お庭の中で、道路に面している部分に生垣を作ろうと思っています。
リビング側は、ドウダンツツジを植えようと思っていますが、
和室に面した部分には何を植えようか迷っています。

条件は、
・高さ1mくらい(必須)
・強い日差しでも育つ
・薄く仕上げられる
・他の樹木とマッチする(手前にサツキ、ジンチョウゲなどを植えたいので)
・上の条件と相反しているかもしれませんが…花や香りがあると楽しみが増えます。
・毛虫がつかない
・常緑・落葉は問いません
・生長がゆっくり(度々の剪定を必要としない)

思いつくのは、ツゲ類ですが、面白みにかけ、
ハクチョウゲとプリペットはどちらかというと洋風かな?と思うのですが…

お勧めの樹種がありましたら、ぜひお教えください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

純和風になりますが、イヌマキはいかがでしょうか。


成長が遅いので扱いやすいですし、虫もつきません。
薄っぺらく仕立てられますので、条件にほぼ合うと思います。

花が楽しめるものであれば、コデマリやユキヤナギもいいと思います。
これらは刈り込み鋏でバサバサ剪定できて楽です。

ナンテンも和風にかかせない樹種です。
常緑樹のわりに紅葉しますし、実も楽しめますのでおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ナンテンの生垣は盲点でした。単植のイメージがあったので…
コデマリもいいですね。
いっそ、リビング側のドウダンツツジを持ってきても、
そんなに違和感がないのかなあ?と思ってきました。

お礼日時:2009/05/21 08:48

花は楽しめませんが羅漢マキか柘植かボックスウッド。


薄くなりませんが柊南天。
私も南にドウダンツツジを生垣にしています。
白い砂利を敷いたため落葉時に小さな葉がたくさん落ち砂利と落ち葉が混ざりあって汚らしく掃除が大変です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生垣の周りの施工も色々考えたほうがよさそうですね。
参考になるご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 08:51

僕が住む近所で垣根にされている樹木は、アベリア、カイヅカイブキ、


イヌマキ、ラカンマキが多いように思えます。ボックスウッドや本ツゲ
なども生垣に仕立てる事が出来ます。公園でドウダンツツジを生垣にさ
れていましたし、ゴールドクレストも場合によっては仕立てられるはず
です。工夫次第で何の樹木でも生垣に仕立てられると言う事です。

あなたの希望で毛虫が付かないとか、剪定を必要としないなどと言われ
てますが、毛虫などの害虫は付きにくい種類はあっても付かない種類は
ありませんね。バラ科の樹木は病害虫の発生が多いと言われています。
しかし事前の予防や環境を改善する事で被害は少なくなります。
剪定をしないで放任すると枝は伸びる一方ですから、何時まで経っても
生垣にはならず樹木を植えただけに見えてしまいます。毎年の剪定時期
が来たら、少しずつ生垣になるように形を作って行きます。
最初から生垣になるように植えつける事は出来ません。

植物公園や近所の公園、近所で生垣を植えられている家庭、樹木を扱う
園芸店、樹木を販売と施工をする造園屋などに行かれ、現物を見るだけ
でなく販売員の方と相談すると決めやすいと思います。
    • good
    • 0

>和風の生垣におすすめの樹種を教えてください。





生垣や目隠しになる樹木には、ある程度の高さ、なるべく常緑樹で、密集性があり、剪定や病害虫にも強く、出来れば花や香りが楽しめたら良いと思います。

◇キンモクセイ・沈丁花・くちなし・長寿桜

◇トキワマンサク・アベリア・アセビ・山茶花・椿・オリーブ

◇オリーブ・イヌマキ・高野マキ・アラカシ・キンメツゲ・シラカシ

◇なんてん・お多福ナンテン・ひいらぎ・レッドロビン・アオキ・庭フジ・コニファー・からたち

等はいかがでしょうか・・・。

私の場合は:
単一品種の生垣もシンプルで素敵ですが、我が家では、キンモクセイと石楠花とアジサイをミックス配置させ、その樹上に→フジを道路面全体へ2本の幹から左右に誘引しております。

組み合わせを楽しみながら、何度かつつじやハナミズキを移植したりして自分流にアレンジして来ましたが、今では、結構、季節ごとの花や香りを楽しめる個性的な生垣(道路に面した庭)になっていると思っております<自画自賛>。

これからも、東西南北の庭をテーマー性を持たせて創意工夫、楽しみながら、これらの樹木・果樹等と共生・付き合って行きたいと思います。


kasuga10様に於かれましては、皆様のアドバイスを参考にされ、庭の植木も含め、素敵な生垣で→快適な住まい・暮らし・たたずまいを、楽しまれ実現されますよう、心より祈念申し上げております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
たくさん教えていただいて迷ってしまいます。
ミックス生垣もいいですね。

お礼日時:2009/05/21 08:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目隠し用の木で手入れいらず、虫無しの木は?

隣家との目隠し用に植えていたゴールドクレストが枯れてきたので、別のものに植え替えようと思っております。
私自身、ほとんど庭木の手入れをしない無精者なので(この木も隣家に「目隠しとして植えてくれ!」と言われてしぶしぶ)、念入りな剪定や頻繁な水やりなどの手間のかからない木を探しています。
春先に大量に毛虫がついてイヤな思いもしたので、虫もつかないものがいいです。
高さは2mくらいまでで、5本くらい植えたいのですが、いい木はありますか?
環境としては、日光は午前中くらいしか当たらず、1m×3mくらいの場所に何本か植えたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

うーん目隠で手入れの要らない木って難しいですよ?

目隠になる木は葉が密になりますし、密になるには生育が旺盛な訳で、当然刈込みとか必要ですし・・・。
質問の趣旨から外れますが目隠フェンスにしてみてはいかがでしょうか?
初期投資は掛かりますが手間要らずですし、アルミなどの金物なら何十年かは保ちます。

え、駄目?
えーと、では「ソヨゴ」などどうでしょう。成長は遅めですが、日陰に強く、葉が密になります。2mくらいとなると、この木としては結構大きめの部類に入ります。虫も付きません。肥料も必要ないでしょう。予算はちょっと・・・まぁ何というか・・・(汗)

Q生け垣にいい木とは何でしょうか?

少し前に黒竹を地植えしてここの質問コーナで
根をはやすと知り、慌てて掘り起こして鉢植えにしました。
その代わりに何か植えたいと考えています。

和風の庭をつくりたいので出来れば竹のようなものと考え
笹はどうかなと?思っているのですか
笹も竹のように問題はありますか?
そしてグランド笹でなくボリュームのある背丈のものを探しています。
どうぞご指導お願いします。

草々

Aベストアンサー

>生け垣にいい木とは何でしょうか?



生垣や目隠しになる樹木には、ある程度の高さ、なるべく常緑樹で、密集性があり、剪定や病害虫にも強く、出来れば花や香りが楽しめたら、より良いと思います。

主な候補樹種<順不同>

◇キンモクセイ・沈丁花・くちなし・長寿桜・紫式部・山吹・金木犀

◇トキワマンサク・アベリア・アセビ・山茶花・椿・オリーブ・コデマリ

◇オリーブ・イヌマキ・高野マキ・アラカシ・キンメツゲ・シラカシ

◇なんてん・お多福ナンテン・ひいらぎ・レッドロビン・アオキ・庭フジ・コニファー・からたち

等はいかがでしょうか・・・。
単独の植栽も良いし、2~3種の組み合わせも楽しいものですし、アクセントに小物(灯篭や人形や庭園灯)を配し、トクサやバレンをレイアウトする。



私の場合は:
単一品種の生垣もシンプルで素敵ですが、我が家では、キンモクセイと石楠花とアジサイをミックス配置させ、その樹上に→フジを道路面全体へ2本の幹から左右に誘引しております。

組み合わせを楽しみながら、何度かつつじやハナミズキを移植したりして自分流にアレンジして来ましたが、今では、結構、季節ごとの花や香りを楽しめる個性的な生垣(道路に面した庭)になっていると思っております<自画自賛>。

これからも、東西南北の庭をテーマー性を持たせて創意工夫、楽しみながら、これらの樹木・果樹等と共生・付き合って行きたいと思います。

>和風の庭をつくりたいので出来れば竹のようなものと考え
笹はどうかなと?思っているのですか
笹も竹のように問題はありますか?

笹も竹と同じ根張り(地下茎の拡張で他の植栽や家屋に影響)の問題から、10年&20年を考えますと地上部だけでなく地下部でも生育に伴い定期的な根切りとか鉢植えでないと地植えの場合は余程の植栽スペースに余裕が必要です。
それと、目隠し効果には密度密生が必要だったり、高さが中心の樹勢ですから、成長による日照や採光風通しにも配慮する必要があります。



maturashiku様に於かれましては、皆様のアドバイスを参考にされ、庭の植木も含め、素敵な生垣で→快適な住まい・暮らし・たたずまいを、楽しまれ実現されますよう、心より祈念申し上げております。

>生け垣にいい木とは何でしょうか?



生垣や目隠しになる樹木には、ある程度の高さ、なるべく常緑樹で、密集性があり、剪定や病害虫にも強く、出来れば花や香りが楽しめたら、より良いと思います。

主な候補樹種<順不同>

◇キンモクセイ・沈丁花・くちなし・長寿桜・紫式部・山吹・金木犀

◇トキワマンサク・アベリア・アセビ・山茶花・椿・オリーブ・コデマリ

◇オリーブ・イヌマキ・高野マキ・アラカシ・キンメツゲ・シラカシ

◇なんてん・お多福ナンテン・ひいらぎ・レッドロビン・アオキ・庭フジ・コニ...続きを読む

Q常緑低木で生け垣に使えそうなものを探しています

こんにちは。
家を新築し、表面にあわせて10mくらいの花壇があります。
今はツルニチニチソウを植えているのですが、思ったように
高さがでず、やはり木にすることになりました。
ツルニチニチソウは、ケヤキの木の根元を覆うように植え替え、
花壇に常緑で、乾燥や剪定に強く、虫のつきにくい低木を探しています。
私の住んでいるところは長野県の南部なので、寒冷地にしては
暖かいほうなのですが、雪はつもります。

今見つけてきたのは、
・アベリア
・ボックスウッド
・ギルドエッジ(グミ)
・ライムライト(グミ)
・オールドゴールド
です。

この中ででも、他でもオススメがあればおしえてください。

今のところ、グミ系が上の条件にあてはまっているのかな?
と思っています。
初めはボックスウッドにヒトメボレだったのですが、
冬に紅葉するのと、害虫がつくと聞いたので躊躇しています。

アベリアは斑のはいった「ホップレイズ」というものも
キレイだなと思っていますが、斑が入っていると弱いとか
ないのでしょうか。あと、冬は落葉しますか?

初心者なので、手がかからないものがいいのですが
いろいろとおしえてください。

こんにちは。
家を新築し、表面にあわせて10mくらいの花壇があります。
今はツルニチニチソウを植えているのですが、思ったように
高さがでず、やはり木にすることになりました。
ツルニチニチソウは、ケヤキの木の根元を覆うように植え替え、
花壇に常緑で、乾燥や剪定に強く、虫のつきにくい低木を探しています。
私の住んでいるところは長野県の南部なので、寒冷地にしては
暖かいほうなのですが、雪はつもります。

今見つけてきたのは、
・アベリア
・ボックスウッド
・ギルドエッジ(グミ)
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

低木の生垣ですか。お洒落ですね。

リストの植木の中ですとボックスウッドは確かに殺虫剤の散布が必要です。一本だけ敢えて風通しの悪い場所に植えてみて、試してみても良いかもしれません。
ギルドエッジは最初に植える時の大きさにも拠りますが成長は遅いです。
オールドゴールドは知らないです。すみません(汗)。

ホップレイズ(ホープレイズのほうが通りがいいかも)は伸びないです。アベリアは所謂ハナゾノツクバネウツギかエドワードゴーチャ以外、冬場は見る影もありません。日当たりも必要ですが、それにしても伸びません(泣)。勿論落葉します。

おすすめはベニバナトキワマンサクをあげておきます(ちょっと背が高いかな)。普通のトキワマンサクも良いですね。刈込が手間ですが枝は柔らかめなので、楽しく手入れ出来ると思います。
「お前の回答はそればっかり。」とか「回答者はトキワマンサク信者」とか云われそうですが・・・。

Q植栽(生垣)を植えるのに適切な時期

自宅の植栽(主に生垣)を、業者様に植え替えして頂く予定にしております。
具体的に言いますと、サザンカ&ヒイラギを抜いて、全てレッドロビンに植え替える予定です。

そこで質問させて頂きたいのですが、
植栽を植え替えるのに適した時期というのがあると思うのですが、これからの時期の植え替えは、いかがなものでしょうか?

1年を通して、植えるのに
○「絶対適切でない時期」
○「あまり適切でない時期」
○「適切な時期」
を具体的に教えて頂けると助かります。

当方 近畿に在住しております。
ご存知の方、どうか御教授頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どんな樹木にも植付け時期がありますが、造園屋や植木屋は樹木に関しては
プロですから、時期に関わらず植栽を行います。だからと言って樹木に対し
て知識がない素人も同じように植栽が行えるとは言えません。素人が植栽を
する時は、本等に書かれている時期を守った方が失敗は少ないです。
プロは樹木を枯らさせないようにするための知識や経験が豊富ですから植栽
を年間を通して行いますが、穴を掘って埋めれば勝手に生育する樹木は存在
しませんので、確実に植栽を行うには時期は守られた方が良いですね。

レッドロビンはモチノキ科の常緑小高木で、基本的に3m以上には生長しま
す。英字が使われていますが原産地は日本で、正しくはベニカナメモチノキ
と言います。暖地性の樹木ですが、意外と寒さには強い樹木ですから、関東
から南の地域でしたら問題無く生育します。もちろん生垣も適しています。

植栽時期は4月から5月上旬と、9月から10月上旬が最適です。一番良い
時期は4月から5月上旬です。日当たりと排水性と保水性の良い肥沃な場所
を好みます。現在植えてあるヒイラギとサザンカを撤去したら、バーク堆肥
を多めに混ぜて良く土と混ぜて土壌改良をしてから植え付けます。
適切な時期は上記に書いた通りの中で4月から5月上旬で、あまり適切では
ありませんが植栽は出来る時期は9月から10月上旬と考えて下さい。
それ以外の時期は不適切だと認識して下さい。
レッドロビンの場合は冬場は休眠するので、休眠から覚めて活動を再開しよ
うとする前に植栽をした方が、良く根張りをするからと言うのが理由です。

植栽をする時に常に考えて欲しいのは、失敗を少なくするために植栽時期は
必ず守る事、植栽前には必ず土壌改良をする事、樹木に最適な場所に植える
事、元肥を入れる時は必ず被せ土をする事、穴を掘って埋めれば勝手に育つ
とは思わない事、苗の場合は必ず支柱を立てる事です。

生長して生垣に仕上がった時の状況を予め予測し、最初から狭めて植えない
事です。サツキやタマツゲのような低木は30~40cmの間隔で十分です。
レッドロビンのように2m程度の生垣にするような樹木は、70~80cmは
間隔が必要です。また支柱は必ず必要で、180~200cmおきに杭を打ち
込む必要があります。その杭を利用して竹を横にして固定し、この竹に苗の
幹をシュロ縄で縛って固定します。
杭や支柱が必要な理由は、風が吹いて根が踊って(根元がグラグラする事)
しまい、活着(根張りの事)が悪くなり根付かなくなるので必要な訳です。
完全活着までは2~3年は必要です。完全に活着すれば杭も支柱も不要にな
りますから、完全に活着すれば取り除かれて構いません。杭は確実に打ち込
む事が必要です。杭と竹は釘で固定しますが、竹と苗の固定は結束帯を使用
して、軽く締めるようにすれば楽だろうと思います。

まだ苗は購入してませんよね。もし購入しているなら、今は植栽が出来ませ
んので、とりあえずは仮植えにして植栽時期まで管理をします。
まず庭の何処でも構いませんから、浅い溝を苗が入る長さ分だけ掘ります。
苗の根に麻布が巻いてある時は、麻布を取らないで穴に入れて土を被せて下
さい。ポットに入っている時は、ポットのままで埋めます。
時期が来たら掘り起こして上記に書いた方法で植栽をします。
麻布は既に朽ちていますから、取り外さなくても鎌みませんが、ポットは腐
りませんので、必ず取り外します。
まだ苗を購入していないなら、購入店に3月下旬頃に注文をして、4月上旬
の植栽に間に合うように仕入れて貰います。この方が確実です。

元造園土木の会社に勤務していて、その時の経験から回答させて頂きました
が、分かりにくい点があれば再び質問をして頂けたら、その事に対して回答
をします。

どんな樹木にも植付け時期がありますが、造園屋や植木屋は樹木に関しては
プロですから、時期に関わらず植栽を行います。だからと言って樹木に対し
て知識がない素人も同じように植栽が行えるとは言えません。素人が植栽を
する時は、本等に書かれている時期を守った方が失敗は少ないです。
プロは樹木を枯らさせないようにするための知識や経験が豊富ですから植栽
を年間を通して行いますが、穴を掘って埋めれば勝手に生育する樹木は存在
しませんので、確実に植栽を行うには時期は守られた方が良いですね。

レ...続きを読む

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Qベニバナトキワマンサクを生垣に使うには…

園芸初心者です。
ベニバナトキワマンサクを生垣に使いたいと思っているのですが
その場合、支柱とかは必要なのでしょうか。
あと、植える季節はいつがよいのでしょうか。
その他、注意点があれば教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは、注意点ですが、花色と葉色に十分注意して好みのものを選んで下さい。最初は支柱と横に竹1本有ったほうがいいです。生垣になる頃支柱と竹は自然に枯れて外せます。

★まず花色ですが、赤の濃いもの~パープル・桃色まで有ります。購入時に好みを言って下さい。
★葉色ですが、「青葉」と「赤葉」タイプが有り、
 ・「青葉」は芽だしは赤で夏に緑になります。冬はやや赤っぽくなってきます。
 ・「赤葉」は芽だしは赤で夏は薄赤褐色~やや緑で環境によっても大きくばらつきます。冬は完全に赤褐色です。
※好みで選んで下さい。生垣は「赤葉」のほうが多く見かけますが、コントラストを味わいたいなら「青葉」。購入店とよく話をされ、好みのものがないなら別のお店で。妥協しないで複数のお店と交渉するのも後々の満足度に影響します。
ネット通販は安価ですが、やっぱりきちんと話を聞いてから購入して下さい。

◆購入する苗木ですが、「生垣用」で下枝の充実したものがいいでしょう。
◆何mくらい植えるか判りませんが、すぐに生垣にしたいなら1mに3本でやや大きめの苗木。紅花トキワマンサクなら通常40cm間隔くらいでいいと思いますけどね。(植木屋さんは1mに3本を薦めると思いますけど・・・)
※横にも広がりますから、生垣が長い場合や、急がなければやや大きめで下枝の出たものを50cm間隔でもいいでしょう。いずれにしても選ぶ苗木の大きさや横への広がい具合にもよりますので、樹形は下記リンクを参考に選定してみて下さい。
◆植栽時期は春(4,5月)、秋(9,10月)がいいですが、春は3月下旬~6月、秋は11月くらいでも大丈夫です。
◆わりと自然に樹形も整って、選定は楽な部類です。

●支柱について <生垣の作り方>
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hana-online/ikegaki_tsukurikata.htm

<花色> ※もっとパープル系も有り。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/t/tokiwamannsaku.htm
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/c/0000004694/
http://flower365.web.infoseek.co.jp/15/228.html

葉色:青葉紅花トキワマンサク
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0023420223.html
葉色:赤葉紅花トキワマンサク
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0103301330.html
http://item.rakuten.co.jp/oniwahonpo/a150p37467/

<管理・育て方>
http://www.interface-net.co.jp/SHOP/0103301328.html
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/niwaki_tokiwamansaku_set1/
http://yasashi.info/to_00009g.htm

↓参考:この生垣は「青葉紅花」かな・・・
http://item.rakuten.co.jp/shikinosato/gs_u-j_t002120/

こんにちは、注意点ですが、花色と葉色に十分注意して好みのものを選んで下さい。最初は支柱と横に竹1本有ったほうがいいです。生垣になる頃支柱と竹は自然に枯れて外せます。

★まず花色ですが、赤の濃いもの~パープル・桃色まで有ります。購入時に好みを言って下さい。
★葉色ですが、「青葉」と「赤葉」タイプが有り、
 ・「青葉」は芽だしは赤で夏に緑になります。冬はやや赤っぽくなってきます。
 ・「赤葉」は芽だしは赤で夏は薄赤褐色~やや緑で環境によっても大きくばらつきます。冬は完全に赤褐色です...続きを読む

Q黒竹を防根せず地植えしてしまいました。

ご覧頂きありがとうございます。

園芸初心者夫婦で、
今年の4月に黒竹を防根せず地植えしてしまいました。
黒竹は夫が気に入って購入した物なので枯らさない様にしたいのですが
今から掘り起こしても大丈夫でしょうか?
もしくは防根シートを周りにはわしても効果はあるのでしょうか?

防根シートはけっこう高額ですので
他に何か良い素材などご存知であれば教えていただければ幸いです。
なければやむ得ないと思っております。

何も考えず植えた事に浅はかだったと反省しております。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

黒竹を防根なしで植えたら4年で隣家や道路まで地下茎が伸びてしまいました。現在は700円で買った45リットル丸型ゴミバケツ(大型のバラ用プラスチックプランターもよい)の底に小穴を沢山開け、ヘリは地面とほぼ同じ高さまで土に埋めて使っています。根はバケツのヘリを乗り越えて出てくるのでその都度切り取っています。

掘り起し
移植したばかりなので根から土を取らなければ大丈夫と思います。竹は根が切れると水揚げが悪い植物なので水やりは欠かさずする必要があります。私は2月に行いました。移植後は日当たりが強すぎないよう遮蔽するのもお忘れなく。

Q生垣の木の種類について

こんにちは。
今、庭の生垣の木の種類を選定中です。
おすすめの木を教えていただけないでしょうか?

希望は、
・伸びが遅い(いかにも生垣!といものではなく、ちらっと中が見えるくらいがいいのです。高さも2m程度でよいです)
・虫が付きにくい
・常緑(できれば色自体も緑系がいいです。赤とかにならないほうがよいです。)
・日向に耐える
・安価
です。

こちらや他のサイトでいろいろと調べて、ヒイラギナンテンがいいかなとおもったのですが、日向だと赤黄色になってしまうということで、迷っています。
目的は目隠しということもありますが、庭と道路の境界としての役割も強いので、密生しなくてもかまいません。
手入れの要らないフェンスも検討しましたが、予算があいませんでした。

お知恵をお貸しください!よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

生垣に向く樹木の多くは生長が早いものが多いです。
生け垣の代表のマサキやウバメガシなどは成長が早くて刈込みが必須です。
生長が遅いというとツバキかサザンカになります。ただし西日には弱いです。
安価かどうかわかりませんがキンモクセイを何本か並べるというのが良いように思います。
成長も速く虫がつきにくく常緑で日向にも耐え、しかも秋に良い香りがします。

私が今まで見たヒイラギナンテンは背が低いものばかりで生垣で見たことはありません。
ヒイラギモクセイは生垣で見かけます。
ヒイラギモクセイなら意外とすべての条件を満たすかもしれません。

Q庭で竹を栽培したいが増えるのが心配

竹を鉢で栽培を考えています。
竹は、どうも、地植えをすると、異常に増えて、最後は床の下から出てくることもあると聞いて驚いています。

で、地植えは断念しておりますので、鉢植えをしようと思います。
そこで、心配なんですが、鉢植えの竹から風で、吹けて、地面に着床すると、またもや、竹が増えるというリスクはないんでしょうか?(もし、リスクがあるなら、鉢植えを断念しようと思いますが、、、)。

すいません、ご教示ください。

ちなみに、常緑の竹を探していますが、どんなのがあるでしょうか?
出来たら、葉っぱが小ぶりな綺麗な竹を探していますが、、

すいません、よきアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

我が家では黒竹(太さ2~3cm、高さ4メートルくらい)をポリのゴミ箱(40リットル)の底に穴を多数開け念のため底をモルタルで固め地面に埋めその中で栽培しています。

竹の数は3本とし余分なものは根元から切り取ります。根はバケツの上を乗り越え外に出てきますがそのつど切っています。剪定はタケノコが育ち葉が出そろったころ高さ2、3メートルくらいのところで切り、枝は節2、3節のところで切り取ります。こうすると大きくなりません。竹は常緑です。葉を落としますが新葉と入れ替わります。

図のようにしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報