私の知り合いの土地は公道に面していない袋地です。
そこで隣地の方から通行承諾書をもらって行動への接道義務を
果たしているところですが、万が一隣地の方が
通行承諾をしていただいている土地を他人に売却してしまった場合は
その通行承諾は無効となってしまうのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

タイトルに書かれている囲繞地の通行権と通行承諾書の関係がよくわかりませんが、囲繞地通行権を書面にて確認しているというだけの意味でしたら、隣地が第三者に売却されても、囲繞地通行権は消滅しないと思います。


確かそんな判例があったと思います。

ただ、接道義務を問題にされているということは、建物が建っているということですね。建物を建てるための接道義務を満たすためには、単なる囲繞地通行権だけでは、不足である場合もあるような気もします。

この回答への補足

pyanno123さん 早速の回答ありがとうございます。
建物はまだ建っていなくて、建てるためには2mの接道義務を果たさなければいけないので、通行承諾書は幅2mの土地の一部分として隣地の方からをもらっているのです。

補足日時:2009/05/18 23:43
    • good
    • 0

通行承諾書は、第三者は拘束しません。

 無効になります。
登記すれば、第三者に対抗できます。
    • good
    • 0

通路部分の利用権原として、「通行承諾書」が有効であるのかどうか?


「通行承諾書」によって設定される利用権原が囲繞地通行権であるのか?もし囲繞地通行権であるとしてもそれが、建築基準法の要請を満たす利用権原として認められるのか?

また、「通行承諾書」によって設定される利用権限が囲繞地通行権でないとすると、行政当局が接道義務を満たすものとして認めてくれるのか?それはいかなる権原で、隣地の譲渡があった時に新所有者に対抗できるのか?

買い取るとか、位置指定を受けるとかではないなら、完ぺきとは言えませんね。
私自身は不動産については、少し知っているという程度ですので、こうだという回答はできませんので、専門家や行政当局に相談される方がよいような気がします。
建て替えを視野に入れておられないのであれば、とりあえずこれから建てる建物の建築確認が下りればよいのでしょうが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q池田大作氏の「人間革命」や「新人間革命」はどんな内容ですか?

池田大作氏が書いた「人間革命」や「新人間革命」はどんな内容ですか?
途中から読んでも大丈夫ですか?

Aベストアンサー

創価学会 壮年部の者です。

『人間革命』は、昭和20年7月3日の戸田第二代会長の出獄から昭和35年5月3日の池田新会長の就任式までの創価学会の歴史を中心に、創価学会の宗教的中心である日蓮大聖人の歴史や仏法教義、創価学会会員の体験、その時々の政治や社会的世相などが書かれています。

『新人間革命』は、池田会長の会長就任以降の海外布教から始まり、昭和54年頃までの創価学会の歩みが書かれています。その間の、公明党設立や民音、創価高校・創価大学の開校、SGI(創価学会インターナショナル)の設立、海外要人との出会いやエピソードが綴られています。

池田会長は、『人間革命』・『新人間革命』通じて「山本伸一」として描かれています。また、当時の創価学会幹部も実在する人物が仮名で描かれています。
世相の変化に伴い、描写のズレがある部分も多少ありますが、書かれている内容は事実上の出来事です。

あくまでも、歴史的時間の経過が伴う内容ですので、初めから通して読まれた方が、分かりやすいかと思います。
また、『人間革命』はインターネットや動画が無い時代に書かれたものですから、非常に長いストーリーになっています。出来れば、『Sokanet』などで概略の経歴などを確認されたうえで読まれると理解しやすいのではないかと思います。

また、日蓮大聖人の仏法教義については、かなり深い内容があるため、人間革命を読んだだけでは、理解出来ない部分もあると思います。人間革命とは別に『日蓮大聖人』(全22巻)の歴史小説がありますので、時間的余裕があれば読んでみる事をお勧めいたします。

『人間革命』、『新人間革命』では池田会長の思いの描写や、書かれている事の背景や事情までは、細かく書かれておりません。『池田大作の軌跡』(全5巻)という書籍がありますが、こちらには人間革命では描かれていなかった細かい部分が書かれており、かなり参考になる部分が多いと思います。

創価学会 壮年部の者です。

『人間革命』は、昭和20年7月3日の戸田第二代会長の出獄から昭和35年5月3日の池田新会長の就任式までの創価学会の歴史を中心に、創価学会の宗教的中心である日蓮大聖人の歴史や仏法教義、創価学会会員の体験、その時々の政治や社会的世相などが書かれています。

『新人間革命』は、池田会長の会長就任以降の海外布教から始まり、昭和54年頃までの創価学会の歩みが書かれています。その間の、公明党設立や民音、創価高校・創価大学の開校、SGI(創価学会インターナショナル)の設立...続きを読む

Q建築基準法の接道義務

土地売買を検討しています。

今回検討している土地の公図を法務局で取ってみると、土地の周囲が全て水路で覆われているのです。水路の所有者は市町村でした。
その水路を挟んで公道があります。
この場合、接道していないから建築はできないという理解になるのでしょうか?
それとも周囲が全て水路で覆われている場合は、接道しているものと看做されるような規定があるのでしょうか?専門家の方、ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

市町村の水路を管理している担当部署(河川課等)で水路占用許可を取り、
質問者さん宅 専用の通路として、水路に2.0M以上の橋を架けてください。(通常は4.0Mの橋を架けます)
これで接道要件を満たし、建築確認申請をすることが出来ます。
水路の幅が、簡単に、またげるほど狭い場合は別ですが、橋や蓋をしないと建築確認申請は出来ません。
水路占用許可は何年か置きに更新手続きが必要ですが、ほとんど無条件で更新できます。
年間、数百円の占用料が必要です。

Q創価学会(公明党)の池田大作。

創価学会の信仰対象は池田大作ではないですよね。しかしなぜ、創価学会では池田大作を個人崇拝するのでしょうか?創価はあの国の似ていて、池田は将軍様にも似ているとよく言われますが、テレビで映像を見た時も本当にそういう崇拝の印象を受けました。創価学会を追求した本を書いた外国人記者も「イケダはいかにも私に同化しなさい言わんばかり」と書いていました。彼は自分を仏と勘違いしているのでしょうか。それとも今後創価学会を池田を信仰する宗教へと移行させたいのでしょうか?

Aベストアンサー

創価学会の対象はあくまでも日蓮正宗で、池田大作個人を崇拝する池田教ではありません。
但し池田氏の全ての言動に対しては会長や副会長、役員が「モノが言える」雰囲気、体制には全くなっていないため、いわゆる「裸の大様」となっているのが現状です。
「民音」があります。強制的に券が割り当てられてきますが、婦人部は「おかしいけど、先生の考えた民音なので不満を言うわけにはいかない」と言います。
巷で学会はいろいろ言われていますが、そのほとんどはガセです。
しかしこういう内部の矛盾を抱えたままでは学会は変わらないでしょうね。

Q接道義務とは・・?

接道が2m未満の土地があります。アパートを建てたいと思いますが、2m以上ないと接道義務違反になるという話を聞きました。そこで以下の事をお教え頂きたいと存じます。

・自治体毎で違反になる場合とならない場合があるのでしょうか?
・間口が2m以上あれば、途中で2m未満でも違反にならないのでしょうか?
・もし、違反になる場合、建築着工もしくは完工してしまった時、どうなるのでしょうか?

素人ですので、どなたか分かり易くお教え頂ければありがたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>・自治体毎で違反になる場合とならない場合があるのでしょうか?
全国共通です。これは建築基準法に定められているため、違いはありません。
昔建築基準法では1.6m以上あればよかったため、現在既存不適格(法律違反だが現在の建物に限り認めるというもの。増改築や建て直しは出来ません)となった建物も結構あります。

>・間口が2m以上あれば、途中で2m未満でも違反にならないのでしょうか?
だめです。建築基準法で定めた道路に対して敷地まで全部が2m以上なければなりません。
ただ、いくつか例外規定がありますので、詳しくは建築士にご相談ください。

なお、建築基準法による接道義務を緩和する条例はありませんが、更に条件の厳しい接道義務を課すことは可能です。


>・もし、違反になる場合、建築着工もしくは完工してしまった時、どうなるのでしょうか?
そもそも着工できません。建物を建築する場合は建築確認申請を役所に出して認可を受ける必要があります。ここで認可がおりません。
まともな業者であれば申請せずに着工するということはありません。もしそのようなことをすると、役所は工事中止命令をはじめ最後には建物撤去命令などを出すことになります。(従わなければ代執行といい強制的な撤去まで出来ます)また、工事をした業者は処罰されるでしょう。

では。

>・自治体毎で違反になる場合とならない場合があるのでしょうか?
全国共通です。これは建築基準法に定められているため、違いはありません。
昔建築基準法では1.6m以上あればよかったため、現在既存不適格(法律違反だが現在の建物に限り認めるというもの。増改築や建て直しは出来ません)となった建物も結構あります。

>・間口が2m以上あれば、途中で2m未満でも違反にならないのでしょうか?
だめです。建築基準法で定めた道路に対して敷地まで全部が2m以上なければなりません。
ただ、いくつ...続きを読む

Q池田大作と松下幸之助の関係

池田大作と松下幸之助の関係
創価学会のビデオで池田大作と松下幸之助が度重なる対談をしていることが紹介されていました。

松下幸之助はどういう目的で池田大作と会談をする必要があったのでしょうか?

池田大作側から、宣伝目的で松下側にオファーしたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。1975年の対談というやつですかね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1430088854

松下幸之助氏は創価学会ではないが宗教活動がちょっとあったらしく、その関係で池田大作氏と書簡のやり取りがあったらしいが、本当に対談があったかどうかは定かではない、またその内容には(創価学会の名を上げるような)脚色が相当なされている、というようなことが記されています。
あと、たとえば生前の幸之助氏は大作氏を熱烈に信奉しており学会入会を申し出ては断られて、、、というようなことは信者の間ではよく語られるようですが、そーゆうのがどこまで幸之助氏側の真実を反映したものかはわかりませんね。

>松下幸之助はどういう目的で池田大作と会談をする必要が

幸之助氏のというよりは学会側の必要に見えますけどね。

Q囲繞地と袋地、接道義務と建て替えに際してのトラブル

A地(Aの住んでいる土地)はB地(他人B様所有)を通らないと出入りが出来ません、A地はいわゆる袋地になりB地は囲繞地になります。元々A地/B地は現在B地所有者B様の父が所有していた土地で、A地は40年以上前にAの祖父が、当時の所有者(B様の父)より購入した土地です、購入の際、B地の庭部分幅3Mを通って良いという内容の証書を作り、現在もその書面は当方の手元に残っております。内容的には図面も添付してあり、無条件にB地庭部分3M幅区域を通って良いという内容です。
築40年以上の家ですから老朽化が進み、現在Aが立て直しを考えまして建築申請をしたところ、現在B地の所有者であるB様が、書面をかわしていた庭部分3M幅を超えて増築をしてしまい、袋地であるA地に家があるにもかかわらず、現状の庭通路部分は一番狭い幅で、幅1.7M強しか残っておりません、勿論A地の立て直しは2M幅以上の接する道路が無いため建築許可が下りません。
ゆえに、AはB家を最低2M幅を維持出来るよう修復する方法を提案致しましたがなかなか了解して頂けません、勿論費用はA家負担です。
ちなみに現在A地は当時土地を購入した故祖父夫婦である、Aの祖母の土地です、祖母は健在で現在もA地にAと3世代で暮らしております。
このままでは永遠にA家は立て直しが出来ないのでしょうか?(増改築は考えておりません。)
長々とすみませんが非常に困っております、どなたか法的に詳しい方等、アドバイス頂けませんでしょうか?宜しくお願い致します。

A地(Aの住んでいる土地)はB地(他人B様所有)を通らないと出入りが出来ません、A地はいわゆる袋地になりB地は囲繞地になります。元々A地/B地は現在B地所有者B様の父が所有していた土地で、A地は40年以上前にAの祖父が、当時の所有者(B様の父)より購入した土地です、購入の際、B地の庭部分幅3Mを通って良いという内容の証書を作り、現在もその書面は当方の手元に残っております。内容的には図面も添付してあり、無条件にB地庭部分3M幅区域を通って良いという内容です。
築40年以上の家ですか...続きを読む

Aベストアンサー

同様の事例は当時のものとしては多々あります。
新築時の建築確認申請時だけ通行承諾を添付して、その後通行承諾した土地には通行承諾した部分を含めて建築確認をとり更に別の家を建ててしまうケースです。
奥から1件ずつ建てて、それぞれ売ってしまい、接道の敷地以外は再建築不可となるケースは良くある話です。当時は自動車の通行も考えていませんし、再建築のことも考えていなかったケースが多いです。
当時の「幅3Mを通って良いという内容の証書」とは、建築確認申請時に添付のもので、地役権設定とまでは言えない事が多く(当時双方が新築の申請だけの便宜上のものと認識していた)、難しいところです。また、法律上の権利的にも地役権設定ではなく、無償の使用貸借であると思われます。(ですから、いつでも使用貸借は止めれます。)
この問題は囲繞地通行権の問題では解決しません。囲繞地通行権は認められますが、囲繞地通行権は認められたことが即、建築確認をとっての再建築には結びつきません。建築確認では権利はともかく申請時に建築基準に物理的に適合していなければなりません。
法律的に争っても無償通行権を有することの確認程度まででしょうから、ご希望の再建築というとこまでは行きません。同様のケースではB地所有者にA地を買い取ってもらうとか建築確認の要らない程度でのA家の修繕とか、あとはBの協力しかありません。下町では多いケースですが多くの事例では所有者が他人です。ご質問者さんの場合にはご親族のようですので、なんとか話し合いをうまく進める(B家の一部取り壊し)しかないでしょう。
法律上は、現状は再建築不可の土地です。

同様の事例は当時のものとしては多々あります。
新築時の建築確認申請時だけ通行承諾を添付して、その後通行承諾した土地には通行承諾した部分を含めて建築確認をとり更に別の家を建ててしまうケースです。
奥から1件ずつ建てて、それぞれ売ってしまい、接道の敷地以外は再建築不可となるケースは良くある話です。当時は自動車の通行も考えていませんし、再建築のことも考えていなかったケースが多いです。
当時の「幅3Mを通って良いという内容の証書」とは、建築確認申請時に添付のもので、地役権設定とまで...続きを読む

Q創価学会員へ 創価学会名誉会長池田大作の延命装置(人工呼吸器)が中旬に取り外されると脱会した本部職

創価学会員へ

創価学会名誉会長池田大作の延命装置(人工呼吸器)が中旬に取り外されると脱会した本部職員の友人から聞いたのですが本当ですか?
友人は統合失調症で信頼性に欠けるので信じてはいませんでしたが、昨日池田大作の生存に関して質問させていただいたときにあるかたから10月13日まで待ちましょう。
との回答が帰って来ました
何故か質問は削除されています
偶然の一致ですか?
池田大作は尊厳死

興奮してますすみません

Aベストアンサー

大作先生なら今頃創価学会月の裏支部で巨大ロボットに改造されてますよ

Q公道の通行について、

公道(認定道路)の通行についてお伺いします。在住する場所は村ですが自宅付近には認定道路(行政が管理する番号が付いています)があります。
この道路に木の枝が出てきており通行可能範囲は以前に比べ2/3程度になっています。
枝を切るよう持ち主には再三申し入れをしているのですが全く切ろうとしませんし、最近では枝が折られるとか言い看板まで付けている状況です。
当方が安易に枝を切る事もできないと聞き道路管理者である村役場に安全通行を目的とした枝等の排除を御願いしてきました。今現在で5年が経過しましたが何ら処置が無く一向に改善できていません。その上、当方が要求した内容については一切手を引くとまで言ってきている状況です。道路管理者としてこの様な姿勢が許されるか不明ですが、当方としては納得できない状況です。
安全通行を確保するためにも今後どの様な方策が可能なのでしょうか?行政が管理するのが責務と思いますが今回のような対応で許されるのでしょうか?
当方は安全に公道の通行が出来れば何ら要求はしておりません。

Aベストアンサー

「越境」といわれる状態であろうかと思います。

根が越境してきたら、その範囲において切ることが法的にも容認されているのに、枝はダメ。
そうなると、本来のその植物の所有者(植物が属する土地を管理する義務を負う義務者)への請求しかないですが、仰る通り、これはその道路を管理している自治体が行うべきですよね。個人対個人で、紛争やトラブル、逆恨みといった事件性のあるものへ発展するのを防ぐ為にも、迅速に動いてもらいたいものです。

これはその土地の所有者というよりも、行政、自治体の怠慢であるように思いました。

何故この件から手を引くのか明確に答えていない点も含めて。
以下の点について、文書で回答をいただけるよう、文書で請求されることをお勧めします。

●取り組むことが出来ない理由
●この件に関する見解
●これまでの取り組みの詳細(時系列的に記載していただく)

これを頂いた上で納得のいかない内容であれば、その自治体を統括する県庁へのご相談になるかと思います。

現場を見てもいない方たちが頭の中で考えるのでしょうが、実態を知って頂く為に私だったら写真も持参又は送付します。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako/sourinnkankei.htm#jumoku

「越境」といわれる状態であろうかと思います。

根が越境してきたら、その範囲において切ることが法的にも容認されているのに、枝はダメ。
そうなると、本来のその植物の所有者(植物が属する土地を管理する義務を負う義務者)への請求しかないですが、仰る通り、これはその道路を管理している自治体が行うべきですよね。個人対個人で、紛争やトラブル、逆恨みといった事件性のあるものへ発展するのを防ぐ為にも、迅速に動いてもらいたいものです。

これはその土地の所有者というよりも、行政、自治体の怠...続きを読む

Q池田大作党にした方が分かりやすいと思う

公明党より池田大作党にした方が、どんなことをしている政党か分かりやすいような気がするのですが、なぜ池田大作党にしないのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん政治には「分かりやすさ」が求められますが池田大作党なんてのは、ちょっと分かりやすすぎでは。創価学会党ってのも分かりやすすぎますね。政治は柔軟性を求められるので少々曖昧な名前の方が適切だと思います。公明党って名前も他の政党と比べると、何を実現したい政党なのか分かりにくいですよね。

「確かな野党」日本共産党が一番分かりやすいネーミングだと思いますね(笑)。

Q公道通行規制(重量・寸法)

先日、子供のビデオ(働く自動車云々、幼児向け)を見ていたら、新幹線の車両をトレーラーで深夜に運搬しているシーンがありました。ふと思ったのですが、確か公道を通行するのに重量や寸法の規制があったかと記憶していましたが、これは違法(道交法)ではないのですか?又、こういった場合は、何か手続き(申請)すれば、堂々と通行しても問題ないのですか?

Aベストアンサー

疑問はごもっともかと思います。
新幹線に限らず、鉄道車両は一般に民間の工場で造られます。その工場とその車両を使う鉄道が線路でつながっていれば、線路上を走って (正確には引っぱってもらって) 納入できるのですが、新幹線は線路の幅が違い、車体の大きさも違うので、在来線を走らせることができません。

そこで、長距離を輸送する場合は海上輸送します。たとえば、神戸や山口県下松から仙台港へ送られ、港から車両基地まで道路上を陸送します。東海道・山陽新幹線と東北・上越新幹線は東京駅で線路がつながっていず、電気方式も違うので、西日本各地にある工場からそのまま仙台へは送れないのです。

もちろん、通常のトラックなどの重量制限、積載制限をはるかにオーバーし、黙って通れば当然法律違反になります。そのため事前に監督官庁の許可を得て、自動車交通の少ない夜間に運んでいます。

JRの在来線車両を陸送することはまれですが、JRと線路がつながっていない私鉄では、このような陸送がひんぱんに行われています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報