以前も同じような内容を投稿したのですが、もっと具体的な背景を付けます。皆さんは以下の事例において犯罪予備もしくは何らかの犯罪が成立すると思いますか?

 BがAにメールで「京都駅で爆破テロを敢行する、という旨をネット掲示板に書き込んだ」と冗談で送った。その後、電話で「今警察の手から逃れるために和歌山に逃亡している」等、再三に渡り電話をかけた。
 ところで、Bは以前から奇行が目立っていた。例えば、ストーカー、痴漢冤罪で補導歴があり、並びに窃盗犯でもあり、なおかつネット上にて秋葉原無差別殺傷事件を肯定するような旨の文面を某SNSサイトにて発表し退会させられた経緯もあることから、周囲から避けられているような人物であるので、AはBの殺人予告が本当に行われたものであり、実行される蓋然性が極めて高いと誤信し、Cにメールでその文を転送した。Cもかねてから奇行の目立つBならやりかねないと怖くなり、近くの交番に行き、そのことを転送されたメールとAの人物像とともに知らせた。
 Bに殺人予備罪は成立するか。また成立しないとしても他に何らかの犯罪が成立する場合はそれを述べよ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この場合、Bが爆弾などを所持していることが立証できたら殺人予備罪が成立するが、冗談なので当然成立しない。


ただし、BはAに対して脅迫じみたことを行っているともいえるので、威力業務妨害が成立する可能性があります。被害者はAです。犯歴があるので警察が動きます。

さあ、ほんとかなあ。
    • good
    • 0

「述べよ」ね。

学校の宿題かい?

殺人予備罪にはならないね。前の質問ってのを見てみたけど、そこにちゃんと答えがあるよ。Bが殺人を犯すつもりがない以上は殺人の予備行為をしようという意思がないのだから故意がない。よって殺人予備罪には 絶 対 に ならない。それ以外何ものでもないね。
ついでに言うなら、そもそも犯行予告をしたとか言ったところでそんなのは殺人の予備行為とは全く評価できない。殺人の予備行為と言えるのは殺人を実際に犯す役に立つ行為でなければならないが、一体、してもいない犯行予告をしたと冗談で言うことが殺人の何の役に立つと言うのか。つまり、 論 外 だ ってことよ。だいたい、本気で殺害予告したって殺人予備罪にはならないんだよ。まして冗談でしかも殺害予告自体してないのになるわけないでしょ。

別の罪?さあ?設例の事情だけでは何にも成立しないと思うよ。まあ何も成立しないってのを証明するのは非常に難しいから、絶対とは言わないけどさ。他人騒がせな奴かもしれないが、他人騒がせってだけで何でも犯罪になる方が冗談じゃないな。
どうしても何某かの罪にしたいのかい?何か犯罪になってくれないと困る事情でもあるのかい?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング