ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

あるトラブルで、内容証明郵便を郵送しようと思います。
相手方が、その郵便物を受け取り拒否をすることはできるのでしょうか?
もしできるとしたら、ほかに変わる手段はあるのでしょうか?

ご教授の程宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>相手方が、その郵便物を受け取り拒否をすることはできるのでしょうか?



受け取り拒否は郵便法で認められております。
この場合は質問者の方の元に返送されますが、配達証明を付けておけば、
配達証明があることで、訴訟の際に質問者の意志は相手に届いた扱いになるのが、
判例では一般的です。(配達証明が証拠として使えます)

配達証明がないと、裁判官の判断が分かれてしまいます。

ですから、配達証明付きの内容証明郵便を送っておけば、受け取り拒否を
された場合に質問者の方が裁判で有利になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
配達証明付きで発送しようと思います。

お礼日時:2003/03/16 12:24

相手方が通知の送り先から転居して、行方不明になっていないことを前提に回答します。



> 相手方が、その郵便物を受け取り拒否をすることはできるのでしょうか?

内容証明郵便について、受け取り拒否することは可能です。

> もしできるとしたら、ほかに変わる手段はあるのでしょうか?

判例の基本的な考え方は、「通知の到達とは、実際に読んだかどうかではなく、その通知を読める状態になったことである」(最判昭和36年4月20日。一般の方向けに言い換え)であり、受け取り拒否の事例についても(大判昭和11年2月14日他)、留置期間経過によって差出人への還付された事例についても(最判平成10年6月11日)、到達したものとみなすと判断しています。
ですので少なくとも裁判になった場合において、相手方が「通知は到達していない」と主張したとしても、認められることはかなり難しいと思いますので、裁判に向けた証拠作りとしては、特にこの他の手段を講じる必要はありません。

ただしできることなら裁判のような手間やお金、時間のかかる方法ではなく、任意で和解できるものならしたいというのが一般的でしょうから、こちらの本気度を示し、相手に任意での解決に向けた行動を促すためには、やはり実際に読んでもらうことも大事で、この場合、内容証明郵便に同内容の普通郵便も送り、内容証明の方に同時送付の旨を記載しておく、という方法を取る弁護士・司法書士もいます。
私もその一人です。

なお内容証明郵便は、後の裁判の証拠となる可能性が高いものですので、文面には法律的な観点から注意を要します。
できましたら文案の作成を含め、弁護士・司法書士への相談・依頼をご検討ください。
    • good
    • 1

専門家紹介

玉川和

職業:司法書士

不動産会社勤務の4年間に、売買・賃貸の営業やアパート、マンションの管理を経験。
司法書士・行政書士事務所の事務員として勤務した5年間では、不動産登記738件、会社・法人登記478件※の他、訴状や申立書など各種の裁判所提出書類作成事務を担当。
2015年9月、「すずな司法書士行政書士事務所」を開業。
相続・会社設立登記を中心に、頼れる「法律の町医者」を目指して努力している。

詳しくはこちら

専門家

昔勤めていた弁護士事務所のやり方です。

あるところに、絶対に内容証明を受け取らない相手方がいました。出した内容証明は100%「保管期間満了」で戻ってきました。あきれるくらい頑固でしたが、権利なので仕方がありません。で、返ってきたら、もう一度、同じ内容のものを内容証明にしますが、今度は、文面の最後に、「なお、本書は、その写しを別途普通郵便でも送付します」と書き添えました。それを内容証明で出し、持ち帰った発信者控えのコピーを取って普通郵便ででも送っていました。これだと、配達証明は取れませんが、文書が相手方に届いたことには、なります。でも、そんな相手でしたら、読まずに捨てていたかもしれません。気休め程度ですが、よろしかったら試してみてください。なお、下記の方々のとおり、内容証明には常に配達証明をつけて出してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
普通郵便でも送っておこうと思います。
それと電子メールでも送っておこうかと思います。

お礼日時:2003/03/16 12:31

文書での意思表示は、相手方への回答返事は別として、通常は到達主義をとっております。


 したがって、相手方に届いた時点、すなわち、中身を見なくても、受け取ったときに通知は到達したことになります。いわゆる、了知主義ではないのが、学説、通説、判例の主流でもあります。
 ほとんどの場合、配達証明付き内容証明郵便を発送する前には、面談、電話等での督促をしており、仮に、当該通知を受け取らなかったとしても、相手方は当然、
内容を推察できると考えられるため、受取拒否であっても、受け取らないことが、通知が届いたことにみなされるでしょう。
 なお、郵便物の表側には、朱書きで「○○○に関する請求書」等、を記載しておくのが望ましいでしょう。

 それから、配達時に郵便局員が不在で持ち帰り、不在留置期間経過後に返送された場合や、事情を知らない家人が拒否した場合、本人が長期不在の場合等は、意思表示は到達しなかったと考えて良いでしょう。

 念のため、内容証明郵便の前には、第三者立ち会い(弁護士等、不動産に関わる事件の場合は宅建業者等)のもとで、相手方に直接、通知するのが、後々、訴訟になった場合のことを考えると、望ましいでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
先方は、単身赴任のため勤務先への送付を考えてます。
給与の差し押えをしますという内容が含まれているので、今後の彼の立場を考えると、表書きは今回はしない方向でかんがえています。

今回は、友人の行政書士に頼む事にしました!

お礼日時:2003/03/16 12:28

gontitiさんは、何故、内容証明を相手が受け取らないないので心配なのですか。

相手は受理しようとすまいと勝手ではないでしようか。
相手が受け取ったからと云ってgontitiさんの要求を認めるわけではないと思います。むしろ、受け取らないと云うことはgontitiさんの要求を拒絶しているわけです。そのような返事があったと云うことです。
それならば、その先、つまり、本訴と進めてはどうでしようか、それならば受理するでしようし、受理しなければ他の方法で送達したとみなされる手続きがありますからどんどん進めて行けばいいと思います。
つまり、内容証明を受理したから、受理しないからと云って今後の問題にさほど影響はないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私としましては、あまり事を荒立てるつもりもなく、あくまでも「本気だぞ!」という意志表示と少しおどかすためだけのつもりでした。もちろん内容には、本訴まで行くよとも書いてあります。ただ、向こうがそれを待っている感がありますので、今では有効なのか心配もしたりしています(汗

お礼日時:2003/03/16 12:18

判例では、受取拒否の場合でも、意思表示は到達したとされたようです。



参考URL:http://kida.biz/naiyo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
添付のURLも参考にさせて頂きました。

お礼日時:2003/03/16 12:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配達証明をだしたが不在で返却

先日配達証明を出しましたら、受け取り拒否で返ってきました。
この度内容証明にして出しましたら、今度は
「留置期間が経過しましたので不在で配達できませんでした」
で帰ってきてしまいました。

この内容証明(配達証明)は法的にどうなのでしょうか?
受取り拒否の場合は「拒否した」ということが証明されると
聞きましたが、今回の不在はどうなのでしょう?
結局無駄骨だったのでしょうか?

書留配達員が2度配達し、普通配達員が不在通知を入れているので
合計3回足を運びましたと言っていました。
いかがでしょうか・・・?

Aベストアンサー

直接、質問の答えではありませんが、
一つのアドバイスとして
受け取りを拒否するかも知れない対象者には、

内容証明の最後に
「本日、同文を普通郵便にても同送しました」と書き
実際、内容証明を出すときにもう一通同じものを
普通郵便で同時に出しておくことを私はしています。

これ自体が法的証拠になるわけではありませんが、
そのように書いた以上、「普通郵便を出さないことは
ないだろう」という経験則により、後の調停などの
際の調停委員の心象をこちらに有利に運べると
考えています。

直接の回答ではありませんが、参考までに

Q慰謝料どうしても払えないと・・・?

今、不倫相手の奥さんから500万円の慰謝料を請求されています。
今度、裁判所にいくのですが、500万円もの大金を払えないので、弁護士に相談しました。
あなたの例でいくと、不倫期間、相手の婚姻期間もかなり短いため、とっても220万ですよ。といわれました。

自分一人でお金の準備をしようかと思ったのですが、実際100万も持っていません。70万のローンもあります。
現在、休業をしていて収入もありません・・・

親に相談して、100~200万貸してと頼みましたが、そんな金はない!!ときっぱり言われました。

働きだしたら、月10万はいります。まだ先のことですが。

慰謝料は、一括で払うのがだいたいみたいで、実際、200万くらいで、相手の奥さんが和解してくれるかどうかもわかりません。

お金も、私の年(20)と収入では、貸してくれるところはなさそうなんですが、もし払えないとなったら、弁護士に言われたのが、
給料差押えか、自宅のものを取られる?もたいなことを言っていました。

結婚して子供も旦那もいるのですが、自宅のものを取られるって、夫婦で共用しているものもですか?

テレビ、ベットなどなど・・・・

私は車を持っていますが、所有者は母で、使用者は私です。
この場合も、とられますか??

旦那には言わないのを前提でお話しています。
(旦那も住宅ローンが1000万ほどあるので)

いったいどうなりますか?

今、不倫相手の奥さんから500万円の慰謝料を請求されています。
今度、裁判所にいくのですが、500万円もの大金を払えないので、弁護士に相談しました。
あなたの例でいくと、不倫期間、相手の婚姻期間もかなり短いため、とっても220万ですよ。といわれました。

自分一人でお金の準備をしようかと思ったのですが、実際100万も持っていません。70万のローンもあります。
現在、休業をしていて収入もありません・・・

親に相談して、100~200万貸してと頼みましたが、そんな金はない!...続きを読む

Aベストアンサー

500万円とはずいぶん吹っかけたものですね。
ところであなたは不貞の事実をご主人には知らせていないとの事でしょうか。
ばれないで済ませようとするならば、金銭を支払うしかないでしょう。
請求を放っておけば、相手側はいずれ法的手段を取るかもしれず、そうなれば御主人にも隠し通せることではないでしょう。
しかし御主人もこの事実を知っているのであれば、相手側には申し訳ないですが、開き直ることも一方法です。
慰謝料であろうが、損害賠償や貸金債権であろうが、無いところからは回収できないというのが、当たり前の民事原則です。
相手が勝訴し差押えに来たとしても、押さえられるのはあなた固有の財産(あなた名義の預金や動産、不動産)のみで、生活必需品なども対象外となっております。よって車もあなたの名義でなければ差し押さえることは出来ません。
一般の主婦の場合、固有財産を持っていることが少なく、実際には強制執行したとしても経費倒れになる可能性が高いので、そこまでしてくるかどうかも疑問です。
但しあなたが職を持って、一定の収入を得るようになれば、相手側は毎月その給与を一定額差押えることも可能となりますので、注意が必要です。
不貞行為のの慰謝料についてはあなたの考え方次第と考えます。
心底相手側に申し訳ないと反省し、金銭で償いたいと思っているのであれば、借金してでも支払うべきですが、そうでなければ道義的なことは別にして、あなたの場合開き直ることで相手側は全額回収するのは非常に難しい状況と言えるでしょう。
慰謝料は本来一括で支払うべきものですが、相手側が同意さえすれば分割払いでも構いません。よってあなたの申し入れや、相手側の譲歩で分割払いで決着をつける案が出てくるかもしれませんが、あなた側の立場でアドバイスすれば、絶対公正証書や調停などで示談すべきではありません。公正証書や調停上で示談成立した場合、不履行が有れば裁判無しで簡単に差押えをすることが出来てしまいますので注意が必要です。
汚いやり方でお勧めするわけではありませんが、こんなケースでは何とか分割払いで示談を成立させておいて、後から支払を反故にするなど、世間ではあたりまえに行われております。
日本の法律は請求する側に厳しく、される側に甘くなっております。

500万円とはずいぶん吹っかけたものですね。
ところであなたは不貞の事実をご主人には知らせていないとの事でしょうか。
ばれないで済ませようとするならば、金銭を支払うしかないでしょう。
請求を放っておけば、相手側はいずれ法的手段を取るかもしれず、そうなれば御主人にも隠し通せることではないでしょう。
しかし御主人もこの事実を知っているのであれば、相手側には申し訳ないですが、開き直ることも一方法です。
慰謝料であろうが、損害賠償や貸金債権であろうが、無いところからは回収できないとい...続きを読む

Q不倫相手の妻から慰謝料を請求されました。

不倫相手の妻から慰謝料を請求されました。


お恥ずかしい話ですが、数年前から妻子のある方とお付き合いをしていました。
この度相手は離婚することになり、奥様から慰謝料を請求されました。請求額は200万円です。
奥様が私に慰謝料を請求するのは当然だと思いますが、とてもその金額は払えませんので
これから交渉したいと思います。

交渉するに当たって、経験者の方や、知識のある方にぜひお話を伺いたいと思い質問させてもらいます。

質問する前に、簡単に今までの流れを説明したいと思います。

彼の家族は円満のように見えましたが、妻は、何年も前から喧嘩の度に離婚を持ち出しており、
夫婦仲はうまくいってないと認識していました。

彼は離婚して私と一緒になる決意をしましたが、その後、私達の関係が奥様にばれ、
奥様に呼び出され、私は謝罪をし、彼は家庭を選ぶことにしました。

それから半年以上経ちましたが、彼と奥様の関係は修復せず、結局離婚することとなりました。
直接的な原因は、彼が奥さんの悪態に耐え切れず、手を上げてしまったことです。

そして今回、私にも慰謝料の請求が来ました。(弁護士からの内容証明です)

自分でもネットで調べたつもりですが、不安なことも多いので質問させてください。

◆「希望する回答をもらえない場合は法的手段を取る」との一文がありましたが、
私は200万が妥当な金額か判断してもらいたいので、裁判沙汰になっても構わないと思っています。
裁判になって、私の方に何かデメリットはありますでしょうか?
務めている会社や、県外に住む両親に知られるようなことはあるのでしょうか?

◆不真正連帯債務というのを知りました。慰謝料を私と彼二人で払う義務があるということですが
奥様は彼に財産分与として、家(4000万でローンの残り10年ほど。)車(300万で支払い住み)他養育費を求めています。彼からしてみれば、慰謝料としてあげるとしてもお釣りがくるという言い分ですが
それだけの財産を分与しても、私に慰謝料を200万請求する権利はあるのでしょうか?

また、彼と奥様は財産分与等でもめていますが、その結論が出ないと私に妥当な金額を申し立てることはできないのではないのでしょうか?

◆私は失業等も経験し、最近よくやく収入が安定し、現在の年収は手取りで約300万です。
恥ずかしながら預金もなく、とても200万は払えません。
裁判所で慰謝料の金額を決定する場合、年収や預貯金、支払能力は考慮してもらえるのでしょうか。
それとも、精神的苦痛に値する金額だけ提示し、払えないなら借金してでも払えというスタンスなのでしょうか。

◆彼と奥さんと会った際、二人のやり取りを見ていて私が別れたとしても二人の関係は修復不可能と感じました。
ですので、これから二人がもし別れるときに、私のことを持ち出されたら困るとお話したところ
奥様から、「今後別れることがあっても二人の問題。あなたには関係のないこと。話を蒸し返すことはない」という約束をして頂きました。
もちろん口約束ですが。。これは、慰謝料を減額してもらう理由になりますでしょうか?

◆奥様は数ヶ月前から家族の中でも彼だけに食事を作らない、彼にお小遣いを渡さない等の行為があり
彼がそういった行為に耐え切れず、手をあげました。奥様は骨折し、入院をしました。
そういった経緯から、私には浮気が離婚の直接的原因ではない気がするのですが、この言い分は通りますでしょうか?

その他、経験者様からの体験談や、具体的な慰謝料の金額等教えてもらえると励みになります。

反省しておりますので、不倫に対しての誹謗中傷はご勘弁下さいませ。

長くなりましたが、どうぞ宜しくお願いいたします。

不倫相手の妻から慰謝料を請求されました。


お恥ずかしい話ですが、数年前から妻子のある方とお付き合いをしていました。
この度相手は離婚することになり、奥様から慰謝料を請求されました。請求額は200万円です。
奥様が私に慰謝料を請求するのは当然だと思いますが、とてもその金額は払えませんので
これから交渉したいと思います。

交渉するに当たって、経験者の方や、知識のある方にぜひお話を伺いたいと思い質問させてもらいます。

質問する前に、簡単に今までの流れを説明したいと思います。

彼の家族...続きを読む

Aベストアンサー

払わない方向で動きたいなら、

・向こうが浮気の証拠を持っているか確かめる。
⇒持っていないなら、裁判になれば有利。

・またお相手の男性が既婚だと知らなかったと言い切る。

・男性と共謀して、夫婦仲はすでに破たんしていた証拠を
でっち上げる。


支払うなら、200万は恐らく妥当です。

ただ、相談者さんが気にされているように、
夫婦仲が破綻していたと立証できれば、減額もありえます。

また上記のように、相手が浮気の証拠をつかんでいないと
そもそも裁判で勝つことができない可能性もあるので、
相手が証拠を持っていない場合は、婚姻関係が浮気前に破綻していたとして、
100万円くらいに減額してもらうように交渉すればどうですか?

必ず一括で支払う必要はないので、
月々の分割払いにしてもらえば払えると思いますが。

Q不倫相手に内容証明送ったらどうなりましたか?

現在、主人(37歳)の不倫相手(24歳、社内)に内容証明を弁護士より送ろうとしています。(慰謝料請求、交際中止)私33歳、子供3歳0歳です。

以前にもこちらでお世話になっておりますが、二人目出産直後、里帰り中より不倫は始まり、現在6ヶ月ほどです。証拠は興信所等で揃えております。

修復目的で内容証明を送った事のある方、その後の夫婦関係などはどうなりましたか?教えてください。

主人に不倫がバレてる事を話したら、認めたり、謝ることなく、だから(何)?と逆ギレされ、それ以上私に話しをさせないように睨み、黙り込みました。
その後も会い続けており、相手にもバレた事は話していないようです(メールによると)
小さい子供もおり、離婚は今のところ考えていませんが、何とかしたいのです。

とにかく、話し合いを避けられており、私が、不倫を黙認するつもりはない。別れてほしい、このままでは妻として家庭を壊す者に然るべき対応をしないといけない旨やっとの事で言うと、
どうぞ、すれば?もう離婚でいいじゃん、今後の事考える、離婚してくれ、お前と居ると精神的に辛い、ネチネチ言われるのが嫌だ…等言われました。

主人の気持ちは相手にいってしまっています。かと言って私が何も言わなければ帰りは遅く朝帰りも月2回ほどしますが、普通に過ごし、離婚に具体的動こうとはしていないように見えます。
私が離婚したくないと言っているので、離婚すると言えば黙ると思っているようです。

送った後の事がまだしっかりイメージ出来ず、どういう事が予想されるか聞かせていたらだきたいです。

修復なら送らない方がよいと言う意見もあろうかと思いますが、ここはぜひ送ったらで聞かせていただければ幸いです。

現在、主人(37歳)の不倫相手(24歳、社内)に内容証明を弁護士より送ろうとしています。(慰謝料請求、交際中止)私33歳、子供3歳0歳です。

以前にもこちらでお世話になっておりますが、二人目出産直後、里帰り中より不倫は始まり、現在6ヶ月ほどです。証拠は興信所等で揃えております。

修復目的で内容証明を送った事のある方、その後の夫婦関係などはどうなりましたか?教えてください。

主人に不倫がバレてる事を話したら、認めたり、謝ることなく、だから(何)?と逆ギレされ、それ以上私に話しをさせな...続きを読む

Aベストアンサー

このコーナーのご質問に対するアドバイスなどは、ご質問者の感情に合致したアドバイスが好まれるようです。しかし、あなたのご質問の件は、内容証明郵便を使って問題解決の端緒にしたいという事ですので、あなたの気持ちに合わないかも知れませんが、以下の通りアドバイス致します。

まず、あなたのお尋ねのタイトルでもあります。→『不倫相手に内容証明送ったらどうなりましたか?』。この様な考えでは思うような結果は得られないでしょう。なぜ、思うように行かないかというと、内容証明郵便を出すには、解決の為のイメージがあなたに描かれていなければなりません。どの様になりたいのか。その為に内容証明を出した後の数々の対応方法を具体的にイメージしておかなければなりません。

弁護士さんにお頼みだそうですので、結論は得られるでしょうが、あなた、ご主人、ご主人の不倫相手女性の3人の中を取った形で終わるでしょう。しかし、その後の3人の人間関係までは責任が持てないでしょう。それは、どの様な人を好きになってもそれを禁止する法律はありませんので・・・。

ご主人とご主人の不倫相手女性は、それなりのペナルティーを課せられます。一方2人は、あなたに恥をかかされた。と、いう思いが強く残ります。公に恥をかかされたという思いです。従いまして、旨く行かないでしょう。もし、相手の女性がシッカリした人で会社を辞めなければならない状況に追い込まれた場合、ご主人に対する責めを求めるのではないでしょうか。 こうなるとおなたの思う方向と違った方向に進みます。

ご主人が不倫相手の女性に責められる状況に置かれるということは、あなたも責められることになります。或いは、ご主人は、弁護士さんの要求にある程度したがった後、あなたとの離婚を選択するでしょう。ここで、あなたが離婚しないといえばご主人は離婚できないでしょう。しかし、形式的な離婚は出来ないものの、不倫女と同棲生活を始めたりして、夫婦関係破綻の現実が生まれたりもします。その様な状況での生活は望まれないでしょう。

はたまた、内容証明郵便をご主人と、ご主人の不倫相手女性の両方に出す。こんなバカな事をするものではありません。旨く行くものも旨く行かなくなります。何故かというと、現在のあなた方は三角関係です。三角関係というのは、何処かの場面で2対1の関係が出来ます。あなたがご主人と、ご主人の不倫相手女性に内容証明郵便を出せば、あなたが1人で、ご主人と、ご主人の不倫相手女性の2人、という関係が出来ます。

こういう関係を作ったままの問題解決はダメなのです。思うような解決結果に結びつきません。内容証明郵便は、ご主人の不倫相手にだけ出します。そして、肝心なことはご主人にその事(内容証明郵便を出したこと。)は、あなたの口からは絶対におっしゃらないことです。ただし、ご主人の不倫相手女性から、すぐにご主人の耳に入ります。ここコツなのです。

何が言いたいのかというと、ご主人の不倫の事実関係はハッキリ分かった。その証拠もある。離婚せずに不倫を解消させたい。と、いう思いであなたは、内容証明郵便をご主人の不倫相手女性にお出しになるのです。つまり、夫婦の間に持ち込まれた問題を解決しようとされています。夫婦の問題は、通常当事者で話会って解決の道筋を探します。しかし、事不倫問題に関しては、夫婦の問題でありますが、他者が絡んでいます。夫婦の問題に他者が絡んでいては、夫婦間で話し合いが出来ないのです。結論が出ないのです。

従いまして、本来の夫婦の形に戻して話会うために、相手を排除に向けての行動を起こします。ただ、行動を起こすだけでは相手も聞き入れてくれない場合がありますので、法律(民法709条)に基づいて、損害賠償を請求するのである。と、いうことを書き添えて他者が夫婦の間に入ってくるのを排除します。

不倫の三角関係を、1対1対1の関係にするのです。この意識が無ければ、内容証明郵便を使って不倫の関係を解消させる意味が半減します。1対1対1の関係とは、夫婦と他者の関係になります。不倫の証拠が撮れたから慰謝料の請求をしても受け入れられる。交際も中止してくれるだろう。と、上辺だけの事実関係でもの事を図ろうとしても、結果は関係者3人の手打ち的なものになります。

あなたは、やってはいけないことはやられています。ご主人に不倫がばれていることを話した。と、お書きになっています。その結果、ご主人は開き直りとも思える言動をあなたにとっていらっしゃいます。これは、当然のことです。比喩的に言いますと、あなたの不倫は知っています。このままではあなたが不利なことになりますので、何とか対策をお考えになる方がいいですよ。と、いっているのと同じです。そして、夫婦ですので感情的な対立が始まります。

ここはひとつ、高度な理性で、不倫という問題と、不倫を働いたご主人という人間とを別に考えることです。「不倫」とはどういうものであるか。不倫は密かに行われるのは何故か。不倫は、配偶者に発覚した場合、どの様なことが解決しなければならない問題として発生するのか。しかし、現実問題として不倫は行われているのは何故か。社会的地位が高い人は不倫を働いている人が居るが何故ばれないのだろうか。不倫の利益はあるのだろうか。その他不倫ということについてご夫婦で話会うことです。そして、ご主人という人間についてもです。この問題がスッキリ理解出来れば、不倫を働く夫とは生活は出来ない。しかし、不倫を中止してくれたら一緒に暮らせる。と、多くの女性がおっしゃる意味が分かって頂けるでしょう。

何故この様な事をいうのかといいますと、あなたは、離婚はしたくない。しかし、ご主人の不倫問題は解決したい。と、いうご希望だと判断したからです。家の中に持ち込まれた解決しなければならない問題は、夫婦で協力して解決します。しかし、不倫のようなケースは、配偶者の片方が、家の中に持ち込まれた解決しなければならない問題に加担していますので、片方の配偶者が解決に向かって行動しなければなりません。つまりあなたが解決の為の行動を起こす主役になります。

また、慰謝料は離婚しなければ少額になる。と、よくお聞きしますがそんなことはありません。現に私がアドバイスさせて頂いていたある奥さんは、ご主人の不倫相手から2度、慰謝料の支払いを受けられました。その合計金額は400万円です。夫婦は離婚されていません。慰謝料の金額の多少は、どのくらいの精神的被害を被ったのか。(民法709条)と、どのくらいの要らざる損害(民法710条)に根拠をおき、色々な角度から請求すると金額が自ずと変わってきます。

不倫されても謝罪があれば許す配偶者もあるでしょう。不倫されれば離婚するしか選択肢が無い配偶者もあるでしょう。又は、今までの夫婦(対の関係)としての価値が見いだせなくなった夫婦もあるでしょう。慰謝料の請求金額は、離婚しても少ない人もあります。又、お金の無い人から慰謝料は取れない。と、いうばかげた事を言う人もいます。それなら、お金が無ければ何らかの違反をして罰金を科せられた場合でも支払いを免除されるのか、という理屈も成り立ちます。あくまでも請求する立場にある人の心構えひとつです。

大変長々と恐縮です。あなたのご質問の文書が余りにも頼りなかったので、日々こういう件に関するアドバイスを差し上げている者として思いつくままに書きました。従ってまとまりの無い文書である事は承知していますので、読み手のあなたの方にてご理解下さいません。最後に、内容証明郵便をお出しになるときは、事の成り行きを想定して、その都度の対応方法を考えた上で実行されることが最も大切なことです。そうで無ければ相手のペースにはまるケースが多々見られますので。弁護士さんは法的手続きに基づいて書類を作ってくれます。しかし、結果の責任は持ちません。これらの事もお考えになって行動に移されることを希望します。

このコーナーのご質問に対するアドバイスなどは、ご質問者の感情に合致したアドバイスが好まれるようです。しかし、あなたのご質問の件は、内容証明郵便を使って問題解決の端緒にしたいという事ですので、あなたの気持ちに合わないかも知れませんが、以下の通りアドバイス致します。

まず、あなたのお尋ねのタイトルでもあります。→『不倫相手に内容証明送ったらどうなりましたか?』。この様な考えでは思うような結果は得られないでしょう。なぜ、思うように行かないかというと、内容証明郵便を出すには、解決の...続きを読む

Qいきなり少額裁判を起こされてしまいました

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3863669.html
にてここで質問させていただいたのですが3月16日に

「私の過失が多ければ修理費は25,000円で結構です。
明日、知人の弁護士さんと相談をして結論を出します。
明日にはメールにて連絡を入れます。」

とメールがあったきり連絡がなかったのですが、4月6日に

「訴訟の準備が出来ましたので
明日、福岡簡易裁判所へ訴訟申し立てを行います。
私の支払要求がおかしいのなら裁判で決着をつけましょう。」

とメールが来ました。
普段使っていないアドレスで取引をしてしまったためこのメールに気づいたのは本日(8日)で、正直裁判となると面倒なのでメールにて修理費用を支払うので訴訟を起こさないでくれとのメールをしました。
ところが

「私がメールを送付したのは4月6日(日)の午前中だったはずですが?
君から連絡がなったので昨日、友人の弁護士に頼んで
全て訴訟手続きは福岡簡易裁判所にて済ませました。
もし訴訟を取り下げるのなら訴訟状通り修理費49,350円
見積書代3,150円運送代1,400円訴訟費用7,000円
合計60,900円を私の口座に振込確認次第訴訟を取り下げても結構です。
只、友人に頼んだので訴訟費用に弁護士費用などは入れていませんが
もし新規に頼めば訴訟費用に上乗せでかかるのではないですか?」

とメールがありました。
少額裁判とはいえ相手(私)がまだ内容を確認していないのにいきなり裁判を起こすということは可能なのでしょうか。
内容証明郵便なども送られてきていません。
あと、私は通常裁判を起こす気はありません。
私は神奈川に住んでいて学生です。
なので福岡なんかに行っている暇はないのですが裁判に欠席の場合おそらくこちらが負けると思います。
その場合、49,350円の修理費用のほかにもいくらか請求されてしまうのでしょうか。
いきなり相手が威勢良くなり裁判取り消しの場合その費用までメールにて請求されてしまいました。
知識のある方力を貸してください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3863669.html
にてここで質問させていただいたのですが3月16日に

「私の過失が多ければ修理費は25,000円で結構です。
明日、知人の弁護士さんと相談をして結論を出します。
明日にはメールにて連絡を入れます。」

とメールがあったきり連絡がなかったのですが、4月6日に

「訴訟の準備が出来ましたので
明日、福岡簡易裁判所へ訴訟申し立てを行います。
私の支払要求がおかしいのなら裁判で決着をつけましょう。」

とメールが来ました。
普段使っていないアドレスで...続きを読む

Aベストアンサー

小額訴訟ならば7000円は高すぎます。
http://shouhiseikatsu.pref.fukuoka.lg.jp/seikatsu_info/mame/2007/m20070200_17.html
実際に訴えられたのであれば訴状が届くはずなのでそれまで待ちましょう。

また、現地に行かなければいけないように思われているようですが、都合で行けない場合は電話での参加という手もあります。
その辺は裁判所と連絡を取ってみないとわからないかも知れません。
うまく言いくるめればあなたの監督する裁判所に変更してもらうのも可能かも知れません。(わからないけど)
どちらにしろ、親にはちゃんと理由を話してください。

実際に訴えられたのであれば裁判所が間に入ってくれて、まともに話し合いができると思って前向きに考えましょう。
示談で和解するにしろ、訴状が届いてからでいいと思います。
(実際面倒な判決を出したくないのでまずは和解を勧められると思います)

ちなみに小額訴訟は1回で終わらない場合もあります。
私は何回か行きました。
どちらにしろスピーディーに解決したいのであれば小額訴訟のままで通常訴訟に移行しないほうがいいと思います。
相手が弁護士を立てているのならば尚更費用がもったいないです。
(小額訴訟は自分でできます。弁護士にアドバイスくらいはもらったほうがいいかもしれませんが。通常訴訟は知りません)
たぶん100%相手の言い分通りの敗訴はないと思います。

自分に非がないことを確信して、余裕があれば勉強のために裁判してみるのがいいと思います。何事も経験で。
まぁ、やっている途中は精神的に荒れるかも知れませんが・・・

小額訴訟ならば7000円は高すぎます。
http://shouhiseikatsu.pref.fukuoka.lg.jp/seikatsu_info/mame/2007/m20070200_17.html
実際に訴えられたのであれば訴状が届くはずなのでそれまで待ちましょう。

また、現地に行かなければいけないように思われているようですが、都合で行けない場合は電話での参加という手もあります。
その辺は裁判所と連絡を取ってみないとわからないかも知れません。
うまく言いくるめればあなたの監督する裁判所に変更してもらうのも可能かも知れません。(わからないけど)
ど...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q民事裁判の費用について

よく、民事裁判では敗訴したほうが全ての裁判費用を負担することになる。と聞きますが、事実でしょうか。
事実とすると裁判費用とは何を指すのでしょうか。
訴訟費用、弁護士費用、出廷のための休業補償費用などなど
お詳しい方、なるべく詳細にお願いします。また親切にお願いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

訴訟費用負担は、判決に書かれます。
(誰が全額負担・誰が何割など)


請求できる訴訟費用は、
民事訴訟費用等に関する法律・規則
で決まっています。

あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。

印紙代、
裁判所が使用した切手代、
訴状や準備書面・証拠の提出費用(確か一回1000円程度)、
裁判所に出廷した日当(一回4000円弱・遠隔地だと2日分)、
交通費(直線距離で算出)、
証拠(医師の診断書とか)の取得費用(実費+160円)
宿泊費(遠隔地の場合)
などです。

弁護士費用は訴訟費用としては、もらえません。
(損害賠償の場合のみ判決でもらえますが、裁判所が認定した額だけとなります。)

判決確定後、
「訴訟費用額確定処分申し立て」を
第一審の裁判所に申し立てます。
(相手が異議申し立てをすると、また裁判です。(民事訴訟法121))

その後、
「訴訟費用額確定処分」の正本が送られてきます。
(これでも強制執行可能です。(民事執行法22))

全面勝訴でない場合、申し立てる人は皆無です。
(たとえば半々の判決が出ても、相手が遠隔地だと払う必要があるため。)

申し立てる人の割合は、簡裁で0.8/1000ぐらいだそうです。

私は全面勝訴で「訴訟費用額確定処分申し立て」
やったことがありますが、そこそこもらえます。
(平成16年より前でしたので、今よりもらえました。
当時は、日当は8050円・交通費も実費でした。)

訴訟費用負担は、判決に書かれます。
(誰が全額負担・誰が何割など)


請求できる訴訟費用は、
民事訴訟費用等に関する法律・規則
で決まっています。

あなたが原告で全面勝訴の場合をお答えします。

印紙代、
裁判所が使用した切手代、
訴状や準備書面・証拠の提出費用(確か一回1000円程度)、
裁判所に出廷した日当(一回4000円弱・遠隔地だと2日分)、
交通費(直線距離で算出)、
証拠(医師の診断書とか)の取得費用(実費+160円)
宿泊費(遠隔地の場合)
などです。

弁護士費用は訴訟費用とし...続きを読む

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q内容証明郵便について

内容証明郵便を送る際の事で情報をお願いいたします。

内容証明を送りたい相手は個人なのですが、自宅住所が不明であり、勤務先住所のみしか分からない場合、勤務先へ内容証明を送る事は可能でしょうか?

また、内容証明ということなので、当然、「内容が証明」されているので、それを、勤務先へ送る事により、プライバシーの侵害うんぬんという事で、こちらが不利になるなど、後からペナルティーになるような事は特にないのでしょうか?

Aベストアンサー

会社に個人宛の内容証明を送ることは可能ですよ。
また会社によっては個人宛の郵便でも書留などでは一括して開封して管理する場合もありますので、穏便な内容にした方がいいでしょうね。

Q郵便物の受け取り拒否について

よろしくお願いいたします。

郵便物は一方的にきますが、受け取りを拒否することは法律的には違法ですか?(郵便物全般)

また、内容証明郵便物のような、本人に手渡しする性格のものが来た場合配達員に受け取り拒否、差出人に戻してくれるように伝えることはできますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

受取拒否を禁止する法律はないので、受取拒否は違法ではありません。意外に知られてないことですが、郵便物を受け取るか受け取らないかについては、特に規定がありません。そのため、受取人様の意思に任されているものと解釈されています。
「特別送達」以外のあらゆる郵便は、受取拒否できます。特別送達については後述します。
ただし、受取拒否に関しては、次のような点にお気を付けになる必要があるでしょう。

(ア) 開封した後で受取拒否することはできない。

(イ) 受取拒否は口頭ではダメ。適当な紙片(ノートの切れ端でも可)に「受取拒否」と書き、受取人様のご署名・ご捺印のうえ、配達員に渡す。判子は三文判やシャチハタでもいいらしい。受取拒否が頻発するような方は、前もってこの紙片を作っておかれるのもスマート。あとは、係員がその紙片をその郵便に貼り付けて、送り返してくれる。送り返しのための新たな料金は発生しない。
なぜ口頭ではダメかというと、「言った、言わない」のトラブルを避けて、証拠を残すためだろう。証拠を残さなければ、例えばの話、配達を面倒くさがって勝手に送り返したりする配達員が出てくるかも知れない。また、拒否したにもかかわらず拒否していないと言い出す受取人様が、出てこないとも限らない。

(ウ) 配達員に手渡さなくても、受取人様が (イ) の紙片を貼ってポストに投函することにより、受取拒否できる。ただし、未開封であることが必要。

(エ) 特別送達とは、裁判所や公証人役場だけが差し出すことのできる特殊な郵便である。この存在を知らず、受取を拒否しようとする人もいるが、その場合は配達員がその場に置いてきてよいことになっている。配達員は、裁判所への報告書に、「受取を渋ったのでその場に差し置いた」というふうに記録する。それで送達が完了したものと見なされるのである。結局、受取を拒否することはできず、裁判官の心証を悪くするだけである。

(オ) 内容証明郵便も受取拒否できる。「内容証明」とは、文面の写しを郵便局が保管し、求められれば証明するということである。(エ) の特別送達とは異なるから、強制的に受け取らせることはできない。
ここら辺を勘違いして、内容証明には(実質的に)強制的に受け取らせる効力があると思っている人もいる。また、それを利用して、一種の威嚇のために内容証明で出す人もいる。
もっとも、内容証明で到来するような郵便は、受け取って直ちに熟読しないと受取人様が困る場合が多いだろうから、受取拒否するのは愚かと言える。しかし、例えば昨今流行の架空請求業者が、脅しのために出した内容証明郵便などは、受取拒否する方が賢い場合もある。未開封状態で判断しなければならないのが、つらいところだ。

(カ) 受取人様の中には、ご自分で注文した「代金引換小包」などを受取拒否する「つわもの」までいるらしい。受取拒否自体はできるにしても、その結果発生する差出人(発送業者)様とのトラブルは、受取人様の責任となる。

受取拒否を禁止する法律はないので、受取拒否は違法ではありません。意外に知られてないことですが、郵便物を受け取るか受け取らないかについては、特に規定がありません。そのため、受取人様の意思に任されているものと解釈されています。
「特別送達」以外のあらゆる郵便は、受取拒否できます。特別送達については後述します。
ただし、受取拒否に関しては、次のような点にお気を付けになる必要があるでしょう。

(ア) 開封した後で受取拒否することはできない。

(イ) 受取拒否は口頭ではダメ。適当な紙...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報