母は9人きょうだいの長女で弟妹がおり、皆から何かと頼りにされてきました。3年前、母は、家が漁師をしている弟の1人に船の修理費として300万ポンと貸しました。その後100万は返ってきたものの、少しして又50万貸しました。貸借証明みたいな紙は一切無く、銀行の通帳だけが証拠です。しかしその後「弟」からあまり連絡もなく「魚が獲れない」とだけ言われ残額をなかなか返してもらえないようです。「弟」の後を継いでいる息子が漁師をしていますが、漁に出ても魚が獲れない日のほうが多いため一年中働けない日ばかりで、他に働き口があったとしても働かないらしいのです。「弟」は持病のある妻と、その働かない息子夫婦と孫3人の面倒をわずかな年金で見ていて母から借りたお金を返すだけの余裕が無いのだろうと分かってはいます。でもだからといってお金をあげたわけではないので、今度故郷へ行く機会にちゃんと貸借証明を書いてもらってくると母が言っています。どのような事項を入れたらよいでしょうか。また、気をつけることなど教えてください。万が一「弟」が亡くなっても息子夫婦に借金の返済義務を移す事はできますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

本当に、大変だと思います。でも、いくらご家族とはいっても、多額のお金が返ってこないのは、お母様にとっては大変なことだと思います。何かしら、お役に立てればと思い、ご回答させていただきます。

賃貸借契約書を交わす際に気をつけるポイントはいくつかあります。
1、一括で返済してもらうか、分割して返済してもらうかについて決めます。また、返済が遅れた場合の遅延損害金についての(もし必要であれば)決めておきます

2、分割での返済の場合には、期限の利益(毎月○日までは、返済を待つ、というもの)を定めておき、その期限が超えた場合には、一括での返済を要求するか、もし保証人を設定したり担保を設定する場合には、それを差押えるというように決めます

3、もし、利息を取る場合には、利率を定めておきます

4、返済が滞った場合に、連帯保証人や担保についての決まりを定めておきます(もし、必要な場合には、定めておいてもいいかとおもいます)

ただ、これらの内容に、弟さんが承諾をしてくれて、契約書にサインをしてもらったとしても強制力はないのです。この契約書で強制執行をしたい場合には、公正証書にするか、裁判で判決を得なければなりません。

もし、この効力を絶対なものにしたい場合には、公正証書にしておいて、「強制執行認諾約款」という文言を入れておくと、返済が滞った場合に強制執行することができます。

契約書の内容につきましてどのような文言にすればいいのかについて、細かく知りたい場合には、市販の本でも、詳しく書いております。また、「公証役場」では賃貸借契約の無料相談を行なってくれていますので、もし、公正証書にする場合にはお近くの公証役場の公証人に、一度ご相談されてもいいかもしれません。なお、公正証書にする場合には、住所地を管轄する公証役場になりますので、故郷の公証役場にご連絡されることをおすすめします。

公証役場一覧
http://www.koshonin.gr.jp/sho.html

ただ、弟さんがお亡くなりになった場合には、息子さん夫婦が相続放棄ないし限定相続をされますと、借金は放棄されることになりますので、息子さんに請求をすることはできなくなります。非常にくやしいかと思いますが、もし多額の借金があったために相続放棄をされても、せめてお母様にだけにでも、返済してくれるかどうかは、息子さん夫婦のお気持ちに頼るしかありません…。

大変かと思いますが、事がうまく進まれることをお祈りしております。がんばってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/23 13:17

大変ですね。


下記サイトが参考になると思いますので・・・。

参考URL:http://www.classiccountryquilters.com/kinsen.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 19:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング