託と請負の違いがわかりません。
法律的に「委託」と「請負」は別だと聞いたことがあるのですが
どうやって区別するのでしょうか?

例えば会社の事務システム構築を別の会社に依頼するときは
「委託」でしょうか?
「請負」でしょうか?

Aベストアンサー

契約の内容に拠りますが、基本的には委託契約も請負契約です。
法律上は委託契約という言葉はありません。

参考までに申し上げると、請負契約とは、定められた納期までに所定の成果物をなすことを契約するものです。
成果物や納期を契約の目的とせず、事務処理を任せると言う場合の委託契約は、法律上は委任契約となります。

Q派遣契約期間満了での退職時の離職理由

新入社員入社してきたので、派遣期間満了で、派遣先を6月末で退社、

同時に派遣会社の紹介も断って6月末で退社した場合、自己都合になってしまうのですか?

ハローワークでは自己都合で、労働局では期間満了で退社になると思う、もう一回はローワークで納得いくまで聞いてみ~と頼り

ない返答でした。

よろしくお願いします。

補足 期間満了の場合どのような行動を起こせばよいですか?

Aベストアンサー

厚労省が財源逼迫の折から安定所に「派遣社員の場合は契約が満了しても、すぐに派遣会社からの紹介で仕事が見つかるかもしれないので、1ヶ月ほど経っても仕事が見つからなければ離職票を発行するように」という通達を出しているようなので、安定所もそれに従った指導を派遣会社にしているようです。
そこで派遣の場合は派遣先と契約が満了した場合でも、質問者の方が次ぎの派遣先を派遣元に依頼して派遣元も探したが1ヶ月しても見つからない場合は会社都合となります。
もちろん質問者の方が次ぎの派遣先を依頼しなかったり、派遣元が見つけた派遣先を正当な理由なしに拒んだり、1ヶ月しないうちに離職票を要求すれば自己都合となります。
自己都合の場合は手続きをして7日間の待期期間その後3ヶ月の給付制限期間の後に所定給付日数が始まりますが、会社都合の場合は待期期間のみで給付制限期間はなしで所定給付日数が始まります。
ですから1ヶ月過ぎて派遣先が決まらなければ、派遣元に会社都合で離職票を出してくれるように頼んでください。

Q業務委託と業務請負の違いって

業務委託は仕事の一部をやってもらうことで、
業務請負は仕事の全部をやってもらうこと
であってますか?

Aベストアンサー

業務請負、というのは結果を出さないと
お金をもらえない契約です。

業務委託は、結果を出さないとお金を
もらえない委託と、結果にかかわらず
労務を提供するだけでお金をもらえる
場合とに別れます。

前者は、請負との区別があいまいになり
名前の違いだけで、実際は請負という
場合もあります。

後者は雇用との区別があいまいになり、
これも名前の違いだけで、実際は雇用で
あり、労基法の適用を不当に逃れるために
やられる場合も少なくありません。

どう理解するかは、契約書の文言や業務の実体、
などによります。

Q派遣スタッフの退職理由(会社都合・自己都合)と被保険者期間について

もうすぐ、2年10ヶ月ほど派遣で働いていた会社を退職します。
(1)退職理由は、事務所の移転につき、通勤困難になった為です。(通勤時間片道約2時間・電車乗換え&バスで定期代も増大)
会社からは、移転先にも来て欲しいとのことでしたが、あまりにも時間とお金がかかってしまう為、退職することにしました。
この場合は、自己都合になりますか?
又、主人の転職が来年に決まり、今住んでいる主人の社宅を出なくてはなりません。主人の新しい勤務先の近くに引越しを考えているので、
そうするとやはり、私の移転先会社からは、更に通勤困難となってしまいます。 これも、やはり自己都合ですか?

(2)被保険者期間ですが、これは通年でしょうか?
会社、派遣スタッフと通算すると、11年は加入しています。
その間に1回、再就職手当を頂いた時があります。
(失業保険は頂いたことはありません。)
再就職手当をもらうと、被保険者期間はその時点でリセットされるのですか?
それとも、前職の被保険者期間で受給期間は計算するのですか?
(この場合、2年10ヶ月) 

Aベストアンサー

>会社からは、移転先にも来て欲しいとのことでしたが、
>あまりにも時間とお金がかかってしまう為、退職することにしました。
>この場合は、自己都合になりますか?
>
特定受給資格者の該当要件に、
「事業所の移転により、通勤することが困難となったことによる離職という事項があります。
あなたの場合はこれに該当すると思いますので、最寄の職安にご相談なさってください。

>再就職手当をもらうと、被保険者期間はその時点でリセットされるのですか
>それとも、前職の被保険者期間で受給期間は計算するのですか
>
過去に受給資格を取得するのに算入した期間は、被保険者期間に算入することができません。
(つまり「リセット」されます)
再就職手当を受給されたとのことですので、そのときに受給資格を取得なさっています。
ですので、受給直前の離職日以前の期間は、今回は被保険者期間に算入することができません。

職安が特定受給資格者に該当すると認めてくれるのであれば、
今回の離職日以前の1年間に6ケ月以上被保険者期間があれば受給資格を取得できます。

>会社からは、移転先にも来て欲しいとのことでしたが、
>あまりにも時間とお金がかかってしまう為、退職することにしました。
>この場合は、自己都合になりますか?
>
特定受給資格者の該当要件に、
「事業所の移転により、通勤することが困難となったことによる離職という事項があります。
あなたの場合はこれに該当すると思いますので、最寄の職安にご相談なさってください。

>再就職手当をもらうと、被保険者期間はその時点でリセットされるのですか
>それとも、前職の被保険者期間で受給期間は計算...続きを読む


人気Q&Aランキング