ラクナ梗塞を発症後、再発予防として抗血小板剤「プレタール」を服用してきましたが、新しい病院で再度詳細にMRA診断した結果、「プラビックス」を処方されました。

○プレタール錠50mg(1日2回)
 効能/脳梗塞(心原性脳塞栓症を除く)発症後の再発抑制

○プラビックス錠75mg(1日1回)
 効能/虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制

調べてみたら、下記リンクに気になる情報がありました。
http://www.3nai.jp/weblog/entry/24152.html

プラビックスは血小板にのみ働き、プレタールは血小板抑制作用に加えて血管拡張作用があるとのこと。

虚血性脳血管障害⊃脳梗塞
血小板抑制<血小板抑制+血管拡張

従来のプレタールの方がより効能が高い気がするのですが、プラビックスに変更する意義は何が考えられるのでしょうか?
血小板だけに働くことで出血リスクが高くなる、という情報を目にしました。
再発予防には血管拡張の働きもあった方が良いのでは?という感覚があるのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2006.6血管内手術をやりました 退院後の処方は1日2錠プレタール@218.4円でした 朝服用後、顔がはれぼったくなり脈が速くな

る気がしました/1日2錠パラクロジンに代えたら、自覚症状は無くなり、さらに薬代が大幅に安くなりました 主治医が海外出張で変わったら、朝1錠だけでよいからとビックリするほど高価なプラビックス@279.4円を処方されました プレタールと同じ状態がありましたので、2009.5の今はパラクロジン朝夕1錠@8.4円で6ヶ月に1度のMRI、SPECTでも再発はないとの診断です=勝手な解釈ですが2人目の医師は若い大学医局派遣だったので、新薬が好きなのだと思いました

この回答への補足

プラビックスは2週間ごとに採血をして当分2ヶ月は様子を見るのが望ましいと聞きましたが、
mamafufu32さんもそういう期間はありましたでしょうか?

補足日時:2009/05/21 12:49
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こちらでも回答を頂き有難うございます。

プラビックスの薬価の高さは驚きましたが、これまでプレタール朝夕各2錠を服用していたのでトータル的には安くなっています。
しかし家族としては、薬の負担よりも効果を一番に考えてはいます。

病院によって使用しているお薬も決まっているみたいですし、その医師がこれまでどこの病院に所属してきたかの影響もあるでしょうね。
新薬と言うと、患者としては「自分で試されているのでは?」っていう気持ちも少なからず出てきますが…。

お礼日時:2009/05/21 12:47

親戚に一度軽い脳梗塞になった者がいますが、水分をよくとります。


(月に一度通院して薬ももらっているようですが、処方された薬を率直に服用しています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても対応の良い病院で、説明を聞いていても信頼できそうな医師だったので、
詳細な画像診断した上でのその先生の処方された薬なら先ず大丈夫だと信用していますが、
これまで通院していたドクターが出血リスクを懸念して薬を強めることに慎重だったもので・・・。

あれこれ頭で考えずに体と相談しながら素直に処方薬を受けるべきですね。
有難うございました。

お礼日時:2009/05/21 12:31

薬を飲むのも大事ですが、その前に自分の身体のケアをしてますか?


禁煙、禁酒、水分を多めに取って血液の粘度を下げれば、血栓の予防に
なると思いますけど? コレステロールも高いなら、低くなるように
ケアをしては如何ですか? 私も生まれつきコレステロールが高いけど、血液の粘度が低いので、血栓はできにくい体質です。
コレステロールの高い人は、目を見ると、判断が判ります。
目の周りに脂肪の塊、黒目にグレーの筋が有ります。
一度、自分の目を見てくださいね。

私の意見です!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お酒もたばこもしませんし、高血圧・糖尿病・高脂血症に注意した食事を心掛けています。
水分も大切ですよね。
そういう基本的な日々のケアとは別に、薬自体の適用について質問させて頂きました。

お礼日時:2009/05/21 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脳卒中(脳血管障害)<脳・神経・筋の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    脳卒中とは  脳卒中という言葉は一般的な用語であり、医学用語ではありません。正式には脳血管障害といいます。脳卒中の卒は卒倒(そっとう)(突然倒れる)の卒で“突然に”の意味、中は中毒(毒にあたる)の中で“あたる”という意味ですから、脳卒中とは脳の病気で突然に何かにあたったようになる(倒れる)ことを意味します。  これは中国から渡ってきた言葉ですが、西暦760年の日本の書物にすでに見られますから、この病気...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞の慢性期について ( どっちの医師が正しい? )

脳梗塞の慢性期の者です。
治療に関し医師の意見が分かれ、迷ってます。参考意見いただけると幸いです。

一過性の症状を数回経験し、脳梗塞と気づき入院し二週間で退院しました。
右手の指に麻痺と脱力があったのですが、かなり良くなってたので(左手との比較で20~30%ダウン)退院後一週間で職場復帰し初日はほぼ問題なく仕事を終えました。
ところが、二日連続勤務したら二日目の夕方から症状が悪化しました。
心配になって診察を受けたらCT検査で脳梗塞範囲は広がっておらず、主治医は
「症状の波の範囲内」で「疲れるくらいリハビリして良いです」との意見でした。
経緯に関しては「疲れやすくなってるのは確か。しかし過労にならない範囲なら業務をしたこと自体が悪化をさせるわけではない」
ところが、知り合いの神経科医は
「軽くても二ヶ月くらい安静は当たり前。」
「CTやMRIでわからない神経レベル(表現は多少違ったかも知れません)の変化が起きてる」「業務に戻った事が悪化をさせた可能性もある」
と言うのです。

両方の医師を信用してたのに意見が分かれてしまいました。

主治医は神経内科の専門家、知り合いは神経科の専門家です。
神経内科を信じたいけど実際、久々の二日連続勤務で症状が入院中の回復途中のレベルまで悪化したのは事実です。でも、リハビリの観点からすると業務をするのは悪くない気もしますし。

ご参考意見下されば助かります。

脳梗塞の慢性期の者です。
治療に関し医師の意見が分かれ、迷ってます。参考意見いただけると幸いです。

一過性の症状を数回経験し、脳梗塞と気づき入院し二週間で退院しました。
右手の指に麻痺と脱力があったのですが、かなり良くなってたので(左手との比較で20~30%ダウン)退院後一週間で職場復帰し初日はほぼ問題なく仕事を終えました。
ところが、二日連続勤務したら二日目の夕方から症状が悪化しました。
心配になって診察を受けたらCT検査で脳梗塞範囲は広がっておらず、主治医は
「症状の波の範囲...続きを読む

Aベストアンサー

補足のご質問についてですが、「麻痺やしびれが残っている」ことはすなわち後遺症のことですが、後遺症を残さずに完全に症状が治ってくれていれば、同じ場所に関しての症状がもし再発してくれば、それは新たな脳梗塞の出現の疑いがでてきます。しかし、後遺症を残している人は、ちょうど古傷が寒くなると痛んでくるようなもので、必ずしも脳梗塞が再発していなても、しびれが強くなったりします。これは障害を受けた神経の問題ですから、その日の体調のように良い時もあれば悪い時もあるといったものです。ただ、麻痺(体の脱力や筋力の低下)が明らかに強くなったというのなら(例えば、お箸を持って食事できていたものができなくなったとか、お茶碗を持てなくなったとか)、脳梗塞再発の可能性があり、再度CTやMRIは必要でしょう。若干の筋力低下ぐらいであればもう少し様子をみてしまうこともあります。
こういった後遺症の症状そのものは、もちろん安静に休んでいた方が変動しにくいかもしれませんが、ある程度、リハビリ的に負荷をかけていかないと、もともとあった筋力も落ちてしまうでしょうし、あくまで後遺症であって、脳梗塞の再発ではないのですから、症状の変動に一喜一憂せずに長く付き合っていくぐらいのお気持ちでおられたらどうでしょう。もうすでに、脳梗塞の予防薬なども十分に服用されているはずですから、生活習慣や食生活も改善されているなら、もう絶対、脳梗塞がおこるはずがない!と開き直ってみることも必要かと思います。
2週間入院と1週間の自宅療養で、約3週間仕事を休まれていたのですから、病気への不安もあいまって、約1ヶ月ぐらいは外出や仕事がしんどいと感じるはずです。でも徐々に慣れてきますので、ほどほどに気楽に頑張ってください。
血圧はしっかりコントロールされるといいですよ。

補足のご質問についてですが、「麻痺やしびれが残っている」ことはすなわち後遺症のことですが、後遺症を残さずに完全に症状が治ってくれていれば、同じ場所に関しての症状がもし再発してくれば、それは新たな脳梗塞の出現の疑いがでてきます。しかし、後遺症を残している人は、ちょうど古傷が寒くなると痛んでくるようなもので、必ずしも脳梗塞が再発していなても、しびれが強くなったりします。これは障害を受けた神経の問題ですから、その日の体調のように良い時もあれば悪い時もあるといったものです。ただ、...続きを読む

Q40代のラクナ梗塞

 46歳でラクナ梗塞に知人(男性)がなりました。
 それまで、健康診断でひっかかることなく、いたって健康を自負していた彼です。

 ふらふらしたり、多少の言語障害を自覚しているようです。

 西城秀樹さんが、同じくらいの年齢で脳梗塞になったのを記憶しておりますが
 かなり厳しいリハビリをされて復帰され、そしてまた再発という経過をたどっておられますよね。

 ラクナ梗塞は、だれでもあり、これが症状として出現するかどうかの違いとも
 きいたこともあります。

 ラクナ梗塞は、薬の服用で日常生活・仕事に支障のないものなのでしょうか。
 旅行などもいけるものなのでしょうか。

 経験者の方、お医者様など、きたんのないご意見をよろしくお願いいたします。

 私は、彼を支えになるようなことがあればと思いまして…

Aベストアンサー

ラクナは小さいので症状のない事が多いですが、今回は残念ながらつまりどころが悪かったようですね。出来てしまった梗塞は消えませんが、時間がたてば多少は症状は改善する事があります。
 脳梗塞で重要なのは再発の予防でラクナ梗塞も例外ではありません。梗塞は血管の病気ですから、予防法としては血管がぼろぼろにならない様に、塞栓が出来ない様にするのが重要です。すなわち、高血圧を治療する。糖尿病を治療する。高コレステロール血症を治療する。喫煙は止める。飲酒は程々に、です。予防をしていていれば再発の確率は低くなります。

Q脳梗塞の予防の薬について

私の母親の話になります。
現在、脳梗塞予防のための薬を服用しているのですが、
その薬が果たして適当なものなのかどうかをお聞きしたいのです。
以後、経過からお話させて頂きます。
(少し文章も長くなってしまいますがよろしくお願い致します)

私は現在、親元を離れて暮らしております。
母親が去年の中頃、検査のために病院に向かったら
「脳梗塞の跡」がみつかりました。
現在、体に何か異常がある訳ではありませんが、今後の予防にと
毎日薬を服用しております。
薬は「バイアスピリン錠:100mg(1日1錠)」です。
(血管を広げる薬だそうです)
しかしその副作用なのか、母親の体に異常が出てきております。
症状として、
●微熱が続く
(ここ最近はマシになりましたが、飲み始めてからは37~38度の微熱が出ていました)
●物忘れがひどくなる
(薬を飲むまではなかったです)
●声が出にくくなる
(夕方辺りに、頻繁に声が出なくなるみたいです)
母親は現在58歳という事もあり、薬ではなく高齢のせいで
症状が出ている事も考えられるのもあります。
しかし今では私も月一回は帰省しているのですが、
帰るたびに母親が衰弱・老化しているように思います。
これら全て、薬を服用するまでは現れなかったのですごく心配なのです。

みなさんに質問したいのは、
上記の薬は人体などに強い薬なのでしょうか?
もっと副作用が弱い薬はないのでしょうか?
母親は、これから一生薬を服用していかないといけないので、
現時点でこれだけの副作用が出ているのが不安です。

ちなみに、脳梗塞は遺伝的なものなのか
母親の姉は脳梗塞にかかり、半身不随になっております。

ご回答、よろしくお願い致します!

私の母親の話になります。
現在、脳梗塞予防のための薬を服用しているのですが、
その薬が果たして適当なものなのかどうかをお聞きしたいのです。
以後、経過からお話させて頂きます。
(少し文章も長くなってしまいますがよろしくお願い致します)

私は現在、親元を離れて暮らしております。
母親が去年の中頃、検査のために病院に向かったら
「脳梗塞の跡」がみつかりました。
現在、体に何か異常がある訳ではありませんが、今後の予防にと
毎日薬を服用しております。
薬は「バイアスピリン錠:100...続きを読む

Aベストアンサー

厳密にはバイアスピリンの効果は血管を広げるのではなく、血小板という血が出たときに固める成分が固まりにくくする効果で、脳梗塞の原因となる血栓を作らせにくくするのが目的です。これは脳梗塞だけでなく、心筋梗塞の予防にもなります。
ちなみにこの薬は市販のバファリンと同じ成分で、解熱鎮痛剤として飲むよりも少ない量です。副作用はきわめて少ないです。問題は薬効である血液が固まりにくくなることが裏目にでて、脳出血の危険性が高くなる可能性があることです。

症状については、微熱をのぞき、「脳梗塞による症状」でも矛盾しないと思いますが。質問者のおばさんのように半身麻痺ほど分かりやすい症状ではないですが、脳梗塞で見られる症状です。たらればの話ですが、薬を飲んでいなかったら、今頃半身不随になっていたかもしれません。
しかし、前述のように脳出血の危険が高くなっており、小さな出血を来たした可能性も否定できません。

ですので、薬については医師と相談して判断されることを勧めます。自己中断だけは避けてください。
微熱に関しては何かしら感染症があったのかもしれませんね。

病気については遺伝と環境とが複雑に関係します。脳梗塞でも動脈硬化になりやすい遺伝子の影響もあるでしょうし、食生活や運動不足なども影響するでしょう。全てが遺伝ではなく、全てが環境因子ではないと思います。しかし、近親者にそういう人がいれば、遺伝性のリスクが高いと思われますので、環境因子、すなわち生活習慣には十分に気を付けたほうがいいと思います。

厳密にはバイアスピリンの効果は血管を広げるのではなく、血小板という血が出たときに固める成分が固まりにくくする効果で、脳梗塞の原因となる血栓を作らせにくくするのが目的です。これは脳梗塞だけでなく、心筋梗塞の予防にもなります。
ちなみにこの薬は市販のバファリンと同じ成分で、解熱鎮痛剤として飲むよりも少ない量です。副作用はきわめて少ないです。問題は薬効である血液が固まりにくくなることが裏目にでて、脳出血の危険性が高くなる可能性があることです。

症状については、微熱をのぞき、「...続きを読む

Q脳梗塞と診断されたが治療も入院も薬もなし、大丈夫?

ネットや本などで情報を調べている者です。家族のことが心配で質問させていただきます。

64歳の父がある日左手を動かすことができなくなり、国立病院に行ったところ脳梗塞と診断されました。
ところが、その日はMRI検査など一通り検査後、家に帰ってきました。
父によると、「うちは血液内科はないので他の病院で多血症の検査をしてもらって治療法を相談したい。1ヵ月後にまた来てください。その時に薬は渡します。」と言われたそうです。父は多血症も患っており、瀉血などを定期的にしています。
私も父からそれを聞いて、先生が言われるのだからそうなのかなと家に帰されたぐらいだからよっぽど軽症なんだと家族で笑ったりするほど気楽に考えてました。
もうすぐ1ヶ月目が近づくにあたって、一応と思い、ネットや図書館で調べたりしてみると脳梗塞は割と軽症の方でも入院されている方が多いようなのと早期治療が重要とのことで、私の父は通院でしかも薬もまだいただいていないということに疑問を持つようになりました。
父の左手の麻痺も改善するわけではなく、むしろ少しですが悪化しているようで、とても心配です。
安心したいので、本当は引っ張ってでも今すぐ病院に行ってほしいのですが、父は頑固な性格で信用がなくなるからと先生が予約した日まで病院には行かないと言っており困っています。ストレスもよくないというのであまり強くは言えません。

私が特に疑問に思うのは左手が麻痺し動かせないような状態の脳梗塞の患者が家で治療も受けずにいていいのかということです。検査待ちというのもわかりますがそれでも1ヶ月後などスピード感がなく不思議です。
他に経験された方など少しでも知っていることがありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

ネットや本などで情報を調べている者です。家族のことが心配で質問させていただきます。

64歳の父がある日左手を動かすことができなくなり、国立病院に行ったところ脳梗塞と診断されました。
ところが、その日はMRI検査など一通り検査後、家に帰ってきました。
父によると、「うちは血液内科はないので他の病院で多血症の検査をしてもらって治療法を相談したい。1ヵ月後にまた来てください。その時に薬は渡します。」と言われたそうです。父は多血症も患っており、瀉血などを定期的にしています。
私も父からそ...続きを読む

Aベストアンサー

現在の脳梗塞の治療目的で入院したとしても、多血症が改善されなければ別な部位での再梗塞が免れないのですから、多血症の治療が優先されるのはしかたがないかと思います。よって、血液内科での対応が鍵になるのですが、血液内科での対応はどうだったのですか?
血液内科での診察で、国立病院での対応がおかしいと判断されれば、その血液内科のある病院の神経内科なりに紹介があるかと思います。

Q微小脳梗塞は今後どうなる?

数日前から、ふらつき、いつもとちがったぴりぴりした頭痛があり、言語障害、意識障害などは起こしていませんが、
MRI検査をしたところ、
微小脳梗塞、米粒大のものが四つ見つかりました
場所は大脳です

担当医師は、今のところ、あまり心配はないので、半年後にもう一度検査をしよう、経過を見ようと言っていますが
頭痛が治ったとして、
この脳の病気は、ストレスの多い仕事(印刷会社のパソコン業務)をこれからも続けていって大丈夫なのでしょうか?
現在、私生活でもストレスが多く、身体自体もぐったりしています
また、微小脳梗塞が進むとどのようになるのでしょうか?ひどい脳梗塞を起こすのでしょうか?
また、微小脳梗塞の関連ページなどわかりましたら、教えてください
たとえば、どんな症状が起こるのでしょうか?
とても、悩んでいます、わかる方がおられたら、教えてください

Aベストアンサー

 CTやMRIが普及するにつれて今回のように無症候性脳梗塞が発見される機会が増えました。無症候性脳梗塞とは、脳卒中の既往や神経症状を示さない患者さんに認められる脳梗塞であり、いわゆる「隠れ脳梗塞」のことです。他の方々が指摘されているようにラクナ梗塞(小梗塞)であることが多いです。

 このような無症候性脳梗塞がCTやMRIで発見される頻度は、中年者で10%前後、老年者で20~40%、平均して13~15%と言われています。リスク要因としては高血圧や糖尿病、家族歴に脳卒中が認められる、などに加えて、喫煙歴や高脂血症、高尿酸血症なども言われています。

 ご心配されている「微小脳梗塞が進むとどのようになるのでしょうか?」という点ですが、無症候性脳梗塞がそのまま拡大して症候性脳梗塞を起こすわけではありません。しかし最近では無症候性脳梗塞をもつ患者さんは、持たない患者さんに比べて平均して約5~7倍ほど症候性脳梗塞を起こしやすいという報告が散見されます(ある調査では、MRIを撮って無症候性脳梗塞が見つかった人と見つからなかった人を平均約3年間追跡調査してその後の症候性脳梗塞の発生率を調べたところ、無症候性脳梗塞が無かった人では発生率が1%以下だったのに対して無症候性脳梗塞がもともとあった人では約7%で症候性脳梗塞が発生したそうです)。

 この数字に対して私は個人的には「無視することはできない数字だが、ものすごく心配するほどではない数字」と認識しております。つまり高血圧・糖尿病などの危険因子があればきちんと治療・管理しなければいけないけれど、極端な不摂生をしない限りは通常の生活を変える必要はないと考えています。ですから今回の場合も、疲れているときは休息をとったりなどをする必要はありますが、職場を変えるまでの必要ないと思います。

 内服薬について書かれている方がいらっしゃいましたが、症候性脳梗塞に対しては再発予防のために抗血小板薬(バファリン、バイアスピリン、パナルジンなど)を内服する必要があります。しかし今回のような無症候性脳梗塞に対する治療の標準的な考え方は「危険因子を除去する」です。ですから先に挙げた高血圧や糖尿病などがあればそちらのコントロールをきちんとすることが、今後の症候性脳梗塞の発症を予防することになります。

 どうせだったら予防的に抗血小板薬を飲んだ方が安心ではないか?と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、抗血小板薬というのは血が固まらなくする薬ですから、もしも飲んでいる状態で外傷や出血性の病気になると、血が止まらなくて重症になるリスクが増えます。今後研究やデータが蓄積して考え方が変わっていく可能性はありますが、現在のところは抗血小板薬が無症候性脳梗塞を予防するというエビデンスもありませんから、現在の状態で安易に抗血小板薬を内服するのはどうかなと思います。

 また、頸動脈が首の辺りで細くなっていてそれが原因で脳梗塞を生じていることもありますから、頸動脈のエコーやMRAも念のためやっておいても悪くないと思います。

 何れにしても疑問点については担当の先生とよく相談してみてください。実際に診察された先生が一番状態を把握されていると思います。

 CTやMRIが普及するにつれて今回のように無症候性脳梗塞が発見される機会が増えました。無症候性脳梗塞とは、脳卒中の既往や神経症状を示さない患者さんに認められる脳梗塞であり、いわゆる「隠れ脳梗塞」のことです。他の方々が指摘されているようにラクナ梗塞(小梗塞)であることが多いです。

 このような無症候性脳梗塞がCTやMRIで発見される頻度は、中年者で10%前後、老年者で20~40%、平均して13~15%と言われています。リスク要因としては高血圧や糖尿病、家族歴に脳卒中が認められる、などに加え...続きを読む

Q降圧剤と脳梗塞について・・

先日、父(67歳)が脳梗塞の疑いで入院しています。
もともと高血圧で昨年は軽い肝硬変と言われ かかりつけのお医者さんに血圧の薬アスクール錠50mg バイアスピリン錠100mgを処方されて半年くらい飲んでいました。(アスクールは朝・昼・晩 1日3回の処方でしたが、父は朝1錠だけ飲んでいたそうです。)
入院するきっかけは先日健康診断があったのと
薬が切れたので診療所に行ったところ、
その日血圧を測ったら普段より少し高かったらしく、『違う血圧の薬を出しましょう。』ということで 
ノルバスク錠5mg プロブレス4 4mg バイアスピリン錠100gを処方され、帰宅が午前中だったので 
その日の昼前に処方された薬を飲むように言われたそうです。
服用翌日の昼頃から吐き気、めまいを訴え嘔吐が止まらず、1時間後には完全に立てなくなり 
かかりつけ診療所のお医者さんに往診してもらい、そのまま緊急入院となりました。
前日までは仕事にも自転車で行き、たまにだるさは
訴えていたものの元気にしていたのに、
突然ろれつがまわらず言語障害になり、
手の麻痺、歩行困難です。
入院直後は眠さだるさを訴え ずっと寝ていました。
脳のMRIでは何箇所か脳梗塞の傷跡みたいなものはあるが、今回のかどうかはまだ判断ができないと言われました。
降圧剤の急激な降圧による副作用、または脳梗塞では?と疑いたくなります。
現在入院先の主治医にそのことを聞いてみたところ、
『まったく関係ありませんね。 薬はどんな薬にしても副作用はありますから。』と言われました。
『ではなぜ突然こんな状態になったんですか?』と聞いたところ、『そもそも脳梗塞とは突然起こるものですから。』とそっけなく言われました。
詳しい説明もしてもらえてないので・・専門の方がいらっしゃればアドバイスをお願いいたします。

先日、父(67歳)が脳梗塞の疑いで入院しています。
もともと高血圧で昨年は軽い肝硬変と言われ かかりつけのお医者さんに血圧の薬アスクール錠50mg バイアスピリン錠100mgを処方されて半年くらい飲んでいました。(アスクールは朝・昼・晩 1日3回の処方でしたが、父は朝1錠だけ飲んでいたそうです。)
入院するきっかけは先日健康診断があったのと
薬が切れたので診療所に行ったところ、
その日血圧を測ったら普段より少し高かったらしく、『違う血圧の薬を出しましょう。』ということで 
ノルバスク錠5m...続きを読む

Aベストアンサー

jijyou1021様、ご心配ですね。
前回の質問http://okwave.jp/qa2444313.htmlにも回答させて
頂きましたが、その後、お父様の様子は如何でしょうか?
ノルバスク5mgとブロプレス4mgバイアスピリン100mgを
処方日当日と発症日の朝と2回服用後の昼頃にお倒れになったと
いうことで宜しいでしょうか?

診断として脳梗塞の説明を受けられましたか?
他の回答者様のお答えにありますように、事情を考えますと、
特に多い薬用量では無いように思われます。
確かにノルバスク等は高齢者では低用量からの服用が望ましいと
されておりますが、その高齢者のデータは平均79歳(ノルバスクの
場合)についてのものです。
高血圧そのものが血管に負担をかけ動脈硬化を促進し、脳梗塞の
誘因となる可能性がありますので、医師として、降圧を考えられる
のは尤もなことで、高血圧を放置されれば、それこそが医師として
責められるべき事と思われます。

服用2日ですから、もちろん薬の作用として降圧され、そのことで
低血圧、脳虚血が起こった可能性は残念ながら否定できません。
しかしながら、他の回答に有りますように、高血圧等により
お父様の動脈硬化が進行していた、更には脱水等が重なり、
現在の症状に繋がっている可能性もまた薬の影響以上に
大きなものです。

もちろん、現在の病状の原因を探るのは重要ですが、今一番
大切なことは、お父様が以前のように回復され、楽しい生活を
送られることと思います。そういった観点から、主治医と十分に
コミュニケーションを取られ、お父様が安楽にお過ごしになることを
祈っております。

なお、ノルバスク、ブロプレス、バイアスピリンについては
グレープフルーツとの併用で問題があるとの報告はありません。

jijyou1021様、ご心配ですね。
前回の質問http://okwave.jp/qa2444313.htmlにも回答させて
頂きましたが、その後、お父様の様子は如何でしょうか?
ノルバスク5mgとブロプレス4mgバイアスピリン100mgを
処方日当日と発症日の朝と2回服用後の昼頃にお倒れになったと
いうことで宜しいでしょうか?

診断として脳梗塞の説明を受けられましたか?
他の回答者様のお答えにありますように、事情を考えますと、
特に多い薬用量では無いように思われます。
確かにノルバスク等は高齢者では低用量か...続きを読む

Q脳梗塞の跡が消える?

70才代男性、3年前7個所あった脳梗塞の跡が今回のMRIでは「きれいで何の影もない」と言われました。検査をしたのは前とは違う病院です。脳梗塞の跡が消えるということが本当にあるのでしょうか?不安です。教えて下さい。

Aベストアンサー

脳梗塞の後か消える事はあると思います。あるドクターに 人間はごく軽い梗塞を起こしたり治ったりしている事があると聞いたことがあります。 心筋梗塞をやった人を手術したら環動脈に太いバイパス血管があらたに出来ていたと言う事も聞いたことがあります。あなたの梗塞は治ったのかも知れませんが、梗塞を起こす要素は体に残っている訳ですから、今後もそれなりの注意がいると思います。

Q脳梗塞の入院中の治療中の再発について

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再発をするというのは、私の中では納得が行かず、
医師に伺っても
・再発は起こりうる。
・悪性の腫瘍があると再発しやすい(母は、子宮に腫瘍があったことが分かり(良性だったのですが)それがその当時は悪性の疑いがあるという事で)

という説明を受けました。

結果、母の腫瘍は良性で、医師の説明とは食い違いがあるも、腫瘍摘出手術の為、病院を転院し詳しい説明は聞けずじまいです。

お伺いしたいことは、『脳梗塞において入院中の、治療中の再発は、起こりうるのか』しかも、ロレツが回らない程度の母が、『1週間程度も寝たきりになる程の』

ホームページを調べても『脳梗塞は再発が起こやすい病気である』という掲載は、見ましたが、

私は、『入院の治療中に起こった』という事が、納得いきません。
一方、病院側は、『再発は起こりうる』という説明です。

長くなりましたが、第3者のご意見を伺いたく、よろしくお願いします。

補足ですが、母は、元々血圧は高く200程度ありました。治療・通院はしていませんでした。
今回、病院に行った際は、血圧が280ありました。その後200程度になり、今は150~160程度です。

58歳の母の事ですが、急にロレツが回らなくなり、病院へ行き、脳梗塞の為、そのまま入院となりました。
1週間の退院予定で、点滴と薬による血液をサラサラにする治療を行い、状態も良くなってきたという事で、入院4日目で点滴をやめ、薬による治療を行っていました。
ところが、退院を迎えた日に急変し、寝たきりになりました。(その後、回復し 左に麻痺は残っていますが、歩ける程になっています。)
退院の日に脳梗塞が再発したのです。しかも、脳幹に。

脳梗塞により、入院をし、入院中に・治療中に再...続きを読む

Aベストアンサー

理論上十分に起こり得るだけでなく、実際の医療の現場で(私の感覚では)低くはない割合で遭遇するケースです。

脳梗塞患者(退院直前含め)の再発は医療過誤には該当しませんし、その病院の医療や看護に問題が
あって引き起こされたのではありません。
又、梗塞部位などによって出現する症状や程度は様々であって当然ですから、
今回のほうが症状が強くても何ら不可解な現象ではありません。

一般の方が、入院中の再発に疑問をもつのは無理もないかなとは思いました。
どうぞお大事になさって下さい。

Q脳卒中で仕事をやめるので生活費の相談です。

脳卒中で歩行と会話ができなくなり、退職を会社からすすめられた。
入院中で仕事はできず。配偶者は1日に2時間程度のパート。
当面の生活費と入院費と健康保険など
健康保険や失業手当などなにかありませんか。

雇用保険と厚生年金と健康保険などの会社の保険は加入していました。
もらえそうな手当てや保険金はありますか。
半年以内の回復の見込みはありません。
知り合いが倒れたのでおしえてあげたいです。

Aベストアンサー

>もらえそうな手当てや保険金はありますか。

まずは健康保険から出る傷病手当金。
傷病手当金を受給するためには、まず3日連続して休職します、これを待期期間といってこの3日間は傷病手当金は支給されません。
そして次の4日目から傷病手当金が支給されることになります。
もちろんこの期間に対する質問者の方が就労不能であるという医師の意見書が必要です。
またこのように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書があれば継続給付といって傷病手当金が支給されます、ただし退職時に健康保険の被保険者期間が1年以上あることが条件です(支給される期間は最初に支給されてから1年6ヶ月です)。

傷病手当金の受給には出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類あるいは会社の記載がいるので会社の協力が必要です。
また医師の就労不能と言う証明も必要です。
具体的には健保から申請書の用紙を貰って、その用紙には医師の意見を書く部分がありそこに就労不能と言う意見を書いてもらいます、あとは会社の証明する部分は会社が記載して、出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類を付けて健保に提出します。
医師に意見を書いてもらうのは病院で質問者の方自身がやらねばなりませんが、他のことは通常は会社の総務辺りがやってくれるものです。
ですからそれをやってくれるように、会社に協力を申し入れるのです。
それが健保で認められれば途中で退職しても継続給付と言う形で傷病手当金は支給されます、その期間は支給開始から最大で1年6ヶ月です。

それから失業給付についてですが。
失業給付の受給の条件の一つは働ける状態にあるということです、一方傷病手当金は働けない状態であることが前提です。
ですから傷病手当金を受給していれば、失業給付は受給できません。

そういう場合には、安定所へ受給期間の延長をします、最大3年(本来の1年と併せて4年)の延長が出来ます。
そして病気が良くなり働ける状態になったときに、仕事を探すのであれば失業給付を受けることが出来ます。
手続きとしては退職後30日を過ぎてから1ヶ月以内に雇用保険者証と離職票を持って安定所へ行き申し出てください(医師の診断書もいると思います)。
代理人に依る書類の提出あるいは郵送に依る提出が認められています。
そして働けるようになったら受給の手続きをします(このときも医師の診断書がいるはずです)。

つまり医師が働ける状態でないと判断すればその間は傷病手当金を受け取ることが出来ます(もちろん期限はあります)。
そして医師が働ける状態と判断すれば、傷病手当金は打ち切られますが失業給付を受け取れるようになるということです。

次に傷病手当金が終了しても仕事に復帰できないときは障害年金になります、これについては年金事務所に相談してください。

その次になると生活保護になります、これについては社会福祉事務所に相談してください。

>もらえそうな手当てや保険金はありますか。

まずは健康保険から出る傷病手当金。
傷病手当金を受給するためには、まず3日連続して休職します、これを待期期間といってこの3日間は傷病手当金は支給されません。
そして次の4日目から傷病手当金が支給されることになります。
もちろんこの期間に対する質問者の方が就労不能であるという医師の意見書が必要です。
またこのように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書が...続きを読む

Q脳梗塞発症後の検査について

いつも、こちらの方で質問させて頂いています。
脳梗塞の発症後についての、その後の病院での検査に関して
分かる方がいらっしゃれば教えて頂けると幸いです。

私の母なんですが、4年程前に脳梗塞になり現在も麻痺が
残ったまま病院で通院しています。
病院での通院は、主に3ヶ月に一度の血液検査と投薬の
処方箋を頂く程度です。
お聞きしたいことは、通常脳梗塞を発症後、頭部のMRI検査等は
定期的に行わなくても大丈夫なのでしょうか?
もしくは、必ずしも必要ではないですか?

最近になり、母の麻痺の状態がひどくなり数ヶ月前までは補助具で
歩けてたものの、現在は車椅子なしでは歩けない状態になっています。
身体的な部分は、かなり落ち込んではいますが
言語の障害は発症前と同じで普通に会話できます。
現在は、投薬治療が中心ですが、このような場合再度MRIを採り
頭部に梗塞が増えている場合もあるということでしょうか?
お忙しくない時にアドバイスお願い頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

もともと、血管の状態にもよるのですが、一般的な脳梗塞に定期的なMRIが必要は無いと思われます。
一つは脳梗塞の再発予防として治療方針が、定期的なMRIによって大きく変わることがないからです。
ただ症状が新たに出現した場合は、その都度MRIをとる必要はあるでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報