ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんばんは
株をはじめたばかりの完全素人です。

株情報にPBRとありますが、これはどういった情報ですか?
説明を読んでもいまいち判りません。
たしか何かの雑誌にこの数値が1を大幅に割り込んでいると買いと書いてあった気がするのですが、それはどうしてでしょうか。
それとPERと言うものもあります。これはN/Aと書いてあるものがありますがどういったものでしょうか。
お手数ですがわかる方教えて下さい!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的な解説はNo.1の通りでいいと思うよ。


だけど、「純資産」ってのはあくまで帳簿上の数字だから必ずしも実態を反映しない。
例えば、社用車を持ってればそれが会社の資産に計上されて、
年々減価償却されるけど、減価償却は一律に基準に従って行われるから、
実際にはあまり使ってなくて状態のいい車だろうが、かなり荒っぽく
使ってボロボロだろうが、人気車で価値が下がりにくい車だろうが、
そうでなかろうが、3年たった車なら3年たった分だけ帳簿上はみな
同じ割合で価値が下がっている。

それに、PBRが低ければ株価よりも会社を清算した価値が高いから
投資するのにも安心といわれるけど、会社が事業を継続するという
前提である限り、例えば会社が赤字なら基本的に資産が減っていくから、
今年の純資産より来年の純資産、再来年の純資産が減ることになる。
だから、今年はPBRが低くても、株価が変わらないのに2年後には
PBRが高くなっているということもありうる。
そういうことも予想しながらみんな投資するので、単にPBRが低いから
いいということではないんだよね。
なぜPBRが低いのかというその理由が問題なんだよ。

それから、N/Aは、"Not Available"か"Not Applicable"で
簡単に言えば「数字が取れません」というような意味。

一株利益が赤字の場合にはPERがマイナスになるけど、それは指標として意味がないので、
たぶんその意味で使っているんだと思う。
でも、その意味なら本当はN/M(Not Meaningful)と書くべきところなんだけど、
日本では混同して使われることが多い。
    • good
    • 0

回答しますけど、どちらも株式投資には欠かすことのできない基本的な


指標ですのです。本やネットでもすぐに調べることができますので、ご
自分で調べることをお勧めしたいです。その方が身になりますから。





PBR=株価純資産倍率=株価÷一株当たり純資産(株主資本)

これが1を割り込むということは、「企業の持っている資産の価値より
も株価が安い」ということになります。
極端に言えば、今この時点で企業活動をやめて資産を全部処分すれば
株価以上の現金になる(実際にやろうと思ったらそんなに単純じゃない
ですが)ということです。
それだけ株価が安いなら買いだ!という観点で書かれていたのでしょう。

PER=株価収益率=株価÷一株あたり利益

株価が100円で一株当たり利益が10円ならPERは10倍。
株価が100円で一株あたり利益が5円ならPERは20倍。
つまり、この数値が低いほど利益の割には株価が割安ということになり
ます。他の条件が全て同じ企業なら(そんな企業はありえませんが)
PERが低い方が株価も上昇余地がありそうだと判断できます。

実際にはPBRやPERが低くてもその業界や企業に成長性がないと株価は
上昇しませんし、今現在高くても翌年以降利益を上げていけば数値は
低くなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング