中国語を始めたばかりです。
時間の学習で教科書に
ni3 ji3 点 chi1 早飯?の質問と
ni3 she2nme 時候 上課?の質問がありますが
ji3点 と 時候 の使い分けの差は何でしょうか?

どちらも具体的な時間の返答になっています。
ji3点は10以下の時は解りますが
時候でも10時以下の時はありますが・?(日本人の思う時間ではなく
 大きな空間の説明は有りましたが?)
*老師は美人で良い人ですが、少しきついので聞きにくい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お答えします。


・「ji点」は時刻のことを指し、返事するときは必ず時刻(例:3点、15点など)を返事します。
・それに対して、「shenme 時候」は同じ使い方がある一方、どんな時、どんな場合という意味を持っています。「shenme」+「時候」の造語です。
⇒つまり、「ji点」<「shenme 時候」とのような関係です。
⇒大まかに訳すと、「ji点」=「何時」;「shenme 時候」=「いつ」と考えればよいでしょう。
・また、「ji点」と「shenme 時候」は両方とも24時間の時刻を表記でします。10以下の時刻だけとかの制限はありません。もしかして、「ji」と「多少」との区別と混乱しているのではないでしょうか?
*受講生って、はやり、講師が美人であるかどうかに気にするもんですかね。きついというのは中国女性の優しさの表現ですよ。「刀子嘴、豆腐心(口は悪いが,気は優しい)」という表現は一番適切でしょう。
中国語のお勉強、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に有難うございました。
よく解りました。言われてみればjiと多少の混乱も有りました。
このコーナーは勉強になります。
また、ご教授お願いします。
*老師はきちんと説明していますが理解していないだけですね
明白了!とよく言われます。
美人だと嫌われたくないので再質問しにくい。

お礼日時:2009/05/20 09:27

 こんにちは。

中国人です。

 ji3点=何時=what time。

 shen2me時候=いつ=when。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。
早速。有難うございました。
よく解りました。
留学生に聞いたら区別して会話してないから
正確に教えられない、と言われて投稿しました。
助かりました、またよろしくお願いします。
有難う!!

お礼日時:2009/05/20 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国語でお正月のあいさつ。

謹賀新年
新年
あけましておめでとうございます
うさぎ年(中国にも干支のようなものがあれば中国語でお願いします)
今年もよろしくお願いします。


これを中国語ではなんと書くのでしょうか?

中国は正月が違うみたいなので、1月にあいさつはどのようなものがあるのでしょうか?


自分でググったりしたレベルでは


「新年好
万事如意、全家平安」
「卯」

程度の文章しかわかりません。

なにかあいさつ文があれば教えてください。

Aベストアンサー

謹賀新年
谨贺新春

新年,あけましておめでとうございます
恭贺新禧
(基本的に、この二つのことは中国語では似たような表現になります。)

うさぎ年
卯年(「兔年」の方がよく使われます)

今年もよろしくお願いします。
今年还要请您多多关照

Q「他是~老師?」の~に入る単語

タイトルの「他是~老師?」ですが、
回答は「口那国」(←すみません、口編が付いてる方のnaです。)で
shenmeは間違いだと言われました。

「そういう言い方はしない」としか説明して頂けなかったのですが、「彼は何の先生ですか?」という意味にはならないのでしょうか?
shenmeが使えない理由と、「彼は何の先生ですか?」という言い方を教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「他是 shenme 老師?」は、人間の場合、物と違って「名前を答える」というように一義的に決まりませんね。
また、単に「shenme」だけだと失礼というか、唐突な響きになると思われます。
英語でも「What is he ?」とは尋ねないのと同様だと思われます。
疑問文は、ときに反語にも使われますから、もしもこう言ったら、
「何て(何の)教師なの?」→どんな教師やねん!何の教師だと言うの?
のように否定的な響きを持つことも否めないと思われます。

ということで、単に「shenme」だけではなく、
「(教)shenme 科目的老師」(教はなくても可)というようにすればよいでしょう。

動詞が続いていますが、以下のように分けて考えてください。
他是「教xx的」老師。
のように「的」が「老師」を修飾する定語(日本語で言うと名詞を修飾する連体修飾語)を形作っていて、この部分には動詞+目的語のフレーズを用いることができます。
「動詞(~)+目的語(...)+的」+名詞(○○)で、
「...を~する」○○となります。

Q中国語、タイ語、ポルトガル語のあいさつは?

私の勤めている会社にはかなりの頻度で海外の研修生がやってきます。皆さん日本語で挨拶をしてくれるのですが、せっかく勉強してきてくれるのに私から挨拶ができないのは情けないと思いそれぞれの国の言葉で挨拶程度はできないといけないなと思うようになりました。色々な翻訳サイトを検索し、発音まで聞いてみたのですが、本当にそれが失礼のない言葉か?あっているか??心配です....。そこで

中国語、ポルトガル語、タイ語

それぞれ

○おはよう(こんにちは)

○お疲れ様でした!(またね!)

を教えて下さい。ちなみに私は派遣社員で海外の方は正社員という立場です。失礼のない言い方かつ、あまり堅苦しくない言葉で挨拶できたらと考えています。また、ちょっと言ったら面白いというか場が和むような言葉があればそれも教えて下さい。兎に角何かコミュニケーションがとりたいです。

すみませんが皆さん教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中国語について回答させて頂きます。

●おはよう→早上好(zao shang hao)!(おはようございます)
    →早(zao)!(おはよう!)

●こんにちは→イ尓好(ni hao)! ※目上の人には「您好!(nin hao!)」
 ※厳密には日本語の「こんにちは」とは若干ニュアンスが違いますが、質問者様が中国語が全く話せないのであれば、「イ尓好!(您好!)」で問題はありません。
 ※ただ、目上の人には必ず「您好!(nin hao!)」を使いましょう。発音の違いは微々たるものですが、万一「イ尓好(ni hao)!」を使うと失礼に当たります。
 ※なお、類語で「下午好(xia wu hao)」というのもあり良く教科書などにも載っていますが、中国人で実際に言っている人を見たことはありません。

他に、「こんにちは」的な言い回しで「吃飯了嗎?(chi fan le ma? もう食事は済みましたか?)」や「怎me様?(zen me yang? 調子はどうですか?」みたいなものもあります。

「吃飯了嗎?」はわりとフランクな表現ですが、そこまで大きく立場が変わらなければ、相手が目上であっても特に失礼な印象はありません。私は社長相手でも、気軽に話せる方なら普通に使っていました。それにもっとも中国ネイティブらしい表現かと思いますので、言えれば喜ばれると思います。


●お疲れさまでした→辛苦了(xin ku le)
 
 ※類似表現→先走了(xian zou le)お先に失礼します。先になります。

●またね!→再見!(zai jian!)さようなら!またね!※明日も会うのであれば、やや不自然。
    ※明日も会うなら→明天見!(ming tian jian!) また明日!
    ※来週会うなら→下周見!(xia zhou jian!) また来週! の方が自然。


発音は敢えてすべてピンイン(ローマ字)で書きました。
中国語は発音がかなり繊細なので、カタカナ表記にしてたとえば「ザオシャンハオ」などとして発音しても、まず通じません。

ネットの辞書などで発音が聞けると思うので、なるべく先入観なしで聞いたままを再現するようにして発音してみてください。

もしやる気があるなら、スマホなどで自分の発音を録音して聞いてみることをお勧めします。それを聞いてみて、見本の発音と同じようになっていれば、きっと聞き取ってもらえると思いますよ。


他にビジネスというシチュエーションで場がなごみそうな表現で思い浮かぶものは、

●我「彳艮」困(wo hen kun)→眠い
 ※「彳艮」という字が出てこなかったので二字で表現しました。

●餓死我了(e si wo le)→めっちゃお腹空いた~

●圧力「彳艮」大(ya li hen da)→ストレス溜まりますね



コミュニケーションを積極的に取ろうという姿勢にとても好感が持てました。
良い人間関係が築けるといいですね。

中国語について回答させて頂きます。

●おはよう→早上好(zao shang hao)!(おはようございます)
    →早(zao)!(おはよう!)

●こんにちは→イ尓好(ni hao)! ※目上の人には「您好!(nin hao!)」
 ※厳密には日本語の「こんにちは」とは若干ニュアンスが違いますが、質問者様が中国語が全く話せないのであれば、「イ尓好!(您好!)」で問題はありません。
 ※ただ、目上の人には必ず「您好!(nin hao!)」を使いましょう。発音の違いは微々たるものですが、万一「イ尓好(ni hao)!」を使うと失礼に当...続きを読む

Q『老師』とは先生に対する呼びかけの言葉か

『老師』とは、先生に対する呼びかけの言葉でしょうか。
先生なら誰でも、「老師」と呼びかけるのでしょうか。

Aベストアンサー

その通りです。
たとえば「先生、質問!」というような場合、「老師!」と呼びかけます。

年齢にかかわりなく、学校だとか教諭と言う身分、地位にかかわりなく、教えを請う側が教えてくれる人に対して使用します。
教えてもらうのが技術の場合、日本語では「師匠」となるように、中国語では「老師」よりも「師傅(师傅)、師父」などになることが多いでしょう。

Q中国語とタイ語で教えて下さい

披露宴の席次表に、その国のお客様がいらっしゃるので、日本語のほかに中国語・タイ語でごあいさつを載せたいと思っています。
以下の文章の中国語・タイ語で教えて下さい。

「本日はお忙しい中お越し下さり、ありがとうございます。
一生の記念となるこの日を皆様と過ごすことができますこと、心から感謝いたします。」

中国語では少し情報を仕入れましたが、文字化けしてしまい、合っているのかここでお伝えできません(本日请忙强迫中去,谢谢。能与大家度过成为一生的纪念的这天的事,衷心感谢。)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「喜筵」とは、「喜びの催しの宴会(場)」のことを言います。
簡単に言うと、祝宴(会場)のことですね。
そして比喩的に、「(いろいろな)祝宴」や、「結婚披露宴」と「結婚披露宴会場」を指します。とくに、特に特に特に「結婚披露宴」「結婚披露宴会場」のことを言うときに用いる慣用句です。したがって中国系の方が「喜筵」の字句だけを目にしても、通常は「結婚披露宴」を即座に連想します。そのくらい慣用的になっております。

「酒席」は「お酒の席」=普通はお目出度い催しの席ですよね。
ですから、「喜筵酒席」とすると、同義語が二つになってしまいます。
そこで私は「結婚酒席」の部分を「喜筵」と置き換えたほうが中国の習慣に適っていて、かつ簡潔でしまりの有る文面になりますよ とお勧めしたわけです。
-----
>「皆様」ではなく「あなた(=一人に言う時)」では「各位」が変わってくるのでしょうか?
変わりますよ。
*非常感謝大家百忙中来参加我men2的結婚酒席。能与各位度過有記念意義的這一天,我men2表示衷心的感謝。
上記の意訳翻訳は;
「本日はお忙しい中お越し下さり、ありがとうございます。一生の記念となるこの日を皆様と過ごすことができますこと、心から感謝いたします。」
のように、「皆様」と表現しているので「各位」となっています。これは複数の会席者に対して述べる文面ですね。

では「あなた(=一人に言う時)」の場合はどうなるでしょうか・・・以下をご覧ください;
*非常感謝大家百忙中来参加我men2的結婚酒席。能与nin2(またはni3)度過有記念意義的這一天,我men2表示衷心的感謝。・・・となります。

「nin」「ni」これら二つの文字はこのサイトでは電脳上で文字化けします。しかし中国語ではなくてはならない重要な意味がある文字です。手書きか以下の手順で電脳上で再現してみてください。

「nin」:あなた、の丁寧語・尊敬語です。こちらをお勧め。「人偏に尓を書いてその下に心」 で一字になります。「ni」よりも気持ち更に心がこもっている感じがしますね。「あなた」「ニン」で出ると思います。
「ni」:あなた、の常用語。「人偏に尓」 で一字になります。「なんじ」「ジ」で出ると思います。尤も中國南方方面では「ni」で全てを表していますが。

是でいかがでしょうか?(^^♪。
タイ語はこのサイトでは再現できないと思います(不明)。ABC文字やカタカナで表現する手も有りますが、これだとおそらくタイ人は意味を認識できないんではないかと思います。

「喜筵」とは、「喜びの催しの宴会(場)」のことを言います。
簡単に言うと、祝宴(会場)のことですね。
そして比喩的に、「(いろいろな)祝宴」や、「結婚披露宴」と「結婚披露宴会場」を指します。とくに、特に特に特に「結婚披露宴」「結婚披露宴会場」のことを言うときに用いる慣用句です。したがって中国系の方が「喜筵」の字句だけを目にしても、通常は「結婚披露宴」を即座に連想します。そのくらい慣用的になっております。

「酒席」は「お酒の席」=普通はお目出度い催しの席ですよね。
ですか...続きを読む

Q中国語の[イ尓](Ni3)という漢字

前々から気になっていることがあります。
中国語の[イ尓](Ni3 「あなた」)という漢字なんですが、日本の漢字変換機能にはこの字はありませんし、漢和辞典にも載っていないはずです。
ということは、この字は、古代に伝来した何万何十万の漢字の中に存在しなかったのだろうと思いますが、
「あなた」「You」みたいな超基本的な単語を表す字が伝わっていないというのは、とても不思議です。
それとも、この字は中国大陸でも近代に新しく作られた字なのでしょうか?
この[イ尓]という呼称は、私の知る限りでは北京語・広東語・ミン南語にも出現します(発音は違いはあれど甚だしくは違わない)から、結構昔から使われていて変化していない言葉だと思うのですが…。

どなたかご存知のかたはいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
中国の文字の歴史を語ると'一文字'だけでも膨大になりますので、以下かいつまんで。

・「イ尓 ni3」:第二人称代名詞。(一般的には欧米人・中国人にとっての第二人称は単なる'you'です。日本人ほど上下を無闇に分別する習慣は薄いです)。

南北朝後期(西暦500年ころ)にはこの文字は成立していました。
秦漢代以前(おおむね2000年以前)は、「尓er3」をもって第二人称代名詞としていた。
その後、文字の意義の多岐化・分化を経過するうちに「尓er3」は、蚕や蚕の繭、然るに などの意に特化された。
そして人を表す義符の人偏「イ」を付加して第二人称代名詞として特化していった(1000~2000年前)。このころの発音は「nie3」。そのときに同時に同義と言うよりも尊敬が込められた「汝Ru3」も使用されていた(この文字は現代日本にも引き継がれていて、第二人称代名詞として生きていますね)(現代中国語でも「汝」は文語的表現で第二人称代名詞として使用中)。

それと同時期には、女子・女性だけに対する第二人称代名詞として「女偏に尓」で一字(発音はni3)が使用されていた。それは戦前まで一応使用されていました。

蛇足で、「イ尓ni3」の下に「心」が付加されて「nin2」と発音し、第二人称代名詞の丁寧語として使用している地方が有ります。北京土話が典型例ですね。それをまねて揚子江以北のもう少し上寄りの北方では現在でも丁寧語として流通しています。南方の人民は生涯に亘って使用しない人も大勢います。

「イ尓 ni3」の古代文字は、無論繁体字で「人偏に爾」で一字。「er3, ni3, nei3, ne」などと同字異音で発音されていたそうです。この繁体字は、1955年?ころまで使用されています。戦後の文字改革の元、掲題の文字に相成った次第です。
「尓er3」は現代では文語表現としてのみ、第二人称代名詞として生き残っています。「イ尓 ni3」が「尓」に対する口語文字です(おかしな表現ですが・・・)<^!^>。

>この字は、古代に伝来した何万何十万の漢字の中に存在しなかったのだろうと思いますが、

・掲題の文字は中国の歴史でも比較的新しい造り文字です。それでも500年ほど前には既にありました。上述参照。

>それとも、この字は中国大陸でも近代に新しく作られた字なのでしょうか?

・中国4千年の歴史から見ると新しいほうですね(汗)。上述のごとく西暦400~500年ころには成立しています。

>結構昔から使われていて変化していない言葉だと思うのですが…。

・第二人称代名詞は人類とともに有ったと思いますが、文字だけが変遷したというところでしょうか。
----------------
「尓」の繁体字「爾」は、MS-IMEでも「なんじ」で再現可能なように他人に対する蔑称として使用された歴史は無さそうです、手元の資料では。
単純に尊敬語として「汝」が造語されたと解釈したほうがよろしいかも です。(「なんじ」は「汝」で、日本では第二人称尊敬語として使用中ですね)。

中世時代の日本で漢字を流用・借用した際に、あえて難しい「イに爾」を採用しないで、第二人称として「汝」が既に使用され流通していた、あえて難しい「イに爾」を採用しないで、それで良し として現在に至ったんではないでしょうか(私見)。

日本人が盛んに中国文字を採用しだした頃は既に「汝」は存在していました。以上です(^^♪。

こんにちわ。
中国の文字の歴史を語ると'一文字'だけでも膨大になりますので、以下かいつまんで。

・「イ尓 ni3」:第二人称代名詞。(一般的には欧米人・中国人にとっての第二人称は単なる'you'です。日本人ほど上下を無闇に分別する習慣は薄いです)。

南北朝後期(西暦500年ころ)にはこの文字は成立していました。
秦漢代以前(おおむね2000年以前)は、「尓er3」をもって第二人称代名詞としていた。
その後、文字の意義の多岐化・分化を経過するうちに「尓er3」は、蚕や蚕の繭、然るに などの意に特...続きを読む

Q彼ら(中国語)でなんと言ってたのでしょうか?

某巨大電気量販店に勤めています。
最近、同僚がちょっとした事から中国人の団体旅行客らしい人達と
トラブルになってしまい(原因はどうも、中途半端なレベルの日本語しか喋れない
通訳役をやっていた人の説明の勘違いらしかった)、かなり揉めて怒ってしまっていました。

それはそれで仕方がなかったとして、ちょっとだけ気になったのは、彼らが
しきりに「ツァオッ!」(中国語の出来ない我々にはこう聞こえる)と言っていたのです。これはやはり「この野郎!」とか「馬鹿!」と同義語なんでしょうか・・

知らないでいていい事もあるとは思うのですが、やっぱり気になります。私は知りたいです!ちなみに中国語は最近あいさつ程度だけでも勉強した方がいいのかな・・・と思わざるを得ないくらいに、中国の方との接客が本当に多くなったと思う、今日この頃です。

Aベストアンサー

再登場larryまたしゃしゃり出てきました。

>感謝の意を込めて初めて「謝謝」(シェーシェー)って言ってみたんです。

中国語は声調というのがあって、これがカナでかいてある
とおりに言っても通じない大きな原因になっています。
cao1とかcao4とかの最後の数字が声調です。
「橋」と「箸」が同じハシでも異なるように
声調が違うと違う字になるんです。

ありがとうの「謝謝」ですが
「しめしめ、うまくいった」の「しめしめ」を
「め」を「え」にかえて「しえしえ」
という感じです。これが声調4声です。

「おそ松君のイヤミ」の「シェー」より
「シ」と「エ」をはっきりさせて「シエ」
と言ってくださいね。

では、がんばってください。

Qjiの発音 チンジャオロースの場合

チンジャオロース(qingjiao rousi)のjiaoの発音は、ジャオと発音しているので、jiaoの「ji」の発音は、単語によって、ジにもチにも?なるのですか?

Aベストアンサー

jiの発音については、前の質問の答えをご覧いただければお分かりになったかと思います。
jiaoの場合も同じです。「ジ」とも「チ」ともイコールではありません。

「チンジャオロース」はあくまでも日本語です。
日本語の発音としては「チンチャオロース」より言いやすいのでこちらの表記になっているのだと思います。

Q中国語

中国語を勉強しています。
今のやりかたは、中国語文章の単語を
中国語から日本語  日本語から中国語に書けるようにする。
文章を中国語から日本語  日本語から中国語に書けるようにする。
読めるようにする。という感じです。
問題はピンインなのですが、中国人の方もしくは
中国語を話せる人は漢字を見てピンインを書くことができるのでしょうか。
ピンインを覚えて書けるようにならないといけないのでしょうか。

Aベストアンサー

中国人は、地域により教育に少し違いがある?らしく、中国人でも
ピンインを書けない人は、時々います。彼らは、耳から覚えているので
書けなくても良いようです。しかし、高等教育を受けている人は
ほとんど書けます。しかし、中国人にとって中国語は、"普通
話(プートンファ)"と言い、日本人のいう中国語を使う地域(北京)の
人以外、ほとんどの人にとって、自分たちの言葉ではありません。
3時間も電車に乗れば言葉が変わる位方言が多いのです。
普通は小学校から普通話を習っているようです。小学生のノート
などでは、漢字を書き、その上にピンインを書いて覚えています。
中国人で方言を話す人も、普通話(中国語)を話せるようになります。
日本人にとって、中国語の発音は、習得が難しいので、正確な発音が
出来るようになるためには、絶対ピンインの習得は不可欠です。
日本人には、"し"、"えん"でも、中国人から見れば、xiとshi,enとeng
を区別して話しています。中国に行っても自然に中国語を覚えるのは
時間がかかります。まずは、ピンインからです。

Q老師の意味を教えてください。

中国語で「老師」って、どういう意味ですか?「先生」っていうのは分かるんですが、学校の先生とかも全部「老師」になっちゃうんでしょうか?微妙なニュアンスを是非教えていただきたいのですが…。

Aベストアンサー

「陳阿(女夷)」 の( )の中は一文字です。
親戚でない、自分の母親と同世代の女性の事を「阿(女夷)」と呼びます。保育園の保育士が女性の場合も「阿(女夷)」と呼びます。でも幼稚園は先生なので「老師」です。

「陳老師」については、北京を舞台にしたドラマや小説を見ていて四合院とか大雑院に住んでいる人の間で、学校の先生がいた場合このように呼んでいたので、「そのように呼ぶのだな」と思った次第で、全員が全員このように呼ぶかと言えばそうではないかも知れません。

例えばその「陳老師」なる人が幼い頃からそこに住んでいた場合、その頃から知っている近所のおばあちゃんとか「陳老師」の幼馴染は日本で言う「○○ちゃん」という言い方をするかも知れません。北方では名前の前に「小」とか「幼」をつけるのが一般的だと思います。南方の事情はよく分かりませんが、たぶん名前の前に「阿」や「亜」をつけるのだと思います。或いはフルネームで呼んでいるかも。

日本でも医者とか弁護士、地元の学校の先生のご近所さんを「○○先生」と言いませんか? たぶんそんな感じでドラマや小説では学校の先生を「××老師」と近所の人に呼ばせているのだと思います。

ちなみに、医者の場合「××医生」「××大夫」。弁護士の場合「××律師」と呼んでいた気がします。

「陳阿(女夷)」 の( )の中は一文字です。
親戚でない、自分の母親と同世代の女性の事を「阿(女夷)」と呼びます。保育園の保育士が女性の場合も「阿(女夷)」と呼びます。でも幼稚園は先生なので「老師」です。

「陳老師」については、北京を舞台にしたドラマや小説を見ていて四合院とか大雑院に住んでいる人の間で、学校の先生がいた場合このように呼んでいたので、「そのように呼ぶのだな」と思った次第で、全員が全員このように呼ぶかと言えばそうではないかも知れません。

例えばその「陳老師」...続きを読む


人気Q&Aランキング