1月~4月まで、正社員として働き88万円の給与収入がありました。
妊娠による退職で、5月から夫の扶養に入りました。失業手当の給付は延長の手続きをしました。
今後は、アルバイトとして前職の仕事を一部在宅で外注として引き続きすることになっています。月に1万円程度の収入があります。

そこで、わからないことがあるのですが、

1.今年の収入の上限(見込み)は正社員として働いていた88万円+外注の収入8万円です。103万円に達していないから、夫の扶養に入ったままでOK??

2.外注の収入8万円分の確定申告(白色)をする必要がある??収入の証明は請求書で良いのか??

3.ハローワークに失業給付の延長を申し出ていますが、アルバイト収入(月1万円程度)がある旨を報告しておいたほうが良いのか??

以上です。勉強不足で申し訳ないのですが、教えてもらえると助かります。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>5月から夫の扶養に入りました…



何の話でしょうか。
(1) 税法
(2) 夫が会社員等だとして、社保
(3) 夫が会社員等だとして、給与 (家族手当等)

>正社員として働いていた88万円+外注の収入8万円です。103万円に達していないから…

(1) の話なら、単純に足し算してはいけません。
しかも、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

また、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

>正社員として働き88万円の給与収入がありました…

これは「給与所得」で 23万円。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>一部在宅で外注として引き続きすることになっています。月に1万円…

これは「事業所得」または「雑所得」。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

2つの所得 (収入そのままではない) を足して、38万あるいは 76万を超えるかどうかを見ます。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>2.外注の収入8万円分の確定申告(白色)をする必要がある…

確定申告は部分的にするのではありません。
全部の「所得」を足して 38万円以上あったら、基本的に申告の義務が生じると考えて、大きな間違いではありません。(厳密にはそうとも言い切れませんが)

ご質問の場合、年末までに 38万を超えそうにはありませんので申告の義務は生じませんが、給与から前払いした税金を取り戻すためには、申告した方が利口です。
申告する場合は、月 1万の収入も一緒に申告します。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(2) の話でした。
とても丁寧な解答をありがとうございます。
非常に参考になりました!!
どちらにしろ、確定申告はしたほうが良いのですね。

お礼日時:2009/05/21 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qやりがいある仕事?(言葉の意味)

 「やりがいのある仕事」をする。

 世間ではよく耳にする言葉です。
 しかし?やりがいのある仕事って(言葉)の意味がわかりません。やりがいって仕事では何なのでしょうか?

 僕はまだ仕事の経験もなく、アルバイトで「お金を稼ぐ=仕事」だと認識しています。だからやりがいという言葉を耳にしてもぴーんとこないので、教えてください。
 できれば、具体的な事例もあげていただきたいです。(より深く理解をしたいので)

Aベストアンサー

あなたが仕事(アルバイトであっても同じ)をしたことによって、例えば、お客が喜んでくれたり(例えばわざわざお礼の電話をかけてきてくれたり)、雇い主が喜んでくれたり、自分の知識・経験・能力が増えたりしたとしたら、あなたもうれしくないですか? 私はうれしいです。

また、いいことばかりではなく、仕事の上での困難な状況を解決する努力をしたりすることにも、私は価値を見出します。

また、さらに言えば、自分の部下がそれらの経験をしてやりがいを感じてくれたら、それ自体、わたしはうれしいです。

働きによってお金をもらうのは当然のこととしても、人が働くのはお金のためだけではなく、そのようなやりがいの要素は非常に大きいと思います。

Q弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行って

弊社は関係会社を外注業者として取引しており、毎月外注費の支払いを行っています。
その外注業者へ今後毎月30万円 「片付け清掃荷卸手伝い」 として支払うこととなりました。
その際、勘定科目は雑費がいいのかなと思っていますが、もっと適切な科目があれば
ご教授いただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「雑費」は、一般的に営業外費用として計上されます。

質問では、外注費の「片付け清掃荷卸手伝い」が本業にどの程度関連しているのかはわかりません。

本業と関連があるとすれば、「一般管理費」に計上したほうがいいでしょう。


本業と関連がある場合とは、小売店など、清潔さがお客さんの購買意欲に結びつく場合などが考えられます。
また、工場などでの清掃荷卸は、製造間接費として「製品原価」に含めることにもなるでしょう。


結論として、「片付け清掃荷卸手伝い」を雑費に計上するのは不適当かもしれません。

Q今の仕事にやりがいを感じていますか?

私は30代前半の男です。
現在、ある会社の査定員をしています。

今の会社に勤めて7年目ですが、私なりに一生懸命に仕事をし、人並みに楽しいことや辛いことを経験して来ましたが仕事にやりがいを感じません。

職場の人間関係や給料は良くも悪くもないのですが・・・、どうしてもやりがいを感じられないです。最近では、仕事がマンネリ気味になってきてモチベーションが下がってきています。

そこで皆さんに質問ですが、今の仕事にやりがいを感じていますか。また、やりがいを感じられるようにどのような努力をされているのでしょうか。

Aベストアンサー

やりがいはありますが、あり過ぎて辛い時もかなりあります。
今の仕事は、誰でもできる仕事なのかもしれませんね。やっても評価されないのでしょう。

自分が必要とされているとか、自分の仕事を評価してもらえること等が「やりがい」に繋がるのではないかと思います。
しかし、やりがいは必ず「仕事の辛さ」と引き換えなので、そのあたりの覚悟は必要だと思いますが。

Q3万円の会計で、2万円と1万円の領収書

5人でレストランに行き、一人6千円のコース料理を食べたとします。
全部で3万円になりますが、この時に支払う側の都合で、2万円の領収書と1万円の領収書に分けて発行してもらうことは可能でしょうか?

可能かどうかというのは、法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

<民法>
領収書分割に関する法令がありません。法の定めがありませんから違法になり
ません。
領収書に関する定めは、民法第四八六条[受取証書の交付請求権]でけです。

<印紙税法>
印紙は課税文書(領収書)に対して課税になるだけであって、課税文書がどの
ような経緯で作成されたかは問題としておりません。
よって分割は法的に何ら問題はありません。

<消費税法>
消費税法第30条第9項
 イ 書類の作成者の氏名又は名称
 ロ 課税資産の譲渡等を行った年月日
 ハ 課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容
 ニ 課税資産の譲渡等の対価の額
 ホ 書類の交付を受ける当該事業者の氏名又は名称
ただし、金額が3万円以下の場合は、「ホ」は無くてもよい。

この規程は、領収書を受領(支払側)が消費税の仕入れ控除を受ける為に
必要な条項です。よってレストラン側に対しての規程ではありませんから
どのように分割しても不利益はありません。

但し、レストランは領収書を分割しない権利も有しています。
(領収書を分割しなければならない分けではありません)
よって、レストランが分割に応ずれば、何も問題はありません。

>法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

<民法>
領収書分割に関する法令がありません。法の定めがありませんから違法になり
ません。
領収書に関する定めは、民法第四八六条[受取証書の交付請求権]でけです。

<印紙税法>
印紙は課税文書(領収書)に対して課税になるだけであって、課税文書がどの
ような経緯で作成されたかは問題としておりません。
よって分割は法的に何ら問題はありません。

<消費税...続きを読む

Q今の仕事にやりがいを感じている方

今の仕事にやりがいを感じている方に質問です。

(1)性別(よければ年齢も)
(2)仕事内容
(3)どんなところにやりがいを感じていますか?
(4)やりがいはあるが、ここはちょっといやだ、ということはありますか?
 (残業が多い、給料が安い etc)
(5)今の仕事はいくつめの仕事(会社)ですか?
 (転職経験の有無)

よろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

(1) 男 32歳
(2) 社内経営コンサルティング(業界は保険会社)
(3) 常に新しいことに挑戦できること
(4) 同じ社内改革の意識をもって、腹を割って話せる仲間が少ないこと(皆無ではないです。でも少ないのです。)
(5) 2社目(前職:経営コンサルティング会社)

Q年商800万円くらいでも、1万円の物を売ったら500円と、消費税をもらっていい?

 消費税は、年商3千万円以上の業者が税務署を代行して5%をもらうことになっているようですが(将来線引きが1千万円になるとか)、「年商800万円くらいの業者でも、1万円の物を売れば5%=500円の消費税をもらい、それを自分の収入にしてもかまわない、なぜなら商売をするときに仕入れその他、いろんなコストがかかり、それらに対してたいてい消費税を支払っているのだから、それを回収する意味で、今度は自分が売るときに消費税をもらうのは当然の権利・・・」という話を聞いたのですが、どうも半信半疑です。
 年商何千万とかとてもいかないような零細業者が、客から消費税をもらって、それを自分のふところに入れても、それほど罰せられたりしないのでしょうか?

Aベストアンサー

消費税分をもらうのもOKだし、
その消費税について申告しなくてもOKです。

よく「消費税は不公平」、あるいは「益税」
などと言われるのは、そのためです。

課税当局は、免税事業者がとる消費税については、
「消費税」ではなく「消費税相当額の値上げ」と
認識しているようです。
(だから目くじら立てられないのかな)

以上ですが、ちょっと余談。
場合によっては、消費税申告したほうが
良い場合があります。

それは設備投資をたくさんしたときなど。

800万円の売り上げに対し、消費税は40万円。
一方、年間支払った消費税の総額がそれ以上、
例えば50万円だったりする場合です。
申告することで、10万円の還付が受けられます。

ただ申告しようにも、それなりの届け出が必要だと
思いますので、注意が必要です。

Q今している仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

今皆さんがしている仕事の内容にもよると思いますが、その仕事にやりがいを感じる部分はどこですか?

僕は今フリーターですが、以前は正社員で働いていました。
ただ、いくら働いてもやりがいを感じることができませんでした。(事務系の仕事だったんですけれども)

Aベストアンサー

ブライダルのヘアメイクです。
モデルやタレントではなく、一般の方が対象です。結婚式で花嫁さんが誰よりも美しく輝けるように工夫&努力してます。

肌の質感が美しく仕上がった時、
その人に似合う髪形をイメージ通りに作れた時、
メイクの仕上がりを見て新郎が「きれいだよ」と言ってくれた時、
それを聞いた花嫁が「ほんと?」と言いながら照れた時、
花嫁の母が「こんなにきれいにしてくださってありがとうございます」とおっしゃる時、
友人やご親族が「とってもきれいよ」「いつもと違うね」とお嫁さんをほめる時、
式が終わり新郎新婦からお礼の言葉を頂いた時、

挙げればきりがないです。

だけど、人からお礼を言われたり誉められる以外にも、自分で自分を誉めたいとき、ないですか?
どんな仕事でも自分で自分をほめられるくらい真剣に取り組めば「やりがい」を感じられるのでは?と書きながら思いました・・・。

Q外注費収入がある場合の年末調整

従業員の中に、1月から6月まで外注費扱いで、120万円程度の収入がある人がいます。7月以降は当法人で給料を支払っており、源泉徴収もされています。昨年度までは個人で確定申告をしていたとのことですが、今年度の年末調整はどのように処理すればいいのでしょうか?
また給与支払報告書の摘要欄には、転職の場合の処理と同じように、外注費を支払っていた企業名や支払金額等を記載する必要がありのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも、年末調整は、給与所得に限っての精算ですから、前職分が給与所得以外の所得であれば、会社には関係ありませんので、他に給与所得の前職がないのであれば、ご質問者様の会社の分だけで年末調整して、ご本人には源泉徴収票を渡して、事業所得と給与所得とを合算して、ご自身で確定申告してもらう事となります。

もちろん、給与支払報告書にも、それに関しては何も記載する必要はない事となります。

Qやりがいのある仕事と、働きやすい会社、どっちをとるべき?

今年の3月末に退社し、今、転職活動中のもうすぐ29才の女性の者です。
今までは、自分の裁量をある程度持って、やりがいのある仕事をやってきました。
しかし、ほとんど毎日終電、時に朝帰り、そして土日の休みもままらなかった為、長く続けていくことやりがいは難しいと考え、転職に至りました。

そして今、
(1)「働きやすいけど、やりがいは多くはない。でも、長く勤めたら、いずれはある程度の裁量を任される。」
(2)「すぐにやりがいある仕事は出来るけど、残業もある程度あり、休みも少なく、大変(以前ほどではないけど)」
どちらが良いのか分からなくなってしまいました。
この転職、後悔はしたくないと考えています。
ある程度の裁量を任されて、仕事で自己実現をしたいと考えている方、アドバイスをください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事に対して、やりがいと自己実現を優先させるのであれば
私なら間違いなく(2)です。
必ず残業が伴うとは限りませんが、仕事に妥協しない以上、
残業を辞さない姿勢は必要だと思います。
外資系企業がこのタイプのような気がします。

(1)はもう少しじっくり人生計画を立てるならよいと思います。
日本企業ならこちらでしょう。
少なくとも数年間実績を残さないと上に上がれない点は残念ですが、
その分体調の回復に努めたり、余暇を自己研鑽に当てられます。
いずれ裁量を任される時までの準備期間と捉えれば納得できます。


質問者さんが何のお仕事をしているかわかりませんので
勝手な推測で回答します。
違ったらスミマセン。

Q個人事業主の外注収入は売上高?

お世話になります。

主人は個人事業主(青色)で建築関係の仕事をしています。
下請けや孫請けの仕事が主なのですが、
月に何度かは他社の仕事の手伝いに行き【外注費】として収入を得ています。

この収入の経理処理は
他の売上と同じように【売上高】として処理するのか、
または、別の処理の仕方があるのか・・・?

と、言うのも【外注】で得た収入には消費税がかかっていません。
その収入と他の消費税が掛かっている収入(請負いの収入)とが
同じ科目ではおかしいな?と思ったのですが、実際どのように処理すればいいのかご教授下さい。
(去年初めて確定申告したので消費税は納めていませんが。。。)

今まで【売上高】で確定申告していましたが
所得税なども変わってきますか?

Aベストアンサー

>個人事業主(青色)で建築関係の仕事をしています。
>月に何度かは他社の仕事の手伝いに行き収入を得ています。
支払いを受けた日付で
現金支払いを受けた場合
現金/○○会社○○現場/売上
銀行振込で支払いを受けた場合
普通預金/○○会社○○現場/売上
今まで【売上高】で確定申告していたとおり会計します。
消費税について心配しているようですが、該当業者でしょうか?
消費税該当業者とは、2年前の事業売上が1,000万円以上の場合該当する事となります。
貴方の場合は、去年初めて確定申告したのでとありますので消費税を納める業者では無いと思います。
消費税該当業者は、事前に所轄税務署に届出が必要となりますので一度地元の所轄税務署に行って問い合わせして下さい。
この際に仕訳の方法を聞くと教えてくれます。
所得税なども変わってきますか?
所得税(源泉徴収税)に関して
個人事業主の場合
事業売上-事業経費=事業所得-個人控除=個人所得に応じてかかります。
ご参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報