先日母が腫瘍除去の手術をしました。

術前に血液検査やMRIなど検査をしましたが、腫瘍が何なのか、またそれが良性なのか悪性なのかも分からず、手術して検査して調べますということでした。

普通、手術時に簡易で検査しますよね?その後、きっちり検査をして結果は1週間程度あとに聞く、というパターンだと思います。私自身のときもそういった感じでした。

ところが母の術後、簡易検査の結果を教えてもらっていません。(私自身は遠方に住んでいるため、今回の手術に立ち会えなかったため、先生にこのことを聞くことはできませんでした。簡易検査の結果は聞いていないと父や姉から聞きました。)

術前の説明時に悪いものだと、摘出以外にリンパ節郭清することもあり手術時間も延びますということでしたが、特にリンパ節郭清をしたとの説明もなく予定通り摘出のみだったようですので、見た目は悪いものではなかったように思うのですが・・・・。ちなみに立ち会った父や姉は摘出物を見せてもらったようです。

簡易検査の結果を知らせないということは、よくあることなのでしょうか?それともグレーなので何もいわなかったとか。いまどきグレーでもきちんと言ってくれると思うんですけどね・・・きちんとした結果は10日後に分かるそうです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

経験者です。



術中迅速検査の結果は、聞けば教えてくれるはずですから、わざと教えてくれないわけではないと思われます。

ただ、術中迅速検査はあくまで迅速検査で、腫瘍全体の検査ではない為、
腫瘍そのものの悪性度等、より詳細を求めるには不確実な材料であるという点から、
確実な結果、摘出した腫瘍の検査結果の重視という事で、その結果を説明すれば良いと考えているのではないかと思います。

また、術中迅速では、例えば、腫瘍以外の部位をとってそこに転移があるかどうかを調べたりもしますので、
そこにたまたま転移が見られなくても、腫瘍が何か?のほうが大事なので、
迅速-、または不確実、不明等といった検査結果が出る事もあり、
患者や家族に不安を与える可能性があれば、請求されていなければものすご~く詳しくは説明せず、
「予定通り進みました」「迅速はとりあえずマイナス」とういった表現がされる場合もあります。

すぐにでも知りたければ、医師に直接尋ねられてはいかがでしょう。

また、患者側が言わないでほしいと願っている場合もあるかも知れません。

腫瘍自体の結果を重視すべきですから、それまではストレスにならぬよう、良い結果が出る事を祈って差し上げてください。

お母様のご病状が早く良くなりますよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答くださりありがとうございます。

>その結果を説明すれば良いと考えているのではないかと思います。
まさにそうだと思いました。もともと腫瘍摘出は腫瘍自体が何かを見極めるための摘出だと聞いていたんです。術前に生検もしていませんので・・・。

母はすっかり元気になり、2,3日後には退院できそうです。母自身は腫瘍が良性と聞いていたので、術前説明で「良性悪性わからない」と聞かされかなり気にしていましたが、それより手術場所が顔なので顔面麻痺にならなかったことで、ほっとしたようです。

医師に聞いてみたいのですが、私自身遠方ですぐに母のお見舞いに行けず、今週末に行く予定でそのときは退院後になってしまいます。なので直接聞けそうになく・・・。とりあえず天命を待つではありませんが、前向きにアドバイスを頂いたとおり、周りがくよくよしてストレスを与えないよう接していきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 18:46

こんにちは



術中迅速診断ですが、診断結果は100%正確という訳ではなく、
正確性は90%くらいであると
医師から聞きました。
なので、手術時は必ずするという事はなく医師によっては、もしくは
ケースバイケースで正確な結果のでる病理検査後にそれなりの処置をする。
という事もありますよ。

質問者様の件ですが、質問文を読む限り迅速診断はしてるようですね。
簡易検査をして結果を家族に知らせないという事はありえないと思いますが・・
質問者様は同席していなかったとの事なので、とりあえずご家族に方の
医師とのやりとりを確認し、質問者様自身がその主治医に電話で簡易検査の件を
確認されてはいかがでしょうか?

とにかく術中迅速診断を行い、予定通りの摘出のみという事でしたら簡易検査の結果は良性で、
後は正確な病理検査の結果待ち・・
だと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐの回答本当にありがとうございました。

そうなんです、腫瘍の悪性度によっては摘出以外の処置をするので、と聞いていたので、予定通り=今のところは良性(もしくはグレー?)なのかな?とは思っているのですが・・・・

父だといまひとつラチがあかないので私が直接聞いたほうがいいので、電話で聞けるなら検討してみたいと思います。

なんだか回答を読ませていただき、心が落ち着きました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 18:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【稽留流産】病理検査とは

いつも大変お世話になっております。
本日、稽留流産のため子宮内除去手術をしてきました。
取り出したものは病理にまわし、2週間後に結果がでますと言われましたが
この「病理検査」とはよく掲示板なので目にする「染色体異常かどうかを調べる」「母親側に問題があるのか調べる」という内容を含んでいるのでしょうか。

こちらから申請せずに病理検査にまわすのは、通常のことなのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

>この「病理検査」とはよく掲示板なので目にする「染色体異常かどうかを調べる」この「病理検査」とはよく掲示板なので目にする「染色体異常かどうかを調べる」「母親側に問題があるのか調べる」という内容を含んでいるのでしょうか。という内容を含んでいるのでしょうか。

病理検査は「細胞の顔」を調べる検査です。染色体分析とは全く別モノです。
細胞の顔とは、つまり胞状奇胎ではないかどうかを調べるという意味です。
「母親側に問題があるのか調べる」というのは更に遠く、必要であれば貴女が採血したり子宮卵管造影検査をしたりしてください。

>こちらから申請せずに病理検査にまわすのは、通常のことなのでしょうか。

申請...「依頼」という意味??
病理にまわすのはルーチンです。

Q肝臓癌の摘出手術をしました。検査の結果、体には癌は全くないと言われまし

肝臓癌の摘出手術をしました。検査の結果、体には癌は全くないと言われました。
病院に勤務している看護師さんの話ですと切除した後抗癌剤の服用をしなければならないと言われました。
これって本当でしょうか?

Aベストアンサー

 まったくそのとおりです。
 肝臓に癌があったということは、肝臓以外の臓器にも無数の癌細胞が取り付いています。まだ目立つ大きさになっていないだけです。それらが大きくなって、多発性の再発癌、転移癌になると事実上、癌を消滅させる治療法がありません。そうならないように、何処にあるか分からない癌細胞をやっつけるために抗癌剤治療をやります。もちろん、その治療をするか否かは、貴方が決めることです。しかし、絶対やるべきでしょう。
 日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなります。癌は、良く研究されていて、その経過が良く分かります。どうせなら癌で死にたいという人もいるほどです。あまり心配しないで自分で勉強すると同時に医者にまかせましょう。治療法が進んでいますので、再発、転移は押さえられるでしょう。頑張って積極的な生活を送りましょう。

Q病理検査の結果について

25歳女性です。
先日、胃の具合がおかしくなりバリウムと胃カメラの検査をしました。
胃が、かなり荒れていて出血も見られるという事でした。
病理検査の結果を伺った所、良性か悪性かというはっきりしたお返事を頂けませんでした。
取り敢えずポリープの様なものは無かったという事で暫く様子をみましょうという事でしたが・・・
病理検査でもはっきりした診断が下らないという事があるのでしょうか。
更に詳しい検査を受けた方がいいのでしょうか。
又、炎症を抑える薬を服用していますが長期間飲んでも大丈夫なのでしょうか。
とても心配です。
アドバイス等宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

あなたはだいぶ心配症のようですね。

今日、胃癌の検索には、生検(病理検査へ回すために組織片を摘み取る)も超音波(ブローブという超音波を出す機械を内視鏡先端に取り付け胃の断面内部を検索する)も可能な「胃カメラ」=「上部消化管内視鏡」が最も精度が高い検査です。ですので、主治医に、改めて病理検査の診断結果と伴に、「私は胃癌ではないですか?」と、率直にお尋ねください。まずは、その点を確かめることが先決と思います。

Q子宮頸がんステージIIbと診断され、手術で全摘出、リンパもとって、放射

子宮頸がんステージIIbと診断され、手術で全摘出、リンパもとって、放射線治療、外部からと内部から当てる予定となっています。
社会復帰は可能でしょうか?
それとも後遺症で悩む生活になるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。私は昨年9月に子宮頸がんIb1期と診断され、10月に広汎子宮全摘術(卵巣も取りました)と骨盤リンパ節廓清術を受けました。病巣が4センチ弱あったため、化学療法を術後3カ月間やりました。 

放射能治療はやっていないので、少し状況が変わると思いますが、現在、術後7か月経ち、4月から仕事復帰しました。

排尿障害や更年期障害などの後遺症は慣れてきます。
排尿障害は、尿意を感じなくても約4時間おきにトイレに行けば済みますし、
更年期障害は、ホルモン剤を飲むことでかなり良くなります。体のほてりをまったく感じません。

術後1カ月ぐらいは慣れるまで大変かもしれませんが、半年も経てば気になりません。
なかには、リンパ浮腫になる場合もあるようですが、私は大丈夫みたいです。

Q地方の大学病院でのガンの詳しい病理検査は出来ないのでしょうか?

地方の大学病院でのガンの詳しい病理検査は出来ないのでしょうか?
どこの大学病院でも検査機関に献体を送ってるのでしょうか?

Aベストアンサー

病理検査は、検査ができるからする、できないから外注する……
という単純な問題ではありません。

例えば……
月に1000例あるような病理検査ならば、それを専門に検査する
医師や技師を雇って、機器をそろえても、経営が成り立ちます。
しかし、年に1例あるかないか、という病気の為に、
設備や人員を揃えておく事は、経営的には極めて、効率が悪い
だけでなく、精度も落ちます。
ならば、そのような設備や人員を持っているところに外注した方が
安いだけでなく、そのようなところは、症例も集まるので、
精度も高くなる、というメリットがあります。

「がん」と一口で言ってしまいますが、
例えば、「Aがん」(たとえば、乳がんという言い方)と一般に
言われているがんでも、その中には多くの種類があり、
その種類によって、ある抗がん剤が、効く、効かない
ということもあります。
そのような細かい検査に全て対応するよりも、
専門機関に外注した方が効率が良い、ということがあるのです。

Q腫瘍検査の結果の違いについて。

知り合いが以前、腫瘍検査で悪性?と疑わしくものが見つかり
先日、再検査で、顕微検査では大丈夫だが内視検査では
異常が見られるとのことですが、これはどういうことでしょうか?
いちおう次回4ヵ月後に再検査することになりましたが…。
個人的にはセカンドオピニオンを薦めています。

Aベストアンサー

質問者さんも十分に理解されていない上での質問なので、なかなか回答しにくいように思いました。

最初に出てくる「腫瘍検査」は何を意味しているのか不明です。PET検査なのか、それ以外の何かなのか。

その再検査、精密検査で組織(あるいは細胞)を採取し、顕微検査(病理診断のことと思います)では悪性なしの結果でしたが、内視検査(胃カメラか、大腸ファイバーか。つまり内視鏡検査)では異常所見がある。

つまり、カメラでみた所見は怪しいのだが、がんの確定診断はできない状況であり、意味するところは「がんではない」もしくは「がんであるが確定できていない」という2択ですね。再検査とするのは妥当のように思います。

セカンドオピニオンはそれからでも十分です。親切で言っておられることだと思いますが、何でもかんでもっていうのはそのお知り合いに医療費負担を強いることになりえますよ。生兵法は怪我の素です。

Q病理検査について

専門家の方に質問します。
腸カメラをしたときに組織を採取して病理検査に出し、炎症状態を調べるといわれました。
先生は炎症の度合いを見るといっただけでしたが、病理検査の場合は、必ず悪性・良性(癌かどうか)の検査も当然行うものなのでしょうか。炎症の検査だけするという場合もありますか? 
 その後、検査の結果は聞かずに受診していないので(症状的には落ち着いているので受診は何かあったときといわれました。)直接聞くことが出来ないので不安に思いました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.
病理検査ではもちろん良性か悪性かを判断されます.
「炎症」はこのうちの良性に入りますが,良性の炎症性組織と判断された上で,炎症の程度まで見てもらうことになります.
受診しなくても,電話での検査結果問い合わせにも答えてもらえる病院もあるので,一度病院に問い合わせてみてもいいと思います(最近は個人情報保護法のため,できないと言われることも多いかと思いますが...)

Q胃がん(早期進行がん)で胃全摘出後の検査結果の内容で悩んでいます。

姉が胃がんで胃を全摘出しました。

検査で、がん細胞の血管侵襲レベルが2という結果になりました。

「侵襲レベル」とはいくつまであって・・・
レベル2というのは再発の可能性が高いのでしょうか?

心配でなりません。どうか宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、早期進行がんというのはありえない表現ですね。
早期がんと進行がんは相対するものですから、どっちかに区分されます。

血管侵襲というのは、胃のなかで、がんが静脈にどれだけ入り込んでいるかの指標で、0から3までの4段階です。
0に比べると2は転移しやすいでしょうが、こればかりはなんともいえません。
組織型などのその他の情報と総合して、抗癌剤治療をくわえるのかどうかを判断してもらうのがよいでしょう。

Q脳への放射線治療と病理検査について

脳への放射線治療と病理検査について

いつも御世話になっております。今度グリオーマ疑いで生検をするのですが、結果次第では放射線治療も視野にいれていくことになるかと思います。そこで、グリオーマについてはしっかり勉強してきましたが、放射線治療についてはあまり勉強してこなかったので、勉強するのにおすすめの本などがあればぜひ教えていただきたいです。グリオーマについては「脳腫瘍を究める」というタイトルの医学生?向きの本がわかりやすかったのですが、そういった本は?いので国立国会図書館にいくつもりなのですが、本のタイトルにあたりをつけていないとなかなか探せないものですから・・。

また、それに伴ない恐らく放射線治療は副作用がそれなりにあると思いますので、事前にできれば他の病院などにも病理検査をだしたいと考えています。主治医も普段の診察のときにはそれはできるといっていたのですが、とくにこれといって伝手もないのでどこに病理検査を依頼していいものやらわかりません。主治医がいうには有料でうけおう業者があるときいたのですが、いまひとつ調べられませんでした。どなたか病理検査をもちこみでひきうけてくれる業者や病院を御存知の方がいましたら、ぜひ教えてください。

よろしくお願いいたします。

脳への放射線治療と病理検査について

いつも御世話になっております。今度グリオーマ疑いで生検をするのですが、結果次第では放射線治療も視野にいれていくことになるかと思います。そこで、グリオーマについてはしっかり勉強してきましたが、放射線治療についてはあまり勉強してこなかったので、勉強するのにおすすめの本などがあればぜひ教えていただきたいです。グリオーマについては「脳腫瘍を究める」というタイトルの医学生?向きの本がわかりやすかったのですが、そういった本は?いので国立国会図書館にい...続きを読む

Aベストアンサー

グリオーマ疑いとのことで心配の日々を送ってらっしゃることとお察しします。

病理は回答されている方がおられるので、放射線治療について述べます。
「放射線治療学」という本の4版が南産堂から出ていて、比較的新しい本なので推奨できるかと思います。他には、「放射線治療グリーンマニュアル」が金原出版から、また、「放射線治療マニュアル」が中外医学社から出ています。また、英語が堪能ならば、Principles and Practice of RADIATION ONCOLOGY がいいかもしれません。これらは医学生または専門医師向けの本です。
患者さん向けの本としては、「がんの放射線治療がよくわかる本」が主婦と生活社から出ていて、わかりよいかと思います。

上記二者の違いは、前者が解剖学、生理学、病理学を学んだことを前提として書かれており、一方後者は特に予備知識がなくても読めるようにしてあるということです。ですので、当然前者の方が内容をより詳しく掘り下げて述べられています。

グリオーマに関して十分知識をお持ちなら、専門的な内容の本をご覧になるのもいいかと思います。
なお、放射線腫瘍医用のガイドラインが下記のサイトにあります。見るのはただですので、一度覗いてみてはいかがでしょうか↓

http://www.kkr-smc.com/rad/guideline/2008/

低悪性度のグリオーマであることをお祈り申し上げます。

ちなみに、放射線治療が必要になれば、通常の放射線治療装置でも十分なのですが、トモセラピーなどのIMRTを使った治療の方が副作用が軽減され、局所制御率が上がったりすることがあるので、放射線治療について勉強なさって納得いけば、IMRTができる病院に照会してもらうのもいいかと思います。

グリオーマ疑いとのことで心配の日々を送ってらっしゃることとお察しします。

病理は回答されている方がおられるので、放射線治療について述べます。
「放射線治療学」という本の4版が南産堂から出ていて、比較的新しい本なので推奨できるかと思います。他には、「放射線治療グリーンマニュアル」が金原出版から、また、「放射線治療マニュアル」が中外医学社から出ています。また、英語が堪能ならば、Principles and Practice of RADIATION ONCOLOGY がいいかもしれません。これらは医学生または専門医師向けの...続きを読む

Q胃がん  リンパ郭清

胃がんについて 通常の癌の場合はリンパ郭清を行う事もあると思いますがカルチノイドや平滑筋肉腫などの粘膜下腫瘍の場合は腫瘍だけを取り除いて終わりですか?

粘膜下腫瘍では基本的にリンパ郭清は行わないという事で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

胃癌ガイドラインによれば、胃癌の場合はD2郭清が標準術式です。
カルチノイド、平滑筋肉腫に関してはガイドラインはありませんが、胃癌に準じたリンパ節郭清が行われるのが普通です。ごく小さい場合は省略可能かも知れませんが。なお、粘膜下腫瘍の中で最多のGISTはリンパ節転移があきらかな場合以外はリンパ節郭清は不要とされています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報