今年3月に会社都合で退職し、現在失業給付をもらっています。両親と3人暮しで、世帯主である父親も先日定年退職しました。母親は専業主婦です。
免除制度の案内によれば、「前年所得が一定以下の場合」免除が受けられるとなっていました。今年3月までは収入があったのですが、このような場合でも免除制度(または一部免除)が適用されるのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

失業による特例で免除申請することができます。


両親と3人暮らしとのことなので、独身と判断して以下コメントしました。
すなわち、特例免除申請とは雇用保険受給資格者票または離職票のコピーをつけて(お父さん分も)申請する。
#2でも特例申請書いていらっしゃいますが、お父さんも定年でやめておられるので、所得を気にする必要はありません。
お父さんの分も同じ書類つけることで、あなたの分と同じように所得審査から除外されます。(ゼロとみなされる)
これで、少なくともお父さん(世帯主)離職以降は全額免除になるはずです。お父さん離職以前もあなたが30歳未満であれば猶予(払わなくてよい)にはなります、30以上であれば1,2か月分だけは支払要となるかもしれませんが(この分は世帯主所得で判断されるため)。

また、今回申請は6月分までです。7月以降は同じように添付書類つけ申請すれば、おそらく全額免除となるはずです。
特例申請は離職の翌年度まで可能なので今回分と来年度分と同じように申請できます。
添付書類を忘れないこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申請の方法まで詳しくありがとうございます。前年所得があるので、完全にダメかと思っていましたが、免除を受けられる可能性が高いということがわかってきました。一度申請してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 12:40

質問者さん本人(申請者本人)は、


国民年金保険料の退職者特例免除を受けられるかもしれません。
http://www.sia.go.jp/infom/pamph/dl/mokuteki4.pdf のとおりです。
http://www.sia.go.jp/seido/gozonji/gozonji02.htm … も)

通常の申請免除とは違って、
通常であれば審査の対象となる「申請者本人の所得」を除外して
審査します。

但し、申請者に配偶者がいる場合はその配偶者の所得、
本人以外が世帯主である場合はその世帯主の所得も審査対象なので、
場合によっては、免除が認められないこともあります。
前年の所得を見ますから、
世帯主であるお父上の平成20年の1年間の所得を調べたほうが良い、
ということになりますよ。
(お父上の平成20年1月~12月の所得 ⇒ 20年分源泉徴収票)

より詳しいことについては、
http://www.sia.go.jp/infom/text/kokunen05.pdf をごらん下さい。
3ページ目以降に承認基準や所得の定義などが記されています。
「天災その他の理由により保険料を納めることが著しく困難なとき」に
相当する、とされて、申請者本人の所得は見ません。
(但し、認められるためには離職票交付済が条件です。)

全額免除、4分の1免除、半額免除、4分の3免除‥‥と、
4パターンが上記PDFに記されていると思いますが、
そのパターン毎の所得要件にあてはまれば、免除は受けられます。
(前述したとおり、世帯主であるお父上の前年の所得を見ます。)
 
所得の定義については、この回答での説明は紙数に限りがあるため、
やはり、上述のPDFをごらん下さい。
一見難解に思えるかもしれませんが、順序立てて読んでゆくと、
よくわかってくると思います。
お父上の源泉徴収票の「給与所得控除後の給与の金額」を
「総所得金額」に置き換えて考えてみて下さいね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。30才以上の独身です。やはり父親の所得次第なのですね。免除されない場合、4月分の支払期日が6月1日なので急いだほうがいいですね。
携帯からの投稿なので、参考ページを見ることができません…。

お礼日時:2009/05/19 12:34

金額不明なのでは、一般論でしか答えられません。


> 免除制度の案内によれば、「前年所得が一定以下の場合」免除が
> 受けられるとなっていました
社会保険庁HPのURLを付けておきますが、多分、お父様の前年の所得の関係で難しいと思います。
http://www.sia.go.jp/seido/gozonji/gozonji02.htm
・全額免除(3人家族)を受けるための世帯所得合計
(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
 =3×35万円+22万円=127万円
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私の収入は月20万ほど(ボーナス無し)でした。父親の収入は正確には知りませんが、月25万ほどだったのではないかと思います(ボーナス有り)。もちろん今は失業給付以外は無収入ですが、前年所得があったのならそこから払えということでしょうか。
せっかく参考URLをつけて頂いたのですが、携帯なので見ることができません…(携帯の社会保険庁のページを見ても、免除のことはわかりませんでした)。

お礼日時:2009/05/19 12:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民健康保険の保険料査定に退職金は反映する?

退職金は勤続年数にしてはかなり少ないので、税金上は、一時金扱いでも無税であるのは分かっています。
が、退職後の国民健康保険加入の際に、この無税扱いである退職金も、保険料の算定基準の計算に入れられるのでしょうか?
国保の算定は前年度の収入と聞きますが、12月末に退職としても、退職金の入金は1月終わり頃です。
そうすると、翌年にまたがって収入がある計算をされ、高い保険料を払う形になるのではと考えます。
退職を早めて11月末、退職金を何とか年度内に貰うようにしないとダメでしょうか?
政府管掌健康保険は継続しますが一年間で止めて、国民健康保険に切り替える算段です。
それとも、政府管掌健康保険を2年続けるのが予算的には無難でしょうか。

Aベストアンサー

任意継続は、今までの会社が負担していた保険料も本人が負担することになり、保険料が約2倍になります。

国保の保険料は市町村により違いますが、一般的には、前年の収入を基に計算され、それに均等割・家族割りが加算されます。
退職金は除外されます。
市の国保の窓口に電話をすると、計算してもらえますから、任意継続と比較して有利なほうを選択しましょう。

国保の保険料は前年の収入で保険料が変わりますから、来年になると保険料が安くなる場合があります。
来年になったら、もう一度、国保の保険料の計算をして貰うと任意継続よりも安くなる場合があります。

ただし、任意継続は、新たに就職して社会保険に加入したとき以外は、2年間は脱退できません。
そこで、国保の方が安くて任意継続を辞めて国保に入りたい場合は、任意継続の保険料を納付期限までに支払うのをストップします。
そうすると、納付期限で任意継続の資格がなくなります。
そこで、国保に加入の手続きをします。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo06.htm

任意継続は、今までの会社が負担していた保険料も本人が負担することになり、保険料が約2倍になります。

国保の保険料は市町村により違いますが、一般的には、前年の収入を基に計算され、それに均等割・家族割りが加算されます。
退職金は除外されます。
市の国保の窓口に電話をすると、計算してもらえますから、任意継続と比較して有利なほうを選択しましょう。

国保の保険料は前年の収入で保険料が変わりますから、来年になると保険料が安くなる場合があります。
来年になったら、もう一度、国保の保...続きを読む

Q国民健康保険の世帯主変更について

お世話になってます、自分でも調べましたが教えてください
私は診療所に勤めてますが、医師が医師会に入っていないので、医師や私を含む職員はみんな国保です
もう3年くらい国保なのですが、世帯主の名前は父親です、収入は明らかに父親の方が上なので構わないのですが、困るのは、保険証も請求書も世帯主である父親宛に行くので、父親が自分の封書だと思い、勝手に持っていってしまうことです
このあいだも請求書を勝手に持っていかれ、国保の支払いが出来ず、催促状も父親宛だったので払えず、2ヶ月くらい経ってから父親が気づいて私に支払い書を持ってきました
これを防ぐ為に、世帯主を変更したいです
世帯主の変更はできるみたいですが、調べたところ変更すると支払う額が変わるとかみました
世帯主が変わると請求金額変わるんですか?自分の年収で支払い額って決まるんですよね
支払いは口座引き落としにでもすればいいんでしょうけど、世帯主が父親だと保険証も父親宛に届くので困ります…毎年父親が勝手に開けて、数日経ってから渡されます
尚、父親は社保なので、国保ではないの分かってるはずなのに、毎年これの繰り返しです…今年も保険証を勝手に開けられました…

お世話になってます、自分でも調べましたが教えてください
私は診療所に勤めてますが、医師が医師会に入っていないので、医師や私を含む職員はみんな国保です
もう3年くらい国保なのですが、世帯主の名前は父親です、収入は明らかに父親の方が上なので構わないのですが、困るのは、保険証も請求書も世帯主である父親宛に行くので、父親が自分の封書だと思い、勝手に持っていってしまうことです
このあいだも請求書を勝手に持っていかれ、国保の支払いが出来ず、催促状も父親宛だったので払えず、2ヶ月くら...続きを読む

Aベストアンサー

>世帯主が変わると請求金額変わるんですか?

変わることもあれば変わらないこともあります。

>自分の年収で支払い額って決まるんですよね

はい、保険料は「国保」に加入している世帯員の所得で算定されます。

ただし、所得による法定軽減が行われる場合は(国保に加入していない)世帯主の所得も考慮されます。これが世帯主が変わることで保険料が変わる原因になります。(市町村が独自に行う減免はその限りではありません。)

『国民健康保険―保険料が安くなる制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/04/_1_29.html

もうお分かりかとは思いますが、mijukaさんの場合は世帯主変更で保険料が高くなることはありません。

なお、住民票上の世帯主変更ではなく、「国保上の世帯主変更」という制度もあります。

(参考)

『Q.世帯変更届(世帯主変更、分離、合併、世帯構成変更)について教えて下さい。』
http://xn--pqqy41ezej.com/?p=1328
『北見市|国保上の世帯主変更について』
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011020200019/

※市町村国保は条例などによる違いもありますので【必ず】お住まいの市町村へご確認ください。

>世帯主が変わると請求金額変わるんですか?

変わることもあれば変わらないこともあります。

>自分の年収で支払い額って決まるんですよね

はい、保険料は「国保」に加入している世帯員の所得で算定されます。

ただし、所得による法定軽減が行われる場合は(国保に加入していない)世帯主の所得も考慮されます。これが世帯主が変わることで保険料が変わる原因になります。(市町村が独自に行う減免はその限りではありません。)

『国民健康保険―保険料が安くなる制度』
http://kokuho.k-solution.info/2006/...続きを読む

Q国民健康保険の減免できる人とできない人の違い

今年から独立して国民健康保険になりました。(大阪市旭区在住です)

昨年の収入は税込280万円ぐらいでした。(一昨年もそれ以前もずっと同じぐらいでした)

そして、国民健康保険が28260円、住民税12500円(いずれも一か月分)の請求が来ました。

この収入でこの金額は少しきついです。

区役所に減免してほしいと相談に行ったのですが、「無職でない限り減免はできません」の一点張りで
話になりません。

少し前に同じように独立した知人2人(大阪市城東区と大阪市都島区在住)は減免してもらえたそうです。(知人も同じぐらいの収入でした)

国民健康保険は金額は教えてくれないのですが、びっくりするぐらい安くなった(1万円未満ではあると思います)と言っていました、住民税の請求も来ないそうです。

納得いかないのですが、何故こんなに差があるのでしょうか?

恥ずかしながら私は親と同居です。(親が世帯主)

知人は2人ともマンションを購入していて自分が世帯主でローンを支払っているそうです。

これが理由じゃないかと言うのですが、そうなんでしょうか?

住宅ローンを支払っていると減免してもらえるのですか?

区によって違いはないですよね?

今年から独立して国民健康保険になりました。(大阪市旭区在住です)

昨年の収入は税込280万円ぐらいでした。(一昨年もそれ以前もずっと同じぐらいでした)

そして、国民健康保険が28260円、住民税12500円(いずれも一か月分)の請求が来ました。

この収入でこの金額は少しきついです。

区役所に減免してほしいと相談に行ったのですが、「無職でない限り減免はできません」の一点張りで
話になりません。

少し前に同じように独立した知人2人(大阪市城東区と大阪市都島区在住)は...続きを読む

Aベストアンサー

国保の軽減・減免は法律に基づくものと、自治体独自の条例などに基づくものの2種類あります。
法律に基づく軽減(7割・5割・2割)は世帯主と国保加入者の全員の「合計所得」により判定されます。
この所得は、ローンがあるなしは関係ありません。
自治体独自の減免制度は、自治体によりそれぞれ内容が異なりますが、大阪なら区が違っても同じはずです。
大阪では、リストラだけでなく自己都合退職により職を失った場合でも、今年の所得が前年比10分の7以下になる見込みの場合は前年の所得に応じた減免があるようですね。
なので、無職でなければ減免できないという役所の回答は間違っていると思われます。

参考
http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000008171.html

住民税は、生命保険料控除やローン控除があるなしで、その額は違ってきます。
それらの控除があるほうが税額が安くなります。
また、住民税にも自治体独自の減免制度があります。
大阪では、自己都合退職でない場合には減免があるようですね。
なので、貴方の場合該当しませんね。

>納得いかないのですが、何故こんなに差があるのでしょうか?
前に書いたとおりです。
国保は、世帯全員の合計所得が違うんでしょう。
また、減免があるなしもあるでしょう。
住民税は控除の額の違いでしょう。
なお、今年1月退職なら年末調整されていますので、確定申告の必要ありませんしする意味もありません。

>これが理由じゃないかと言うのですが、そうなんでしょうか?
前に書いたとおりです。
国保は関係ありません。
住民税は関係ないとは言えません。

>住宅ローンを支払っていると減免してもらえるのですか?
いいえ。
減免には関係ありません。
本来、ローン控除は所得税しかありません。
ただ、所得税からローン控除分を引き切れない場合(所得税のほうが控除額より少ない場合)、減免ではなく引き切れない分を住民税から控除されるので、その分住民税が安くなることはあります。

国保の軽減・減免は法律に基づくものと、自治体独自の条例などに基づくものの2種類あります。
法律に基づく軽減(7割・5割・2割)は世帯主と国保加入者の全員の「合計所得」により判定されます。
この所得は、ローンがあるなしは関係ありません。
自治体独自の減免制度は、自治体によりそれぞれ内容が異なりますが、大阪なら区が違っても同じはずです。
大阪では、リストラだけでなく自己都合退職により職を失った場合でも、今年の所得が前年比10分の7以下になる見込みの場合は前年の所得に応じた減免があるよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報