ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

「ねんきん特別便」に書かれている、国民年金の「合計加入期間月数」が
実際に保険料を納めた期間より12ヶ月分も少なく記載されていました。
「あなたの加入記録」の欄は正しい月数になっているので
社会保険庁に電話で問い合わせて調べてもらうと、
「一番最初に加入した時から一年間の保険料が支払われていない事になっている」とのこと。
加入以来一度も未納したことはありませんし、厚生年金等に変わった事もなく
空白期間等はないはずなので、明らかに記録が間違っているのですが。
しかし記録上「未納」とされている期間はもう25年も前の事で、
そんな昔の領収書はないので、支払済みである事を証明する物がありません。
担当者の方には「回答票にその旨と、当時の住所を記入して返送して下さい」と言われましたが
果たしてそれで、記録の方が間違っていると認定されるものなのでしょうか?
もしも証拠がないと一切認められないのなら、間違いも訂正されないままになり
その12か月分をもう一度払わない限り将来の年金額が減額になってしまうのでしょうか。
詳しくわかる方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お気の毒なこととは思いますが、


>「回答票にその旨と、当時の住所を記入して返送して下さい」
昔の領収書はなく、支払済みである事を証明する物が何もないのならば、こうするより仕方ないでしょう。
>記録の方が間違っていると認定されるものなのでしょうか?
簡単にはそうならないでしょうね。向こうも一応チェックはするでしょうが、どうやって調べるのか、それは一般には分かりませんから。
>もしも証拠がないと一切認められないのなら、間違いも訂正されないまま…
残念ですが、その可能性はありますね。今から納入も出来ませんしね。
>加入以来一度も未納したことはありません
これが何らかの方法で確認されればいいのですが、そうでない限り難しいでしょう。年金手帳にでも記録していないですか(無理とは思いますが)。

もともとこの種の問題は自己責任です。ちゃんと保存している人も多くいます。しかし、年金は将来のことですから、一般の人は領収書等を保存していないのが普通です。しかも、相手は国ですから、国民は信頼しています。もっとも、これが甘い考えなのでしょうが。よもや間違って記録されているとは思いませんよね。
聞くところによりますと、当時の職員はずいぶん杜撰な事務処理をしていたようです(今は多少良くなっているのと思いたいところですが)。電算に入力する際に適当にやっていたみたいで、どうせ先のことだ、どうでもいいやと、このような状態であったようですね。
このいいかげんな職員(もっともアルバイトでしょうが)の犠牲者が今になって明らかになっているのです。国も「こんな筈ではなかった、バレルとは思っていなかった」の心境でしょうね。

ということですから、国は質問者さんのような犠牲者を何らかの方法で救済する事に全力を尽くして貰いたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまことにありがとうございます。 No.1の方へのお礼にあります通り、
自分で証明できなくてもよい場合に該当するとわかってひとまずほっとしています。
しかし、調査にはかなり時間を要するとも言われましたので、結果が知らされるまでは不安が残りますが…
私は書類はかなり長期間とっておく方で、第3号でも収入のあった時期は青色申告もしていましたから
いまだに22年前までの領収書類があります。しかしさすがに25年前のものは処分してしまいました。
まさかこんな不測の事態に備えて25年も前の領収書を取ってある人など、普通まずいないでしょう。
仰る通り国がそんな大事な記録で基本的な間違いを犯すと誰も思いませんし、そこまで疑ってかからねばならないのでは
何を信じてよいか困りますし、捨てられない書類が膨れ上がってしまいます。
幸い私は加入以来の履歴がシンプルなので今回はどうやら間違いを訂正してもらえそうですが
もっと事情の複雑な方なら調査してもわからないケースは沢山あるでしょうね。
そんな方々が泣き寝入りにならないように、何とかできるだけ公正な措置を取って貰いたいものですね。

お礼日時:2009/05/20 17:58

最初の取得日については、後から加入した場合でも、20歳時に遡って記録される場合はけっこう多いです。

納付書が手元に届いた場合は全部払っていると記憶していても、元々20歳のときに納付書自体が発行されていなかった可能性もあります。

25年前だと、学生は加入義務がありません。例えば2年制専門学校生で、4月生まれだと、卒業してからが納付義務となりますので、1年未納になったりします。

いつ、加入手続きしたのかについては、年金番号から調査することができます。年金番号は4桁と6桁の組み合わせになっていますが、最初の4桁で管轄の社保事務所がわかり、後ろの6桁はその地域で加入した順番に割り振られます。ですので、番号から何年の何月に加入届けを出したのかが大体分かります。社保事務所で調べてくれるので、一度行ってみるといいかと思います。

未納とされている結果を覆すには、やはり証拠がないとスムーズにはいきません。クレームをつけたら記録が変更されるのであれば言ったもん勝ちになってしまいますし。領収書そのものでなくても、当時の家計簿とか、通帳とか、確定申告の控えとか、客観的に支払ったことが類推できるものがあれば、第3者委員会に申し立てをすることができます。まずは一度社保事務所に出向かれることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の時は学生は強制加入ではなかったので、卒業してから4月1日付(21歳5ヶ月)で加入しましたが
手元の年金手帳の記載も、今回調べてもらった記録も、その日付通りでした。
ですから仰るような「20歳時に遡って記録した為にその期間が未納扱い」なのではなく
あくまでも「加入手続きを実際にした日から一年間、未納だった事になっている」のだと思うのですが。
考えられるのは、結婚して第1号被保険者から第3号に変わった際の手続時か、転居時など
それまでのデータをうつす際に入力ミスされてしまったのかという事ぐらいです。
No.1の方へのお礼に書いたように、とりあえずこちらから証拠を提出する必要はなくなりましたので
質問を締め切らせて頂きます。ご回答真にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 17:56

証拠がない限り、国が間違えているのにもかかわらず、間違いだと認定はされません。

しかも、100歩ゆずって、その12か月分を支払おうとしても、現在の法律では、2年前までしかさかのぼれないので、満額にすることも出来ません。こういうひどい状況なんです。
私は幸い、転職の回数が少なく、しかも改ざんされていないのが確認できましたので良かったのですが、途方もないほど大勢のまじめな勤労者の方たちが、社会保険庁のずさんで卑怯なやり方のせいで年金をきちんともらえない状況に陥っているのです。
もっと国民は怒るべきだと、私は思います。「国よ!ふざけるな!」と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度問い合わせたところ、私の場合は証拠を提出しなくても認められるケースとわかりました。
ねんきん特別便を作成したデータだけが記録の全てなのではなく、支払った当時の大元の納付記録は、必ずどこかに残っている物なのだそうです。
その時の住所や旧姓などから納付先を辿って、納付記録から納付済みが確認されれば、間違いは修正されるとの事です。
私は自営業でしたから結婚前は第1号被保険者で、自分で振込みで保険料を収めていました。
「そういうケースは記憶が頼りです。いつどこで(居住地)払ったかの記憶が確かなら、調査すれば必ず分かります。
但し昔の事なのですぐにその記録を探し出せるとは限らないので調査には半年とか一年とか、時間がかかる場合が多いのです。
あなたの場合も、調べれば必ず昔の記録が出てくる筈なのでまずは調査に入れるように回答票を返送して下さい」と言われました。
転職歴があるとその度に保険者が切り替わったりして調査もややこしくなるでしょう、回答者様は会社の記録がきちんとしていてよかったですね。
もしも私の場合と同じ方が周りにいらしたら、証拠がなくても大丈夫と教えてあげて下さい。
ご回答真にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 17:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金を払ったのに、未納になってます。

63歳の母の話です。昭和40年代に、連続して13ヶ月の未納が先日発覚しました。母は未納はないと言っており、ちなみに同時に納めている父のほうは問題ありませんでした。社会保険事務所に問い合わせたところ、証拠を提出しろとのことで、とりあってくれません。何分昔のことなので証拠なんて残っていません。この場合社会保険事務所のミスがあったとしても、泣き寝入りするしかないのでしょうか?社会保険事務所でもコンピュータの入力ミスはありうるとはいっていますが、記録されたものが全てで、他の書類は残っていないとの事です。

Aベストアンサー

#2です。
納めたものの記録が残っていないケースというのは存在してはいけないものです。それは出所不明のお金が社会保険庁にあるか、誰かが着服したと言う事を意味しています。前者はお金だけ計上されて記録が計上されないと大変な問題になりますから当年度の事故として原因究明しているはずです。後者は残念ながらNo3様のおっしゃられるケースに該当します。

しかし、収めた記録が別の者として管理されているのはよくあるケースです。未加入と言われた当時はまだ年金番号が一元化されてなかったため、複数の制度を渡り歩くと複数の記録が出来ます。一元化する際に同一人として整理するのですが、生年月日が違い、同姓同名同住所とかの記録があったそうです。ここまで来ると一人一人確認しないと同一人判定をくだせません。これはコンピュータのミスではないし、社会保険庁だけの問題でもありません。届出本人が書き間違ったのか、字が汚くて判別が難しかったたのか、書いたものを読んだ各制度を管掌する事務所の職員が読み間違ったor入力し間違ったのか・・・どこにでも当たり前にある人為的なミスです。社会保険庁の職員なのか市町村の窓口なのか本人なのか代理人なのか・・・原因が多岐に渡る為、決め付けで文句は言えない状態です。

ですからずーっと国民年金1号被保険者であった者に対しては起こりにくい事象です。絶対起こらないであろうパターンは
1.姓名が変更ない。
2.住所が変わっていない。
それ以外は何らかの事務処理ミスがどこかで介在する可能性があります。

どちらにしろ自治体での確認はまだの様子ですので家の中ひっくり返した後でも自治体に問い合わせてみるべきと考えます。

#2です。
納めたものの記録が残っていないケースというのは存在してはいけないものです。それは出所不明のお金が社会保険庁にあるか、誰かが着服したと言う事を意味しています。前者はお金だけ計上されて記録が計上されないと大変な問題になりますから当年度の事故として原因究明しているはずです。後者は残念ながらNo3様のおっしゃられるケースに該当します。

しかし、収めた記録が別の者として管理されているのはよくあるケースです。未加入と言われた当時はまだ年金番号が一元化されてなかったため、複数の...続きを読む

Q国民年金第3号への手続きを忘れた

結婚退職で夫の扶養になった場合、夫の会社を通して第3号被保険者への手続きをしてもらいますよね。


妻は健康保険を夫の会社から渡されたので、年金の手続きも会社でしていると思い何もしなかった。
数ヶ月して、妻が年金の手続きはきちんとしてもらったか気になった。
夫の会社に手帳を提出したり、書類を書いた覚えもなかった。
確認すると、会社は、健康保険の手続きはしたが、年金の手続きをしていなかった。


この場合、今からでも会社を通して第3号の手続きをすれば、年金を払わずに済みますか?つまり、保険証を発行された日まで遡って、第3号だったとしてもらえますか?

通常、手続きは14日以内に書類を提出しないとダメですよね。それを数ヶ月していなかった場合に、その数ヶ月分は1号だったとして年金を払わないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

会社の非ですね。
健康保険・国民年金3号の届は、
健康保険被扶養者(異動)届(国民年金第3号被保険者関係届書)という複写式の様式になっています。
組合健保でも提出先は違いますが会社は健康保険・国民年金3号届をセットで処理します。

数ヶ月とのことですので、国民年金法附則7条の3の第3号被保険者の特例で、救済されます。
第3号被保険者への種別変更の届出は、届出が行われた日の属する前々月までの2年間分について保険料納付済期間に算入されます。

届出が行われた日の属する前々月までなら前月はどうなるのか?という心配には及びません。
今が2月ですので1月分は?ということですが、本来1月分の保険料納付期限は2月末日です。(第3号被保険者に保険料は発生しませんが)、
まだ締め日が来ていないので今月に届をすれば1月分から3号被保険者になるということなんです。

Q初診日を変更することはできるのでしょうか?

はじめまして。
障害年金を申請で大変困っています。
ご協力お願いいたします。

精神障害での通院で今は障害者手帳2級をもっています。
今まで年金の申請をしたことはないのですが、一人で暮らしていくことが大変難しいので年金の事を少し聞きました。
でも初診日から前々月1年分の1ヶ月が不足ということと。3分の2を支払うほうも不足でした・・・

初診日に通っていた病院と今の通ってる病院は違います。
先生の話ではもっとずっと前から原因と症状があったけど精神通院をしたのが初診日からになるとのことでした。
それ以前に精神通院はしていません。

社会保険労務士さんに少しだけ聞きましたが、病名がはっきりと判断できないと医者がいってたので・・
一人では外出できないし 男性恐怖症で男の人や人ごみにいくと熱があがって吐き気を伴い幼き頃にうけたことがずっと続いている状態にある
という言葉は医者は言ってました。
病名ははっきりだせないと言ってました。
今は睡眠薬 安定剤 偏頭痛薬を精神科で出してもらっています。
他に 内科で ステロイド剤と吸入剤を定期的にもらっています。
(これは生まれたときからなのでずっともらわないとです)
心臓内科で狭心症の薬ももらっています。
(異型狭心症の疑いがあるということで 狭心症のきちんとした検査はうけていません)
喘息治療では申請は難しいと言われました。
狭心症もちゃんと薬を飲めば大丈夫です。

前の精神科と今の病院は違っても新たに症状がわかったことになるから初診日はそのままになるのでしょうか?
年金受給は無理なのでしょうか?
大変困っています。
方法がないのか あるのか 皆様よろしくお願いいたします

はじめまして。
障害年金を申請で大変困っています。
ご協力お願いいたします。

精神障害での通院で今は障害者手帳2級をもっています。
今まで年金の申請をしたことはないのですが、一人で暮らしていくことが大変難しいので年金の事を少し聞きました。
でも初診日から前々月1年分の1ヶ月が不足ということと。3分の2を支払うほうも不足でした・・・

初診日に通っていた病院と今の通ってる病院は違います。
先生の話ではもっとずっと前から原因と症状があったけど精神通院をしたのが初診日からになる...続きを読む

Aベストアンサー

障害年金でいう「初診日」とは、
障害年金の受給理由となる傷病のために初めて医師の診察を受けた日、
のことを言います。
その傷病に関する診療科や専門医(質問者さんの場合は「精神科」)で
なくてもかまいません。
但し、その傷病で転院した場合には、
あくまでも「一番初めに医師の診察を受けた日」が「初診日」です。

障害年金を受給するためには、
原則として、以下の3つの要件をすべて満たすことが必要です。

注:
 初診日が
 「20歳前であって、何1つ公的年金制度に加入していない」
 という時期にある場合に限っては、
 下記に記す「保険料納付要件」は問われず、
 「20歳前傷病による障害基礎年金」を受給できる場合があります。

1.加入要件
初診日の時点で公的年金制度に加入していること。
(国民年金、厚生年金保険、共済組合)

2.障害要件
年金法でいう障害の状態(1~3級)であること。
● 国民年金・厚生年金保険障害認定基準による。
● 障害認定日(初診日から1年6か月経過後)の障害の状態を見る。

3.保険料納付要件
「「初診日が存在している月」の前々月」までの
「公的年金制度に加入していなければならない期間」のうち、
その3分の2以上の期間が「保険料納付済 + 免除済」であること。
● つまり、「未納」が上記の期間の3分の1未満であること。

4.保険料納付要件の特例(※ 上記「3」が満たされないとき)
平成28年3月31日までに初診日がある場合に限り、
「「初診日が存在している月」の前々月」から
さかのぼった直近1年間に「未納」が全くないこと。
(= この1年が「保険料納付済 + 免除済」以外ではないこと。)

質問者さんからのご質問を読むかぎり、
20歳以降(絶対に何らかの公的年金制度に加入しなければならない)に
初診日がある場合には、
「保険料納付要件が満たされていない」という段階で、
障害年金を受給することは不可能です。1円も出ません。
また、初診日を勝手に変えることも、絶対にできませんし、
してはなりません。
(そういった不正を行なっても、カルテなどですぐにバレますよ。)

結論としては、たいへん残念ながら、
「全く方法はない」としか言いようがありません。
 

障害年金でいう「初診日」とは、
障害年金の受給理由となる傷病のために初めて医師の診察を受けた日、
のことを言います。
その傷病に関する診療科や専門医(質問者さんの場合は「精神科」)で
なくてもかまいません。
但し、その傷病で転院した場合には、
あくまでも「一番初めに医師の診察を受けた日」が「初診日」です。

障害年金を受給するためには、
原則として、以下の3つの要件をすべて満たすことが必要です。

注:
 初診日が
 「20歳前であって、何1つ公的年金制度に加入していない...続きを読む


人気Q&Aランキング