インターネットショップを覗いていると、若い女の子の安価な(ちょっとセクシーな)洋服を何十枚、いえ、何千枚も買っている人がいます。
そういう人って、何をしている人なのですか?
インターネットで仕入れて売るなんていう人も多いのですか?
もともと、そういう洋服ってそんなに売れるものですか?
不思議でなりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それは、安く買って高く売って自分がもうけようとする販売店か、ボランティア団体などに寄付しようとしているのかのどちらかですね。

一度にとうてい自分だけでは消費できないですから。悪い方ばかりに目を向けるばかりではいけませんよ。良心的な人かもしれませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安く買って高く売ると言うのは、悪いことだとは思っていません。
それが商売と言うものですから。
自分で買って実績を上げているのではないかと言うことを疑っていました。
というのは、その人は、そのお店のみで大量に買っているようなので・・・。
でも、セクシーなギャルの洋服を福祉団体に・・・とは考えにくくないですか?
それにしても、同じ洋服をたくさんの人が持っている、着ていると言うのは、いまどきの女の子には、嫌ではないのですね。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 20:33

いわゆる「転売野郎」ですね。



商売の基本は、安く買って高く売る~です。
仕入れ値よりも高く買ってくれる人が居れば、どんなルートでも商売は成り立ちます(別に日本とわ限らないし)。

洋服に限らず、家電、PC、ゲーム、書籍…何でもありますよ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それだけネットが安いと言うことですよね。

それをまたネットで売るのですか?
それともお店で?
でも、何十枚、何百枚と買って、全部売りさばいてしまうなんて、
すごい、営業力!

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 20:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報