ジェネリックを使いましょうとよくいわれますが、
先発にたいして30以上の後発があるような薬で
後発の薬価が同じというような薬の場合、
成分はどれもほとんど同じと考えてよいのでしょうか?
薬のことですから、%オーダーぐらいまでは同一ということなのでしょうか。
それとも効能が同じということなのでしょうか?
どんな分析方法が一般的なのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://ja.wikipedia.org/wiki/後発医薬品

お尋ねの事柄はほとんど書かれています。
成分が%オーダーで同一というよりも、
同じ製造処方に従って作っているということです。
でも、副成分の異なる原料を使うこともあるので、
微妙に成分は異なることがあります。
そいうことも上のリンク先に書いてあります。

>どんな分析方法が一般的なのでしょう。

同一性の確認試験方法ですか?
液クロ、ガスクロ、液液分配、試薬反応試験などなど
成分によってなんでもありです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
味付けが違う程度で微妙なレベルということですね。
また、分析方法は薬特有の特別な方法があるわけではないということですね。

お礼日時:2009/05/20 07:01

薬の主作用を示す化合物は先発品と同じですが、副作用(この場合、副作用とは主作用以外の全ての作用のこと)は異なります。



詳しくは「医療用医薬品情報提供ページ」にて調べられます
http://www.info.pmda.go.jp/

この回答への補足

すばやい回答に感謝します。
どの辺というか、専門じゃないもので、
検索の
キーワードを教えてください。

補足日時:2009/05/20 00:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/11/13 09:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報