化学の各物質の組成式を記せという問題で、臭化ナトリウムや臭化カルシウムは、周期表を見て、価数を考えればNaBr、CaBr2と導けますが、硝酸亜鉛Zn(NO3)2や炭酸ナトリウムNa2CO3などは同様の考え方では導けませんでした。
この考え方は間違っているのでしょうか?
また、これらは暗記するしかないのでしょうか?
お願いします。

A 回答 (3件)

>簡易元素


ってなーに?
読み間違うひとはみーんな「かんい」って読むよねえ……「遷移元素」。
どこをどう見れば「遷移」を「かんい」って読めるんだろう。不思議でしょうがない。

>その亜鉛イオンがなぜ2+になるのかが分からないです。
>周期表を見る限りだとどうしても2+まで持っていけないんです。
へ!?
周期表を見る限り明らかに2+臭いでしょうに。
亜鉛は何族か考えたら一発。

NO3^-は、単純に硝酸HNO3からH^+がどっかにいって取り残されたのが硝酸イオンというそれだけの話。簡単なことを難しく考えようとしているから訳がわからなくなってるの。
    • good
    • 0

え、同様に価数を考えればできるでしょうに。


亜鉛イオンはZn^2+、硝酸イオンはNO3^-
ナトリウムイオンはNa^+、炭酸イオンはCO3^2-
イオンの化学式は暗記するしかない、というより、暗記していて初めてスタートラインに立てます。

この回答への補足

ありがとうございます。
その亜鉛イオンがなぜ2+になるのかが分からないです。
周期表を見る限りだとどうしても2+まで持っていけないんです。
CO3^2-やNO3^-を見る限りだと、No1の補足の後者に書いた事は合っていたのでしょうか。

やはり暗記なのでしょうか?なにか法則があって決まっているのであれば
知りたいです。一応教科書や参考書にも目を通したつもりですが、
イオン物質の価数一覧のようなものが無かったので何かしら法則があるのではないかと思いました。

補足日時:2009/05/20 21:36
    • good
    • 0

え~?


硝酸亜鉛や炭酸ナトリウムも同じように考えればできるよ.
ちなみにあなたの「同様の考え方」がどのようなもので, その「考え方」ではどんな組成式になったんでしょうか?

この回答への補足

ありがとうございます。
例えば臭化ナトリウムは臭素+ナトリウムで、臭素は電子を1受け取って1価の陽イオンになる。
ナトリウムは電子を1放出して1価の陰イオンになる。
これらから、NaとBrの比率は1:1でNaBrと周期表を暗記しておけばできるのですが、
硝酸亜鉛はZnは分からないので(3価の陽イオン?間に簡易元素がありますが・・)陰イオンから推測。
陰イオンはNO3・・・あわせると9価の陰イオン???・・Zn3NO3??
または、NO3は共有結合でNの価数が3でO3が2*3、電子数9で電子を1受け取って1価の陰イオンになる。
この考えが合っていて、Znが2価の陽イオンであればZn(NO3)2は成り立ちますが・・・Znが2価の陽イオンになるのがなぜなのかも分からない。

上手く説明できている自身は無いです・・・すいません。

補足日時:2009/05/20 21:14
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q組成式がぜんぜんわかりません・・・

(1). 化学式と組成式の違いがわかりません。
(2). 組成式の作り方がわかりません。
   例 マグネシウム と 硫黄
     ナトリウム  と 二酸化炭素
     亜鉛     と 塩素
(3). 組成式の作り方わかりません。<その2>
   例 塩化物イオン と 銅イオン
     カルシウムイオン と 水酸化物イオン
     ナトリウムイオン と 酢酸イオン
     アンモニウムイオン と 硝酸イオン
(4). 組成式の式量計算の仕方
         

Aベストアンサー

(1)
組成式は、その物質を構成する原子またはイオンの種類を、簡単な整数比として表した化学式のことを言います。
だから、化学式のひとつですね。
(ちなみに化学式は元素記号で化学物質を表す式全部のこと。組成式とか、分子式とか、構造式とかの総称)

(2)
やはり覚えるしかないと思います。
結晶とか、金属はだいたい組成式。

マグネシウム Mg    硫黄 S
ナトリウム Na     二酸化炭素 CO2(←2は下つき小文字)
亜鉛 Zn        塩素 Cl

(3)
塩化物イオン Cl+(←+は上付き小文字、以下同様)
銅イオン Cu2+
カルシウムイオン Ca2+
水酸化物イオン OH-
ナトリウムイオン Na+
酢酸イオン CH3COO-
アンモニウムイオン NH4+ (←4は下つき小文字)
硝酸イオン NO3- (←3は下つき小文字)

(4)
それぞれの原子量を足せばオッケ―です。
例 塩化ナトリウム NaCl
 Na 22.99
 Cl 35.45
 合計 58.44  (文献値と同じ)

わからないなと思ったら、化学辞典を引くと載ってますよ。

(1)
組成式は、その物質を構成する原子またはイオンの種類を、簡単な整数比として表した化学式のことを言います。
だから、化学式のひとつですね。
(ちなみに化学式は元素記号で化学物質を表す式全部のこと。組成式とか、分子式とか、構造式とかの総称)

(2)
やはり覚えるしかないと思います。
結晶とか、金属はだいたい組成式。

マグネシウム Mg    硫黄 S
ナトリウム Na     二酸化炭素 CO2(←2は下つき小文字)
亜鉛 Zn        塩素 Cl

(3)
塩化物イオン C...続きを読む

Q炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムについて(2)

サリチル酸を炭酸水素ナトリウム水溶液に加えるとサリチル酸より弱酸である、炭酸が遊離し結果的に二酸化炭素の気泡が観測されますが、これは炭酸ナトリウム水溶液でも同様の反応が起こるのでしょうか?

個人的には原理的に同じことだと思うのですが私の知る参考書等には「炭酸ナトリウム水溶液を使う」という表記はなかったのです。

推測では炭酸ナトリウムの方だと、段階的にまず炭酸水素ナトリウムを生じるため水素陽イオンが消費されて、2段階目の炭酸の生成量が減少し、気泡の発生が観測しにくいのかなと思うのですが、それ以外に理由があるのでしょうか?

(以前の質問では、ほぼ同様の内容として、「ナトリウムフェノキシドの水溶液に炭酸水素ナトリウムを加えてフェノールを遊離させる場合、炭酸ナトリウムでも可能なのか?」ということを聞きたかったのですが私の質問文が不正確極まりなかったので、再度質問させて頂きました。)

Aベストアンサー

ナトリウムフェノキシドに関しては、質問が不正確というよりも、そもそも前の質問の#2に説明が書かれています。あなたがそれを理解できなかっただけです。

結論から言えばダメです。
炭酸水素ナトリウムでフェノールが遊離するのは、炭酸とフェノールを比較するとフェノールの方が弱酸だからです。
つまり、
HCO3^- + C6H5OH ⇔ H2CO3 + C6H5O^-
の平衡が左に偏るからです。

しかし、炭酸ナトリウムを使う場合には
CO3^2- + C6H5OH ⇔ HCO3^- + C6H5O^-
の平衡を議論することになります。この平衡は幾分左に偏るもの、偏りはたいしたことはありません。フェノールの種類も関係してきます。なので効率が悪く現実的ではないということになります。
これが前の#2の回答の主旨です。
ちなみに、一般的には炭酸水素ナトリウムよりも炭酸ガスであったり、もっと強い酸を使うのが普通です。

サリチル酸の場合であればカルボキシル基はCOONaになります。これはNaHCO3でもNa2CO3でも同じことです。HCO3-はカルボン酸よりも弱い酸だからです。ただし、NaCO3のすべてが、NaHCO3になる前にカルボン酸がなくなれば二酸化炭素は発生しません。

>推測では炭酸ナトリウムの方だと、段階的にまず炭酸水素ナトリウムを生じるため水素陽イオンが消費されて、2段階目の炭酸の生成量が減少し、気泡の発生が観測しにくいのかなと思うのですが、それ以外に理由があるのでしょうか?
それは正しいですが、量的な観点も必要です。

それと、前回とほぼ同じ内容を質問したとおっしゃいますが、普通に考えれば全く別の内容の質問です。論点が全く違います。

ナトリウムフェノキシドに関しては、質問が不正確というよりも、そもそも前の質問の#2に説明が書かれています。あなたがそれを理解できなかっただけです。

結論から言えばダメです。
炭酸水素ナトリウムでフェノールが遊離するのは、炭酸とフェノールを比較するとフェノールの方が弱酸だからです。
つまり、
HCO3^- + C6H5OH ⇔ H2CO3 + C6H5O^-
の平衡が左に偏るからです。

しかし、炭酸ナトリウムを使う場合には
CO3^2- + C6H5OH ⇔ HCO3^- + C6H5O^-
の平衡を議論することになります。この平衡は幾分左に偏る...続きを読む

QAl と Fe は組成式ですか。 それとも分子式ですか。

Al と Fe は組成式ですか。 それとも分子式ですか。ものの本には,組成式となっているのですが,分子式のような気がするのですが。

Aベストアンサー

組成式です。

金属は原子同士が「金属結合」によって結びついており、分子を形作っていません。理論的には金属の固まり全部が一つにまとまっているようなものです。

そこで「原子がいくつくっついているか」なんかは数えられるものではないので組成式で表します。

※組成式では構成する原子の種類の比で表します。単体の場合は原子は1種類なので、単純に Al とか Fe とかになります。

Q高校、化学の質問です。炭酸ナトリウムNa2CO3 1.06gに含まれるナトリウムイオンNa➕は何

高校、化学の質問です。

炭酸ナトリウムNa2CO3 1.06gに含まれるナトリウムイオンNa➕は何個か。

という問題で、

1.06➗106✖️6.0✖️10(23乗)までは分かるのですがそれに ✖️2をしますよね?それはなぜですか?分かりにくいですが、早めの回答をお願いします。。

Aベストアンサー

Na2CO3のイオン式は
2Na+➕CO32- ➞Na2CO3
となっているので、
比が2:1:1です。

つまりNa2CO3:Na+=1:2です。
Na2CO3の個数がわかったので、✖️2をすればNa+の個数がでます!

反応式の係数の比は、各物質の物質量の比を表すことをつかいます(›´ω`‹ )

Q組成式についての質問です。組成式ってどこにどの数字をつけるとかがよく分

組成式についての質問です。組成式ってどこにどの数字をつけるとかがよく分かりません。

Aベストアンサー

組成式は,
化合物を構成している元素の,原子数の割合(元素組成)を示すものです。元素記号の右下に小さく原子数の割合を書きます。が,1は書きません。(ここでは小さく書くことができないが)
水は,水素原子2と酸素原子1の割合でできているので,組成式はH2Oです。この場合は分子式と同じです。
エタンは,炭素原子1と水素原子3の割合でできているので,組成式はCH3です。(分子式はC2H6ですが)
ブドウ糖は,炭素原子1,水素原子2,酸素原子1の割合でできているので,組成式はCH2Oです。(分子式はC6H12O6ですが)
ギ酸も酢酸も組成式はCH2Oです。(分子式(示性式)はそれぞれHCHO,CH3COOH)
これで,わからないでしょうか。

Q炭酸水素ナトリウムと水酸化ナトリウム

炭酸水素ナトリウムと水酸化ナトリウムは反応して炭酸ナトリウムと水が生成すると教わったのですが、なぜこのような反応が起きるのでしょうか?
あと、炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの混合液に塩酸を加えて中和滴定をしたときに、それぞれが塩酸と反応すると思うのですが、炭酸ナトリウムが塩酸と反応してできた炭酸水素ナトリウムは水酸化ナトリウムと反応しないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NaHCO3は「両性電解質」と言って、酸と塩基の両方の性質を持つ物質れす。
相手がNaOHのような塩基の場合には「酸」となり、
NaHCO3 + NaOH → Na2CO3 + H2O のように中和反応を起こします。

次にNa2CO3とNaOHの混合物のHClによる中和の問題ですが、
平衡定数の大きさを反応の進み易さの目安と解釈する事で説明してみます。

HCl + NaOH ⇔ NaCl + H2O (H^+ + OH^- ⇔ H2O):平衡定数は1/Kw=10^14
HCl + Na2CO3 ⇔ NaHCO3 + NaCl (H^+ + CO3^2- ⇔ HCO3^-):平衡定数は1/K2≒2*10^10

平衡定数を比較すると前者の方が後者よりかなり大きいから、
「NaOHがほぼ完全に中和されるまでは、Na2CO3が中和される事は殆どない」と考えられます。
だからNaOHとNaHCO3の反応は殆ど無視できるでしょう。

Q分子結晶のヨウ素I2を組成式で表すとIですか?

分子結晶というと、分子式を用いて表すみたいなのですが、組成式で表すことは出来ないのでしょうか?

C02やH20は分子式も組成式も同じですが、
ヨウ素I2はどうなるのでしょうか?
組成式で表すとIですか?…(1)

あともう1つ。
ぜんぜん関係ないかもしれませんが、
H2SO4の硫酸は分子式ですよね?
組成式で表すとHSO2ですか?…(2)

分子はどんなものでも分子結晶をつくることができるのでしょうか?…(3)

回答できるものだけで良いので、
分かる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、分子式と組成式についてです。
分子式:元素記号を用いて物質の分子の組成を表わす化学式のことです。例えば、水の分子式はH2Oで、硫酸の分子式はH2SO4です。
組成式:化学式の1つで元素記号を用いて物質の組成を最も簡単な整数比で表わした式のことです。例えば、酢酸CH3COOHをCH2Oと表わしたりします。

組成式のところに出てくる“整数比”というのは、何か比べる対象がないと考えられないものなので、ある1つの分子式の中に2つ以上の元素が含まれていて、かつそれぞれの個数を表わす数自体に最小公約数が存在すれば、その分子式を組成式で表わすことができます。それ以外はダメです。組成式のところに例として挙げた、酢酸で考えてもらえれば分かると思いマス。よって、硫酸の組成式は分子式と同じH2SO4であり、HSO2ではありません!!

同じように考えて、I2の組成式も分子式と同じI2のままです。上に述べたように、I原子の他に比べるべき原子がないし、この場合は“ヨウ素分子I2”どうしがくっついたものが1単位となって集まって存在しているので…(金Auのように元々原子1つを1単位として集まってできているものは、組成式Auとして表わします)

分子結晶を作るものについては、私が以前回答したものが“参考URLの#1”に載っていますので、そちらを見てください。

これで、全てに回答してあるはずですが…♪

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=615222

まず、分子式と組成式についてです。
分子式:元素記号を用いて物質の分子の組成を表わす化学式のことです。例えば、水の分子式はH2Oで、硫酸の分子式はH2SO4です。
組成式:化学式の1つで元素記号を用いて物質の組成を最も簡単な整数比で表わした式のことです。例えば、酢酸CH3COOHをCH2Oと表わしたりします。

組成式のところに出てくる“整数比”というのは、何か比べる対象がないと考えられないものなので、ある1つの分子式の中に2つ以上の元素が含まれていて、かつそれぞれの個数を表わす数自体に最小公...続きを読む

Qこんにちは 高校 化学基礎の質問です。 炭酸ナトリウム1molにナトリウム原子が2mol入っているの

こんにちは
高校 化学基礎の質問です。

炭酸ナトリウム1molにナトリウム原子が2mol入っているのは理解できるんですが、
炭酸イオンが1mol入っているのがわかりません。
Na2CO3なのに、何故3molじゃないんでしょうか

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「CO2」が二酸化炭素
水中では水と反応して、
H2O + CO2 → H2CO3
これが炭酸。そして
「CO3^2-」
と2価の陰イオンになったものが炭酸イオン
これが、1個のイオンです。

Q高校化学基礎の問題です。 イオンからなる物質の組成式を記せ。 という問題があり、 Na+とCH3CO

高校化学基礎の問題です。

イオンからなる物質の組成式を記せ。
という問題があり、
Na+とCH3COO−の組成式はCH3COONaと書いて
あります。

ですが、陽イオンを先に陰イオンは後に書くと教科書に書いてあります。

なぜ酢酸ナトリウムの組成式は陰イオンが先に陽イオンが後になるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1のお答えの揚げ足をとると、結晶状態ではそんな形はしていないはず。イオン結晶は非常に面倒で、隣のイオンとの距離が関与してきます。それは食塩の結晶でナトリウムイオンともっとも近い塩化物イオンはどれか、と訊くのと同じ、最近傍距離に幾つもあり、第二近傍距離にも幾つもある。
>陽イオンを先に陰イオンは後に書くと教科書に書いてあります。
これは国際純正並びに応用化学連合(IUPAC)の命名法の部の最初に書いてあり、これはこれで正しい。だがこれは本来無機イオン化合物での話。酢酸ナトリウムを組成式で書くと異性体が入ってきてしまう。そこで酢酸イオンを有機化学に従って書く「便宜的な方法」も許されている。だが英語ではsodium acetateとちゃんと陽イオン、陰イオンの順になっている。面倒な事に、これは英語圏がIUPACに合わせたのでは無く、IUPACが欧米圏の言語に合わせただけ。いい加減なものだ、だからNaO2CCH3と書いても良い。

Q硝酸イオン(硝酸ナトリウム)を24時間ガラス容器の中で放置しておいたら

硝酸イオン(硝酸ナトリウム)を24時間ガラス容器の中で放置しておいたらアンモニウムイオンが検出されました。硝酸イオンって光分解でアンモニウムイオンになるのですか?

Aベストアンサー

硝酸イオンが、光分解によってアンモニウムイオンになることはありません。
生物が働ける条件であったのであれば、微生物の働きで、アンモニウムイオンが生じた可能性があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報