化学の各物質の組成式を記せという問題で、臭化ナトリウムや臭化カルシウムは、周期表を見て、価数を考えればNaBr、CaBr2と導けますが、硝酸亜鉛Zn(NO3)2や炭酸ナトリウムNa2CO3などは同様の考え方では導けませんでした。
この考え方は間違っているのでしょうか?
また、これらは暗記するしかないのでしょうか?
お願いします。

A 回答 (3件)

>簡易元素


ってなーに?
読み間違うひとはみーんな「かんい」って読むよねえ……「遷移元素」。
どこをどう見れば「遷移」を「かんい」って読めるんだろう。不思議でしょうがない。

>その亜鉛イオンがなぜ2+になるのかが分からないです。
>周期表を見る限りだとどうしても2+まで持っていけないんです。
へ!?
周期表を見る限り明らかに2+臭いでしょうに。
亜鉛は何族か考えたら一発。

NO3^-は、単純に硝酸HNO3からH^+がどっかにいって取り残されたのが硝酸イオンというそれだけの話。簡単なことを難しく考えようとしているから訳がわからなくなってるの。
    • good
    • 0

え、同様に価数を考えればできるでしょうに。


亜鉛イオンはZn^2+、硝酸イオンはNO3^-
ナトリウムイオンはNa^+、炭酸イオンはCO3^2-
イオンの化学式は暗記するしかない、というより、暗記していて初めてスタートラインに立てます。

この回答への補足

ありがとうございます。
その亜鉛イオンがなぜ2+になるのかが分からないです。
周期表を見る限りだとどうしても2+まで持っていけないんです。
CO3^2-やNO3^-を見る限りだと、No1の補足の後者に書いた事は合っていたのでしょうか。

やはり暗記なのでしょうか?なにか法則があって決まっているのであれば
知りたいです。一応教科書や参考書にも目を通したつもりですが、
イオン物質の価数一覧のようなものが無かったので何かしら法則があるのではないかと思いました。

補足日時:2009/05/20 21:36
    • good
    • 0

え~?


硝酸亜鉛や炭酸ナトリウムも同じように考えればできるよ.
ちなみにあなたの「同様の考え方」がどのようなもので, その「考え方」ではどんな組成式になったんでしょうか?

この回答への補足

ありがとうございます。
例えば臭化ナトリウムは臭素+ナトリウムで、臭素は電子を1受け取って1価の陽イオンになる。
ナトリウムは電子を1放出して1価の陰イオンになる。
これらから、NaとBrの比率は1:1でNaBrと周期表を暗記しておけばできるのですが、
硝酸亜鉛はZnは分からないので(3価の陽イオン?間に簡易元素がありますが・・)陰イオンから推測。
陰イオンはNO3・・・あわせると9価の陰イオン???・・Zn3NO3??
または、NO3は共有結合でNの価数が3でO3が2*3、電子数9で電子を1受け取って1価の陰イオンになる。
この考えが合っていて、Znが2価の陽イオンであればZn(NO3)2は成り立ちますが・・・Znが2価の陽イオンになるのがなぜなのかも分からない。

上手く説明できている自身は無いです・・・すいません。

補足日時:2009/05/20 21:14
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q組成式がぜんぜんわかりません・・・

(1). 化学式と組成式の違いがわかりません。
(2). 組成式の作り方がわかりません。
   例 マグネシウム と 硫黄
     ナトリウム  と 二酸化炭素
     亜鉛     と 塩素
(3). 組成式の作り方わかりません。<その2>
   例 塩化物イオン と 銅イオン
     カルシウムイオン と 水酸化物イオン
     ナトリウムイオン と 酢酸イオン
     アンモニウムイオン と 硝酸イオン
(4). 組成式の式量計算の仕方
         

Aベストアンサー

(1)
組成式は、その物質を構成する原子またはイオンの種類を、簡単な整数比として表した化学式のことを言います。
だから、化学式のひとつですね。
(ちなみに化学式は元素記号で化学物質を表す式全部のこと。組成式とか、分子式とか、構造式とかの総称)

(2)
やはり覚えるしかないと思います。
結晶とか、金属はだいたい組成式。

マグネシウム Mg    硫黄 S
ナトリウム Na     二酸化炭素 CO2(←2は下つき小文字)
亜鉛 Zn        塩素 Cl

(3)
塩化物イオン Cl+(←+は上付き小文字、以下同様)
銅イオン Cu2+
カルシウムイオン Ca2+
水酸化物イオン OH-
ナトリウムイオン Na+
酢酸イオン CH3COO-
アンモニウムイオン NH4+ (←4は下つき小文字)
硝酸イオン NO3- (←3は下つき小文字)

(4)
それぞれの原子量を足せばオッケ―です。
例 塩化ナトリウム NaCl
 Na 22.99
 Cl 35.45
 合計 58.44  (文献値と同じ)

わからないなと思ったら、化学辞典を引くと載ってますよ。

(1)
組成式は、その物質を構成する原子またはイオンの種類を、簡単な整数比として表した化学式のことを言います。
だから、化学式のひとつですね。
(ちなみに化学式は元素記号で化学物質を表す式全部のこと。組成式とか、分子式とか、構造式とかの総称)

(2)
やはり覚えるしかないと思います。
結晶とか、金属はだいたい組成式。

マグネシウム Mg    硫黄 S
ナトリウム Na     二酸化炭素 CO2(←2は下つき小文字)
亜鉛 Zn        塩素 Cl

(3)
塩化物イオン C...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報