ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

近い将来に起業をしたいなぁと色々調べています。
そこでタイトルの代理店契約の手段がわからないので質問させてください。
SonyやPanasonicなどの商品を扱うために代理店契約をするためには
どのような方法があるのでしょうか?
Sonyのほうはe-sonyshopというのがあるみたいなのですがよくわかりませんでした。
このあたりのことに詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずは電器店で働き、電気工事士の資格を取り、デジタル家電の通り一遍の接続くらいできるようになることでしょう。

詳しくはwikiの「電器店」を引いてみてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%99%A8% …

参考URLにスーパーナパソニックショップの事例をあげておきます。

参考URL:http://panasonic.co.jp/pcmc/le/sps/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【勘定科目】 代理店手数料の支払いについて

業務を委託した場合、代理店手数料として受け取った分は、
「雑収入」として処理してきました。
今回、業務提携により、代理店手数料を支払うことになったのですが
この場合、弊社の処理としては、勘定科目は何になるのでしょうか?
一応「支払手数料」として処理を行っていますが、この科目が
妥当かどうかを教えていただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

当社も支払手数料で処理しています。

予断ですが、製品や代理店別に主科目や補助科目を分けて使い分けていますが。

Q代理店契約で起業したとして、もし新たに製品を開発したいとなったらどうすればいいですか?

代理店契約で起業したとして、もし新たに製品を開発したいとなったらどうすればいいですか?

Aベストアンサー

よく言われるのは守秘義務違反。
仕事上知り得た情報を 勝手に使ってはならない だ。
内部の人間しか知り得ない機能などの情報を 他者に持ち込んだり自分の開発に使ったりも これに触れやすい。
「特許取ってないから良い」わけではないので 損害賠償請求されるケースもある。

それ以外の一般的な技術「誰にでも簡単にわかって 別に秘密でも何でもない」ものは 先程の特許 著作権 商標登録だけ考えておけば良いかと。

あと 代理店契約の際の規約に 時々妙な文言が盛り込まれ 独自の製品開発が難しい場合がある。
よく読んでおくべきかと。

Q独禁法に反するのでは? 賃借申込人に保険者・保険代理店を指定して保険契約させる行為

賃貸不動産の賃借申込の条件として、賃借申込人に火災保険契約の締結・補償内容の指定・保険金額の指定を義務付けることは、合理性があり理解できます。
しかし、ほとんどの不動産所有者・宅地建物取引業者・不動産管理業者(以下、所有者等といいます)は、所有者等指定の保険者・保険代理店にて保険契約を締結しなければならないとする条件を付ける場合が少なくありません。
所有者等が賃借申込人に対し、保険者・保険代理店を指定することは、独禁法に反しているのではないでしょうか?

また、不動産を担保に借金するとき、借入申込人に火災保険契約の締結・補償内容の指定・保険金額の指定を義務付けることも、合理性があり理解できます。
しかし、ほとんどの貸金業者は、貸金業者指定の保険者・保険代理店にて保険契約を締結しなければならないとする条件を付ける場合が少なくありません。
貸金業者が賃借申込人に対し、保険者・保険代理店を指定することも、独禁法に反しているのではないでしょうか?

Aベストアンサー

http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2127307で同様の投稿をした者です。
ANo.1の「この回答へのお礼質問」欄を契機に、公正取引委員会へ訪問したうえ照会したところ、賃借申込人に保険者・保険代理店を指定して保険契約させる行為が独占禁止法第19条の「不公正な取引」に該当するとの回答だったので、審査官の派遣を要請しました。

Q将来起業したいです。今大学生です。起業する上でこれだけはやっておいたほ

将来起業したいです。今大学生です。起業する上でこれだけはやっておいたほうがいいというようなアドバイスはなにかありますか?先月留学から帰国して、就職活動中です。自分の中では、会社で3、4年働いて独立しようと思っています。

Aベストアンサー

1.お金。通常3~4年はどんなに運が良くても収支とんとん、普通は持ち出し。
ですから、生きていくだけのお金は起業の分と別に用意しましょう。

2.特技。他の人にマネが出来ない「何か」。それがないと何をやっても「後追い」にしかならないので「起業」の意味がありません。似たサービスが沢山あっても自分たちしか供給出来ないオプションがあれば何とか喰っていけます。それが特異であればあるほどメリットは大きいと考えて良い。

3.度胸。大体どこの成功者も一度や二度の「絶体絶命の危機」には会います。その時知らん顔をして仕事が続けられなければ、起業なんて無理です。

Q火災保険の代理店です。代理店委託契約解除

損保代理店です。小さい損保会社の専業です。保険会社の担当者がいうには今後大きいところに合併して今あるうちの契約の手数料の10%~を今後合併した大きい代理店から受け取るという案を提示して来ました。
いまの代理店委託契約を解除して欲しいようなこといってました。
うちの取り扱い件数は自動車保険が、年間20台ほどで代理店としては最低のEランクです。
現在、代理店手数料よりも経費の方が上回っていて、赤字です。
1,代理店委託契約解除は新規が見込めない場合に来るんでしょうか
2,もう代理店を15年くらいやっていますが、代理店委託契約って今後解除されるんでしょうか

Aベストアンサー

何処の保険会社も同じ動きをしています。
時代の流れでしょうね。
複雑化した損害保険を個人で扱うのはもう無理です。
余程日常的に勉強をしないと、顧客対応が出来ない時代です。
手数料も弱小代理店は10%そこそこに低下しつつあります。

弱小代理店に高給取りの社員を配置するだけのゆとりはもう今の
保険会社にはありません。
大手代理店の核の傘の下で業務を続行するしかないでしょうね。

QNTTフレッツ光の代理店を目指したく、資料やNTTの代理店窓口等を探しているのですが・・・

Webサイト等で調べてましたら、NTTのページ内でみつけられず・・・
そのかわり、悪質業者等の情報が多く掲載されているばかりで、なかなかみつけられません。

できれば、資料請求まで行いたいのですが・・・

ご存知の方、いらっしゃいましたら、詳細教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一次代理店の事なら貴方ではまず無理でしょう。
個人が簡単に用意できない資金と実績と人脈が必要となります。
ここで聞いている時点で貴方には無いのは確実でしょう。

二次代理店なら各一次代理店に話しを持ちかけてみるのが手だと思います。
(光ではないけどこれは経験あり)
ただ、それならアフリィエイトやっているのとあまり報酬額変わりません。
自己申し込みOKなアフリィエイトでNTTの商品販売しているところ
選べば一番リスクもなく簡単かなと思います。

Q代理店、取次店、販売店の違いは?

商品を委託契約をして販売してもらう場合、
・代理店
・取次店
・販売店(←これは、種類が違いますがかいてます)
とは、法律上、また社会通念上どのような違いが有り
そのメリット、デメリットとは何でしょうか?

Aベストアンサー

「代理店」
 契約に基づく条件(地域など)で
 契約した会社の支店と同等の取り扱いが出来る。
 宣伝に商標なども使用でき、ショールーム、店舗なども扱える。

「取次店」
 ショールームは扱えない。
 扱うのは商品ではなく、サービスであり契約などを取り扱う。

「販売店」
 ショールームは扱えない。商品の展示販売ができる。

代理店契約には年間で家が建てるほど結構な費用が掛かったと思います。販売店は代理店の10~30分の1くらいだったと思います。

昔、こんな風な分類だよと教えてもらったことがあったのですが、だいぶ忘れています。ただし、法律用語ではなく、その業界用語かも知れません。間違っているかも知れません。

Q貴重なスペースを失礼します。 起業、経営に関しての質問です。 今、起業するために調べているのですが、

貴重なスペースを失礼します。
起業、経営に関しての質問です。
今、起業するために調べているのですが、商標登録をし、その際に個人事業として登録しました。
まだ今後起業した会社が成長するかはわからないですが、もし大きくしていけそうであれば大きくしていきたいと考えています。
そこで、初歩的な質問ですが、
個人事業、合同会社、株式会社、と企業の形態はいろいろありますが、それぞれメリットとデメリットがあると思います。もし詳しい方がおられましたらご教授下さい。
お願いします。、
一番知りたいのは合同会社の事です。

Aベストアンサー

私は、個人事業を法人化し、最初は合資会社として起業しました。
そして、株式会社化を検討した際に、事業を分割し節税対策をするという点で、合同会社を株式会社化せず、別会社として株式会社を設立しました。
その後必要に迫り、合同会社と株式会社のほかに、個人事業を再度起業させ、さらにさらに合同会社を増やしました。

個人事業は、起業も廃業も簡単です。
事業主が始めたと言えば開業であり、やーめーた、と言えば廃業です。
税務署への届出は、事後の届出であり、税務署の届出により企業や廃業が決まるわけではありませんからね。
しかし、事業上損害賠償を求められれば、廃業しても免れることはできません。事業主は無限に責任を負い、賠償ですと自己破産しても免れることはできません。

法人の設立全般に言えることは、設立に登記が必要であり、登記に費用が掛かることとなります。さらに赤字でも法人住民税の均等割として、最低でも7万円毎年納税しなければなりません。

ただ、法人で借り入れたものや損害賠償を受けたものが生じても、連帯保証を個人でしない限りは、原則、経営者個人に責任はなく、法人の倒産(廃業)により責任を免れます。

個人の確定申告は勉強して頑張れば、節税がどこまでできるかは別にしても、素人申告ができます。結構多くの方が税理士へ頼まずに、自己申告をされています。
確定申告時期の税務署が開設する申告相談会場には多くの人が集まっていますからね。
しかし、法人の申告は、そう簡単に勉強できるものではありません。ほとんどの会社が税理士へ依頼していることでしょう。税理士はビジネスですし、高度なノウハウを使った代理人として対応するため、それ相応の報酬を求めることでしょう。
ただ、個人事業と法人で比べれば、法人の方が社会的評価が高いでしょう。いまだに、法人でないと取引対象にしないという企業や団体もありますからね。

法人には、合同会社・合資会社・合名会社・株式会社と会社法で4種類とされています。そのほかに会社法以外で法人として認められる各種団体もあります。
会社法の法人が通常だと思いますが、やはりネームバリューでいえば、株式会社が一番です。
私の会社でもメイン会社は株式会社にしています。

しかしあらゆる手続き事務その他でいえば、区別はありません。
ただ、社会的評価などは株式会社が一番でしょうね。
事業の内容や取引状況その他によって、判断してもよいでしょう。

起業時の違いとしては、株式会社以外の人的会社と言われる3法人については、会社の健康と言われる定款の作成において、設立時に作成される定款について株式会社は認証が求められていますが、3法人は不要とされています。
認証は公証役場の公証人による業務とされておりますが、紙で作成された定款には印紙が必要で、さらに、公証人への報酬も必要となります。
紙ではない電子定款の作成となると、専用のソフトが必要となるため、印紙税の節約を考える人は、対応している行政書士や司法書士の事務所へ依頼します。

私はITにもそれなりに詳しいため、自分で電子定款を作成し、合同会社を設立させました。
人的会社も印紙税は課税されますが、電子定款ですと課税されません。さらに認証が不要で登記ができることを活用しましたね。

あとは、個人事業の事業主やその家族従事者は、社会保険への加入ができません。しかし、法人の代表者は加入ができます。
どちらも雇用保険には加入できませんし、労災も原則加入できません。しかし、法人個人問わず、特別加入制度を利用すれば経営者も労災の適用は受けられます。

あとは各種団体の会費等では、法人、それも資本金の額に応じた会費制度となっていることがあり、比較的資本が大きくなる株式会社ですと割高かもしれません。

ちなみにですが、私はやりませんでしたが合同会社の株式会社化も可能です。最初から株式会社にするよりも手続き費用が掛かりますが、高額ではありません。起業時の優先度愛により、まずは合同会社で起業し、その後株式会社にしてもよいでしょう。

最後に、市町村等の実施する企業予定者に対する研修に参加すると、設立時の登録免許税が安価になる場合があるようです。さらに、起業時の発明等として、商標や特許などの申請費用が安くなる制度もあるやもしれません。
企業経営者として一番良いのはすべて自分でやることではなく、情報を正しく収集し、能力ある人を上手に活用することです。その中の優先度愛等によりご自身で頑張る部分は頑張ることとし、営業に力を入れましょう。

私は、個人事業を法人化し、最初は合資会社として起業しました。
そして、株式会社化を検討した際に、事業を分割し節税対策をするという点で、合同会社を株式会社化せず、別会社として株式会社を設立しました。
その後必要に迫り、合同会社と株式会社のほかに、個人事業を再度起業させ、さらにさらに合同会社を増やしました。

個人事業は、起業も廃業も簡単です。
事業主が始めたと言えば開業であり、やーめーた、と言えば廃業です。
税務署への届出は、事後の届出であり、税務署の届出により企業や廃業が決まる...続きを読む

Q保険代理店手数料の勘定科目

保険代理店手数料の勘定科目は売上ですか?
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

質問者さんは保険代理店なのですね。
(損保等と保険代理店契約を結んでいる)

保険のコミッションとしての手数料でしたら、収入となります。
勘定科目としては、”保険代理店収入”が一般的かと思います。
(別に勘定の名前だけの問題ですから、売上としても問題ありません)

Q海外ブランドの販売代理店契約

海外ブランドの販売代理店契約をしたいのですが、どなたか方法を教えていただけますでしょうか。
この業種の経験がまったくなく、参考になるサイト・本などがあれば教えてください
些細なことでも構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

御社の詳細が分からないので一般論ですが、検討しているブランドの国際セールス部門などに直接コンタクトし、代理店契約に関する情報を仕入れてみてはどうでしょうか。
もし外国語でのやりとりが難しいのでしたら、代理でそうした契約の交渉などをしてくれる業者もあります。
グーグルで”小口輸入 代理店契約”といったキーワードで探すと出てきますよ。


人気Q&Aランキング