はじめまして。この春より生化学実験をはじめました。

この度、試薬を3000nMに調整したいのですが、計算方法が導けません。

分子量を元にして行えばよいのでしょうか。

わかっている情報は試薬は液体、分子量854/L、分量6mg/ml

必要量は5~6mL程度です。多少増減してもかまいません。

非常に初歩的なことで申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

液体試薬と言うことなのでおそらく分子量854g/molのものが1mL中に6mg溶解しているため6mg/mLとなっているのではないでしょうか?



そうであればこの試薬の濃度の単位換算を行うと約7.0mM程度なのでそれを希釈して3000nMにすればよいのではないでしょうか。

濃度計算は実験を行ううえで重要になってくるので頑張ってください。
    • good
    • 0

すみません。


>分子量854/L
って何??

この回答への補足

こちらこそ不明な点があり申し訳ございません。

データには分子量854としか記載がありません。

恐らく854g/Lか854mol/Lとして考えて問題ないかと思います。

上記の解釈により回答は異なりますでしょうか?

お手数ですがよろしくお願い致します。

補足日時:2009/05/19 19:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナノ粒子、マイクロ粒子について

ナノ粒子、マイクロ粒子について質問があります。
写真等で、ナノサイズの粒子等を見かけますが、あれは肉眼では絶対に見えない大きさですよね。でも実際にナノ粒子、マイクロ粒子等を見てみますと、肉眼でもわかるくらい粒々してます。これはいったいどういうことなのでしょう?同じ内容で、溶液中で均一になる等の特性があると思うのですが、これもよく目を凝らすと、粒が見えるような気がします。
例えば、肉眼で見える粒子は、ナノ粒子等が凝集したものだとすれば、結局それが実際に振る舞える大きさということですか?
回答の程、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

肉眼で見えるのは凝集体です.
まあ,分子は見えなくても液体の水は見えますね.そういう感じでしょう.
溶液中で粒が見えるような気がするのは,気のせいか,ちゃんと分散していない分が見えているのでしょう.

>結局それが実際に振る舞える大きさということですか?

それとこれとは別の話ですね.
液体の水が,分子個々の性質を示せないわけではないのと同じで.
まあ,「振る舞い」としてどのようなものを考えているかにもよるのでしょうけど.

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Qナノマシン、マイクロマシンの特許

昨年の11月ごろナノマシンかマイクロマシンでの根幹の特許がアメリカと共同で出願されたらしいですが、誰かお詳しい方いませんでしょうか?

Aベストアンサー

特許は通常(アメリカ以外)出願しても公開されるまでには18ヶ月ほどかかります。(公開制度)
アメリカだけは公開制度を取って無くて、特許になるまで公開されることはありません。
去年の11月と言えばまだ、5ヶ月ほどしかたっていないので通常で有ればまだ公開されていないと思います。

アメリカと共同で出されたのはどこの人ですか。

Q粉末試薬か液体溶液試薬か

実験試薬を調製するときに、液体溶液試薬を購入するのと、粉末試薬を購入して調製するのと精度は違うのでしょうか?
実際は、0.01Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのに、0.1Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を購入して希釈するか、粉末のチオ硫酸ナトリウムを購入して調製するか、迷っているところです。

Aベストアンサー

滴定に用いるのであれば、市販品にはファクターfが記載されていると思いますので購入した方が精度もいいですし、調製する手間もいりません。

標準溶液としてチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのであれば、ファクターも求めなければならないですし、面倒なことが多い。

しかし、購入しても10倍希釈する必要があるということなので、どっちにしてもkololiさんの腕次第のような気がします。

QマイクロSIMからナノSIMをコピーしてくれる業者

手元のiPhoneのマイクロSIMの中身のデータを、そのまんまナノSIMにコピーしてくれる業者を捜しています。
マイクロSIMをカットする方法は取りたくないので、コピーの業者を捜しています。
また、滅多にしない作業なので、自分でやるより、業者に持ち込みたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

持ち込み機種交換と言えばauやSoftbankのショップでやってくれます(auの場合は手数料3,150円だったと思う)。
当然のことですが、交換になるので元のSIMは返してくれません。

あと、SIM自体は電話会社のものなので、勝手に切ると怒られる場合があります。

Q希硫酸;硫酸(96%、比重1.84、分子量98)5.7mlを水10ml

希硫酸;硫酸(96%、比重1.84、分子量98)5.7mlを水10mlに加え、冷やした後、水を加えて100mlとする。このときの質量百分率、質量容量百分率、モル濃度を求めよ。という問題に関して質問です。
質量百分率を求めるとき、回答が(5.7*1.84*(96/100))/(5.7*1.84+94.3)*100で求められると書いてあるのですが、(5.7*1.84*(96/100))の部分の意味はわかります。しかし(5.7*1.84+94.3)という部分の意味がわかりません。これってどういうことですか?

Aベストアンサー

1) 質問の全てはここではわかりませんが  2) 質量百分率のことですから、 5.7x1.84 は硫酸96%の質量で、 94.3 は 「水10mlに加え、冷やした後、水を加えて100mlにした」 過程での水の質量のはずです。 この数字は、あなたの質問からはえられませんが。 

Q放射線の単位は、マイクロ?ナノ?

今日の新聞で全国の放射線の値(文科省資料より)がでていたのですが、
0.050マイクロシーベルト/hなどとなっていました。
これは、50ナノシーベルト/hの事だと思います。
以前は、ナノで書いてあることが普通だったと思うのですが、
最近は、マイクロシーベルトが普通になったのでしょうか?
個人的には、ナノシーベルトの方が今まで通りで分かり易いと思うのですが
この単位決めについて何かルールのようなものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

以前からマイクロだったような気がするのですが,ナノでした?


検出機器の表示単位にそろえてあるのではないでしょうか。
検出機器がマイクロで表示してあるものをナノ表示するのは,誤差の観点からもおかしいと思います。

ナノってCMなどで最近よく聞くようになりましたが,それでもまだまだメジャーな単位と言えないと思います。
最近まではマイクロですら市民権を得ているかと言われれば怪しいかもしれません。
ミリは普段から使いなれているでしょうから,その1000分の1のマイクロまでが感覚的に理解できる限界なのではないでしょうか。
さらに1000分の1といわれても感覚的に理解しがたいと思いますよ。

心理的印象もあると思いますが,上記のような理由もあると思います。

Q試薬Aに2mLの水を加えたところ、濃度が50μg/mLになりました。

試薬Aに2mLの水を加えたところ、濃度が50μg/mLになりました。
では試薬Aに5mLの水を加えると、濃度は何μg/mLになりますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2mLの所、5mLを加えるのですから、
2.5倍加える水が多いわけですから、
濃度は1/2.5なるので50/2.5=20μg/mL

これがこの問題での答えとなると思います。

本来は、混合により液量が変化しますし、試薬Aの液量が全くでていないので、
本当はこれだけでは回答できません。

試薬Aが1mLで水2mLを加えて、50μg/mLになったのか、
試薬Aが10mLで水2mLを加えて、50μg/mLになったのか、
それによって全然答えが異なるからです。

Q中小自動車メーカーのSUBARUの車輌は全てミリ単位で設計しているそうです。 大企業のトヨタ自動車の

中小自動車メーカーのSUBARUの車輌は全てミリ単位で設計しているそうです。

大企業のトヨタ自動車の車体はマイクロ単位の設計ですか?ナノ単位設計ですか?

車体の凹凸デザインの制度密度はどれくらいの基準で設計しているのか教えてください。

日産自動車はミリ単位かな。ホンダもミリ単位かな。

Aベストアンサー

0.1ミリ単位です。トヨタはCATIA V4の世界最大級のユーザーですので、CATIAの制約条件下で設計しています。

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む


人気Q&Aランキング