国民年金 障害基礎年金を頂いています。2級です。
1ヶ月¥66000円くらいです。親が私のマイホームを建ててくれたので、家賃と家のローン代が要りません。それで将来親が亡くなったあと、私の国民年金 障害基礎年金だけで一生、食べて暮せてゆけますか?必要なのは生活費(電気代・ガス代・水道代・食費などです。)だけです。1ヶ月66000円で暮せて食べてゆけますか?どなたか教えてください。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

失礼いたしますね。


私も、パートナーに万が一何か有った時、また子供も巣立って行って、遺族年金だけでやっていけるのか‥と心配です。

わたくしは全くの無知なのですが、ふと思ったので‥。
家をお持ちと言う事ですが、固定資産税は掛からないのでしょうか。
保護を受けている方は、支払わなくて良いのでしょうか。
固定資産税等が請求されないのなら、障害年金でもやっていけるかも知れませんね。

わたくしは、障害年金は頂いておりませんが、遺族年金で、年間20万程の固定資産税を支払えるのかが心配です。

生活の悩みは尽きませんね。早く解決なさると良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。

固定資産税は支払います。

支払いますが、支払っても生活していけると
親は言っています。
ちなみに生活保護は受けていません。
障害基礎年金だけです。
働くこともできません。

生活してゆけると言っている親を
信じるしか方法は無いです。

お礼日時:2009/05/21 10:11

 以前にも同じ質問をされていましたね。



 私が一番疑問に思うのは、「そもそも、障害年金を一生もらうことが出来るのか」という点です。
 非定型精神薬が日本で発売されてから、まだ10年も経っていません。つまり、今後の医学の進歩で、この病気が普通に働ける病気になる可能性がかなりあるということだと思います。(薬物療法が開始されたのが、1950年代で)

 まあ、それはおいておくにしても。
 
 一生と言っても、(今の知識の範囲では)介護が必要な状態に自分がなってしまえば、基礎年金だけで生活していくのは無理だと思います。

 まあ、それもおいておいたとして。

 普通に元気なことを前提とすれば。月6万6千円でやっていけるような気はします。私の個人的な感想で言えば。
 ちなみに。生活保護の生活費の一人暮らしでの計算は。
 http://www.seiho110.org/seido/frame3.htm
 4万+4万=8万という感じで。これに障害者加算が2万という感じですね。
 つまり、基礎年金だけだと、生活保護よりも低い額で生活しないといけないということになります。
 つまり、実際上は無理ということになります。
 
 もっとも、私は光熱水費と生活費で、大学時代5万円で生活していたので。やってやれないことはないと思いますが。服代が入っていないので。長期的に生きるには難しいと思います。

 しかし、「親が私のマイホーム建ててくれた」とはどういう意味ですか。自分一人でマイホームに住んでいるなら、大体月いくらいるか分かると思うのですが。それとも親と同居しているけれども。その家は自分のものになる予定ということでしょうか。

この回答への補足

私の為に建ててくれました。
「その家は自分のものになる予定ということでしょうか。」
当然、親が亡くなれば、自然に私の家になりますよね。

あと、親が月6万6000円も有れば生活やっていける
と言ってくれました。そのかわり、水道代、電気代、ガス代
食費(生活費)を節約して行けば充分食べていける・
暮せてゆけると言っていました。

ここでは親とは別に意見が聞きたくて投稿しました。

補足日時:2009/05/20 18:10
    • good
    • 0

もうご存知かもしれませんが

http://www.city.yokohama.jp/me/izumi/service/syo …例えばこのようなサービスと窓口 身近のどこがあるのか?
http://www.shakyo.or.jp/seido/seikatu.html
http://www.shakyo.or.jp/links/kenshakyo.html
もろもろ
少し多いですけど総合的に書いてあるサイトです 現在の数字かどうかわかりません古いものもあるかと思いますが少なくとも書いてある事は以前はあったものが書いてあると理解しています。リンク切れ多数あり
http://www.arsvi.com/d/l.htm
生活保護関連
http://www.arsvi.com/d/i03j.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。

非常に参考になりました。

有難うございました。

お礼日時:2009/05/20 13:16

市の福祉課に相談ください。

暮らせるかどうかの前にあらゆることへの心配事があると思います。社協でもいいです。

この回答への補足

貴重なご意見ありがとうございます。

「あらゆることへの心配事」とは何ですか?

補足日時:2009/05/19 21:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活費についてです!収入の違いがあると思いますが、平均を知りたいです。

生活費についてです!収入の違いがあると思いますが、平均を知りたいです。
というか、ずぼらな私。家計簿つけたりもしてますが、それよりよく雑誌でみる封筒に一週間分を入れて、それ以外使わない!ってやり方が自分に合ってると思い、試したいのですが、たいてい雑誌で紹介されてるものは食費1万円を封筒に入れてやるというものばかり。。私は食費+生活費(家賃以外の全て)で一週間分を封筒に入れて、それで遊びも全部ひっくるめてやりくりしたいんです!
そうすると一週間いくらくらいにすると、普通に平凡な生活が送れる&節約な生活になるでしょうか?我が家は夫婦+3歳と2歳です。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

うちの場合、夫婦+2歳+2ヶ月なんですが、ローンを除いて奥さんに渡してるのが25万です。
これには私の小遣い・生命保険・車の保険・ガソリン代は含まれてません。(別で払ってるので)

Q退社した会社での加入した厚生年金の基礎番号がそのまま国民年金の基礎番号になっているのでしょうか

18のときに就職、このとき厚生年金に加入しました。そして同年に退職しました。
それで、今年二十歳になったので国民年金を払おうと思うのですが、
就職時に加入した厚生年金は退出手続きなどを僕は行っておりません(会社側でやったとおもいますが…)。
そこで聞きたいのが、私、国民年金加入ついでに若年猶予制度にも加入しようと思うのですが、この加入するための書類に書く年金基礎番号というものは、会社で加入した厚生年金の基礎番号がそのまま国民年金の基礎番号になっているのでしょうか?
それとも、新たに国民年金に加入し、基礎番号を取得してからの申請になるのでしょうか?

また、厚生年金が退出されていなかった場合、この18から20の間の二年間、厚生年金の分を払わされるなんてことはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

基礎番号は変わりません。
あと20歳の誕生日から退職日までの厚生年金料金は遡って請求することはないと思います。会社が払うのが義務ですが、万一会社が払っていないことがわかれば、近くの社会保険事務所に相談するといいと思います。なお18-20歳の誕生日前日までは年金保険料適用にならないはずです。

Q平均生活費はどれくらいですか?

夫婦で年収650万円、子供一人で月の生活費はすべて込みで20万です。後は家族のレジャーに使っています。これって平均ですか。ちなみにアパート家賃7万円です。車2台所有してま~す。残りは妻が貯金してますが少々。

Aベストアンサー

27万円×12なら、324万円、あなたが、無駄に車にかけなければ、だいぶ預金できるのでは。

年収で、300万円も、残るわけですから、贅沢な遊びをしなければ、つき10万円位の預金はされたほうがよいと思います。

ちなみに、私は、年収400程度ですけど、家には、車が6台もあります。全部保険はらっています。とほほですよ。

Q障害基礎年金と老齢基礎年金

障害基礎年金を需給してもらった場合、国民年金の支払いが免除されるそうですが、その場合、老齢基礎年金の受け取り額が少なくなったりしないのでしょうか? どの道、今は正しい答えでも、将来は偉い人たちの都合で変わっていそうですが・・・。それでもどなたか詳しい方がいらっしゃったらご教授くださいませ。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

障害基礎年金と老齢基礎年金はそもそも同時に受け取ることが認められていませんので、65歳以降の老齢基礎年金を受け取りたい場合は、そのときに「今後は障害基礎年金は受け取らない」という、年金選択届を出します(「1人1年金の原則」と言います)。
選択しなければ、老齢基礎年金は受け取れず、障害基礎年金のままです。
老齢基礎年金は満額が受給できれば、年額で2級障害基礎年金と同額です(現在、79万2100円/1か月あたり6万6008円)。
ところが、国民年金保険料の全額免除を受けていると、その免除期間の年数分だけ3分の1の額で算定されます。
つまり、受給できる老齢基礎年金の額は、全額免除を受けた期間だけ3分の1に減ってしまいます。

Q二人あわせて毎月平均手取り30万で結婚した場合の生活費について質問します

二人あわせて毎月平均手取り30万で結婚します。
彼の収入正社員ボーナス無し保険年金等引かれず月25から23万(2万は事情によって返済)
私の収入パートボーナス無し月8から13万(出来高製の為変動がある)

毎月約30万で今の世の中夫婦二人で生活出来るものなのでしょうか。
住む場所によるのかも知れませんがどのように生活費を工面していったらいいのでしょうか?(彼の実家の近くの北関東に住む予定です)

今は物件を探しているのですが家賃6.5万から6万円ないで探しています。その家賃でもやっているものなのでしょうか?

Aベストアンサー

あんだよさん

ご婚約おめでとうございます♡
私も婚約中で同棲を始めたばかりなので、お役に立てれば…

家賃ですが、家賃とは別に駐車場や共益費町内会費などもプラスされますので注意してください。
わたしは
家賃75,000
食費30,000
光熱費20,000
ガソリン(2台)25,000
携帯(2台)20,000
ネット4,500
犬2匹10,000
主人お小遣い30,000
生命保険15,000
雑費10,000

てな感じです。
贅沢をしているつもりはありませんが、食費以外は抑えているつもりもありません。
以前はお互い実家暮らしでしたので、頑張って貯金はしました。
引っ越し・結婚式・新婚旅行で300万くらいは貯めました。

正直二人の手取りが30万というのは多くはありませんが、
生活はできるかと。
一緒に住み始めると、なかなか貯金ができないかと思いますので
今、頑張ってくださいね。
また、子どもができると、あなたの収入があてにならなくなるので…がんばってくださいね。

Q年金(二階建て(基礎年金+厚生年金)・三階建て(基礎年金+厚生年金+厚

年金(二階建て(基礎年金+厚生年金)・三階建て(基礎年金+厚生年金+厚生年金基金))について、
お教え下さい。
とても、単純・シンプルな質問です。

51歳で転職し、62歳で退職したとします。
この51歳で転職した時に、A社に転職した場合とB社に転職した場合
62歳から年金をもらう時に、
どちらの会社が得になるのでしょうか?

A社は総額給料(交通費別)20万円/月額、三階建て(基礎年金+厚生年金+厚生年金基金)
B社は総額給料(交通費別)25万円/月額、二階建て(基礎年金+厚生年金)。
賞与はA社もB社も同一の率とします。仮に年間で2か月とします。
51歳までの前社は無視します。

とても単純でシンプルな質問となりますが、
お教え下さいますよう
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問はシンプルですが、回答は難しいです。

まず何も余計な事を考えずに、単純に提示された条件の中で答えようとすれば、Bの方が高額の年金となります(=保険料も高くなる)
これは、次のような制度に成っているからであり、対象期間中の標準報酬月額が高いほど、老齢厚生年金及び基金からの給付は高額となります。
○厚生年金基金に加入していない期間に対する老齢給付[老齢基礎年金は説明から除く。以降同じ]
 ⇒老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
 ⇒その後の物価スライド部分も日本年金機構から給付。
○厚生年金基金に加入していた期間に対する老齢給付
 ⇒基金から100%支給される。
 ⇒その後の物価スライド部分が老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
【参考】各厚生年金基金における紹介ページ
 ・関東ITソフトウェアー
 http://www.softkikin.or.jp/05/index.html
 ・東京都電設工業(因みに現時点での厚生年金の報酬比例部分は最低が5.481/1000)
 http://www.dskikin.jp/kikin/index.html
 ・日本自動車
 http://www.jidoshakikin.or.jp/kikin_toha/nenkin_ichiji.html

しかし、実際にはこんな単純では無く、『厚生年金基金は、厚生年金よりも厚い給付(いわゆる3階部分)を行なう』とされています。
そして、この3階部分の支給率は厚生年金基金によってバラバラです。
且つ、平成15年4月とからは賞与の額も年金計算に使用するため比較計算できません。
色々と情報を書こうとして試行錯誤いたしましたが、この場で書ける事は年金の計算方法の比較程度でしょう。
○簡易な年金計算式[正確ではありませんが、イメージをつかめれば幸いです]
・2年間の平均報酬額
 (標準報酬月額×24月+毎回の賞与の累計額)÷24月
 =平均報酬額
 因みに20万円の給料に対する標準報酬月額は20万円ですが、25万円に対する標準報酬月額は26万円です。
 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2109/ryogaku01.pdf
・Aの場合
 平均報酬額×基金からの支給率×24月
・Bの場合
 平均報酬額×5.481/1000×24月
仮に、毎回の賞与が給料の2か月分。交通費はゼロ。基金の給付が5.558/1000だとすると

・Aの場合
 平均報酬額=(200千円×24+400千円×4)÷24≒26万6666円
 26万6666円×5.558/1000×24月≒3万5571円
・Bの場合
 平均報酬額=(260千円×24+500千円×4)÷24≒34万3333円
 34万3333円×5.558/1000×24月≒4万5798円

ご質問はシンプルですが、回答は難しいです。

まず何も余計な事を考えずに、単純に提示された条件の中で答えようとすれば、Bの方が高額の年金となります(=保険料も高くなる)
これは、次のような制度に成っているからであり、対象期間中の標準報酬月額が高いほど、老齢厚生年金及び基金からの給付は高額となります。
○厚生年金基金に加入していない期間に対する老齢給付[老齢基礎年金は説明から除く。以降同じ]
 ⇒老齢厚生年金として日本年金機構から給付。
 ⇒その後の物価スライド部分も日本年金機構から...続きを読む

Q1日あたりの平均生活費を400円節約するアイデア

募集しています!
特に貯金が趣味という方からの意見は大歓迎です。

もちろん生活費は日によってバラつきはありますので、
一ヶ月あたり12,000円ほど節約できればOKです。

Aベストアンサー

削ると言う発想よりも
0から見直した方が楽にできます。
現在の部屋の中や冷蔵庫の中身、外食時の領収書(レシート等)を見て、
今後のための仕分け作業をすることをお奨めします。
これは、本当に必要だったんですか?
これが無いと困ったのですか?
これが無ければ不幸になったのですか?
大半の物が、衝動買いであり何の役割も果たして無い事が解ります。

仮に1日2000円で生活されていたとしても400円は楽に節約できるはずです。

Q障害基礎年金受給者が障害厚生年金を受給できますか?

現在、障害基礎年金を受給しています。

今後働いて一定期間厚生年金を収めた場合、新たに障害厚生年金を受給することはできるのでしょうか。

Aベストアンサー

質問の意図が明確ではないので、yesであり、Noである。

年金給付は、その給付原因となった時点で加入していた公的年金制度の保険料納付実績等に基づくので、

・厚生年金保険に加入中に初診日がある傷病が原因で障害が発生した(現在の障害が増悪した)場合、厚生年金保険法に定めの条件に合致すれば、障害基礎年金+障害厚生年金が支給される。
 ⇒答えはYes

・現在支給されている障害基礎年金は厚生年金加入前に初診日がある訳だから、障害認定がなされた後に厚生年金に加入したところで、現在の障害状態に対して厚生年金からは給付は行われない。
 ⇒答えはNo
 

Q(人民元)北京市民現在の1ヶ月の平均生活費について

日本円で200,000円は、人民元で、だいたい16,000元(一応調べましたが、合ってますかね? )だったんですが、16,000元って、今現在の「北京市内」(もっと詳しい事言うと、朝陽区の辺り・・)だったら、どれくらいの価値がありますか?

地元北京市民の人でも、日本人でも、安い部屋を借りたり、1、2ヶ月ぐらい生活できるお金ですか?(あくまでも、北京市内で・・)

私は中国事情に無知なので、どなたか、できれば詳しく教えて下さい!
お願いします!

Aベストアンサー

以前北京(朝陽区)に住んでいた事が有り、今は別の都市に住んでいる者です。

200,000円=16,000元で大体合っています。
このお金で生活が出来るか?と言われると十分出来ます。
安く暮らそうと思えばいくらでも安く出来ますし、贅沢をしようと思えばいくらでも贅沢が出来ます。
朝陽区は北京市内でも高い方だと思いますが、それでも北は食費が比較的に安いので、全く問題無いです。
お金の価値の指標を出すのは難しいですが、良く言われるのがマクドナルドの価格を引き合いに出しますよね。中国語ですと麦当勞ですが、セット価格が大体25元ですので、日本円だと312円位になります。
日本の1/2位の価格でしょうか。そう考えると日本の倍の価値になります。

ちなみに私は中国の別の都市(地方ではありません)で暮らしていますが、家賃は別で3000元/月で十分やって行っています。
ただ私は食にこだわらないので、日本料理しか食べない人は厳しいかも知れません。

Q厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金

厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金
過去(5年・7年ほど前)に2度失業した時期があり、本来ならば、国民年金に切り換えの手続きをしなければならなかったのですが、
手続きを怠ってしまい、2年ほど、年金の空白期間ががあります。

その当時、年金免除制度を知らなかったため、手続きをしていれば、よかったのですが、過去2年以上前のものは支払いができないとの事と聞きました。今からその分を埋める事はできないのでしょうか。

将来的に年金を受け取る時は、満額納めていた場合から、2年分を減額?、それはどのくらい減額されるもなのでしょうか
(無知なため、質問内容も雑ですが、必要な情報がないと答えられない等がありましたらすみません)

Aベストアンサー

・60歳以降から、国民年金の任意加入を行なう事により、2年分の未納分を支払、満額受給にすることは可能です
・法改正で、過去2年間→10年間に延長、する予定だそうです・・法案が通れば変更になります・・現在時点では時期は不明です(今年か来年?)

・2年分の減額は・・満額に対し5%です(480ヶ月の内、24ヶ月未納で456ヶ月の支払がある場合)
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報