毛細管力が有効に働く気孔径はいくらまでですか?
h = 2γcosθ/(g・ρ・r)

水の表面張力γ:72[mN/m]
重力加速度g:9.81[m/s^2]
水の密度ρ:1000[kg/m^3]
細孔内径r:3[μm]
シリコン表面接触角θ:79.85°(実験値)
とした場合,揚水高さhは86.2[cm]
となります.
しかし,実験ではそのような現状が起きておらず
毛細管力の影響を考慮しない細孔径などあるのかという
疑問がでてきました.

わかる方いらっしゃったら教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

μm」に関するQ&A: μmと、mmは?

A 回答 (1件)

解答がつきませんね。


とりあえず、
毛細管力の影響を考慮しない細孔径などというものはありません。
どのような実験系をお使いか分かりませんが、理論値と実測値が合わないのは、ヒステリシスによると考えることも出来るかと思います。接触角の測定はかなり微妙で、実測値が通用する範囲を検討する必要があるように思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

μm」に関するQ&A: mmからμmへの計算方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報