お世話になります。
「貸倒損失のもとをとるには、どう考えればよいか?」
質問させてください。
以下です。

【営業社員が
1千万円の回収漏れ(貸倒損失)を出した場合、
1千万円売れば穴埋めできるでしょうか?】
という問いに

私は
売上高対営業利益率が5%の会社でしたら、
2億円売らないと、1千万円の穴埋めにはならない。

と思っていたのですが、
普通は売上高対営業利益率では考えずに、売上高対売上総利益(粗利)率で考えるそうです。

売上高対売上総利益(粗利)率で考えた場合、
貸倒損失のもとをとるには、いくら売り上げれば良いのでしょうか?

整理ができていない質問で申し訳ございませんが
何卒ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「貸倒損失」の考え方によります。


つまり、あなたの言う1千万円が売上高ベースのものだと、実際の損失は売上原価相当額=「売上高×(1-粗利益率)」ということになります。
例えば粗利益率が15%だと8500千円の損ということです。

しかし、実際の営業では売上原価だけでなく、さまざまな営業経費や金利、逸失利益や回収の手間などを考慮すれば、損失を純利益でカバーするという考えが必要かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとう存じます。

基本的に、貸し倒れ損失は粗利で補填すると考えるそうです。

営業社員に「回収なくして営業なし」ということを説明するために
一千万円の回収漏れが出た場合、
それの元をとるには●●万円稼がないといけない。。
回収漏れは大変なことなんだ

と説明したいと思っています。
ojisan-man様のご回答の例ですと実質の損失は850万円で、
そのもとをとる考え方等はありませんよね。。

実務でなく大まかに他の者に説明したかったのですが、
詳細に説明をしていただきありがとうございました。
参考にさせていただき、
分かり易く説明できるよう熟考したいと思います。

お礼日時:2009/05/19 19:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q課税売上高ってどの部分を指すのでしょうか?

課税売上高が1,000万になったら消費税を支払わなければいけないと聞きました。しかし課税売上高が何を指すのかよく分かりません。

売上-経費=所得

上記でいうところの売上が課税売上高なのでしょうか。それとも所得の部分が課税売上高なのでしょうか。

課税売上高の算出方法などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上記でいうところの売上が課税売上高なのでしょうか…

原則として、売上が課税売上高です。
ただ、売上げの中に、免税、非課税、不課税取引が含まれる場合は、これらを除外します。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6201.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6205.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6209.htm

また、売上以外の雑収入や固定資産売却益などで、課税取引となるものを含めます。

消費税について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q売上1千万円以下の業者が消費税を課税してもいいのですか?

消費税のことで質問します。

消費税は年間で売上1千万円を超える業者に対して課税義務があると思いますが、中には個人事業でどう見ても売上がそこまでないような店が消費税を取っている場合があります。

これって問題ではないのでしょうか?
要するに商品の金額に5%上乗せして金を取っておいて、でもその5%分はそのままその店の収入計上しているだけだとすると、おかしいと思います。
でも、一般的にはこういうことをやっている業者っていくらでもあるような気がします。ネットで販売している業者とか。

どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

特に問題ないです。

業者は消費税を納める課税業者になってもいいし、消費税を納めない免税業者になってもいいのです。

仕入れ額が大きい物販業者は仕入れ時に消費税を払っているので課税業者を選んで還付する方が得なのです。

参考URL:http://www.jcp.or.jp/faq_box/004/2001-07-18-faq.html

Q損益分岐点売上高

損益分岐点売上高についてお聞きしたいのですが、

損益分岐点売上高=固定費/(1-変動費/売上高)

という公式なのですが、
仮に、ある店舗の固定費が3000万、変動費が3500万、売上高が5000万とした場合、
「3000万/(1-3500万/5000万)」なので「3000万/0.3=1億円」であり、
この店舗の損益分岐点売上高が1億円となると
ある本に書いてあったのですが、
売上高が始めの条件で5000万となっている時点で、
この店舗は赤字が確定という事になるのでしょうか?
公式の中の売上と損益分岐点売上の関係がよく解りません。
どなたか教えていただけませんでしょうか??

Aベストアンサー

固定費というのは売り上げ金額に関わらず必要な費用です。

変動費は売り上げ金額に比例して変わるものです。

例題では5000万円の売り上げをするのに必要な変動費が3500万円です。
1億円売り上げようとするなら7000万円の変動費が必要になりますよね。

だから変動費だけで考えたら1億円売り上げた時点で3000万円の利益がでます。
ただし固定費が3000万円必要なのでこの利益が固定費で消えます。

よって1億円が損益分岐点なのです。

公式を下の式を参考に導いてみて下さい。


固定費=損益分岐点売上高-変動費
              
             変動費は損益分岐点売上高での変動費

固定費=損益分岐点売上高-損益分岐点売上高*変動比率
                       
                      例題の場合変動費率は0.7

固定費=損益分岐点売上高-損益分岐点売上高*(変動費/売上高)

             ここで使う変動費は損益分岐点売上高での変動費で
             なくてもよい。変動費率を出せればいいのだから
             ある売り上げでの変動費でよい。

固定費=損益分岐点売上高*(1-(変動費/売上高))

固定費/(1-(変動費/売上高))=損益分岐点売上高

固定費というのは売り上げ金額に関わらず必要な費用です。

変動費は売り上げ金額に比例して変わるものです。

例題では5000万円の売り上げをするのに必要な変動費が3500万円です。
1億円売り上げようとするなら7000万円の変動費が必要になりますよね。

だから変動費だけで考えたら1億円売り上げた時点で3000万円の利益がでます。
ただし固定費が3000万円必要なのでこの利益が固定費で消えます。

よって1億円が損益分岐点なのです。

公式を下の式を参考に導いてみて下さい...続きを読む

Q本当に困っています。今年の1千万サマー宝くじで見事1千万当たったのです

本当に困っています。今年の1千万サマー宝くじで見事1千万当たったのですが
当選くじ券を、タバコの火の不始末で半分燃やしてしまって当選番号は残っているのですが
その場合、銀行での換金手続きは無効になってしまうのですか?
もしかしてタダの紙切れになってしまったのかと思うと絶望感で
いっぱいです。どなたか詳細に分かる方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

銀行の判断ですから銀行に持っていくしかないと思いますが…

番号部分が残ってるなら換金出来る可能性はありますよね。
また、連番で買われたなら前後のくじがあれば換金の可能性はより高くなると思いますが…

本店に送って鑑定してもらうケースがあるようなので、くじの種類と回数、組や番号が確認出来るようなら大丈夫だと思いますよ

Q難しい損益分岐点売上高の求め方

解答を教えてください。

設備投資前と同じ営業利益率にするための、必要損益分岐点売上高は?

売上高10億

粗利率28%

固定費5000万

営業利益8000万

設備投資2000万


答えは14億になるらしいですが、全然計算があいません。

損益分岐点売上高
=(固定費+設備投資費)÷(1-変動費比率(変動費÷売上高)ではないですか?

Aベストアンサー

「必要損益分岐点売上高」ではなくて「必要売上高」ですね。
利益計画の公式、つまり、一定の利益を上げるのにはどれだけの売上高が必要か、という公式

必要売上高=(固定費+必要利益額)÷(1-変動比率)

を使って計算することになります。

売上高が10億円で、粗利率が28%ですから、粗利は2億8千万円になります。
この粗利から販管費を引いた残りが営業利益で、これが8000万円ですから、販管費は2億円です。このうち固定費が5000万円ですから、残りの1億5千万円は、人件費のうちの残業代などの変動費部分や、光熱費などのうちの基本料を引いた変動費部分など、要するに販管費の中の変動費部分になります。ですから変動費は、仕入れなどにこの販管費の変動費部分を加えた8億7千万円になります。以上をまとめるとPLは


売上高  10億円
 売上原価 7億2千万円

粗利   2億8千万円

販管費  2億円
 販管費の変動費部分 1億5千万円
 販管費の固定費部分  5千万円

営業利益 8千万円

となりますから、営業利益率は8%、変動費は8億7千万円で、変動比率は87%となります。設備投資に2000万円使うので、その分だけ利益を増やさなければなりません。ですから、必要利益額は2000万円増加します。そこで、利益計画の公式から、

必要売上高=(固定費+必要利益額+設備投資費)÷(1-変動比率)

となります。ここで、必要売上高をXとすると、

X=(固定費+X×8%+設備投資費)÷(1-87%)
=(5000万円+0.08X+2000万円)÷13%
=(7000万円+0.08X)÷13%
0.13X=7000万円+0.08X
(0.13-0.08)X=7000万円
X=7000万円÷0.05=14億円

「必要損益分岐点売上高」ではなくて「必要売上高」ですね。
利益計画の公式、つまり、一定の利益を上げるのにはどれだけの売上高が必要か、という公式

必要売上高=(固定費+必要利益額)÷(1-変動比率)

を使って計算することになります。

売上高が10億円で、粗利率が28%ですから、粗利は2億8千万円になります。
この粗利から販管費を引いた残りが営業利益で、これが8000万円ですから、販管費は2億円です。このうち固定費が5000万円ですから、残りの1億5千万円は、人件費のうちの残業代...続きを読む

Q粗利益率?

粗利益率とは
売値-原価÷売値×100で 出ると思いますが。

このでた%を 原価にかけると 金額が変わります。

たとえば
15800000円売値
13426414円原価だとして 粗利益率15.2%
粗利益 2373586円

13426414に15%かけると 2013962円
粗利益に違いがでます。

計算のしかたが 違うとは思うのでが どちらも あってるようで うまく説明できません。
わかりやすく 教えて下さい。

Aベストアンサー

すでに回答が出ているように、「粗利益率」というのは「売上高」に対する粗利益の割合を示すものですから、計算のベースは「売上高」になります。

あなたが言いたいのは、「原価」に何割の利益を乗せるか、ということではないですか?

例えば、
売上高  100
原価    80
粗利益   20 の場合、

粗利益率は 20÷100=20%ですが、
この利益が原価の何%増しかというと、
(100-80)÷80=25%で、原価に対して25%の利益を乗せたということになります。
しかし、これは原価に対する利益率であって、売上高に対するものではありません。

Q売上高と利益率、どちらが重要でしょうか?

私が知る限りでは、ほとんどの会社では売上高をとても重視しているようです。
「○年後に売上高○兆円を目標」などという話は新聞などで頻繁に見かけますし、目標の売上高を達成させるために過酷なノルマを社員に課すケースも珍しくないようです。

しかし、私は売上高というのはたいして重要ではなく、利益率が一番重要なのではないかと考えています。

そして、同じ業種でも売上高を重視している会社もあれば、利益率を重視している会社もあるようです(ダイエーの故 中内功氏は売上高重視、イトーヨーカ堂の鈴木敏文氏は利益率重視など)。

私はそれほどビジネスに詳しいわけではないので、皆さんにお尋ねしたいのですが、実際の所、会社にとって売上高と利益率、どちらが重要なんでしょうか?
その理由も教えてください。

Aベストアンサー

企業の基本は、利益額です。
利益を出すために、売上の確保・アップが必要であり、利益率の改善が必要です。
 答えは、両方です。どちらだけでも駄目で、バランスが重要になります。
 例えば、売上を上げるために赤字受注しては意味が有りませんし、利益率が悪いものは受注しないとすると売上が減り利益も減少します。
 ダイエーの場合は、売上拡大重視のあまり利益率の低下(赤字)を招いたもので、イトーヨーカ堂の利益重視というのは売上確保・拡大を前提に利益率を無視した拡大は行わないと言う主旨だと思います。

QATM引き落とし手数料及び、他行への振込み手数料 の利益率は?

最近、帳簿をつけ始めまして思いました。土日のATM引き落とし手数料や、他行への振込み手数料って結構しますよね? 一人あたりこれくらい取るのであれば、すべての顧客からの手数料を計算すると相当の利益になると思うのですが、その真相はどのようになっているのでしょうか? そのあたりが上手く説明されているサイトがありましたらご紹介よろしくお願いいたします。(自分で調べたのですが、良いサイトを発見することができませんでした)

Aベストアンサー

結論から申し上げますと、小口現金の取引は、基本、赤字です。
まず、自行ATMの場合、機械及びシステムのメンテ費用、防犯費用がかかります。
他行、及び他社(コンビニなど)のATMの場合、ATMの持ち主(提供者)に銀行は手数料を支払わなくてはなりません。
これが一回、数百円かかります。
さらに振込みになりますと、資金管理費用、全銀システムと呼ばれる国内銀行間の振込み決済システムの費用負担等で1回800円では赤字になります。
ちなみに土日の手数料が割り増しなのは、
土日は金融市場が開いていないので資金繰りをその分余計に見込まなくてはならないからとか
メンテ会社の費用がそもそも割高になっているから、とかでしょう。
それでも、カウンターで人対人でやるよりは安上がりなのでATM利用を推進させたいのが銀行の気持ちです。
ある銀行ではコンビニのATMの画面を1階層増やすとか複言語化してもらうのに数億かかると聞いたことがあります。
一方で儲かりそうな投信、大口預金等の商品は、お金をかける意味があるので、店舗で対応して、がっちり顧客を確保しようとしています。
なので、こういった富裕層をターゲットにした支店は、土日や夜遅くまで営業したりしていますね。

結論から申し上げますと、小口現金の取引は、基本、赤字です。
まず、自行ATMの場合、機械及びシステムのメンテ費用、防犯費用がかかります。
他行、及び他社(コンビニなど)のATMの場合、ATMの持ち主(提供者)に銀行は手数料を支払わなくてはなりません。
これが一回、数百円かかります。
さらに振込みになりますと、資金管理費用、全銀システムと呼ばれる国内銀行間の振込み決済システムの費用負担等で1回800円では赤字になります。
ちなみに土日の手数料が割り増しなのは、
土日は金融市...続きを読む

Q仕訳についての質問です。受取手数料、雑収入、売上高のどれにするべきか悩んでいます。

経理初心者です。ピアノの買取依頼を受けることがあるのですが、自社では買い取れないので業者を紹介をしています。その際に業者から手数料が支払われるのですが、勘定科目で悩んでいます。弥生会計を使っていて、問合せをたところ、以下のような回答を頂戴しました。

●「売上高」に含めても問題がない場合 … 「売上高」で処理

●「売上高」に含めたくはないが、
 「雑収入」に含めても問題がない場合 … 「雑収入」で処理

●「売上高」にも「雑収入」にも、
 含めたくない場合          … 「受取手数料」などで処理

売上高、雑収入、受取手数料のどれを選ぶかによって、何かが変わるのでしょうか?
売上高や雑収入に含めて問題がある、ない、ということは選ぶ科目によってデメリットが生じる可能性があるということでしょうか?無知ですみません・・・会社に取ってベストな選択をしたいです。どなたか分かる方、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

営業利益の金額が変わってきます。税務調査の調査対象などになりやすいかどうかも変わってきます。また、消費税の納税額に影響する場合もあります。

まず、売上高にするか否かで、営業利益の金額が変わってきます。弥生会計でしたら、受取手数料は雑収入と同じ営業外収益区分に設定されているかと思いますので、売上高にするかどうかが営業利益の金額に影響するはずです。

また、雑収入は税務調査の調査対象などになりやすい科目です。雑多なものが集められる結果、間違った計上がなされる可能性がそれだけ高くなるからです。

加えて、売上高の中に消費税の課税される取引と課税されない取引とが混じっている場合には、売上高にするかどうかで消費税の納税額に影響する場合があります。

なお、業者の紹介が事業の一環で発生するものでしたら、売上高に含めるのが適切と思います。現在の簿記の考え方が、売上高を広くとる傾向にあるためです。

Q妻が得た株の利益は? 数年前から妻が株投資をしています。先日そこそこの利益が出たと言ってましたが

妻が得た株の利益は?


数年前から妻が株投資をしています。先日そこそこの利益が出たと言ってましたが、これは運営していた妻のものになりますか?

主人(私)には利益を共有する権利は無いのでしょうか? 無知なもので詳しい方、お教えいただけたらと思います。

Aベストアンサー

妻の固有の財産(名義も妻)で稼いだものなら 妻のものです。
そうではなくて 元手を家計から出したのなら 家計全体のものです。


人気Q&Aランキング