アメフトのキックで、遠くに飛ばすコツと、狙ったとこに飛ばすコツを教えてください!!

A 回答 (2件)

パントでしょうか?プレースでしょうか?



パントであればボールの左半分を右足の外側でこすり上げるようにける
必要があり、かなりの練習量が必要です。基本的な筋力があれば
遠くに飛びますが、狙ったところに蹴るのはかなりの習熟度が必要。

プレースであれば基本的にはサッカーとかわりません。
プレースホルダーがある分、すこし打点が上なのと、私はボールの腹を
しっかり蹴れるように少しナナメにセットしてました。
プレースはとにかくまっすぐ蹴れることが重要です。
遠くに飛ばす方法はNO1さんの仰るとおり。
特に、加速時に蹴る、というのも重要です。(同じ速度で蹴って飛ばすよりも、加速中の足にボールが当たるほうが飛びます)つまりボールを蹴った瞬間が最高速度になるようにゆっくりタメを作って蹴り、しっかりと振りぬきます。
イメージ的には足の甲を伸ばし、足全体を振り子だと思ってイメージすると良いかもしれません。
    • good
    • 0

 キックの飛距離は初速にほぼ比例します。

だから足を振りぬく
速さを高めればいいのです。このとき重要なのは、ヒザの使い方
ですね。初心者はヒザを使わずに脚全体を振り抜こうとするので
速度が上がらないのです。

 これは、ボールを投げる動作をイメージすれば理解できます。
野球好きの日本人はボールを投げるのが得意です( ヨーロッパ人
には驚くほどヘタな人が多い )。おかげでヒジの使い方も上手い
です。でも、いわゆる女の子投げだとヒジを上手く使えないので、
ボールが遠くに飛びません。

 熟練したキッカーは、蹴る直前にヒザを直角くらいまで曲げて
タメを作っています。そしてインパクトの瞬間に伸ばします。
実際にはインパクトの直後くらいに脚がまっすぐに伸びますが、
まずはヒザを曲げるところから始めましょう。

 あとは柔軟性も必要です。バッティングの際にフォロースルーが
必要なのと同様に、キックでも脚を振り上げるのが大切なのです。
股関節やヒザ裏が固いと、脚が高く上がりません。これでは飛距
離を稼ぐのは難しいです。

 狙ったところに飛ばすコツは、常に同じ軌道で蹴ることです。
毎回同じところに蹴られるようにしなければなりません。これが
できれば、横に曲げたい場合は斜め方向に蹴りだせばいいのです。
斜めに蹴る方法があるのではなく、斜め方向に真っ直ぐ蹴るのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【アメフト】NFLの戦術(キックオフの常識)

こんにちは。
いつもありがとうございます。

NFLの戦術について分からない事があるので、どなたか詳しい方教えて下さい。

キックオフのボールがエンドゾーンに入って「タッチバック」になることがありますが、これはキックした側にとって「良いプレー」なんでしょうか?
一番良いのは、高い球でエンドゾーンぎりぎりに落とすことのように思えるのですが。
タックルすることでファンブルの機会が持てて、かつ20ヤード以内に押さえ込むのを狙うためです。
これを狙ってキックの飛距離をコントロールすることは出来ないんでしょうか?
因みに、キッカーのタッチバック率みたいなデータってあるんでしょうか?

また、よくキックオフのボールを転がすことがありますが、あれはどのような位置付けのプレーなんでしょうか?積極的or消極的?

質問ばかりで申し訳ないですが、皆様宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> これはキックした側にとって「良いプレー」なんでしょうか?

 良いプレーと言っていいと思います。まず、キックオフリターンの平均は
20 yd を超えています。つまり、タッチバックなら平均よりもリターンを
抑えたことになるわけです。またキッキングチームは、リターンを 10ydに
抑えることよりも、ロングゲインされないことに注力すべきです。

> 一番良いのは、高い球でエンドゾーンぎりぎりに落とすことのように思えるのですが。

 キックオフはパントとは異なり、リターナーがキャッチする前にガンナーが
到達するのはまず不可能です。またキックオフはフェアキャッチできないので、
タッチバックしない限り必ずリターンされます。ですので、エンドゾーンぎり
ぎりにコントロールできても、ロングリターンされる脅威は常に伴うのです。

 いっぽう、有能なリターナーは大きな武器になります。KCのダンテ・ホー
ルや、第31回SBでMVPになった元GBのデズモンド・ハワードなどが好例
です。彼らに仕事をさせないのは大事なことですので、タッチバックは決して
20 ydの損ではなく、リターンを 20 ydに抑えたと考えるべきでしょう。

> キックの飛距離をコントロールすることは出来ないんでしょうか?

 屋外では風向きなどの影響で飛距離が出ないことがありますし、正確性の
高いキッカーには飛距離があまり出ない人もいます。ですので、常にタッチ
バックを狙いたくても狙えないのが実情です。過去の例ではキックオフ専用
キッカーを置くチームもあり、たとえばスーパーボウルに4回連続出場した
ころのビルズは、正キッカーのスコット・ノーウッドとは別に、脚力のある
スティーブ・クリスティーも抱えていました。

> キッカーのタッチバック率みたいなデータ

 たぶん探せばあるはずなんですが、いまは見つからなくてごめんなさい。
ただ、NFL.com などでキッカーのスタッツを見れば、必ず TB という項目で
タッチバックになったキックオフ数が表示されています。ペイトリオッツの
アダム・ヴィナティエリは昨年のタッチバックが6回ですが、イーグルスの
デイヴィッド・エイカーズは12回と2倍もエンドゾーンに蹴りこんでいます。

> よくキックオフのボールを転がすことが

 オンサイドキックの話ではなく、低い弾道で転がすキックオフですよね?
目的のひとつは時間の消費です。たとえば残り時間 11 秒など微妙な場合に、
このキックを使います。キックオフでは相手選手がボールに触れた時点から
時計が動きますので、リターナー以外にぶつかればそれだけ時間を消費しや
すくなります。また、転がすことでリターナーに届くまでの時間も稼げます
ので、カバーチームがリターナーを囲みやすくなり、ロングゲインも防げます。

 もちろん、飛距離が出ないのでフィールドポジションが悪くなるという
デメリットもありますが、最終局面ではどのみちロングパスしか狙って
きませんから、残り時間を潰すことで相手のプレー数を確実に減らせます。

 もうひとつの理由は、風対策ですね。屋外のスタジアムだと、ときには
強風が吹いてボールが押し戻されることもあります。そんなときは高い弾
道を描くより、低い弾道で転がしたほうが飛距離が稼げることもあるんです。
QBのパスが風で押し戻されたシーンを見たことがあるくらいですから、
滞空時間の長いキックオフだと、風の影響は大きいでしょうね。

参考URL:http://www.nfl.com/players/playerpage/1392

> これはキックした側にとって「良いプレー」なんでしょうか?

 良いプレーと言っていいと思います。まず、キックオフリターンの平均は
20 yd を超えています。つまり、タッチバックなら平均よりもリターンを
抑えたことになるわけです。またキッキングチームは、リターンを 10ydに
抑えることよりも、ロングゲインされないことに注力すべきです。

> 一番良いのは、高い球でエンドゾーンぎりぎりに落とすことのように思えるのですが。

 キックオフはパントとは異なり、リターナーがキャッチする...続きを読む

Qアメリカンフットボールのパントキックでボールを追いかけない訳

アメリカンフットボールで第4ダウンでパントキックをしたとき、キックしたチームの選手は一生懸命追いかけてボールを押さえあるいはボールの周囲を取り囲んでボールがいい位置に転がっていくように見守っていますが、相手側の選手は普通はボールから遠い位置から傍観しています。傍観ではないのかもしれませんが、少なくとも一生懸命追いかけているようには見えません。

取る権利のあるボールが地面に転がったら、普通は一生懸命追いかけてボールを押さえると思うのですが、なぜパントキックをしたときだけは相手チームはボールを追いかけないのでしょうか。

テレビで見ていていつも不思議です。

Aベストアンサー

 #1さんのファンブルについて補足します。パントというのは
ちょっと特殊なプレーで、パントを蹴った瞬間( 厳密にはスクリ
メージラインを超えた瞬間 )に、パント側の攻撃権は放棄されます。

 レシーブ側は、ボールを獲らなくても自動的に攻撃権が手に入り
ます。ただ少しでもリターンしたほうがトクなので、リターナーが
ボールをキャッチできる場合は、リターンするわけです。

 ただ、パント時のルールとして、レシーブ側がちょっとでもボー
ルに触れたら、その瞬間からルーズボールとなります。つまりパント
したチームがボールを押さえれば、攻撃権を確保できるんです。

 だから、リターナーがボールの近くにいたら、ボールが予測不能な
方向に転がってリターナーの脚にぶつかるかもしれません。この危険を
避けるために、リターナーがキャッチしないと判断した場合にはボール
から離れる必要があるのです。

> 取る権利のあるボールが地面に転がったら

 たしかにレシーブ側にはボールを捕る権利はあります。いっぽうで
ボールを捕らなくても、前述のようなファンブルをしない限りは攻撃
権が手に入るのです。だから無理してボールを獲りに行く必要はないし、
むしろ獲りに行くべきではないというわけです。

 #1さんのファンブルについて補足します。パントというのは
ちょっと特殊なプレーで、パントを蹴った瞬間( 厳密にはスクリ
メージラインを超えた瞬間 )に、パント側の攻撃権は放棄されます。

 レシーブ側は、ボールを獲らなくても自動的に攻撃権が手に入り
ます。ただ少しでもリターンしたほうがトクなので、リターナーが
ボールをキャッチできる場合は、リターンするわけです。

 ただ、パント時のルールとして、レシーブ側がちょっとでもボー
ルに触れたら、その瞬間からルーズボールとなりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報