お世話になります。

下記の手作りDACをお譲りいただいきました。普通のCDPを同軸で繋げ、それは素晴らしい音に感激しました。ですが・・・このDACは同軸入力端子が2つあります。この端子どちらに繋げても、ユニバーサルプレーヤー(パイオニア)やCDレコーダー(マランツ)からのデジタル信号を受付けないのです。音が出ず、ブチッブチッとノイズが出るのみです。
片方の入力端子に前述のCDPを繋げ音を出している状態で、もうひとつの端子に音の出ない機器を繋げるとCDPの音も出なくなります。

製作者の方に相談しましたところ、「現代的な機械は不案内だが、察するところサンプリング周波数が対応していないのでないか」とのお答えでした。CDは素晴らしい音で再生できているので返品する気はないのですが、DVD(ユニバーサルプレーヤー)の音もこのDACを通して再生できたら良いのに、と残念です。DVDの再生は設定でダウンサンプリングを選んでいますし、そもそもこのプレーヤーでのCD再生音も駄目なんです。原因が思い当たる方がいらしたら、是非教えてください。

以下DACの説明です。
「無線と実験1993年2月に掲載されたDAコンバータの記事を参考に完成させたものです。ムジークフェストを主宰されております徳久氏の設計された基板を配布頂き、DAコンバータ基板内蔵バッファーから後に金田式DCアンプのバッファー回路を追加しました。

物量投入した結果、部品代は20万近くかかっており、その結果鮮烈さは現在でも十分通用します。

・DAコンバータ部
DAコンバータIC(PCM-63P)
デジタル回路のコンデンサーはOSコンデンサ、ASC
アナログ回路のコンデンサーはOSコンデンサ、サイデリアル、双信ディップマイカ
COAXIAL2系統入力
OPTICAL1系統入力(基板直に接続)
PCM63Pですが、徳久氏のもとで出力振幅揃っているものを選別して頂いたものです。
・バッファー回路部
時空を超えた音楽再現オーディオDCアンプシステム上巻131ページのフラットアンプ部を参照
金田式の部分は進工業の代わりにデールのCMF、スケルトンの代わりにデールのRS-5を使用
金田式コンデンサーは双信V2Aの代わりにサイデリアル
パターンに7本より線
レギュレータはオリジナル通りに製作

・電源部
Rコアトランス2基
電解コンデンサ日立HCGA(デジタル部)、ニッケミKHM(アナログ部)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

CDオーディオはステレオ、16bit、44.1khzの規格しかありません。


それ以外でCDオーディオを作ることは出来ないはずですし出来たとしても通常のプレーヤーでは再生できません。

もしかしたら受け付けるサンプリングレートが自動判別の場合、ユニバーサルプレーヤーやCDレコーダーのクロック(サンプリングレート)を的確に捉えられていないのかも知れません。
強制固定出来れば解消される可能性はあります。

また、この現象が同軸のみで光で問題ないならこの部分の線材や端子のグレード、配線、半田付けなどを見直してみると解消されるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答を、ありがとうございます。本当に助かります。

「クロック(サンプリングレート)を的確に捉えられていないのかも知れません。」ああ、私が漠然と考えていた事をきちんとした文章にしてくださいました。強制固定は出来るのか、製作者の方に訊いてみようと思います。あまりご迷惑はかけられないのですが。

光は基盤に直に接続とあり、よく判らないので試していません。このあたりも頑張って試してみるべきですね。色々なヒントをくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 10:02

サンプリングレートが合わないだけと言うのならサンプリングレートコンバーターを使うと言う手もあります。


業務用ですが普通に売っていますので個人でも買えます。
http://www.behringer.com/EN/Products/SRC2496.aspx
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

そんな商品があるのですね。残念ながら、今は経済的な余裕がないんです。でも、憶えておきます。

それにしても、CDレコーダーでCDを再生しても駄目なのは何故でしょう?レコーダーは普通のCDPと微妙に周波数が違うのでしょうか・・

お礼日時:2009/05/20 09:04

DACの前段部の部品と回路構成によります。

多分、44.1kHzのみに対応する回路構成なのではないかと思います。DVDのダウンサンプリングの出力は44.1kHzでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

はい、「各系統の音声周波数を48/44.1kHzにダウンサンプリングにして出力します」と説明書に書いてあります。48/の部分がくせものでしょうか?でも、質問文でご説明しましたように、CDレコーダーでCDを再生しても駄目なんですよ・・・それが理解出来ません・・・

お礼日時:2009/05/20 09:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温度計・湿度計を持ち歩いてますが、変ですか?

私、常に携帯用の温度計・湿度計を持ち歩いてますが、変ですか?
よく人から変だねって言われます。

Aベストアンサー

No.2さんとやや似た回答になりますが…。

持ち歩いていること自体は変ではありませんが、
持ち歩いている理由次第では変かもしれません。
(理由が書いてないので判断出来ないということです)

Q安価CDPの光出力からD/Aコンバーターで高級機種のサウンドは可能?

所有CDPはマランツSA7001なんですが、
DCD-1650SE(若しくはAE)の購入を検討しています。
そこでふと思ったのですが、
SA7001の光出力からDACを通して、
デノンCDPの分厚いサウンドは実現できないでしょうか???
実売5万ほどのDACでムリでしょうか???

(※私はオーディオ道はビギナークラスですので、
全くの見当違いのことを言っているのならばご容赦ください。)

Aベストアンサー

>> もうすこし「厚み・迫力」が欲しい //

No.4での回答内容と重なりますが、SA7001の音は、あくまでSA7001の音なので、そこに「何かを足す」というのは非常に難しい話です。

特に、DACを追加する場合、もはやSA7001の音とは無関係になります。したがって、「SA7001+αの音が出るDAC」を探さなければなりません。現実問題としても、7万円で買える単体DACというのは、数が限られています。もともと選択肢が少ない中から、そのような微妙なニュアンスの音が出るDACを探すというのは、ちょっと現実的ではありません。

個人レベルでDACを自作し、完成品としてオークションなどに出品している人もいますが、メーカー製品と争う趣旨で作成されている訳ではないでしょうから、「音の違いを楽しむ」以上に、「SA7001+αの音」を求めて購入するものではないと思います。

SA7001に比べれば、同じmarantzでも上位機種の方が音に厚みがあるといって良いかと思うので、安直に行くならmarantzの上位機種(SA-15S2あたり)を視聴してみるのがベターでしょう。

ケーブルで音をいじるというのは、あまりお薦めしたくありませんが、安価に行くならその方がやりやすいでしょう。あまり見かけませんが、Planet Wavesというメーカーのマイクケーブルは、まあまあ聴けた方だと思います(途中でちょん切ってRCA端子への加工が必要)。関西通信電線のMVVSも、まあまあ使える音でしょう(これは切り売り)。もうちょっと高くて良いなら、Tributaries辺りでしょうか。

>> もうすこし「厚み・迫力」が欲しい //

No.4での回答内容と重なりますが、SA7001の音は、あくまでSA7001の音なので、そこに「何かを足す」というのは非常に難しい話です。

特に、DACを追加する場合、もはやSA7001の音とは無関係になります。したがって、「SA7001+αの音が出るDAC」を探さなければなりません。現実問題としても、7万円で買える単体DACというのは、数が限られています。もともと選択肢が少ない中から、そのような微妙なニュアンスの音が出るDACを探すというのは、ちょっと現実的ではありま...続きを読む

Q携帯できる湿度計&温度計はありますか?

出来ればデジタルではなくアナログがいいんですが。。。
ネットで探しても電気屋さんに行ってもなかなか携帯用がありません。
なにか良いものがあったら教えてください!
小さいならデジタルでもOKです!
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
http://www.sanwakeiki.com/interior/standard03.htm#hd120
一番下の物はポーチ付です

デジタル
http://www.rakuten.co.jp/ondokei/205921/206085/396007/
http://www.leccompany.co.jp/hd8501h.htm

 

QCDP?DAC?

CDP?DAC?

いつもお世話になっております。
最近ピュアオーディオデビューをし、日々楽しんでおります。

先日、行きつけのショップでCDプレーヤーの買い替えを検討していると相談したところ、
DACなるものを薦められました。
早速調べましたが、結局どうなの?という疑問が残ります。

こんな疑問です。
・高価なCDP(DCD-1650SE等)を買って従来のCD、SACDを聞く。
・同価格程度のDACを買い、PCを起点にアンプを介して聞く。
この両者は根本的にどちらが良音質となるのか・・・。
(PC保存の曲は圧縮形式AAC192kbps)

この時点で私の考え方が根本的におかしい場合はご指摘下さい。

リモコンが付いていない私のアンプPMA2000の場合、嫁に怒られて音量を下げることがしばしば。
でも、音質に大差が無いのならばノートPC→DAC→アンプと繋ぎ、PCで曲変更、音量変更が可能です。
これは便利!となります。

圧縮した曲の場合、圧縮だけあって元に比べて音域が狭いのは理解できます。
しかし、AAC192kbps、または可逆圧縮の場合、実際の音質との差を感じる事ができるのでしょうか。

比べたいのですが、比べるにはDACが必要でして・・・。

CDPの方が明らかに良い・・・DCD1650SE購入
そんなに変わらない・・・・・利便性でDACに軍配
としようかと考えております。

宜しくお願い致します。

CDP?DAC?

いつもお世話になっております。
最近ピュアオーディオデビューをし、日々楽しんでおります。

先日、行きつけのショップでCDプレーヤーの買い替えを検討していると相談したところ、
DACなるものを薦められました。
早速調べましたが、結局どうなの?という疑問が残ります。

こんな疑問です。
・高価なCDP(DCD-1650SE等)を買って従来のCD、SACDを聞く。
・同価格程度のDACを買い、PCを起点にアンプを介して聞く。
この両者は根本的にどちらが良音質となるのか・・・。
(PC保存の曲は圧縮形式AA...続きを読む

Aベストアンサー

何やら泥沼に引き込んだ気がしないでもありませんが...別件の質問の方に書こうか迷いましたが、流れもあるのでこちらに書きましょう。

まず、一言にアップサンプリングといっても、それには様々なアルゴリズムがあり得るので、必ずしも同じ結果にはならない可能性があります。極端な話、同じサンプリング周波数同士で変換しても、違う音になる場合があります。

したがって、あるソフトでアップサンプリングした結果と、別のソフトでした結果は違う可能性があり、もちろん、DACに内蔵されたSRC(サンプリングレートコンバータ)によっても違う可能性があります。加えて、アップサンプリングは、理論上も聴感上もメリットばかりではありません。「やらないほうが良かった」というケースもあり得ます。

本当は、リアルタイムで高品位のリサンプリングができるソフトを使い、曲によって設定を変えてみる、というのがベストでしょう。もちろん、PCのオーディオI/Fがそのサンプリングレートに対応していて、DACも同じく対応していて、かつ、DAC側でSRCを通らないことが前提になります。

さて、そこで問題なのは、ATOLL DAC100です。

このDACのUSB入力は、PCM2706というUSBオーディオコントローラを使用していて、16bit/48kHzまでの信号にしか対応していません。24bit/96kHz・24bit/176.4kHzなどの信号を入力することは、そもそも不可能なのです。本来なら、音が出ないか、異常な音しか出ません。

それにも関わらずちゃんと音が出ているということは、おそらく、Windowsが「これはマズい」と思って変換してくれているからでしょう。私も技術的な部分の理解が不正確ですが、WindowsのKernel Mixerは、USBオーディオデバイス(ここではPCM2706のこと)が対応しているビット数・サンプリングレートを判断して、それに変換した上で送り出す、ということをします。

つまり、現状では、16bit/44.1kHz --(reSampling)--> 24bit/96kHz --(Kernel Mixer):(reSampling)--> 16bit/48kHz --> DAC100、となっている可能性が高いでしょう。この2回の変換の過程それぞれで音質が変化するので、今までと違って聞こえているものと思われます。

極端なことを言うと、DAC100を使う場合、アップサンプリングをしても、理論上は何のメリットもない、ということになります。もちろん、最終的には耳で聞いて判断するものなので、聴感上、そちらの方が望ましいと感じるのであれば、それはそれで全く構いません。

理論上、ソフト側でアップサンプリングしてメリットがあり得るのは、「24bit/88.2kHz以上に対応したUSB入力」がある場合です。DACの性能のうちでも特に「USB入力の性能」に着目して下さい。

他方、DAC側にSRCがついていて、USB入力でも何でもリサンプリングするものであれば、ソフト上で何かしてやる必要はありません。今まで通り再生すれば足ります。Kernel Mixerを通さない方が良いケースが多いでしょうから、Windows Vista SP2以降であれば、WASAPIで出力すれば良いと思います(といいつつ、当方はMacユーザなので、具体的な設定方法まではフォローしかねますが...)。

ちなみに、Cambridge Audio DAC MAGICは、おそらくUSB入力に対してもアップサンプリングして24bit/192kHzで処理するものと思われます(マニュアルを斜め読みしてもUSB入力に対してもアップサンプリングされると明記された部分が見当たらないので、「おそらく」)。Musical Fidelity M1 DACは、マニュアルにUSB入力も24bit/192kHzにアップサンプリングされると書かれています(いずれもメーカーのサイトでマニュアルが入手可能)。

なお、DAC MAGICのUSBオーディオコントローラはC-Media、M1 DACはPCM2706のようですが、C-Mediaのコントローラはあまり評判が良くないので、それが「DAC MAGICのUSB入力は今イチ」という評価の原因かも知れません。もっとも、それだけが音質を決める要素ではないので、あまり気にしなくても良いとは思いますが(個人的にはMusical FidelityよりCambridge Audioの方が好みです)。

コントローラが技術的に優れているのはRATOC RAL-2496UT1/HA1でしょうが、PC上でアップサンプリングする必要があります。

何やら泥沼に引き込んだ気がしないでもありませんが...別件の質問の方に書こうか迷いましたが、流れもあるのでこちらに書きましょう。

まず、一言にアップサンプリングといっても、それには様々なアルゴリズムがあり得るので、必ずしも同じ結果にはならない可能性があります。極端な話、同じサンプリング周波数同士で変換しても、違う音になる場合があります。

したがって、あるソフトでアップサンプリングした結果と、別のソフトでした結果は違う可能性があり、もちろん、DACに内蔵されたSRC(サンプリングレー...続きを読む

Qデジタル温度計は狂わない?

5000円くらいする温度計と湿度計が合体したものを買ったんですが、なんとなく狂ってる気がします。
いったん落としたりすると、それだけで針が狂ってもどせなくなりますよね。

液晶画面のデジタル表示の温度計だと針がないので狂うことはないですよね?またデジタルはどういう仕組みになっているんですか?アナログとデジタルの計測の違いを教えてください。

Aベストアンサー

>液晶画面のデジタル表示の温度計だと針がないので狂うことはないですよね?

狂うことはありますよ。
内部の部品が壊れてしまえば、当然表示はできません。


ちなみに温度計の種類は3種類あります。
デジタル温度計(電気式)、アナログ温度計(金属式)、液体温度計です。

それぞれは全く別のものです。

デジタル温度計は大雑把にいうと
外気温の変化によって特性の変わる部品と、
変化した特性を計測し演算する回路部品、
そして結果を表示する液晶があります。

アナログ温度計は
外気温の変化によって変形する金属と、
金属の変形をメモリとハリで温度変化として表す表示部分があります。

液体温度計は
ガラス体の中に水銀やアルコール(液体)を閉じ込め、
外気温の変化によって体積の上下する液体の変化をメモリで
直接読み取ります。

それぞれ別なものですが、落としたらみんな壊れてしまいますよ。

QDAC [CEC DA53N]のサウンドを実際聴いてみた方おられますか

DAC [CEC DA53N]のサウンドを実際聴いてみた方おられますか???

スピーカー:エラックELAC BS203A KEF iQ30
アンプ:DENON PMA-2000AE marantz PM8001

上記の各モデルにCDプレーヤーmarantz SA7001一台を
オーテク製の二股ケーブルでつないで色々組み替えて楽しんでいます。

SA7001はポップスやJAZZは結構好みのサウンドを出してくれて
気に入っているのですが、
クラシックを聴くと途端にサウンドが「雑」というか
これは私の全くの主観ですが「濁って」いて
ヴァイオリンの音色に艶(つや)が感じられず
金管が、極端に言えばキンキンして、自然な「倍音」が
気持ちよく鳴ってくれてないように思えます。
(一言で言ってクラシックを聴いて満足感が感じられず楽しくありません。)

CDPの変更を考えているのですが、
DACの追加も選択肢の一つにどうかな?と思っています。
DAC製品の知識が全くないのですが、「DAC」で検索したところ
[CEC DA53N]という製品名が多くヒットします。
実売6、7万円ほどで、評判が良いそうですが、
一体どのような音質なんでしょうか?
実際聴いてみた方おられますか?
クラシックのジャンルにはいかがでしょうか?

DAC [CEC DA53N]のサウンドを実際聴いてみた方おられますか???

スピーカー:エラックELAC BS203A KEF iQ30
アンプ:DENON PMA-2000AE marantz PM8001

上記の各モデルにCDプレーヤーmarantz SA7001一台を
オーテク製の二股ケーブルでつないで色々組み替えて楽しんでいます。

SA7001はポップスやJAZZは結構好みのサウンドを出してくれて
気に入っているのですが、
クラシックを聴くと途端にサウンドが「雑」というか
これは私の全くの主観ですが「濁って」いて
ヴァイオリンの音色に艶(つや)が感じられず
金...続きを読む

Aベストアンサー

No.1の回答者です。まず、世評に乗せられて買い替えて来た訳ではないということで、その点については想像でものをいって済みません。

ただ、これは個人的な持論ですが、私の中では「ガラッと雰囲気の違うものを買ってみよう」という選択肢はありません。私にとって、オーディオは、ストライクゾーンが狭いのです(服装や時計は「違いを楽しむ」という感じなので、楽しみ方にもいろいろあるのは知っていますが)。なので、そういう面では相容れない部分があるかも知れない、ということは留保させてください。

>> DCD3500のころは重心が低い・解像度がそこそこながらもスムーズに出ていたのですが //

正直、SA7001と比べるのは、もともと分が悪すぎるでしょう。20年前と今とでは物価も違いますし、当時はバブルでオーディオ機器に対する物量投入も半端ではありませんでした。DCD-3500と比べたら、6万円のDENONのCDプレーヤーでも、やはりガサついたりくぐもったりして聞こえることでしょう。

>> 金管が金属をこすり合わせた~コントラバスなどもゴリゴリが濁ったように //

音の感じ方や、その表現は人それぞれなので、私の認識とあなたの認識がちゃんと一致している保証はありません。

それを前提に敢えていうなら、ELACのツイーターはややきらびやかな雰囲気になりがち、低音は「小口径で頑張ってます」風の嘘くささが付いて回るように思います(が、値段やサイズを考えれば割と好きな方です)。DENONのアンプも、質感の良さよりは低音の押しでゴリゴリ聞かせるように思います。audio-technicaの製品は、ケーブルにせよヘッドフォンにせよマイクにせよ、金属的な響きが付いてやや平面的な音になる傾向があるように思います。

そういう訳で、ぶっちゃけて言ってしまえば、現在お使いの構成だとちょっと雑さが目立つ音になるだろうな...というのが第一印象です(バイアスのかかった偏見ともいえる)。これは、クラシックだとかジャズだとかに関係なく、です。したがって、CDプレーヤー(DAC)を変えたところで根本的な解決にはならないのではないか、という印象を拭えません。marantzも表面的な音だと思うので(これも偏見)、そういう意味では多少なりとも変化することを期待できそうに思うのですが。

さて、私の個人的な好き嫌いの話はこのくらいにして...まず、SA7001が犯人だとしても、直ちに「DA53Nなら良い」とはなりません。「DCD-3500と比べてSA7001がダメ」ということしか分かっていないからです。したがって、

(1)SA7001より高い(DCD-3500と同クラスの)marantzのCDプレーヤーならどうか、
(2)SA7001と同クラスのDENONのCDプレーヤーならどうか、
(3)それらと比べてDA53Nはどうか、

を確かめなければなりません。もし(1)で不満が解決したなら、「やっぱり高いものは良いね」ということになります。(2)なら、あなたにはmarantzよりDENONが合うということになります。(3)まで行けば、そこで初めて「DA53Nにして良かった」と言えます。

現段階で想像がつくのは、(1)か(2)までです。(3)については、あなたのCECの音に対する評価が分からないこと、あなたの音に対する注文が細かくストライクゾーンが必ずしも広いとは思えないこと、などから、なかなか安易に「買ってみれば良いんじゃない?」とは言えません。

ただ、ELACのスピーカーは、セッティングにはかなり敏感な方だと思います。たぶん、BS203Aなら、5cmの違いで音のバランスが変わる程度までは追い込めるでしょう。逆にいえば、そのくらいまで詰めれば音の濁りも解消できる可能性があり、それこそが問題の根っこかも知れません(自作スピーカーも含めた経験上、リボン系・プリーツ系のツイーターは、スイートスポットを外れると悲惨な音になる場合が多いように思います)。スピーカーのセッティングばかりは、実際にその部屋に入ってみないと分からないところがあるので、なかなかアドバイスし辛くはありますが...

とりとめもなく書きましたが、結論的には、

(1)できることならスピーカーのセッティングを見直すことも視野に入れる。
(2)とりあえず、audio-technicaのケーブルは変えてみても良さそう。
(3)DA53Nは、試聴なしで突撃するのは分の悪い賭けになりそう。
(4)試聴せずに買うなら、DA53NよりはDENONのCDプレーヤーの方が無難かも。
(5)目標がDCD-3500の音なら、予算は多めに見た方が良い。

という感じです。

No.1の回答者です。まず、世評に乗せられて買い替えて来た訳ではないということで、その点については想像でものをいって済みません。

ただ、これは個人的な持論ですが、私の中では「ガラッと雰囲気の違うものを買ってみよう」という選択肢はありません。私にとって、オーディオは、ストライクゾーンが狭いのです(服装や時計は「違いを楽しむ」という感じなので、楽しみ方にもいろいろあるのは知っていますが)。なので、そういう面では相容れない部分があるかも知れない、ということは留保させてください。

>> ...続きを読む

Qはなれた場所の測定ができるデジタル温・湿度計

質問を見ていただいてありがとうございます。

 部屋で文鳥を飼っています。ケージの中の温度と湿度に気を配るために、今は普通の目盛り式の温・湿度計をケージに取り付けています。しかし、これでは夜にケージにカバーを掛けたあとは温度・湿度をチェックできません。そこで、コードのようなセンサーをケージ内に設置し、表示は外からもチェックできるような温・湿度計があれば、と思い探しています。
 二か所の温度をチェックするための外部センサー付き温・湿度計はたくさんあるのですが、肝心の外部用センサーで測定できるのは温度のみで、湿度は本体センサーでしか測定できない物ばかりです。

 コード様センサーで離れた場所の温度と湿度の両方を測定できる温・湿度計をどなたかご存じないでしょうか。できればデジタルで、最高最低の温度と湿度を記録してくれる物を希望しています。よろしくお願い致します。

※同じように、ペットの温度や湿度に配慮している方が多いと思いますので、家電などのカテゴリーでなくこちらに投稿させて頂いています。

Aベストアンサー

株式会社シロ産業の製品ならば希望の製品があると思います。
ただし、プローブを上手く場所を選んでケージに取り付けないと、文鳥がバラバラにしてしまうかもしれませんね。
一度、株式会社シロ産業へ必要としている温湿度計の仕様を書いてメールしてみる事をオススメします。

M511R-847M
http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/M511R-847M.html
M2-5662HT(ワイヤレス温湿度計)+M2-5662-02増設センサ(ワイヤレス温湿度計用センサー温湿度)
http://metric.jp/15.html
株式会社シロ産業
http://www.webshiro.com/index.html

秋月電子通商に湿度計のキットがあります。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%22K-00078%22&s=score&p=1&r=1&page=
安価な温度計モジュールと組み合わせても良いかもしれません。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%22M-01063%22&s=score&p=1&r=1&page=

株式会社シロ産業の製品ならば希望の製品があると思います。
ただし、プローブを上手く場所を選んでケージに取り付けないと、文鳥がバラバラにしてしまうかもしれませんね。
一度、株式会社シロ産業へ必要としている温湿度計の仕様を書いてメールしてみる事をオススメします。

M511R-847M
http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/M511R-847M.html
M2-5662HT(ワイヤレス温湿度計)+M2-5662-02増設センサ(ワイヤレス温湿度計用センサー温湿度)
http://metric.jp/15.html
株式会社シロ産業
http://www...続きを読む

QDAコンバータ・トランスポート 2つ質問

(1)多くのプレイヤーではデジタル出力はあるものの、入力はあまりないようです。
トランスポートの故障が多いので、故障した場合DAコンバータとして利用しようにも、デジタル入力がないので、お払い箱になってしまいます。
上述より、出力より入力を持たせたほうが、良いと思うのですが、なぜ、メーカーはデジタル入力を省くのでしょうか。
(2)CDプレイヤーの音はDAコンバータとトランスポートではどう影響するのでしょうか?
市場では、DAコンバータの単体販売があるので、カートリッジの様に違いを楽しんでみようかとおもっています。
トランスポートの影響が大きいなら、DAコンバータを変えてもあまり意味がないのではと迷っています。
ちなみに、ティアックのDV50sにDAコンバータを追加してみたいと考えています。
WADIA27等の1990年代のDAコンバータなど、往年の高額機の中古に興味があるのですが、技術の進歩を考えれば、最近の中堅クラス(ESOTERIC D-05など)のほうが、良いでしょうか。
ご意見いただければ幸いです。

Aベストアンサー

(1)
実際のところは分かりませんが、可能性としては、

(a)
出力を付けること自体は簡単な一方、入力を付けるとコストがかさむから、ということが考えられます。極端なことを言うと出力は読取部から分岐するだけで付けられますが(実際にはもう少し複雑です)、入力を付けようと思うと、読取部と外部入力との切換え回路を組む必要があり、サンプリングレートコンバータが必要になり、内部クロックと外部入力との切換えも考慮する必要があり、といろいろ手間がかかります。

(b)
かつてMDが多用されていた頃は、MDレコーダーに繋いでデジタルコピーする用途があったので、出力は広く一般に利用される可能性があったと言えます(CDレコーダーでも同様)。対して、「DACの音の違いが~」みたいなマニアックなことを言う人は、多くはありません。「商売」として考えると、一部のマニアに受けるよりは、少しでも安くして数で勝負した方が良いでしょう。

(2)
CDには「エラーがあったときに読取りをやり直して訂正」という仕組みがありません。極端に言えば「ピックアップが感知したデータを逐次垂れ流し」しています。このため、「その読取りの瞬間に正確に読み取っているかどうか」と共に、「均等に正確なタイミングで読み取っているかどうか」が重要と言えます。その意味で、読取部の性能が「重要ではない」とは言えないでしょう。

一方で、D/A変換の方式であったり、その後のアナログ回路での音質の変化もあるので、読取部が全てという訳でもありません。DV50sの読取部はそのままに、DAC(とそれ以降のアナログ回路)を変えれば、「DV50sではない音」になるのは間違いありません。アナログ回路ので音の変化は、「アンプを変えると音が変わる」のと同じです。それに期待するのであれば、DACを追加するのもアリでしょう。

D/A変換の質は、(理論的には)近年のものの方が優れていると言って良いでしょう。ICの高密度化によって処理能力が高まり、より高度な処理が行えるようになっています。もっとも、いわゆるNOS(Non-OverSampling)DAC(現在のほとんどのDACは、オーバーサンプリングという方法で歪を低減している)の方が音が良いという人もいます。また、レコードとCD、真空管と半導体どちらが良いかといった論争に代表されるように、どんな音を「良い音」と感じるかは人それぞれです。新しいから、あるいは古いから良いといった決めつけは無意味であり、有害でさえあるでしょう。

いずれにせよ、単に「音の違いを楽しみたい」のであれば、結果的にどのような音が出てきても話のネタにはなる訳で、あまり気にする必要はないように思います。

(1)
実際のところは分かりませんが、可能性としては、

(a)
出力を付けること自体は簡単な一方、入力を付けるとコストがかさむから、ということが考えられます。極端なことを言うと出力は読取部から分岐するだけで付けられますが(実際にはもう少し複雑です)、入力を付けようと思うと、読取部と外部入力との切換え回路を組む必要があり、サンプリングレートコンバータが必要になり、内部クロックと外部入力との切換えも考慮する必要があり、といろいろ手間がかかります。

(b)
かつてMDが多用されていた頃は、MD...続きを読む

Q部屋のデジタル湿度計が99%を示しました。変ですよね。

部屋を閉め切って勤めに出るのですが、ペットを留守番させているので、部屋の壁にがびょうでデジタルの最高最低温室時計を掛けています。5月にホームセンターで買って、値段は5000円ちょっとしました。
今日、帰宅して湿度を確認したら、最低74%、最高99%、現在75%でした。99%って変ですよね。
今日は大変蒸しましたが、雨も降っていないし、水がかかった形跡もないし、結露はおこらない部屋です。洗濯物や植木鉢などの湿気のモトは、置いていません。
すぐ近くに、アナログの温湿度計を置いています。
これまでも、デジタル計が示す湿度とアナログ計が示す湿度が70%と55%のように、全然違うことがあり、どちらを信じればいいのやら、でした。温度はぴったり合うので性格なようです。
専門家の方から見て、このデジタル湿度計は使い物にならないと判断されますか?それとも、「こういうときに狂う」などの条件があって、うまい使い方などがあるのでしょうか。
教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

設置場所や設置の仕方でかなり変わると思います。
最低が74%ということは元々湿度は高めです。
例えば北側の壁に湿度計を設置して空気の動きもあまり無いとすると、その辺りだけ温度が低くなるので湿度は高めに表示されます。(部屋の水蒸気量は同じで飽和温度が違えば相対湿度は変わります)
近くにアナログ湿度計があるといっても、形状が違えば多少条件も違います。
同じ条件で比べるにはできるだけ壁等の影響を受けないように部屋の真ん中あたりにそれぞれの湿度計を吊るして比べてみればいいと思います。
また、その時に多少空気が動くように遠くの方から風を送ってやるとより比較しやすいと思います。

QDACとDAC内蔵アンプについて

最近、オーディオにはまりだしたのですが、
DACとDAC内蔵アンプの差がいまいちわかりません。

初歩的な質問で申し訳ないですが、何が違うのか教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

DAC は Digital Analog Converter の略称……CD (Compact Disk) などの Digital Audio 機器用 Media に記録されている Digital 音楽 Code (数値) を連続波形の電気信号である Analog 信号に変換するものですが、変換された Analog 信号は Earphone/Headphone 或いは Speaker 等を駆動できるほどの電力をもっていませんので Amp' (Amplifier) 回路に送られます。

Amp' は Amplifier (増幅器) の略称……小電力信号を大電力信号に増幅します。

Amp' には電圧を増幅するものと電流を増幅するものがあり、電圧と電流を増幅して初めて電力 (電圧×電流) 増幅になります。

真空管や Transistor を用いていた頃の Amp' は電圧増幅 Amp' と電流増幅 Amp' の回路が分かれていて、各々の製品を Pre-Amp'、Power Amp' と呼んでいたのですが、現在は電圧増幅も電流増幅も IC (Integrated Circuit:集積回路) Chip で行えるようになっていますので、IC Chip を用いて両方の機能を持つ Amp' を内蔵させることにより一般に Earphone/Headphone や Speaker を駆動できる機能を持つ機器を Amp' と呼んでいます。……Pre-Amp' や Power Amp 単体の製品は非常に少なくなりました。

単純に DAC と言えば Amp' 機能を持たない Digital Analog Converter の事を指すのですが、DAC の IC Chip は最大出力電圧が 2V (volt) ほどあって、出力 Impedance (交流抵抗) を下げる IC Chip や Transformer (変圧器) を加えるだけで Earphone/Headphone を駆動できるようになりますので、Amp' と称さない DAC 機でも Earphone/Headphone を駆動できるものもあります。……しかし、Speaker を駆動できるほどの出力を持たないものでも、Earphone/Headphone を駆動させるための IC Chip を搭載している機器では DAC 内蔵 Headphone Amp' と称しますので Amp' という文字が入っているから Speaker を駆動できるとは限りません。

Amp' はあくまでも増幅器であり、何を駆動するための増幅器なのかによって Amp' の文字の前に Headphone などの目的とする出力機器の名前が付いています。……しかし Speaker Amp' という言い方はしませんので、Amp' の前に目的とする機器の種類名が付いていなければ、大抵の Audio 機器の場合、Speaker 駆動用端子が付いているものと判断して大丈夫です。

素敵な Audio Life を(^_^)/

DAC は Digital Analog Converter の略称……CD (Compact Disk) などの Digital Audio 機器用 Media に記録されている Digital 音楽 Code (数値) を連続波形の電気信号である Analog 信号に変換するものですが、変換された Analog 信号は Earphone/Headphone 或いは Speaker 等を駆動できるほどの電力をもっていませんので Amp' (Amplifier) 回路に送られます。

Amp' は Amplifier (増幅器) の略称……小電力信号を大電力信号に増幅します。

Amp' には電圧を増幅するものと電流を増幅するものがあり、電圧と電流を増...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報