ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

電気についての知識は乏しくて・・・
教えて下さい。

車に積んでるバッテリーを1つ貰ってきました。

直流12Vです。
これに直列で電球を繋げます。
明るく光ります。
明るさは一定です。
この明るさを変えたいのです。
ラジオのボリュームみたいな つまみ?というか・・・
(左に回せば音が小さくなり、 右に回せば音が大きくなる あれで  す。)
あれを使って光の強さを変えるなんてことはできますか?

何メーカーの品番はこれ!って教えていただければうれしいです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

60Wって100V用ですよね?


これは100Vで0.6A流れる電球ですので、内部抵抗は100/0.6=160オームぐらいです。

12Vに接続すると流れる電流は75mAぐらい。
コレぐらいならトランジスタでいけると思います。
2SC1815なら入手も楽でしょう。
ランクはY辺りで。

図を見てください。
TRがトランジスタです。
VRが可変抵抗です。
Rが抵抗です。

2SC1815のYだとHfeが120~240程度です。
コレが増幅率で、かなりばらつきがありますので、正確にやろうとするのなら購入したトランジスタのHfeを調べる事から始めないとダメですが、アバウトに100倍として考えましょう。
75mA流すためにはコレクタに1mA流せばいいので、Rの抵抗は10kオームで良いと思います。
VRは大抵の可変抵抗が使えると思います。
VR=0オームの時に最大の電流(75mA)流れます。
VR=10kオームのときに60mA位流れます。
VR=30kオームのときに30mA位流れます。
VR=50kオームのときに20mA位流れます。
VR=100kオームのときに10mA位流れます。

もっと暗くしたければVRの値を大きくしてください。
以上のことより、俺だったら
TR:2SC1815Y
VR:100kオームの可変抵抗
R:10kオームの抵抗(1/8ワット位)
で回路を作りますね。
RSコンポーネンツで全部そろいます。
可変抵抗は好きな大きさのものを選んでください。

もし12Vで60Wだと5Aも流す事になるので結構難しいと思います
やるとするならヒートシンクが欠かせませんが、やめておいた方が無難だと思います。
「可変抵抗器って何?」の回答画像5

この回答への補足

ご丁寧な説明をありがとうございました。
素人の私にも理解しやすく大変参考になりました。

補足日時:2009/05/21 06:13
    • good
    • 0

 60Wの白熱電球の調光には、100Vの白熱電球に換えて調光器を使うのが簡単です。


http://www.akaricenter.com/denzai/tome_tt-150nlh …
 調光器とは、いらない電力を熱として捨てるのではなく、白熱電球を高速でON/OFFして人間の目見は暗くなったように見せる器具で地球に優しく値段も安いのです。

 どうしても12Vの白熱電球を使う必要があるなら、100Vを12V8A程度に変換する変圧器(トランス)を使うことも出来ます。ただしこの場合は、100V側に接続する調光器がトランスに接続できるものかどうか確認が必要です。
http://www.edenki.co.jp/shopdetail/686030000002/ …

 理科の実験で使うような安定化電源を用意すれば、もっとスマートに0~12Vを発生することが出来ます。5Aまで連続で取り出せますから60Wで点灯させる事が可能です。
 http://www.texio.co.jp/product/power/detail/deta …
    • good
    • 0

 可変抵抗とは写真のようなものです。

バリアブルレジスタ、VR。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dejima/y783-44 …
 電力の一部を熱として捨ててしまうことによって、取り出す電力を調節することができます。それぞれの製品で消費できる電力は決まっています。5Wの可変抵抗(これでもとても大きい特殊なものですが)といっても、本当に5Wも消費させるとちんちんに熱くなって色が変わってしまいます。結局、定格の1/5程度の電力の範囲で使うことになると思います。

 たとえば、12Vで12Wの電球の明るさを調整するには、最大でこの半分の電力を熱として捨ててしまう必要があるので、つまり6W。余裕を考えると30Wもの可変抵抗を用意しなければなりません。これはもうかなり特殊な大型のものです。

http://eleshop.jp/shop/goods/search.aspx?search. …
 電力型可変抵抗器。

 可変抵抗器の抵抗値は、電球の消費電力と、最も暗い側では何ボルトまで電圧を落としたいかによって決定します。

 ご質問と違いますが、車のバッテリーというのは内部放電が大きく、つまりただ置いておくだけでどんどん電気が抜けてゆきます。また、鉛電池は、ニカド電池やニッケル水素電池、リチウム電池などと違って、一度空にしてしまうと永久的に不良となりますので、常に充電しながら使う必要がありますよ。
    • good
    • 0

ラジオのボリュームみたいな つまみ?というか・・・


(左に回せば音が小さくなり、 右に回せば音が大きくなる あれで  す。)
あれを使って光の強さを変えるなんてことはできますか?
同じ事ですので出来ますが、電球のワットに耐えられるワット数が必要です

この回答への補足

60W程度ですが・・・
><

補足日時:2009/05/19 17:49
    • good
    • 0

バリコンのことでは。


webで検索してみたら。

この回答への補足

さっそく検索しました。
バリコンっていうんですか。
いろいろ種類があるようですね。
勉強します!

補足日時:2009/05/19 17:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω

Q抵抗の1/2W、1/4Wの違いについて

 クルマのLED工作で抵抗を使おうと思っています。

 その時 抵抗には、〇Ω以外にも
1/2W、1/4W等の規格があるのですが、よくわかりません
調べてみたところ<電力消費>という
キーワードが分かりましたが他がサッパリ・・・・

・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?
 1/2Wの場合 〇Ωになるのでしょうか?

・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
判別がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

抵抗が焼ききれずに使用できる or 性能を保証できる電力です。

例えば1kΩの抵抗に24Vの電圧を与えると、抵抗はP=V*I=(V^2)/R=0.576Wの電力を熱として消費します。
1/2W抵抗は0.5Wまでしか持たないので1W抵抗を使用することになります。
一瞬でも定格を越えるとダメなので、通常は余裕を持って考えます。

>・例えば (+)1/4W 430Ω LED (-)という場合
>抵抗を 1/2W 430Ωでは、ダメなのですよね?

定格を満たしているため問題ありません。

>・また、1/2W、1/4Wは、単純に大きさ(太さ、長さ)で
>判別がつくのでしょうか?

大抵の場合大きさで分かります。長さも太さも違います。
同一シリーズであれば確実にワット数の大きいほうがサイズがでかいです。
(1/2W>1/4W)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314083328


人気Q&Aランキング

おすすめ情報