愛犬12歳シェルティーなんですが、腎不全と甲状腺機能低下症で治療を行っていますが、少しでも散歩で外へ出るなら、フィラリア予防はしておいた方がいいでしょうか?予防薬の体への影響が心配なのですが・・・ご意見お聞かせ下さい?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(^^)こんにちは。

2年ほど前に前愛犬を腎臓病で亡くしました。

主治医は腎臓病の治療に自信を持ってる先生なのですが。先生が処方してくれるのは「モキシデック」 です。白い錠剤です。これが一番に毒性が低いからと説明されています。

昨年から飼い始めた現在の愛犬は、昨年の秋に避妊手術を外科の別の病院で受けました。そちらの先生が、「カルドメック」のチュアブルのタイプを無料でプレゼントしてくれたので、主治医に見せて報告すると「チュアブルは毒性が強いから腎臓に悪い」と使用を反対されました。さらに質問してみたところ・・・「回虫」にも効くヤツが、もっとも毒性が強いと言っていました。たぶん「ミルベマイシン」のことと思われます。

多くの獣医さんはフィラリアはとても恐ろしい病気なので、予防薬を飲ませることを推奨しています。ただし、それらの薬はフィラリアを毒をもって寄生虫を殺す薬なので、やはり少なからず副作用が生じることがあるそうですね。



○「イベルメクチン<Ivermectin> 」・・・<製品名>カルドメック(錠、チュアブル)

犬糸状虫の予防 ミクロフィラリア+成虫に効果がある(月一度服用)


○「ミルベマイシンオキシム 」<Milbemycin Oxime> ・・・<製品名>ミルベマイシン(錠、粒)

犬回虫、犬鈎虫の駆除、及び犬糸状虫の予防 (月一度服用)


○「モキシデクチン <Moxidectin> 」・・・<製品名>モキシデック

犬鈎虫の駆除、及び犬糸状虫の予防  (月一度服用)



○「Diethylcarbamazive(DEC) 」・・・<製品名>サイボール錠 スパトニン錠

犬糸状虫の予防 (毎日服用)


副作用・・・ 嘔吐・下痢・咳・発熱・頭痛・関節痛・食欲不振・肝臓障害など

また、ほとんどの予防薬は(月に一度)飲ませるタイプですが。実はメーカー側が念のために効果のある期間を短めに設定してあるため1.5ヶ月に一度でも、ホントは大丈夫なのだそうです。

参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
ワンちゃんのご冥福をお祈り致します。
シェルティーの為、イベルメクチンは避けています。
約10年間、ミルベマイシンを飲ましていたのでショックです。
今季予防するならノミとミミダニも予防出来る、背中に垂らす、レボリューション12%を使用するつもりです。メーカーとしては腎不全でも大丈夫という事でした。モキシデックも考えてみます・・・

お礼日時:2009/05/19 04:10

誤解をあたえたようなので、再度説明します。


蚊の吸血によるフィラリア感染で、ミクロフィラリアから成虫になるまで、さらに、この成虫が心臓等に寄生し、様々の障害をおこすには相当の期間がかかるということです。
しかも、現在の病気と両テンピンにかけると、まだ、感染もしていないものと比べると雲泥の差といえます。
その点を考えますと、虫を殺す作用のある薬を投与して負担をかけるより、治療に専念してみてはいかがですか、ということです。
今回は、予防より治療が優先ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。
もちろん治療優先です・・・金銭的にも厳しいので、予防から先にやめるつもりです。

お礼日時:2009/05/22 00:53

結論から、しなくてもよいかと思います。


それは、高齢であり、重度の疾患をもち、生命を維持するだけで精一杯の状態だからです。
そもそも、フィラリアは、寄生する蚊が犬を吸血するとき犬の体に侵入し、数年かけて発育、増殖し、主に心臓に寄生し、様々な負荷と病的症状を起こし、それに耐え切れなくなり死にいたるからです。
また、媒介する蚊のすべてにフィラリアがいるわけでありません。
さらに、感染しても発育に年単位の長期間を要しますし、ですので、残念ながら、あなたの愛犬は、その前に寿命を全うするものと思います。
それだけ、腎不全は思い病気ですので。
ゆえに、今の病気治療に専念されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
フィラリアは怖い病気、フィラリアになったら飼い主失格というようなものが頭にあって悩んでいます。
>感染しても発育に年単位の長期間を要しますし
そうなんですか・・・
もう一度獣医さんとよく相談したいと思います。

お礼日時:2009/05/21 00:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィラリア予防薬の量

外国製のフィラリア予防薬を使っています。
うちの犬は4キロ台なんですが、薬は最低でも10キロ以上用のものしかなく、それを愛犬に飲ませています。
犬に詳しい知人によれば、フィラリアの予防薬は副作用がほとんどないから、1錠やっておいた方が確実で安心できるとのことで、月に1錠与えているんですが、やはり今になって、たとえ副作用が小さいにしても過剰な薬はできるだけ与えたくないし、お金ももったいない、と思うようになりました。

ということで、1錠を半分にカットして与えても、効果はちゃんとあるのでしょうか?

Aベストアンサー

間違った知識は非常に危険なので訂正させていただきます
ミクロフィラリアはフィラリアが感染して約6ヶ月経過し感染子虫が成虫になりかつオスメスが揃わないと体内で発生するものではありません
血管に入ってしまうL5子虫に発育するのに蚊に刺され感染してから約2ヶ月かかります。このことと勘違いされているようですね
たしかに一ヵ月半おきの投与で計算上は防げるの様に思えるのですが(そうおっしゃる獣医さんもいらっしゃいますが)残念ながら一回の投薬での駆虫率は100%ではないため予防としては中途半端といわざるを得ないと思います
あと最終投与が重要との認識は正しいのですがその時期が間違っています
最終投与は蚊がいなくなって一ヵ月後です。
この理由は体に入ってすぐの子虫に対しては意外に駆虫率が高くなく最大の効果を発揮するのは体に入ってから一ヵ月後から血管に入ってしまう前つまり二ヶ月後までの間の一ヶ月だからです
ですから#4さんの自己流投与は根拠にかける上非常に危険な方法であるとおもいます
今年からでも改められるようお勧めいたします
あとチュアブルはカットして使用することは不可能な薬剤のひとつです(薬剤が均一に分布していない可能性があるからだそうです)

間違った知識は非常に危険なので訂正させていただきます
ミクロフィラリアはフィラリアが感染して約6ヶ月経過し感染子虫が成虫になりかつオスメスが揃わないと体内で発生するものではありません
血管に入ってしまうL5子虫に発育するのに蚊に刺され感染してから約2ヶ月かかります。このことと勘違いされているようですね
たしかに一ヵ月半おきの投与で計算上は防げるの様に思えるのですが(そうおっしゃる獣医さんもいらっしゃいますが)残念ながら一回の投薬での駆虫率は100%ではないため予防としては中途半端と...続きを読む

Q犬のフィラリア予防薬について。 来月からフィラリア予防薬を始めるのですが うちには2.6キロ成犬、

犬のフィラリア予防薬について。

来月からフィラリア予防薬を始めるのですが
うちには2.6キロ成犬、1.3キロ4ヶ月のチワワ二頭がいます。

お友達にフィラリア薬はネットで買えるよと聞いたので調べてみました。
なかなか在庫がないようで、みつけられたのが
ダイロハート小型犬用体重〜11キロ未満という錠剤タイプでした。

2.6キロと1.3キロの子には容量が多いんではないかと思うのですが、調べていると多い分には問題ないとの動物看護士さんの意見もみつけたのですが…。

とりあえず一回分は病院で
(2.6キロの子はネクスガードスペクトラ11.3.
4ヶ月の1.3キロは体重が満たない為、アザバスカ錠23)貰いました。

ダイロハートは上限の体重は記載がありますが、下限はかかれていないので減らしてあげた方が良いのか…。

おわかりになる方がいましたらご回答お願いします。

ちなみに犬種はチワワです。

Aベストアンサー

通販のフェラリアの薬は体重制限がアバウトです。

実際獣医さんで1回目を処方されてもらっているなら、お分かりだと思いますが、
フェラリアの薬の体重は 5kg以下 5~7.5kg と細かく分量が分かれています。

言ってしまえば、ダイロハートだと、
10kgのゴーギーと1.3kgのチワワが同じ分量で与えることになります。

質問主さんも量が多いのでは、、、と感じているなら減らして与えるのが正解です。

どのくらい減らしたらいいのかわからないなら、検査した病院に
薬を持って行って聞くのもアリです。
素人だと判断できないですよ。体重に対しての薬の量なんて。

錠剤をハサミなどでカットし分量を減らすと思いますが、
以外と毎月同じ分量でカットするのも手間ですよ?

うちは2.9kgのピンシャーと1.3kgの老犬テリアがいますが、
通販で薬を買うと、何が入っているかわからないからって理由で絶対買いませんし、
そういったアバウトな体重表記なので、病院でもらったほうが
安心して予防につながります。

どちらにせよ、成犬であれば内臓の作りもちがうので、少し量を減らして与えて
様子をみてはいかがですか?

ただし。ベビーチワワ(1.3kgで4か月)だけでも、獣医さんのお薬のほうがいいと思います。
成犬とはちがうので・・・。

通販のフェラリアの薬は体重制限がアバウトです。

実際獣医さんで1回目を処方されてもらっているなら、お分かりだと思いますが、
フェラリアの薬の体重は 5kg以下 5~7.5kg と細かく分量が分かれています。

言ってしまえば、ダイロハートだと、
10kgのゴーギーと1.3kgのチワワが同じ分量で与えることになります。

質問主さんも量が多いのでは、、、と感じているなら減らして与えるのが正解です。

どのくらい減らしたらいいのかわからないなら、検査した病院に
薬を持って行って聞くのもアリです。
素人だと判...続きを読む

Qフィラリア予防薬について悩んでいます。

現在フィラリア予防薬は月1回の経口投与が主流になっていると思います。が、うちは昔から1日1回のタイプの経口投与でフィラリア予防をしています。素人的な考えだと、1日1回の投薬が必要だったのが月1回で済ませられる、というのは犬にとって負担が大きかったりしないのでしょうか?例えば作用がものすごく強くなったのかと思ったりするのです。確かに1日1回というのも毎日の投薬なので少なからず負担はあるとは思うのですが。うちの犬は高齢でもあり、既往症などもあるので今さら薬をかえるのもちょっと心配な気もするのです。もちろん、かかりつけの獣医さんが処方される薬なので大丈夫だとは思うのですが、1ヶ月に1回のフィラリア予防薬の安全性というのは確実なのでしょうか?
また、重篤な副作用などが起こったことは過去にあるのでしょうか?こういうタイプの子は副作用を起こしやすい、などあるのでしょうか?
アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最近の抗フィラリア薬は他の寄生虫やシラミ、ダニなどにも効果がありよいと思います。一日一回の予防薬とは性質の異なる薬剤です。安全性もあり犬以外でも多くの動物で使用されています。毎日投薬よりも肝機能にも負担は無いと思います。高齢の犬であればなおのこと、最近の抗フィラリア薬を使用したほうが、寄生虫も駆虫できるし、負担も少ないと思います。

Qフィラリア予防もう始めたよ?って方いますか? 最近犬の散歩させてると体が緑の蚊が飛んでるんですがもう

フィラリア予防もう始めたよ?って方いますか?
最近犬の散歩させてると体が緑の蚊が飛んでるんですがもう薬始めた方がいいですか?
早くても4月末かなあって思ってたんですが、迷います。
後フィラリアの血液検査を病院に問い合わせたら、ちゃんと薬飲ませてたらしなくてもいいと言われました。一応は食べたのを確認しているので、あげ忘れてたりしてなければ平気ですと言われ、もし心配ならやってもいいしと飼い主側の判断に任せるという感じでした。
やはり検査しといた方がいいでしょうか?
病院で言われたならしなくてもいいと思いますか?
因みに昨年はパピーだったので薬だけでした。今はもう1歳です。

Aベストアンサー

私は比較的暖かい地域に住んでいるので 念の為
一年中 毎月1回お薬を飲ませでいます。
少しでも飲ませてない期間があるのなら 検査をしてあげてからの方が安心です。
万が一 フィラリアに感染しているのに予防薬を飲ませた場合 アレルギー反応を起こしたり、死んだ幼虫が 肺や腎臓に詰まり 肺炎や腎炎にかかることがあるそうです。

Q犬のフィラリアの薬について質問します。 毎年4月〜11月までフィラリアの薬を飲ますんですが、今年ま

犬のフィラリアの薬について質問します。

毎年4月〜11月までフィラリアの薬を飲ますんですが、今年まだ飲ましてません。
飲ます前に血液検査が必要ですか?

Aベストアンサー

フィラリアに感染している犬がフィラリアの薬を飲むと副作用を起こす事があるので、血液検査が必要です。

Q病気によりフィラリア予防薬の投与が遅れとても心配で

海外在住(ベニス)のものですが、愛犬が嘔吐や下痢が続き、現在治療に通っています。
フィラリアの投与予定日を過ぎましたが獣医師から投与をしないよう止められています。
獣医師は20日程度投与が遅れても何の問題もないとのことで
4日後のエコー検査後、問題ないことを確認してから投与するように言われています。
エコー検査を待つと前回投与から48日間隔があくことになりますが
本当に感染に問題ないのでしょうか?
こちらの獣医師は少しワイルドなので本当に問題がないかとても心配です。

また念のため早めに血液検査を行いたいと思いますが、
蚊に刺されてから何日後くらいから検査がかのうなのでしょうか?

ちなみに居住区は都市ですが運河があり、蚊が非常に多い場所です。
野生動物や家畜等はおりませんがネズミが多い場所ではあります。
使用しているお薬はstronghold(レボシューション)セラメクチン系の予防薬です。

Aベストアンサー

こんにちは。

私の愛犬も病気でフィラリア薬の投与が遅れましたが、大学病院の獣医師の話で
通常は45日毎でよいのだそうです。
45日という半端な日数に指定すると間違えたり忘れたりしやすいので、わかりやすくする
意味でも一か月に一回と言われています。

獣医師の話では半年投与しないとさすがにフィラリア感染率がぐんとアップしますが、
多少の遅れは気にしなくて良いとのことです。

48日あく程度では全く心配なしです。
ワイルドな獣医師のおっしゃる通りですね。

Qフィラリアの薬はいらない?

愛犬がニキビダニになり抗生物質のラリキシンと殺ダニ剤を飲ませています。

先日、その抗生物質とフィラリアの薬を貰いに行ったところ受付の看護士さんに『抗生物質飲ませてる場合はフィラリアは飲ませられないんですよ。同じように虫を殺す薬だから。診察の時に先生と相談して下さいね。』と言われました。

獣医師さんはフィラリアも抗生物質も出して下さりました。

因みにニキビダニはまだ沢山いて抗生物質は1日に与える量が増えました。
その時に殺ダニ剤も飲ませる事になりました。

気にせず家に帰ってきたのですがふと看護士さんの言葉が気になりました。

本日、フィラリアの薬を与える予定でしたが病院が休みだし何かあってはいけないので明日にしようと思います。

獣医さんが処方して下さったのだから信頼して大丈夫なのですが。

同じような薬を飲まれているワンちゃんいませんか。

又何か他に薬を飲まれているワンちゃんはフィラリアと一緒に与えていますか。

Aベストアンサー

抗生物質は虫を殺す薬ではなく菌を殺すもしくは不活化させるお薬ですのでミクロフィラリアの予防や駆虫にはなりませんので看護師さんのお話は正しくありません。

ラリキシンとフィラリア薬の服用は基本的には大丈夫ですが、犬の状態を見て判断しフィラリア薬が何か分からない為、ここではなんともいえません。

しかし殺ダニ剤を服用しているという事ですのでこれはイベルメクチンが主成分のお薬だと思います。こちらがフィラリア薬と同じ成分ですのでフィラリア薬を服用する必要は無いと思います。

アカラスにはイベルメクチンの投与が基本的でフィラリアの駆虫にも同じ成分が使われています。しかしアカラスを駆虫する濃度とミクロフィラリアを駆虫する濃度は桁違いで10万倍以上です。アカラス治療がもっとも高濃度。

ただこのような説明がめんどくさいので両方出しておいたんだと思います。フィラリア薬は非常に安全に作られておりますのでほとんどの薬と併用して服用できます。結論ですが飲んでも飲まなくても大丈夫となります。

Q犬の最期、約2年腎不全の最期治療をしている14才のシェルティーのことで

犬の最期、約2年腎不全の最期治療をしている14才のシェルティーのことでお聞きします。二週間前に静脈の点滴をしていましたが、なかなか数値が下がらずに先生に歳もあるから透析しても・・・悪くなったらまた点滴をと言われましたが家族で話し合って家で看取ることにしましたが4日間全く食事は受け付けません。水はスポイトでポカリスエットを薄めて飲ませています。おしっこも少量なから出ます。ほぼ寝たきりです。しかし4日たった今、本当にこの選択が良かったのか毎日こちらの質問内容を読んでは気持ちが揺らぎます。今更ながらもう一度点滴を打った方がこの子にとって良いのか8年間心臓、肝臓、薬漬けでこれ以上苦しめてしまうのはと迷っている間に時間だけ過ぎて行きます。本当は私の選択が良かったと正当化したいだけなのですが、同じような思いをされた方によきアドバイスをいただきたいです

Aベストアンサー

心中お察しいたします。
私も過去に2頭の愛犬を看取りました。
2頭ともに10日間寝たきりに成り、最後は小さな声で「キャン!」と言って私の腕の中で逝きました。

確かに飼い主は獣医ではありませんので、本当に的確な判断や処置が出来るのかと言われれば、当然ながら無理だと思います。
ですが、14年間も苦楽を共にしてきて、その中で8年間も愛犬と共に病気と闘ってこられた飼い主さんならば、家族にとっても愛犬にとっても最良の判断が出来ると思います。

今までも状況に応じての飼い主さんの判断があったからこそ、14年間も愛犬の生命が継続しているのだと思いますよ。
今までにも命にかかわる事もあった事だと思います。
それらを皆で乗り越えて来られた飼い主さんの判断が一番正しいと思います。

愛犬の症状と年齢を考えれば、医療的な判断がどうのこうのでは無くて、いままで命を飼い主さんに預けてきた愛犬にとっても、全てを飼い主さんに委ねているのだと思いますよ。

苦しんだり痛がったりしているのならば、それを取り除く為に獣医師に依頼する手もありますが、そうでないのであれば、今は静かに最後の病との闘いを看取ってあげるべきだと思います。

治療するのを決定するのが飼い主であるならば、治療を何処で止めるのかを判断するのも飼い主だと思います。
飼い主が迷い不安になれば、愛犬にも気持ちが伝わりますよ。

質問者さんのように愛犬の事を親身になって考えてくれる飼い主さんに出会えた愛犬は幸せですね。
さあ、最後の飼い主としての大切なお仕事ですので、共に闘い、確りと最期を看取ってあげて下さい。

心中お察しいたします。
私も過去に2頭の愛犬を看取りました。
2頭ともに10日間寝たきりに成り、最後は小さな声で「キャン!」と言って私の腕の中で逝きました。

確かに飼い主は獣医ではありませんので、本当に的確な判断や処置が出来るのかと言われれば、当然ながら無理だと思います。
ですが、14年間も苦楽を共にしてきて、その中で8年間も愛犬と共に病気と闘ってこられた飼い主さんならば、家族にとっても愛犬にとっても最良の判断が出来ると思います。

今までも状況に応じての飼い主さんの判...続きを読む

Qフィラリアの薬とワクチンは同じ日にしてもOKですか?

我が家には愛犬(パピヨン・オス・2歳半)がいるのですが、最近「ワクチン追加接種のお知らせ」というハガキが届きましたので、明日獣医さんのところに行ってこようかと思っています。
ですが、明日はフィラリアの薬を飲ませなきゃいけない日なのですが、ワクチン接種とフィラリアの薬を飲ませる日は一緒にしてもOKなのでしょうか?
フィラリアの薬は6ヶ月間、毎月同じ日に飲ませるようにしてくださいと書いてあるので、毎月同じ日に飲ませるようにしてたのです。
たまたまワクチン接種の日と薬を飲ませる日が同じになってしまい心配になり質問させていただきました。
アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

我が家の犬(トイプー1歳6ヶ月)も先月ワクチンを接種しました。
ちょうどフィラリア薬の時期でしたので、薬ももらってきました。

フィラリア薬はそれほど心配はありませんが、ワクチンの場合はそれだけでも体調異変が起きる可能性があります。
私はワクチン当日と翌日も異常がないことを確認してからフィラリア薬を飲ませました。

フィラリア予防も目安としては毎月同じ日に、となっていますが
あくまでも目安ですので2~3日くらいずれても問題ありません。
私は良くずれます(^^;)

詳しいことは専門家じゃないのでわかりませんが、別の日の方がいいと思いますよ。

Q久しぶりに愛犬とドッグランに行きました そのあと初めて行く場所で散歩させて帰ってきたところ突然愛犬が

久しぶりに愛犬とドッグランに行きました
そのあと初めて行く場所で散歩させて帰ってきたところ突然愛犬が吐き始め
三回嘔吐しました
慣れないところでヨダレを垂らしていましたので私は早く引き上げたかったのですが旦那が大丈夫だよと、そしてそのあと家の近所を散歩させればよかったのですがまた別の場所で散歩して帰りましたので、それもストレスだったんだと思います
来週一泊で旅行に愛犬も連れて行く予定ですがキャンセルしたほうが愛犬にとって良いと思うので旦那に話したところキレられました
私が神経質なんですかね?
こんなんで出かけても犬も可哀想だし
私も不安でしかたないです
キャンセルしたほうが良いですよね?
早くキャンセルしないと間近になってキャンセル料も高くなってしまうので困っています
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギリギリまで様子をみて、それからでも大丈夫だと思います。心配でキャンセル!っていう気持ちはわかりますよ。でも来週ならまだ時間がありますので。ドッグランで暑かったりしませんでしたか?犬は自分で不調を訴えらられないので、飼い主が神経質すぎるぐらいでもいいんですけどね。お大事に。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報