こんにちは...。皆様の教えが必要です!!
転職先が厚生年金基金に加入しているのですが、社員に中で厚生年金基金に加入している者と厚生年金(社会保険庁)のみがおります。

会社が厚生年金基金に加入していれば基金を経由しての社会保険加入が義務なはずですが、会社の方ではパート的な立場の者には退職金の部分は必要ないと判断しているようで、基金を経由せず社会保険の手続きをしているようです。つまり厚生年金基金では未登録になっています。

事務的なお話になりますが、個人の給与から控除された厚生年金の一部が基金に納付される事を、社会保険庁の納付書と厚生年金基金の納付書
を照らし合わせ会社の方に説明はしました。
すると、厚生年金基金に収めるべき控除分は未加入の為返金することになりました。これで一件落着となるのでしょうか?

この厚生年金基金未加入の期間は年金受給にどう影響してくるのでしょうか?通常ならば厚生年金の者は月額報酬の応じての年金受給になるのでしょうが、このケースの場合国民年金のみなのでしょうか。

詳しい方お力をおかし下さい。
パート的な立場といっても正社員と同じ仕事をし、違いといえば待遇面のみ...。悲しいです(涙)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

基金の方は、簡単に言えば任意の上乗せ年金+退職金積み立て等のオプションですので基本の厚生年金に加入していれば基礎はクリアしています


年金は3階建てと言われ、基礎年金(国民年金部分)は1階、2階が所謂厚生年金(報酬額-納付額に応じて受給年金が変わってくる)、基金はさらに上の3階部分になります
基金の加入については任意です、これは会社の方針ですのでパートさんと正社員の待遇に差を設けるのはある意味当然、という考え方も出来ます
企業が基金に加入しているからといって、従業員すべてを基金に加入させなければいけない分けではありません(基金にもよるかと思いますが)
ここには他人の立場で言及できません

未加入なのに基金分も間違って控除されていたから返金、というのは法的に問題無い処置です

受給年金額については厚生年金の報酬額に応じて受給できますのでご安心下さい
3階部分の基金の上乗せ分が無いというだけです、将来に不安があれば個人年金に別に加入しましょう

この回答への補足

SVOC様 早々の回答ありがとうございました。あまりの速さに驚きです!!

年金の3階建ての説明十分理解できました。
現在、厚生年金保険料率は7.675%(個人負担)ですよね。
基金を経由することにより1.65%は基金へ、6.025%は社会保険庁へ納める事になるのですが、現在1.65%は未加入で返金されてます。
この状況でも、給与の標準等級が10級(170)であれば受給年金額は基金に加入していない厚生年金の方と同額ということですよね。

例えば、10等級の厚生年金の方が年金受給額1万円ならば、厚生年金受給者は1万円+退職金で多めに受給するという解釈で間違いないですか?

未加入分の1.65%を返金しているので年金受給額は8,350円(保険料率1.65%を1,650円と例えてます。)になるという解釈なのでしょうか?

ちなみに会社が加入している基金は全員加入が義務のようなんですが・・それは社会保険料の納付が基金経由になっているからだそうです。

補足日時:2009/05/19 12:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金基金が解散すると

厚生年金基金が解散すると

主人のねんきん定期便が届き、私が開封して見た
ところ信じられない小額でかなりショックでした。
まさか厚生年金の受給分がこんなに少ないとは
思いもよりませんでした。

その心当たりといえば、厚生年金基金の解散です。
一時金がわずかばかり戻ってきました。

年金基金が解散すると、年金額は激減するもの
なのでしようか。それとも、他に何か理由が
あるのでしようか。

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

今は、どこの厚生年金基金もやりくりが大変です。

そこで、この際解散になったのだと思われます。

>年金基金が解散すると、年金額は激減するもの
なのでしようか

国民年金よりは多いですが、厚生年金+年金基金の時よりかなり少なくなると思われます。

もともと、厚生年金基金の利回りは5%/年で計算していましたので・・・解散に追い込まれたのです。

ご参考まで。

Qベンチャー企業における厚生年金基金加入率ってどのくらい?

ベンチャー企業における、厚生年金基金の加入割合(率)はどの程度なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1 です。
厚生年金基金についてはかなりの報道がされていますので、感覚的と言われるといささか心外ですが。2000年前後に年率倍倍で返上基金が増えました。
厚生年金基金と企業年金基金と混同されていることはないですよね?
厚生年金基金は政府の代行として運営されているもので、企業年金基金は政府とは関係なく従業員福祉の一環として企業独自で運営しているものです。
今、厚生年金基金から企業年金基金への動きが止まらないということです。

こんな大企業が・・というところを例示すればよいでしょうか。
日立、ベネッセ、明治乳業、大塚製薬、NEC 等々
後は調べて下さい。
これらの大手は厚生年金基金を利用しなくても従業員福祉は別の形で実力の範囲で行えるということはあります。
IHIのように経営的視点から、ハナから厚生年金基金制度を持たなかったところもあります。

Q厚生年金基金の解散で年金は貰えなくなりますか?

父の年金について教えてください。

父は70代で厚生年金を受給中の無職です。

国から貰う厚生年金とは別に、とある厚生年金基金から月数万円を受給していましたが

先日、「この度厚生年金基金が解散することになったので、現在基金から支給されている

”基金独自の上乗せ給付部分”は支給停止となります」という内容の手紙が届きました。

ということは、”基金独自の上乗せ給付部分”とは今現在もらっている月数万円のことでしょうか?

月数万円とは言え、この給付金がなくなると両親の生活が成り立たなくなってしまいます・・・。

”老齢基礎年金”は今後も変更はなく、基金から支給されている”代行部分”は国から支給される、

と書かれてありましたが、手紙の内容と言葉が難しく困っています。


無知で申し訳ありませんがどうか、回答お願いします。

Aベストアンサー

これまで厚生年金基金からは、代行部分=厚生年金相当と 基金独自の上乗せ部分(数万円)が支払われていました。
これからは、代行部分は国に返上して 基礎年金部分を含め国(年金機構)から支払われるということです。そして数万円は打ち切りです。
その数万円がなくなると 両親の生活が成り立たなくなる・・・。残念ながらどうしようもありません。でも、結果として、基金のない年金受給者(人数としてはこちらの方が多いでしょう)と同じ水準に戻るだけですので、それに合わせて生活するしかありません。

Q厚生年金保険に未加入の企業について

私の知り合いの人が働いている小さい会社ですが、そこは厚生年金に加入していないそうです。
ネットで調べたら「違法かもしれないけど、罰則がない。現実的に保険料が高くて払えていない企業が多い」ということを知りました。

質問ですが、こういう企業がもし途中から厚生年金に加入することはできるのでしょうか?
その場合は、過去までさかのぼって保険料を支払う必要があるのでしょうか?
おそらくその知り合いが入社してから5,6年たっているので、その分の保険料を会社がさかのぼって支払うのはおそらく無理だと言っていたので。

また、未加入であることを管理してる機関などに通知したら強制的に厚生年金に加入するようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

現代の世の中テレビ・ラジオで放送しているのに,働いている会社が社会保険に加入していないことを今になって知ったなんてのんびりしすぎです。

任意と強制適用がありますが,後者は常時5人以上の従業員を使用している一定の業種事業所は法律によって,事業主や従業員の意志に関係なく,必ず健康保険・厚生年金に加入しなければならないのです。

ZRUZRUさん今度知り合いに逢った時教えてくださいね(^^♪

Q厚生年金基金の解散

私の会社では、同業種で組合を作っていて厚生年金基金に入っています。ところが、脱退企業が相次ぎ減収となり、また、支給がかさんだ等の理由からこの基金は解散するのだそうです。基金が解散するとどうなるのでしょうか。現在年金を支給されている人は支給を国が引き継いでくれるのでしょうか。まだ、受給していない世代が今まで支払った基金掛け金はどうなるのでしょうか。どこか別の上位団体のようなところが引き継いでくれ、再び基金に加入することはできるのでしょうか。ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No3.です。
厚生年金は国が運営していて、基金は私的なもので、企業が設立しています。その資金は企業が負担しているのですが、それだけでは少額で有利な運営が出来ませんから、国の厚生年金の保険料も任されて併せて運営しています。これが代行ですね。
国の保険料は企業と従業員が折半して負担していますが、これは将来従業員に年金として給付される性質のものです。要するに従業員のものです。従って、代行返上をしたら、国の責任でその部分は保障されています。しかし、上乗せ部分の企業が負担している保険料は、企業の責任で連合会に移管されるのですから、いくら移管されて保障されるかは、基金の財政状況により違ってきます。極端には0かも知れませんが、勝手にされては、従業員は不安ですから、基金廃止にあたり従業員(基金の組合員)の承認が必要です。
ということで、質問者さんの会社も基金から脱退または基金の解散にあたり、そのような手続を経ます。具体的なことはその時に説明がある筈です。

Q会社が厚生年金保険に未加入の場合、税務調査などでいづれは発覚するものな

会社が厚生年金保険に未加入の場合、税務調査などでいづれは発覚するものなのでしょうか?
また、見つかった場合は、過去にさかのぼって保険料を納めなければいけないのでしょうか?
ちなみに、私の会社の話ではありません。

Aベストアンサー

税務調査は税務に対してです。

国税庁が管轄しない法律に関しては、一切手出ししないでしょうね。あくまでも計算処理部分までとなるでしょう。
ですので、違法行為で得た収入も普通に課税されます。その上で違法行為に対して処罰を受けることになるでしょうね。

年金事務所などが調査などを行って、加入義務があるにもかかわらず未加入であれば、指導されることにはなるかもしれませんね。ただ、役所側も保険料の徴収率を気にしますから、未加入などでいい加減な経営している会社は滞納する可能性が高いので、あまり一生懸命になっていないのかもしれませんね。

Q厚生年金基金が解散しました。3年3ヶ月分の年金基金は60歳以降に年金の請求をした際に加算されるのでしょうか。

過去に3年3ヶ月勤務した会社で厚生年金と厚生年金基金に加入していました。
両方とも証書は保管しておりますが、
年金基金はもうなくなったと聞きました。

3年3ヶ月分の年金基金は60歳以降に
年金の請求をした際に加算されるのでしょうか。

Aベストアンサー

厚生年金基金が解散した場合は、それまでに加入者が支払った掛金は、全て企業年金連合会に移管されます。
その上で、年金の支払いも、企業年金連合会から60歳以降支給されることになります。
従って、払い損になることはありません。
ただ注意が必要なのは、年金を請求する際は、国の厚生年金とは別に、企業年金連合会にも請求手続きをする必要がある点です。

なお、「加算されるのでしょうか?」との質問には、本来、受け取る権利のある年金を受け取るだけの話ですから、「加算される」とはいいづらいでしょう。

Q社会保険と厚生年金への加入について

現在、代表1名、社員1名の有限会社を営んでおります。
雇用保険は社員1名分を登録しておりますが、社会保険や年金などは
国保にしてもらい、会社では一切関与していない状態です。

そこで社会保険料について調べていたのですが・・・
代表の私は35万の役員報酬。社員は15万程度の月給です。ボーナス無し。
私は国民健康保険に家族分で月に4万程度支払っています。
社員も2万程度、つきに払っています。
この状態から考えると
仮に、代表の報酬を31万 社員を13万の給与にして会社で社会保険をかける事にすれば
(会社負担分を事実上、給与を下げるということ)、4~6月の算出月収では
金額も下がり、保険料も安く済んだり、個人の年収も下がることで
税金も下がるという考え方はどうなのでしょうか?

小さい会社組織で、ぎりぎりの経営を行っているため
会社負担がこれ以上増えてしまうと厳しいのが現状です。

Aベストアンサー

> 社会保険や年金などは
「社会保険」とは、狭い意味でも『健康保険』+『厚生年金』の事です。

> 仮に、代表の報酬を31万 社員を13万の給与にして会社で社会保険をかける事にすれば
巷にあふれ無責任な経費削減HOWTO本に書かれている一時的な賃下げによる違法行為をお考えではないので、社会保険料に関して考えてみます。
考える上での条件としては
 ・保険料は記載された金額のみで考える。
  →例えば通勤費用は生じていないと言う事です。
 ・健康保険は「協会けんぽ(東京)」加入で、介護保険は対象外
 ・雇用保険は全体の料率15.5/1000
 ・労災保険の保険料は4/1000
 ・保険料は円未満四捨五入で表示
◎現行の報酬及び賃金で加入
(氏名)(標準報酬)(健康保険)(厚生年金)(雇用保険料)(労災保険の推定額)
[金額:上端は全体の負担額、下段は本人の負担額。]
役員 360千円 34,128  57,809     0   0
           17,064  28,904     0   0
社員 150千円 14,220  24,088 2,325 600
            7,110  12,044   900   0
◎減額後の報酬及び賃金で加入
(氏名)(標準報酬)(健康保険)(厚生年金)(雇用保険料)(労災保険の推定額)
[金額:上端は全体の負担額、下段は本人の負担額。]
役員 320千円 30,336  51,386     0   0
           15,168  25,693     0   0
社員 134千円 12,703  21,518 2,015 520
            6,352  10,759   780   0
※現在、国保及び国年に加入している時に
 減額後の値で加入する事で増減する労働・社会保険料の会社負担額
役員 健康保険15,168+厚生年金25,693
   =40,861
社員 健康保険6,351+厚生年金10,759-雇用保険190-労災保険80
   =16,840

減額は会社負担分の増加相当額程度なので経営が厳しい状況では妥当と言えますが、社員は13万5千円にするとか、今回はデータ不足で計算しませんでしたが最終的な可処分所得も考えてあげてください。

> 社会保険や年金などは
「社会保険」とは、狭い意味でも『健康保険』+『厚生年金』の事です。

> 仮に、代表の報酬を31万 社員を13万の給与にして会社で社会保険をかける事にすれば
巷にあふれ無責任な経費削減HOWTO本に書かれている一時的な賃下げによる違法行為をお考えではないので、社会保険料に関して考えてみます。
考える上での条件としては
 ・保険料は記載された金額のみで考える。
  →例えば通勤費用は生じていないと言う事です。
 ・健康保険は「協会けんぽ(東京)」加入で、介護保険は対象外
...続きを読む

Q厚生年金基金解散の場合、将来年金はもらえる?

10年ほど勤めている会社は、厚生年金基金に加入しています。
 
基金の赤字により、数年以内に解散する方針が決定したようです。

解散すると言われれば、それに従うしかないのですが、今まで10年かけてきた掛け金は

将来年金の加算部分としてもらえるのでしょうか?

もう全くもらえないのでしょうか?

その辺の説明がなく、わかりません。

運用の失敗で赤字なので解散・・・・・解散するにも加入している会社がお金を払わないといけないなんて・・・・・

全く納得はいきませんが、色々言っても仕方ないので

今までの掛け金がどうなるのか、知りたいです。

Aベストアンサー

基金に加入していなかった勤め人と同水準の厚生年金は貰えるようです。
しかし、余計に貰えることを前提に 高めの保険料を払った分(加算分)は このケースの場合ゼロでしょう。高い分の保険料は掛け損です。
そして、基金によっては 運用失敗による損失分を 加入会社が追加負担しなければなりませんが 会社に財源がないと 間接的に加入者が負担(給料据え置き 引き下げ等により財源をひねくりだす)しかねません。場合によっては 会社倒産も・・・。踏んだり蹴ったりです。
損をしないのは 運用を他人任せにして 高給に加え過剰接待等で甘い汁を吸った年金基金の役員(大半は厚労省の年金部署からの天下り)だけです。彼らは さっさと逃げ出して(退職して) 一円たりとも損をしないと思います。

Q病院厚生年金基金

当方、個人の医者の経理をやっております。
職員のために、病院厚生年金基金に加入しており、
全額を事業主が負担しておりますが、
これは法定福利費として全額必要経費になりますか?

健康保険・厚生年金のように従業員と折半という性質のものではないのでしょうか?

御教示下さい。

Aベストアンサー

病院ではありませんが、厚生年金基金に加入しています。
基金への納付額は折半ではありませんが、
基金に入っていない場合より、社会保険事務所に納めるべき額が減額されて基金が代行します。
従って、全額事業所負担ではなく、従業員の預り金も充当されていると言うことです。

詳しくは
↓のしくみのところを参照して下さい。

参考URL:http://www.zensharen.or.jp/kikin/9


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング