新型インフルエンザが流行しつつありますが、一度かかれば、二度目はないものなのでしょうか?
もしくは、運の悪い人は、なんどもかかることもありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

風邪ぴっきの子供は毎年連続してかかりますよね。


一度かかれば二度目はないというのは誤りだと分かります。
もう少し詳しく説明しましょう。

インフルエンザウィルスは毎年少しずつ進化して構造を変化させます。
これがマラリアや黄熱病ウィルスなど通常のウィルスと大きく違う特徴で、
黄熱病などは数十年と変化していませんが、インフルエンザは常時進化します。
このため運が悪いと同じシーズン内に進化したウィルスにやられます。

しかし、抗体の有無はやはり大きく、一度かかって抗体ができれば
少しばかり進化したインフルエンザウィルスに対しては
生命の危機にさらされる危険は少なくなります。

でも、今度の新型ウィルスは秋には全くの別物に化ける可能性が高く、
今かかってもほとんど意味がない筈です。
なぜ、10代~20代に患者が多いか、その意味が分かりますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました。

まずは今のものになるべくかからないように最善を尽くすように努力します。

お礼日時:2009/05/20 09:08

5月19日の「ちちんぷいぷい」(毎日放送系 毎週月~金 午後2時55分~午後5時50分)という番組で、専門家の先生が出演して、まさにこの質問が出ました。



「全然意味がなくて、危険なのでかからないようにしてください」と言うことでした。

まちがった俗説には惑わされないようにしましょう。
    • good
    • 0

季節性インフルエンザは毎年予防接種しますよね?



インフルエンザの場合小さな変異が頻繁に起きるので前年の免疫があったとしてもあまり効果が期待できません。
但し全く効果が無いとも言い切れず・・・

今回の新型インフルの場合、何故か若年層の患者が多い
今までは抵抗力の落ちた高齢者が危険と思われていたが、今の新型インフルに限って言えば高齢者の感染者は少なく10代20代の若い年齢層の患者数が多い。
一説には、高齢者の場合過去の様々な病原菌などへ接した事により新型インフルへの免疫力が高いのではとの話もあり。
その一方、その年代の人々は学校などの閉鎖的空間で集団生活をするので単に感染の危険(機会)が高いだけだとの説もあるので一概には言えないが・・・

基本的に、何度でも感染する可能性はあると思った方が間違いない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング