マンガとしての原作があるアニメです。
マンガとして完成されているのにアニメ化する必要性がどうも納得できないんです。
声がイメージと合わないということも有りますが,一番許せないのは絵のタッチや顔そのものが変わってしまっていることです。
なぜこういう疑問を感じるかというと,今度,弘兼憲史先生の「人間交差点」がアニメ化されるんですが,雑誌での紹介記事を見てみると,あの先生独特のタッチが全然有りませんでした。(声優として有名俳優を起用するというのも一つの売りになっているようでそれもどうも納得できないんです。)
何度もいいますが,すでにマンガとして完成されている作品をアニメ化する必要が有るのでしょうか?
忌憚のないご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。



yuseiさんのご意見、全く同感です。

特に完成度の低いアニメに至っては
原作が好きな場合でも見なかった(見てない)です。

昔の(原作がある)アニメ等、
絵柄など原作に忠実であってとてもみやすかったのですが、
近頃は独特の雰囲気になって興味がわきません。
声優も俳優を起用していますが、やはり
俳優は俳優であって、声優にはなれないと思います。
声優のしての立場もないような気がします。

アニメ化をする場合には、完成度が高く
原作に忠実なアニメにしてほしいと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>アニメ化をする場合には、完成度が高く
原作に忠実なアニメにしてほしいと思っています。
激しく同感です!

お礼日時:2003/03/13 23:29

マンガのアニメ化というのは、同じ作品としてみるのではなく


別のもの、と最初からわりきって見ると、意外と楽しめます。
違いをくらべてみたり。。。
まったく同じというのもありですけど、
違った表現だと思うと、そのマンガの世界が
広がるような気がします。
まほろまてぃっくというマンガとアニメも
いい例かなぁと私は思います。
マンガはマンガ、アニメはアニメ、と。
別の視点で見てみては、いかがでしょうか???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>マンガのアニメ化というのは、同じ作品としてみるのではなく
別のもの、と最初からわりきって見ると、意外と楽しめます。
表現を変えるのはまだ納得できるんです。絵を変えることにどうもやっぱり抵抗を感じるんですよね。

お礼日時:2003/03/13 23:29

私もyuseiさんとよく同じことを感じる一人です。


が、それを一般論とできるかどうかは別です。

マンガで完成されていないからアニメで補完する、というものではありません。小説で完成されているから映画化する必要はない、ということもありません。
アニメにはマンガに色、音、動きという全く違う、そして手間も時間もかかる大きな要素が加わってきます。これはまるでメディアが違うんですね。すると消費者の枠が変わって、商売になります。活字なら読まないがマンガなら読む、というように。

単純な商売だけの話ではなく、少年誌のアクションマンガのようなものはアニメ化する必然性を強く感じます。古くは鉄腕アトム、最近では(でもないけど)ドラゴンボールなどが大成功例といえるでしょう。こういった作品は、創り手が真面目で原作の雰囲気や迫力などを壊さず、さらに増幅させようという努力が見え、またそれを実現していると思います。

画風について。
例えば鳥山明のような絵はものすごく個性が強く、絵自体に大きな魅力があります。イラスト集を出すくらいですから。だからアニメ化されても画風は全く変えまいとします。一方で手塚治虫やyuseiさんのお好きな弘兼憲史は絵よりも話で売るタイプのマンガです。特に弘兼氏などはそのまま小説家になってもおかしくないような脚本力を感じます。ファンの心理というのはよくわかりますが、既存のファンのみを対象にしていないため、より洗練された(=今風)、アニメにした場合に映えるような絵にするのでしょう。
手塚でいえばブラックジャックなどはまるで別人になっていますよね。

あまりまとまらずにすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>より洗練された(=今風)、アニメにした場合に映えるような絵にするのでしょう。
小説をアニメや映画にして違和感を感じるのはある程度納得もできるんですが,本来の絵を変えるということにどうも納得できないんですよね。
>これはまるでメディアが違うんですね。
そう思うしかないんでしょうね。

お礼日時:2003/03/13 23:27

マンガとしての完成度が高いから、アニメ化されるのではないのでしょうか?


実際、アニメを見る多くの人は 原作を見てないと思います。
映画も同様でしょう。映画を見てから原作を読む人もいると思います。
アニメを見てから原作を見る場合もあります。

アニメになったのが 気に入らなければ 見なければいいだけじゃないんでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
もちろん見ませんよ。

お礼日時:2003/03/13 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメ,マンガの製作期間,費用などについて教えてください。

アニメやマンガの作成を依頼する場合,発注から完成まで30分アニメだと通常どれくらいの期間,費用などがかかるのでしょうか。また,マンガなどもページ数にもよると思いますが,通常どれくらいの期間や費用がかかるのでしょうか。そのほか,発注から製作までの段取りなども教えてください。

Aベストアンサー

>純粋にまんがの作成を依頼して,単行本1冊分くらいのものを作成してもらい,必要部数印刷してもらう
ピンキリの一言に尽きます。プロ作家の場合、安くて1ページ数千円、高くて10万円まで作家により原稿料が異なりますので、そのような大雑把なご質問では答えようがありません。編集をご自分でなさるのでしたらそれは料金に含まれないとして除外。あと、印刷はこれまた紙質やカラーページ数、装丁、部数によりピンキリ。今では同人誌印刷をやってる印刷所でも商業誌レベルのものができますので、そういった印刷所のウェブサイトを御覧になればだいたいわかります。まあ、それ以前にもっと具体的な条件を示していただかないと・・・。

あと、日本の30分の普通のTV用セルアニメでしたら(動画枚数によりますが)最近は800万~1300万円くらいですね。

Q実写化→アニメ化した原作マンガ

実写化→アニメ化した原作マンガを教えてください。

Aベストアンサー

「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ)
ドラマ → アンティーク~西洋骨董洋菓子店~(2001年)
アニメ → 西洋骨董洋菓子店~アンティーク~(2008年)

「有閑倶楽部」(一条ゆかり)
ドラマ → 同タイトル(1986年)
アニメ → 同タイトル(1991年)※OVA
ドラマ → 同タイトル(2008年)

「ツヨシしっかりしなさい」(永松潔)
ドラマ → 同タイトル(1989年)
アニメ → 同タイトル(1992年)

「いじわるばあさん」(長谷川町子)
ドラマ → 同タイトル(1967年)
アニメ → 同タイトル(1970年)
ドラマ → 同タイトル(1971年)
ドラマ → 同タイトル(1981年~1989年)
アニメ → 同タイトル(1996年)
ドラマ → 同タイトル(1999年)

「サザエさん」(長谷川町子)
映 画 → 同タイトル(1948年)
ドラマ → 同タイトル(1965年)
舞 台 → 同タイトル(1966年)
アニメ → 同タイトル(1969年)

Q将来、アニメやマンガの仕事に携わりたいのですが、 アニメやマンガには、どのような仕事があるのでしょう

将来、アニメやマンガの仕事に携わりたいのですが、
アニメやマンガには、どのような仕事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

作る人たち
・漫画家
・漫画家のアシスタント
・アニメ監督
・その他アニメスタッフ(助監督・動画・原画・作監・キャラデザ・撮影・演出・脚本・音響・作曲・制作進行・デスク・・・・・・)
・声優
・アニソン歌手
……など

サポートする人たち
・編集者
・プロデューサー
・校閲
……など

完成品を二次利用する人たち
・サントラ、キャラソンなどのレコード会社の人
・コンサートなどのイベント会社の人
・各グッズ会社の人
……など

その他
・営業
・本屋、アニメショップの店員
……など


ざっくり、こんな感じでしょうか。

Qなぜ、TVアニメの映画化ばかりなの? なんで、アニメ映画はTVアニメの映画化ばかりするのでしょうね・

なぜ、TVアニメの映画化ばかりなの?

なんで、アニメ映画はTVアニメの映画化ばかりするのでしょうね・・・・。
海外と違って日本は異常すぎる。
海外のアニメはTVアニメの映画化はあまりしない。
したとしても、世界的人気もしくは国民的人気が出たときぐらいだよ。
(海外ではTVアニメとアニメ映画は別枠として認識されているのに・・・)
でも、日本は国民的人気作品だけではなく、オタクにしか受けない深夜アニメの映画化もする。
アニメは大好きなのですが、何でもかんでも映画化するものじゃないと思う。
国民的人気作品だけにすれば良いのに何でなんだろうね。



そこで質問します。
なんで、日本はTVアニメの映画化ばかりでオリジナルアニメ映画作らないのでしょうか?
それとも、邦画やドラマやアニメなどのように原作に頼らないと作れないのでしょうか?



質問しすぎで申し訳ない回答お願いします。意味不明でしたら指摘して下さい。

Aベストアンサー

映画産業そのものの問題です。

そもそもアニメってものすごく手間がかかるのです。手間がかかるからお金もかかる、そのかかったお金を上映して取り戻せるかどうか、が問題なわけです。

世界的に見て、コンスタントにアニメ映画を製作して上映している国自体が、アメリカと日本しかありません。それぐらい儲からない世界なのです。

たとえばジブリ、世界的に有名なアニメ制作会社ですが、必ずしもヒット作ばかりではありません。宮崎駿監督なら黒字にはなりますが、他の監督が赤字を出すと、全部の収支では赤字、会社をやっていけるかどうか、と言う程度になります。だから宮崎駿が「監督を辞める」と言った時点で、ジブリも「映画製作から撤退する」となるわけです。

完全オリジナルな映画をつくる会社だと実に危険な賭けばかりになるわけです。

ですから、それ以外の会社は「確実に売り上げが上がる」というものを作ることになります。子供向けの「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」「ポケモン」などは一定のサイクルで映画をつくりますが、これは確実にもうかるからです。

ハリウッド映画やその他の国の映画でも、お金は基本的に「投資」で賄われます。ですから投資が集まらないと動かない映画プロジェクトがたくさんあるのですが、日本では「委員会方式」と言って、映画に参加する会社がそれぞれお金を出し合う方法で作るのが一般的です。

ですから、どうしても無難な採算のあうもの=テレビでやっているもの、の焼き直しやオリジナルストーリーに偏っていくのです。

それでも新海監督のように若手の監督を起用してオリジナルなものを作る場合もあります。それはアニメを作り続けないと産業としてダメになってしまうからで、多くのアニメーターや撮影・録音技術者などアニメの世界で仕事をしている人たちの職業を維持するために必要なものであるからです。

しかし、新人監督(新人でなくんても)のオリジナルストーリーは当たるか外れるか、予想が付きませんので、外れた場合に備えて、確実に黒字になる(大ヒットしなくてもいいから、産業がいじできる経費は稼げる)作品を量産しておくことになります。

つまり質問者様が疑問に思っている部分は、日本の映画製作が「投資家に頼らない」方法で作っているために、アニメ産業を下支えする量産作品である、ということです。

これらの作品が無ければ、オリジナル作品や新人監督をつかった「バクチ的な作品は作ることが難しい」ということです。

映画産業そのものの問題です。

そもそもアニメってものすごく手間がかかるのです。手間がかかるからお金もかかる、そのかかったお金を上映して取り戻せるかどうか、が問題なわけです。

世界的に見て、コンスタントにアニメ映画を製作して上映している国自体が、アメリカと日本しかありません。それぐらい儲からない世界なのです。

たとえばジブリ、世界的に有名なアニメ制作会社ですが、必ずしもヒット作ばかりではありません。宮崎駿監督なら黒字にはなりますが、他の監督が赤字を出すと、全部の収支では赤字...続きを読む

QD.C.シリーズのアニメ(D.C.,D.C.ss,D.C.?,D.C.

D.C.シリーズのアニメ(D.C.,D.C.ss,D.C.?,D.C.?ss)を見ても
原作を十分堪能できるのでしょうか。
また、アニメと原作はどれくらい違うのでしょうか。
回答お願いします。

Aベストアンサー

まあ他の回答者の方が言われてるのと似てしまいますが…
基本的に、アニメの場合はその特性上、特定のヒロインのルート中心で、たまにその他のヒロインの特徴的な(原作でもインパクトがあった)エピソードを1・2話限定でやったりしますね。
だから、選ばれなかったヒロインが好きな人には納得できないということもあるようです。
「君が望む永遠」「canvas2」など、○○がかわいそうとかよく聞きましたね。「その他」ではなく、結構有力なヒロインが外れちゃったということもあるんでしょうけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報