はじめまして。この春より生化学実験をはじめました。

この度、試薬を3000nMに調整したいのですが、計算方法が導けません。

分子量を元にして行えばよいのでしょうか。

わかっている情報は試薬は液体、分子量854/L、分量6mg/ml

必要量は5~6mL程度です。多少増減してもかまいません。

非常に初歩的なことで申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

液体試薬と言うことなのでおそらく分子量854g/molのものが1mL中に6mg溶解しているため6mg/mLとなっているのではないでしょうか?



そうであればこの試薬の濃度の単位換算を行うと約7.0mM程度なのでそれを希釈して3000nMにすればよいのではないでしょうか。

濃度計算は実験を行ううえで重要になってくるので頑張ってください。
    • good
    • 0

すみません。


>分子量854/L
って何??

この回答への補足

こちらこそ不明な点があり申し訳ございません。

データには分子量854としか記載がありません。

恐らく854g/Lか854mol/Lとして考えて問題ないかと思います。

上記の解釈により回答は異なりますでしょうか?

お手数ですがよろしくお願い致します。

補足日時:2009/05/19 19:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1mM溶液の作り方

試薬A(分子量108.6)を溶液Bに溶かして1mMの溶液を作る計算方法を教えてください。

Aベストアンサー

no1さんの方法だと0.1086gを正確に秤量する必要があります。0.0001gのオーダーまで天秤の上で量り取るのはそれなりにスキルが必要です。
そこで有効な手段としては、10mMなり100mMの溶液を作り、それを10倍や100倍に希釈するというのが挙げられます。
例えば10mMなら、秤量する試薬Aは1.086gと、要求されるオーダーが一桁甘くなります。これを1LのBに溶かしたものが10mMです。ここからスポイトなどで10mLとって、90mLのBで薄めれば1mM溶液が100mLできあがりです。

…こういうことを聞いてるんじゃないですかね?違ってたらごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報