現在、一戸建て住宅の購入を検討しており
中古にしようか新築にしようか迷ってます。

検討している地域の家の相場は

(1)新築 2500万円前後 4LDK
(2)中古木造 1000万円前後 5LDK 築30年前後 
(3)中古軽量鉄骨 1200万前後 5LDK 築30年前後
※中古物件に関しては内外リフォームが必要です。

上記の3点で悩んでおり決めれず・・・
何か良いアドバイス、そしてメリット、デメリットを教えていただけないでしょうか??
また将来的に考えて中古、もしくは新築どちらがいいんでしょうか??
どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 築30年の建物なんて無価値でしょうから古家付き土地ではないですか?最初から建て替えすると考えれば3つとも似たような金額だと思います。

であれば日当たり、地型、土地の広さ、駅からの距離などを基準で選ぶのが賢明かと思います。
    • good
    • 0

私がその3つから選ぶとしたら


土地の条件が一番良い物ですね

2と3なら解体して更地渡し等交渉してみるのも有りだと思います
    • good
    • 1

何度もすみません。

URLを貼り忘れてました。 <m(_ _)m>

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1214.htm
    • good
    • 0

No.1です…一つ書き忘れました ^^;



築20年以内でないと、住宅借入金等特別控除を受けることが出来ません。鉄筋コンクリート造の耐火建築物や一定の耐震基準に適合するものについてはこの限りではありませんが、購入以前の2年以内に耐震基準適合証明書や住宅性能評価書による耐震等級が必要以上にないといけません。なので、買ってから耐震補強しても、適用はされないというのもあります。

築浅の中古物件なら良いですが、古い家はデメリットが多いですよ。幾らリフォームしても築年数は変わりませんので、家の価値にも影響してきますし。
    • good
    • 0

ローン購入でお若い方でしたら30年の中古はお勧めできません。


これから長く住むことを考えれば、中古であれば築10年前後までが購入対象だと思います。

築30年の中古のメリットは価格以外にはないと思います。価格を耐用年数で割ってみると新築もそれほど割高ではないのではないでしょうか。中古はリフォーム以外にも順々に設備等の寿命がきますので手間もお金もかかります。広ければ尚更です。どうしても欲しい物件があるのでなければ新築をおすすめします。
    • good
    • 0

この三つの中からなら、新築でしょうか。

建て替えるのでなければ、私なら築30年の家は買いません。耐震補強等が必要になりそうですし、リフォーム以外に結構費用が嵩むと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング