32歳の男性です。3週間前に脳出血を起こし、「視床出血による右半身感覚障害」と診断されました。日常生活には特に支障はない軽度のもののようです。医師には「3ヶ月から半年で7~8割は戻る」と言われたのですが、この3週間で目立った改善が見られません。こうした症状はゆっくりと回復してくる性質のものなのでしょうか?自分で読んだ本などには「感覚障害は2~3週で回復し、1ヶ月がめど」と書いてあります。
 それから、後遺症の一つで「視床痛」なるものを知りました。医師は「そうならなくて良かった」と言ってたのですが、いろいろな情報を集めてみるとこれから先に起こるもののようですね。けれど、どの程度の出血を起こした人にどの程度の割合で現れるものなのか分かりません。
 そして、心配なのが再出血です。原因もよく分かってないので不安です。
 どなたか「感覚障害」「視床痛」「再出血」などについてご存じの方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>麻痺した側、特に腕が異様に疲れます。

健側も同じような条件の仕事量なのにどうして麻痺側は疲労感があるのでしょうか?これは治っていく(あるいは慣れていく)ものなのでしょうか?

視床の外側(視床の中ではなくその外側)には、平仮名の「く」の字型(反対側は「逆く」の字型)をした、「内包」と言う神経の線維の走っている所があります。その内包の、くの字の折れ曲がり(「膝(しつ)」と言います)より後ろ側を後脚と言います。この後脚の膝から後ろ3/5~4/5の所を、「錐体路」という運動神経の線維が走っています。視床に起こった出血が、この錐体路を圧迫したりあるいは破壊してしまうと運動麻痺が起こります。amedeoさんの場合は、運動麻痺はなかったようなので、幸いにして軽度の圧迫だけであったものと思われますが、それでも圧迫が多少でもあれば、健側よりは疲れやすかったりすることは仕方ありません。出血そのものや出血の周囲に起こる浮腫が消えていけばこの圧迫もなくなります。そうすれば、次第に疲れ易さはなくなるものと思われます。
ただし、感覚障害だけでも、正常な状態よりは負担がかかりますので疲れやすいのは当たり前ですし、将来も感覚障害が残るようであれば、多少の疲れ易さが残ってもやむなしかと思います。
わたしは実際にamedeoさんを診察しているわけでも写真を見ているわけでもありませんので、これ以上はなかなかお答えできないと言うのが正直なところです。
あまり将来のことに神経質になられず、「むしろこの程度で済んで良かった」くらいに思い、もし万一感覚障害が少しくらい残ったとしても「日常生活には支障ないのだから気にしないで頑張ろう」と言う前向きな姿勢でこれから生活して行かれるのが、精神衛生上一番よろしいかと存じます。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

遅くなって済みません。はっきりと良くなってきた確信はないのですが、慣れもあるのかもしれませんがだいぶ活動できるようになってきました。今日でちょうど30日がたつのですが、6ヶ月はみないと回復の程度は分からないと再度主治医に言われました。この先、どれだけ戻ってくるかは分かりませんが、少なくとも今よりは良くなるはずと希望を持っていきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/20 20:13

出血の大きさと部位がわかりませんので想像になりますが、比較的小さな出血で(1cmくらい?)、視床の中で比較的外側の出血だったのでしょうか? CT上は既に白くはなく淡くなっているものと想像されますが、完全に吸収されて消失するにはまだなお時間がかかるものと思われます。

従って、感覚障害が今後どうなっていくかについてはまだ経過観察が必要かと存じます。
位置覚については、自分の手足の関節が現在どのような状態にあるか(曲がっているとか伸びているとか)が目をつむってもわかることとお考え下さい。
ご自分で出来ることについては、まだ無理はしない、ストレスをためない、血圧を上げないように食事に気を配る(血圧に関しては以前回答していますので下記URLをご参照下さい)などでしょうか。現在の血圧は全く正常ですが、仕事を再開したりすると上がってくることもありますので、あまり神経質になる必要はないですが一応ご留意下さい。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=16808

この回答への補足

naokunさん。ありがとうございました。先日、病院でCTを撮ってもらいましたが、血腫は小さくなっているようでした。出血の大きさは分かりませんが、ご指摘の通り、視床の外側だといわれました。感覚障害は半年はみないと回復の程度は分からないとも言われました。焦る気持ちでいっぱいですが、希望を持っていきたいと思います。
よろしければまた教えていただきたいのですが、ここのところ、麻痺した側、特に腕が異様に疲れます。健側も同じような条件の仕事量なのにどうして麻痺側は疲労感があるのでしょうか?これは治っていく(あるいは慣れていく)ものなのでしょうか?

補足日時:2001/03/12 18:28
    • good
    • 1

視床の機能についてすべて述べるには紙面がいくらあっても足りないのですが、一言で視床といっても、その内部には色々な核があり、そのどの核がおかされるかによって症状が違ってきます。


四肢・体幹の感覚(温度覚、痛覚、位置覚、振動覚、触覚など)は主に視床の後外側腹側核または後外側核というところに伝えられますし、顔面の感覚は後内側腹側核というところに伝えられます。(視床からは更に頭頂葉の感覚野に情報が伝わり、そこでは2点識別や、手触り・肌触りなどの物の材質の識別、立体覚など、もう少し高級な感覚を司っています)
従って、出血の大きさだけではなく(もちろん大きいほどおかされる範囲は広いわけですが)、視床のなかでの出血の部位によって感覚が強くおかされるかそれほどでもないかが決まってきます。
感覚障害が後遺症として強く残るかどうかも、直接上記のような核が壊されたか、あるいは出血による一時的な圧迫だけなのかによっても違ってきます。当然感覚を司る核が壊された場合には永久に感覚障害は残ります。
視床痛は、ご指摘の通り、視床の出血や梗塞の後2-3ヶ月してからでてくることが多いものです。どのような方が視床痛を発症し、どのような方が発症しないかは、残念ながら私の知識としてはありません。その頻度も、私の中で確実な知識としてはありませんが、経験的には10人中2-3人はいらっしゃるような印象を持っています。
再出血に関してですが、原因不明とのことですが、高血圧はなかったのでしょうか?もしあったとしたら、血圧のコントロールが一番の予防になります。あるいは、年齢的にはお若い方なので、脳動静脈奇形や海綿状血管腫などの原因検索のため、MRIや脳血管撮影が施行されたのではないかと思うのですが、そちらはいかがだったのでしょうか?それらの基礎疾患があるようでしたら、その治療が再出血予防になりますが・・・(ただし、直達手術は一般的には出来ない場所ですので、放射線治療などが選択肢になりますが)
視床痛については、あまり神経質にならないで下さい。痛みの閾値や感じ方は個人差が非常に大きく、痛みばかりを気にする方はやはり痛みが強く感じられてしまうものです。そのような方でも、何かに熱中していたり気を取られているときにはあまり痛みを感じないものですので、やはり精神的な要素も多少関わってきます。

お大事にどうぞ。

この回答への補足

 naokunさん、ご丁寧なご回答、ありがとうございました。「専門家」でいらっしゃるということでとても参考になりました。いろいろ書いていただいたうえにまた申し訳ないのですが、書かれていたことに補足を付け加えます。ご迷惑とは存じますが、もし何か新しいことを教えていただけるならばよろしくお願いします。(診断をお願いしているわけではないので、一般論で結構です)
 (1)感覚麻痺は顔面はほとんどなく、足にいくほど大きくなっています。感覚障害といっても全く感じないわけではなく、温感・触感・痛覚それぞれの感覚が弱くは分かります。位置覚については評価の仕方が正直よく分かりません。麻痺しているところは重たい・こわばった感じが残り、若干のしびれが出てきました。運動機能はほぼ問題ナシです。
 (2)造影CT・MRI・MRAの検査をした結果、血管異常はないとのことです。治療は発症してから今のところありません。
以上のことからでしょうが、医師はひょっとして神経が傷ついているかもしれないけれど多分圧迫だろうと言ってました。ただ、3週間を経た今でもあまり変わりがないから焦ってしまったのです。
 (3)高血圧については高めであるかなぁくらいには思ってます。それにしても130台くらいかと思います。退院後は自分で測っているのですが、概ね120/80以下です。ただ、仕事に戻ってないので何ともいえませんが…今はまだ降圧剤の服用は指示されていません。
 (4)その他の疾患はありません。これまで健康と体力だけが自信みたいなところがあったので。ただ、父が拡張型心筋症で亡くなってます。そのことは今回の出血にはあまり関係がないと医師が言ってました。
 以上が自分の知っていることです。主治医に尋ねればいいことばかりなのですが、診察日がまだ1週間以上先なので気になって質問してしまった次第です。回復が遅れているのか、あるいはまだそれほどなくても悲観しなくてもいいかが今一番知りたいところです。それから、自分で何かできることはないものでしょうか?
 長くてすみません。よろしければ教えてください。

補足日時:2001/03/10 19:47
    • good
    • 5

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「脳内出血」
更に
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(脳卆中発作)

関連リンク先も参考にして下さい。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。全く思いがけない出来事だったので気が動転しているところです。焦っているのは分かりますが、今はとにかく情報がほしいのでいち早くご回答いただき感謝しています。

お礼日時:2001/03/09 21:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 神経線維腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    神経線維腫とはどんな病気か  末梢神経から発生するといわれている良性の腫瘍のひとつで、皮膚に発生するもの(皮膚神経線維腫(ひふしんけいせんいしゅ))と、より体の深い部分から発生するもの(叢状神経線維腫(そうじょうしんけいせんいしゅ))に分類されます。また、この病気は、全身性疾患であるレックリングハウゼン病(神経線維腫症I型)において多発することでも知られています。  皮膚に発生するタイプのものは、1本...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳出血後、右半身麻痺です。どの位まで回復しますか?

類似の質問も読ませていただきましたが、新しく質問させてください。

ちょうど1ヶ月前に、50歳を目前にした友人(男性)が脳出血で倒れました。元々高血圧傾向だったようです。手術はせず、10日後位から軽いリハビリが始まり、現在は降圧剤のみ服用しています。回復期リハビリのある病院に近日中に転院予定です。
現在入院中の救急指定大学病院では、一日に言語・作業・理学の3療法のリハビリを各1時間ほど受けているようです。
右半身マヒと言語障害があります。自力での座位保持は可能で、座っていて倒れるようなことはありません。右足をヨイショと手で持ち上げれば、あぐらをかいて座っていることもできます。
言語障害は倒れた直後よりはかなり改善されましたが、現在でも言葉が出ずらい、聞き取りにくい、知っているはずの言葉を忘れてしまう等、日常生活を営む上ではかなり支障があります。お見舞いに来た人をおぼえていないこともあります。

リハビリでは歩く練習もしているようです(約50歩)。右足に比べると右手の回復ぶりは思わしくなく、まったく動く気配がありません。寝返りを打つと、右手だけダランと置いてきてしまうような状態です。

このような状況ですが、私自身は医師やご家族から詳しい説明を聞くことができる立場ではなく、ただただ今後を心配している毎日です。
ご本人のお子さんはまだ小さく、自宅のローンもあるので、何らかの形で仕事をしなければならないはずだからです。

発症後1ヶ月で先に述べたような状況なのですが、これからリハビリを続けた結果、どの位まで回復するのが平均なのでしょうか?
40代後半の男性の平均として、
 ・歩けるようになるでしょうか?
 ・日常生活や仕事に支障がない程度に話せるようになるでしょうか?
 ・右手が動くようになる可能性はありますか?
を教えていただきたく、お願い致します。

類似の質問も読ませていただきましたが、新しく質問させてください。

ちょうど1ヶ月前に、50歳を目前にした友人(男性)が脳出血で倒れました。元々高血圧傾向だったようです。手術はせず、10日後位から軽いリハビリが始まり、現在は降圧剤のみ服用しています。回復期リハビリのある病院に近日中に転院予定です。
現在入院中の救急指定大学病院では、一日に言語・作業・理学の3療法のリハビリを各1時間ほど受けているようです。
右半身マヒと言語障害があります。自力での座位保持は可能で、座っていて倒れる...続きを読む

Aベストアンサー

専門家としては基本的に診察しないで回答することは
不可能かつ無責任です
それを踏まえたうえでの一般論として

>40代後半の男性の平均として、
 ・歩けるようになるでしょうか?

足の近位部 上のほうは一部左右両側の神経支配になってるので
筋力は多くの場合体を支えられる程度回復します
遠位部 特に足関節(=くるぶし)の踏ん張りが利かないパターンも
ままありますが これは装具で対応可能です
40代男性の平均的な筋力としてはスムーズでないにしろ
歩けるようになる可能性は大だと思います

 ・日常生活や仕事に支障がない程度に話せるようになるでしょうか?

日常生活は可能だと思いますが仕事は仕事にもよります

 ・右手が動くようになる可能性はありますか?

一ヶ月で筋力がほとんどないのなら
字を書くとか体を支えることは無理だと思います。
多少は動くでしょう。その中でできることを訓練するのです。

Q脳内出血後の性生活

58歳の男性です。3ケ月前に脳内出血を起こし保存的治療で1週間ほどで退院し後遺症もなく普通に仕事もし生活しています。血圧は125/80位で薬を飲んで朝晩安定していますが、緊張、不安で180/110以上がることがあります。セックスは血圧が上がると聞いていますが、再発とか危険でしょうか?

Aベストアンサー

仕事関係で脳内出血の方とSEXする機会があります。
本人は血圧が上がるからあまり激しい運動は出来ないと言って、休みながらSEXしたり、受身だけしかしないとか工夫をしていますよ☆
あとは、あまり長いSEXをしないとか気を使います。
無理をしなければ大丈夫だと思いますよ♪
不安なら勇気を持って医者に聞いて見るといいですよ。
たいした役に立たないかも知れないですね。すいませんんでした。

Q脳出血後の痺れ等の後遺症について

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるようです。

最近は、「後遺症だから仕方がない、時間がたてばもう少し楽になる」と父は
思うようにしているのですが、どんどん痺れをひどく感じるようになっており、
見ているととても辛く感じます。
また、痺れがひどいときは、家族や周りへの八つ当たりも出てきてしまいます。
‘なんとかしてあげたい’、という気持ちでいっぱいです。

そこで、ご経験者や専門家の方々に下記の件をお教えいただければ幸いに思います。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
 (発症直後は感じなかった痺れは、今後ひどくなっていくものなのかどうか)

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?

大変お手数ではございますが、どうぞお教えいただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

父(現在62歳)が一年前に脳出血(左脳の視床下部近く)を発症しました。
幸い、発症直後は後遺症がほとんどなく(感じてなく)、少し右足裏に
違和感を感じる程度でした。
しかし、ほぼ2ヵ月後に、右半身に痺れ等を感じるようになりました。
(お腹の痺れ、右足がどーんとした感じなど)

血圧は血圧降下剤の服用の効果もあり、とても安定しています。

それとは裏腹に、父はどんどん痺れがひどくなってくると感じて
います。
特に寒くなったり(冷房の中等)、ずっと座っていたりしていた状態で
ひどくなるよう...続きを読む

Aベストアンサー

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、痺れではありません。この痺れは、感覚を伝える神経細胞の周りにある細胞が、壊れた細胞を修復しようとして過剰な神経放電をおこしてしまい生じるものです。ですので、脳が自分を治そうとすればするほど出てくるのです。だからやっかいです。

視床付近が脳出血を生じた時、後から出現する痺れを予防するためにいくつかの予防的治療を行うのですが、日本では、上記にような痺れのメカニズムさえ理解していない医者が多いので、痺れが出る前に予防的措置がとられることは極めて稀です。

何もしなければ、だいたい脳出血の1年後くらいまでは、痺れはひどくなっていきます。繰り返して言いますが、後遺症ではなく、脳は自分を直そうとするための反応だからです。

(2)何かしびれを改善する方法はございますでしょうか?
主治医に言って「安定剤」の種類の薬を処方してもらいつつ、理学療法のうち電気刺激療法など、痺れの今後の増加を食い止めるような処置を考えてもらうことです。既に1年を経過していますので、効果は限定的かもしれません。

(3)家族としてどのように接していけばいいのでしょうか?
少なくとも「痺れを気にする」ことが非常によくないのです。運動の障害が少なければ、どんどん運動をして麻痺側をどんどん使い痺れを無視するトレーニングを積むことです。
本人も周りも「痺れているから」といたわることは、全く逆効果です。いずれにせよ「立ち向かう」という積極的姿勢が無いと改善していきません。

「痺れる痺れる・・・。後遺症だから・・・。」と言い続けて何もせず、できることもしなくなって過ごしてしまうパターンが非常に多いのも事実なのです。

◆神様の大豪院です。ご質問ありがとうございます。

(1)上記のような経過や症状は一般的なのでしょうか?
一般的です。視床下部(?)近くということだといずれにせよ視床に障害があったことと思います。視床の障害は脳が修復段階に入ってくると痺れが出現するのが特徴です。特に脳出血で生じやすいものです。

「視床は感覚を伝える中継点だから、そこがやられると後遺症として痺れが出る」と知ったかぶりの説明をする医者がいますがマチガイです。
視床が障害されると出てくる後遺症は感覚麻痺であって、...続きを読む

Q脳内出血(脳卒中)から復帰されたかた、またはご家族にお伺いします。

2日前に父が倒れて入院しました。原因は「左視床出血」で、入院した日の深夜に「急性水頭症」を併発し、緊急手術。現在は脳に溜まった水(髄液?)を抜くための脳室ドレナージ術と血圧管理を施されています。

症状としては「右半身麻痺」「失語症」「意識低下」がドクターに言われた症状です。

このような症状(その他似たような症状でも構いません)から復帰されたご本人やご家族のかたに伺いたいのですが、意識が混濁・低下している間の家族から呼びかけられたことや体をマッサージされたことって覚えてらっしゃいますか?

もちろん脳の損傷がどのくらいなのか、にもよると思いますが体験談をぜひお聞かせ願えればと思います。

倒れた直後から、父は言葉がまったく発せられません。寝ているときには「ううう」といういびきのようなうなり声のような音はしますが。目の焦点も合ってません。左手・左足はよく動くので倒れた当日などは看護婦が「バンザイして」というと左手をサッと上げていましたので、看護婦さんは「こちらの言うことは理解できているようです」とおっしゃられてました。娘のわたしが呼びかけると目の焦点はまったく合わないながらもこちらのほうを向き、なにか話したそうに(気のせいかもしれませんが)しますが、焦点の合わない空ろな目を見ていると、「娘のわたしが話しかけている」という明瞭なものではなく「誰かが耳元でなにか言っている」という条件反射的な反応のようにも思えてしまいます。もっと話しかけてあげたいのですが、なかなか言葉になりません……。

2日前に父が倒れて入院しました。原因は「左視床出血」で、入院した日の深夜に「急性水頭症」を併発し、緊急手術。現在は脳に溜まった水(髄液?)を抜くための脳室ドレナージ術と血圧管理を施されています。

症状としては「右半身麻痺」「失語症」「意識低下」がドクターに言われた症状です。

このような症状(その他似たような症状でも構いません)から復帰されたご本人やご家族のかたに伺いたいのですが、意識が混濁・低下している間の家族から呼びかけられたことや体をマッサージされたことって覚えて...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。お父様、大変でしたね。
自分の親が倒れ、脳関係の病気だとまだ2日間との
ことなので、いろいろな動揺もあるかと思います。。
私も母親ももともと糖尿病を持っていたのですが
突然倒れ、脳内出血で入院したことがありますので
ご参考になればと、回答させていただきます。

私の母の場合、血管が詰まり、倒れたのですが
(どこの部位だか覚えてなくてすみません(^^;)
幸い、入院直後の意識はあり、顔を見れば誰が誰だかを言葉に出して言うことは可能でした。
が、目線が違うところを見ながら話すので見えてるのかを
聞くとちゃんと見えていると答えていました。
お医者さんの診断は、ある程度は回復するものの、
左に麻痺が残り以前の生活は厳しいとの事でした。
実際、万歳をしてといわれても、左側は動かず、
自分では動くつもりで行動しようとするので
夜中にトイレに行こうとしたものの(始めは自分で車椅子に移動ができなかった)
左側に力が入らないためベットから落ちたこともありました。

同じ事を何回も言っても理解したようで理解していないらしく
忘れたり、聞かれたりしました。
とにかく、最初の一週間は、会話ができるとはいっても
私が生まれる前の記憶で物事を話したり意味不明なこともありました。
これからどうなるのかなぁと思っていた矢先、
母親にとって、初孫が誕生したのでその子に
元気になって会いたいという気持ちからリハビリなどを
がんばるようになっていきました。

自分の親がある日突然、倒れ、元気だった頃と
やはり比べてしまい、本人もそうだと思いますが
まわりの家族もあせりがでてきたり、
少しでも倒れる前の状態に近づいて欲しい気持ちから
言葉がきつくなってしまったり、ついしてしまいました(^^;

でも、リハビリは、早いうちからというのは
お医者さんの許可があればですが
いろいろやってみるといいと思います。
母の場合は、食事でした。目線が前を見ながら見えてるといい、
テーブルのご飯に手を出すのですがボロボロこぼしました。
そんな姿をなんともいえない気持ちで見ながらも
少しずつ、スプーンから箸へと移行して、
こぼさないで食べれるようになりました。
スプーンの方がこぼさないからスプーンで食べがちでしたが
私がいる場合の食事の時間は箸で食べるようにしました。

入院から、3ヶ月で、何かにつかまりながら歩くことが
できたので退院して一年たった、
現在は、ゆっくりながらも、自分の足だけで歩けるようになりました。
目線は、相変わらず、一方の目だけ、きちんと前を見ていません。これが治るかはわかりません。。
でも、日常生活をおくれるまでには回復し、現在に至っています。
血の詰まったか破裂したかで残るといわれた左半身麻痺も
軽く、残っているかもしれないけど大丈夫です。

退院してから、母親に聞くと、倒れて入院してからの
一ヶ月は、あまり記憶がないって言ってます。
でも、倒れて毎日見舞いに行ってる間中、
私の事がわかっていようといまいと
日常会話をどんどんしました(笑)

倒れてから一週間くらいは、なんでかなぁと
つらくなったりしますが、
今までみたいに普通に会話してあげてください。

はじめまして。お父様、大変でしたね。
自分の親が倒れ、脳関係の病気だとまだ2日間との
ことなので、いろいろな動揺もあるかと思います。。
私も母親ももともと糖尿病を持っていたのですが
突然倒れ、脳内出血で入院したことがありますので
ご参考になればと、回答させていただきます。

私の母の場合、血管が詰まり、倒れたのですが
(どこの部位だか覚えてなくてすみません(^^;)
幸い、入院直後の意識はあり、顔を見れば誰が誰だかを言葉に出して言うことは可能でした。
が、目線が違うところを見な...続きを読む

Q脳梗塞後、車の運転はいつからしても良いのですか?

10ヶ月前に脳梗塞で倒れ1ヶ月間入院しました。車の運転はいつからしても良いのですか?
現在は自宅療養中の55歳男性です。

仕事は25年間ほど公務員をしておりますが、この期に退職を考えております。退院後早いうちに復職したのですが、周りの職員たちと話すことが日々とても疲れ、会社から運転を禁じられているため通勤も大変であり、この調子がこれから先も続くことを考えると早期退職をして残りの人生を楽しみたいという思いが強くなった次第です。

妻もおらず、子供たちも無事巣立って行きました。自分がこれから死ぬまでどれほどの時間が残されているのか、明日死ぬのか、分からない以上今すぐにでも後悔しない生き方を選択したい気持ちです。

私は元から旅行が好きだったものですから、車や二輪車でまだ行ったことのない所を旅してみたいです。

しかし、私は病気から1年経っておりません。果たして運転はしても許されるのでしょうか?医者に聞いてもハッキリとした回答をもらえず、いつまで自粛すればいいのか分かりません。こういった病後の運転に関する決まりをわかりやすく教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

10ヶ月前に脳梗塞で倒れ1ヶ月間入院しました。車の運転はいつからしても良いのですか?
現在は自宅療養中の55歳男性です。

仕事は25年間ほど公務員をしておりますが、この期に退職を考えております。退院後早いうちに復職したのですが、周りの職員たちと話すことが日々とても疲れ、会社から運転を禁じられているため通勤も大変であり、この調子がこれから先も続くことを考えると早期退職をして残りの人生を楽しみたいという思いが強くなった次第です。

妻もおらず、子供たちも無事巣立って行きました。自...続きを読む

Aベストアンサー

脳梗塞後の自動車運転に関しては、いつになったらして良くなるかという問題ではありません。

現在の状態で、運転ができるかどうかが問題です。
現在の状態で運転ができれば、運転してもかまわないでしょうし、現在の状態で運転ができなければ恐らく今後もできないでしょう。

法律的には、道路交通法第六十六条「過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」というのが問題になります。

何が「正常な運転ができないおそれ」に該当するかはちょっと悩むところです。
視野が欠けている、道路標識を見ても意味が理解できない、けいれん発作をくり返している、といった場合は「正常な運転ができないおそれ」に該当するでしょう。
逆に、右手足が麻痺している、舌もつれがあり上手に話せない、といった場合は正常に運転している方もおられます。
両下肢麻痺でも、補助具を使い運転されておられる方もおられます。

主治医の先生が、「運転は不可」とはっきり断定されていないのであれば、あくまでも自己責任で、練習していかれてはいかがでしょうか。
また、障害者受け入れをやっている自動車教習所もありますので、相談してみても良いかもしれません。

脳梗塞後の自動車運転に関しては、いつになったらして良くなるかという問題ではありません。

現在の状態で、運転ができるかどうかが問題です。
現在の状態で運転ができれば、運転してもかまわないでしょうし、現在の状態で運転ができなければ恐らく今後もできないでしょう。

法律的には、道路交通法第六十六条「過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」というのが問題になります。

何が「正常な運転ができないおそれ」に該当するかは...続きを読む

Q脳内出血による後遺症について

脳内出血により軽い左半身麻痺の後遺症が残り、特に足の痛みに苦しんでいます。良い治療法がありましたら教えていただきたい。

Aベストアンサー

脳出血の後遺症による左下肢の慢性疼痛ということでしょうか。出血の部位はどこだったのでしょう?感覚の中枢である、視床でしょうか。それとも他の部位(被殻とか、脳幹であるとか、大脳半球皮質下など)でしょうか。
視床の出血の場合には、出血後2-3ヶ月経ってから、半身のしびれるようないやな感じの痛みが後遺症として出てくることがあります(視床痛といいます)。通常の鎮痛剤を服用しても疼痛が軽減しない場合には、テグレトール(カルバマゼピン)を投与する場合があります。しかしこの薬剤は、飲み始めにふらつきが出現したりすることも多く、効果もすべての患者さんに現れるわけではありません。痛みの局所には、湿布を貼ったり、温熱療法を行ったりすることもあります。しかし、なかなか十分に痛みは取れないこともままあります。いろいろな薬物や物理療法を施しても疼痛が軽減せず、不眠になったりノイローゼになったりする場合には、難治性の慢性疼痛として、視床の一部のガンマ・ナイフによる破壊手術を行ったり、脳・脊髄電気刺激装置を埋め込んだりをするという治療を行っている施設も全国にはあります。しかし、これらの治療も適応の決定が難しく、また効果も6-7割の方に認められるのみのようです。
いずれにしろ、脳出血後遺症による疼痛を完全になくすことは困難なのが現状です。いろいろと自分にあった方法を主治医と相談しながら見つけていくことが重要かと思われます。
やや悲観的な回答になってしまい申し訳ありません。ただ、今まで何も疼痛対策を講じていないのなら、上記のような方法で疼痛が軽減されたり消失したりすることもありますので、あきらめずに気長にやってみて下さい。お大事にどうぞ。

ところで、下の方は、何の専門家なのでしょうか。

脳出血の後遺症による左下肢の慢性疼痛ということでしょうか。出血の部位はどこだったのでしょう?感覚の中枢である、視床でしょうか。それとも他の部位(被殻とか、脳幹であるとか、大脳半球皮質下など)でしょうか。
視床の出血の場合には、出血後2-3ヶ月経ってから、半身のしびれるようないやな感じの痛みが後遺症として出てくることがあります(視床痛といいます)。通常の鎮痛剤を服用しても疼痛が軽減しない場合には、テグレトール(カルバマゼピン)を投与する場合があります。しかしこの薬剤は、飲み始め...続きを読む

Q脳出血後の頭痛について質問です。

脳出血後の頭痛について質問です。

はじめまして。

私は三浦と申します。

今日こうして相談させていただいたのは、
他でも無く私の母の病気についてです。

私の母は去年の9月16日に
「出血性脳梗塞」
で倒れました。

それから約半年間リハビリ入院を行い、
今年の3月に自宅へ戻りました。

現在、直接的な後遺症としましては、
左半身に若干の麻痺が残っており、
特に左腕はほとんど力が入らない状態となっております。

しかし、母は、
入院中の病院でも明るく、
いつも元気でみんなを和ませるような存在だったのですが...

帰宅してから、約3ヶ月、
みるみる元気が無くなってしまいました。

というのもその原因として、
入院中から訴えていた頭痛が日に日に酷くなっているからです。

これはあとから聞いたのですが
入院中母が担当の医師に

「あまりに頭痛が酷いのでもう一度検査してもらえませんか?」

とうったえたところ、

「脳出血で頭痛が後遺症になることはありえません!」

と強く断られ、結局最終的には
精神安定剤を処方されたのでした。

しかし、私たち家族の目から見ても
母が頭痛に苦しんでいるのは
明白な事実なのです。

母は相当我慢強い人間で
昔からめったなことでは弱音を吐く人ではありません。

その母がそこまで私たちに助けを求め、
日に日に元気が無くなっているのですから
正直これは家族としても、ただことではないと感じています。

ただ、現在私たちが住んでいる場所が
島根県という医療過疎地であることも重なり
病院を変えるといった手段を選択するための
選択肢すらないという状況です。

ちなみに、地元に一つしかない総合病院にも通院し
MRI検査も受けましたが、

「異常はなし」

と診断され、

「じゃあ、何が原因なんでしょうか?」

と、尋ねたところ

「さあ。私は脳の専門なので、
 MRIで何もでないなら私にはわかりませんね」

と、その病院の医師にも
真剣にとりあってもらうことができませんでした。

その他にも、
整骨院、個人病院の脳外科、内科
など数々の場所で診断してもらったのですが、原因もわからず
一向に母の症状は回復しないばかりか、悪化の一途をたどっています。

このような重たい質問を
ここでさせていただいてもいいのか迷ったのですが、

現在住んでいる島根県益田市には
周りに相談できるような信頼できる知識を持っおられる方も無く
どうしたらいいのかわからなくて、
藁にもすがる思いで相談させていただきました。

医学的な回答でなくても、
信頼できる病院や相談できる場所など、
そういった情報でも構いません。

長文で大変失礼致しましたが、
ご返答いただけると嬉しいです。

お忙しいなか
最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

よろしくお願いします。

脳出血後の頭痛について質問です。

はじめまして。

私は三浦と申します。

今日こうして相談させていただいたのは、
他でも無く私の母の病気についてです。

私の母は去年の9月16日に
「出血性脳梗塞」
で倒れました。

それから約半年間リハビリ入院を行い、
今年の3月に自宅へ戻りました。

現在、直接的な後遺症としましては、
左半身に若干の麻痺が残っており、
特に左腕はほとんど力が入らない状態となっております。

しかし、母は、
入院中の病院でも明るく、
いつも元気でみんなを和ませるような存...続きを読む

Aベストアンサー

先日、回答させていただきました、greenfreiburg です。
かかられた病院をみましたら、そうそうたる病院ですけど、不十分な対応は残念ですね。遺憾きわまり
ない感じでしたので、追記させていただきました。
広島まで行くように言われていたのは、頭痛外来がある下記のURLにある病院でしょうか?
この病院であれば、ご存知かもしれませんが、メールで直接医師に相談できるようですので、まず、
メールでご相談されて、医師の指示を仰いだらどうでしょうか?メールの後、電話で相談もできない
でしょうか。
その医師に相談して、3時間もかけて行かなくても、近くの病院か、あるいは浜田の国立医療センター
で、どのような検査を受けたらよいかを医者同士で、話し合ってもらう手はないでしょうか?
その上で、どうしても広島まで行かなくてはならないのであれば、数日、検査入院をして調べてもらう
よう医師に相談されたらよいかと思います。
次のサイトには脳出血と頭痛の関係が分かる内容が記載がされています。これを印刷して持って行き、変なことを言った場合には、見せてやったらよいかと思います。真の原因は私も医療関係ではありませんので、分かりませんが、少なくとも、脳出血と頭痛の関係は、下記で判明すると思います。
 http://www.zutsu-online.jp/cause/mechanism04.html
頭痛外来は、全国にもありますので、メールか電話で問い合わせを行い、近くの病院でどのような検査
や治療を受けたらよいかをアドバイスを受けられないでしょうか?しかし、最初が「出血性脳梗塞」
という事実はありますので、何か脳に異常があるのは間違いないのではないでしょうか?
三浦さん頑張ってください!!!

参考URL:http://medweb.jp/hp_258773.html

先日、回答させていただきました、greenfreiburg です。
かかられた病院をみましたら、そうそうたる病院ですけど、不十分な対応は残念ですね。遺憾きわまり
ない感じでしたので、追記させていただきました。
広島まで行くように言われていたのは、頭痛外来がある下記のURLにある病院でしょうか?
この病院であれば、ご存知かもしれませんが、メールで直接医師に相談できるようですので、まず、
メールでご相談されて、医師の指示を仰いだらどうでしょうか?メールの後、電話で相談もできない
でしょうか。
その...続きを読む

Q脳の「錐体路」と「錐体外路」の役割と違いについて

錐体外路は錐体路の運動刺激を微調整する?というようなことは少し理解できましたが、今ひとつはっきり分かりません。役割や違いについて簡単に教えて下さい。位置する場所などは分かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路と錐体路の件ですが、
一般的には錐体路が随意運動錐体外路が不随意運動と言います。
しかし、前の説明を見ていただくとおり、どちらも、数万のうちの一つにすぎません。特に錐体路は、全体に占める役割は本当はとても少ないのです。これは、高校などで習う事実とかなり相反するかと思います。

では、本題の説明に入ります。
錐体路は、大脳皮質から始まるニューロンが直接αモーターニューロンを支配している物です。一方、錐体外路は、大脳皮質からの直接投射はなく、脳幹の網様体などから投射される物です。前者は意識運動というイメージと繋がりやすいですね。
しかし、後者は何か??簡単に理解できる例として、、
1.腕を曲げる時は伸ばす筋肉は弛緩するでしょ??誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
2.コップに水をくみます。だんだん重くなりますが、腕は下がりません。誰がしてるの?頭(大脳皮質)では考えていません。
3.空気椅子で一分間我慢、、、。でも、人間の筋線維は連続して収縮できないのです。じゃあどうするの?それは、沢山ある筋線維を、入れ替わり立ち替わり収縮させて、見かけ上連続して収縮しているように見せかけるだけ、現に、疲れてくるとぷるぷるするでしょ? じゃぁ、誰が入れ替わり立ち替わりを制御してるの?頭(大脳皮質)では考えていません。

つまり、この辺のことをうまくやってくれているのが錐体外路系なのです。現にこの制御が壊れると、じっとしているのが出来なくなるんですよ。マイケルJフォックスさんのパーキンソン病もその一つです。

前の方で錐体路の働きは少ないといいましたが、それでも多くのかたは、錐体路は随意運動には欠かせない!!とおもうでしょ?
でもね、進化の上で錐体路はごく最近出来たんですよ。
現には虫類にはありません、ほ乳類でも錐体路の構成は極めて不安定です。
ヒトでも完全に純粋に錐体路のみを障害しても、時期随意運動は出来るようになると聞いています。

個人的には、錐体路と錐体外路で単純に機能分けをするのはどうかと思いますし、この考え自体少々古い考え方になっていると思います。元々corticospinal tract(皮質脊髄路)が錐体(延髄にある膨らみ)を通るので錐体路と呼び、それ以外にも運動に関わる神経路があるから錐体外路と呼んだだけですので、敢えて機能云々言わないほうがいいと思います。
また、両者は常に一緒に働きますから、それぞれが運動制御の一部分を構成して居るんだと思えばいいのです。

錐体路=随意運動
錐体外路=不随意運動
と言うのは、強いて言えばアメリカ人と日本人の気質を一言で断言するのに近いかもしれません。
ただ、多くの教科書や、先生方はそのように断言するかもしれません。完全に正しくはありませんが、大きく間違っても居ませんから、素直にそう思いつつ、世の中は、(特に生物は)そんなに簡単には割り切れないんだけどね、、。とニヒルに笑っておけばいいと思いますよ(^^;

PS錐体外路の全体像が(解剖学的にでも)解っているならたいした物ですよ!!

筋肉の運動を起こすには最終的には脊髄などに存在しているαモーターニューロンを発火させることで可能です。
では、どの様に発火させるのかと言うところがこの質問に答える近道だと思います。

このαモーターニューロンへは、実は、平均しても一個のαモーターニューロンあたり数万個のニューロンからの入力つまり調節を受けています。
これらのニューロンからの信号の総和が閾値を超えるとαモーターニューロンが発火し特定の数の筋線維が収縮し、全体で見ると筋肉がぴくっとするわけです。

さて、錐体外路...続きを読む

Q脳卒中で仕事をやめるので生活費の相談です。

脳卒中で歩行と会話ができなくなり、退職を会社からすすめられた。
入院中で仕事はできず。配偶者は1日に2時間程度のパート。
当面の生活費と入院費と健康保険など
健康保険や失業手当などなにかありませんか。

雇用保険と厚生年金と健康保険などの会社の保険は加入していました。
もらえそうな手当てや保険金はありますか。
半年以内の回復の見込みはありません。
知り合いが倒れたのでおしえてあげたいです。

Aベストアンサー

>もらえそうな手当てや保険金はありますか。

まずは健康保険から出る傷病手当金。
傷病手当金を受給するためには、まず3日連続して休職します、これを待期期間といってこの3日間は傷病手当金は支給されません。
そして次の4日目から傷病手当金が支給されることになります。
もちろんこの期間に対する質問者の方が就労不能であるという医師の意見書が必要です。
またこのように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書があれば継続給付といって傷病手当金が支給されます、ただし退職時に健康保険の被保険者期間が1年以上あることが条件です(支給される期間は最初に支給されてから1年6ヶ月です)。

傷病手当金の受給には出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類あるいは会社の記載がいるので会社の協力が必要です。
また医師の就労不能と言う証明も必要です。
具体的には健保から申請書の用紙を貰って、その用紙には医師の意見を書く部分がありそこに就労不能と言う意見を書いてもらいます、あとは会社の証明する部分は会社が記載して、出勤簿や賃金台帳のコピーなどの添付書類を付けて健保に提出します。
医師に意見を書いてもらうのは病院で質問者の方自身がやらねばなりませんが、他のことは通常は会社の総務辺りがやってくれるものです。
ですからそれをやってくれるように、会社に協力を申し入れるのです。
それが健保で認められれば途中で退職しても継続給付と言う形で傷病手当金は支給されます、その期間は支給開始から最大で1年6ヶ月です。

それから失業給付についてですが。
失業給付の受給の条件の一つは働ける状態にあるということです、一方傷病手当金は働けない状態であることが前提です。
ですから傷病手当金を受給していれば、失業給付は受給できません。

そういう場合には、安定所へ受給期間の延長をします、最大3年(本来の1年と併せて4年)の延長が出来ます。
そして病気が良くなり働ける状態になったときに、仕事を探すのであれば失業給付を受けることが出来ます。
手続きとしては退職後30日を過ぎてから1ヶ月以内に雇用保険者証と離職票を持って安定所へ行き申し出てください(医師の診断書もいると思います)。
代理人に依る書類の提出あるいは郵送に依る提出が認められています。
そして働けるようになったら受給の手続きをします(このときも医師の診断書がいるはずです)。

つまり医師が働ける状態でないと判断すればその間は傷病手当金を受け取ることが出来ます(もちろん期限はあります)。
そして医師が働ける状態と判断すれば、傷病手当金は打ち切られますが失業給付を受け取れるようになるということです。

次に傷病手当金が終了しても仕事に復帰できないときは障害年金になります、これについては年金事務所に相談してください。

その次になると生活保護になります、これについては社会福祉事務所に相談してください。

>もらえそうな手当てや保険金はありますか。

まずは健康保険から出る傷病手当金。
傷病手当金を受給するためには、まず3日連続して休職します、これを待期期間といってこの3日間は傷病手当金は支給されません。
そして次の4日目から傷病手当金が支給されることになります。
もちろんこの期間に対する質問者の方が就労不能であるという医師の意見書が必要です。
またこのように傷病手当金を支給されているあるいは支給される条件が揃っているなら、その状態で退職すればその後も医師の就労不能と言う意見書が...続きを読む

Q脳梗塞で右半身が麻痺しています

母が脳梗塞で右半身が麻痺しています。
右手足が全く動かず、その症状は毎日悪化しています。
今日はついに顔面まで麻痺し始めました。
明日からリハビリが始まるのですが
手足はどのくらいで動くようになるのでしょうか?
もちろん個人差はあると思いますが、本を読んでも病院で聞いても
さっぱり答えが出ません。

目安にしたり、今後の励みにしたいので
経験者の方、どのくらいで治ったのか教えて下さい。

また、毎日悪化するのが気になります。
そういうものなのでしょうか?

Aベストアンサー

脳梗塞症状は病巣の大きさや部位によって異なってきます。
とりあえずリハビリが始まるそうですが、私の職場で言うとリハビリテーションの以来は発症数日目にでます。まずは関節が固まらないように動かすところからですが、それはその患者の状態によります。で、徐々に進めて行くわけですが、一般的に麻痺の回復はやはり個人差がありますが急速な回復はだいたい1ヶ月、3~6ヶ月でくらいまでは回復していく時期と言われています。その後は全くないとは言い切れませんが、正直あまり期待できません。経験上でもそのくらいだと思います。
その時期に手足が動くかと言われても、こればかりは脳の損傷ですからみなさん同じようにいくわけがありません。何事も無かったかのように回復される方もいれば、重度の障害を負って寝たきりになる方もいます。そればかりは経過を負わなければ何とも言えません。

ちなみに、自分が訓練を担当した患者若しくは家族に同じコトを聞かれたらこのように答えます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング