大学合格に向けての必要な参考書の使う順番などを書いてある本ってどう思いますか?
そういうのを参考にしても良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

僕は阪大医医に通っていますが、参考にしたのは普通の、言葉を変えれば手堅い学習法でした。

どれほど客観的な方法を提供できているかどうかが重要だと思います。僕が参考にしたのは、個別指導で数十人を合格させた医学生が書いた<大学受験の教科書 エール出版>です。下に元となったサイトをリンクしておくので、ぜひ参考にしてください。
関西圏の全国でも有数の進学校の先生が何人か推薦しています。

合格体験記の類はそれほど役には立ちませんでした。参考になったのは1冊の中で2-3人ですね。東大の理科3類の人も本を書いていますが、実際に医学部に通った人はそんな勉強はしていなかったです。
合格体験記の場合、学校が提供したもの(授業・教材)を考慮しているものがほとんどなくて、その人の主観で少量のハイレベルな教材だけが紹介されていて危険だと思う面もあります。

結局、特殊な方法を紹介しているものより、要領のいい人はどのように勉強しているか、合格するためにはどれくらいの量が必要かを示してくれる本を参考にした方がいいですよ。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/nimsel/
    • good
    • 0

ご自身の学力、学習習慣などが一致しているヒトのモノなら、参考になりと思いますよ。


その辺はスポーツの本と同じで、水が恐いヒトが、速く泳ぐための教本を読んでも意味がないのと同じですね。
    • good
    • 0

いわゆる合格体験記の類でしょうか。



あなたの志望校(自分の持ち偏差値にせいぜい5を加えたあたり)に
第一志望で受かったようなひとの勧めるものなら、参考にはなるでしょう。

東大や早大生の勧めるものはそれらの大学を志望するレベルに
達している生徒向けなので、まだ受験勉強を始めているとは言えない
あなたにはまず不向きです。やろうと思っても『さっぱりわからず』、
ますます勉強にやる気が起きなくなること必至です。

参考書は、良書情報はいろんなところに転がっていますが、
まず立ち読みして自分に理解できることを確かめてから購入するのが
基本中の基本です。ひとの推薦を鵜呑みにしてはいけません。
    • good
    • 0

東大生が書いた経験記は東大に入れるあるいは旧帝大、東工大などにほぼ当確の高校生には有効です。


早稲田の学生が書いた物も早稲田にほぼ当確の高校生には有効です。
MARCHギリギリの高校生には縁がなく、日東駒専ギリギリの高校生には「毒」、大日本帝国ギリギリの高校生には「何のことやらサッパリ、サッパリ」。
なお浪人生にとっても同じです。
    • good
    • 0

こんにちは



jptwptwpjさんのお悩みはとどまるところを知りませんね

>東大生や早稲田生が書いた参考書の種類の本ってどう思いますか?
そんな本はたくさんあるので、具体的な本の名前を書かないと
なんとも言えませんが

おそらくそういう大学生に書かせるという事は
ある程度の進学校である程度の学力がある学生を対象にした本なので

jptwptwpjさんには合わないと思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング