数学はひらめきと発想だとよくききますが


ではどういう方法でひらめき力をつけることができるのですか

A 回答 (3件)

#2さんの基礎固めに賛同です。



いろんな方法を知った上で、ようやくひらめきや発想を生み出すことができるかと思います。
あとは、問題をよく読んで、文章題ならば、
「今の時点で与えられている情報が何であって、何を求められているのか?」
を頭の中で整理すること。
情報の整理ができなければ、どっから手をつけようか?といったことも考えられません。

基礎さえしっかりしていれば、研究者になりたいなどの特殊な状況は別として、
一般に求められる数学は問題なくこなしていけるかと思います。
    • good
    • 0

受験数学の場合は、基礎の充実が「ひらめき」に繋がるのだと思います。



因数分解、方程式、不等式、関数、領域、図形の数式化・ベクトル表示あるいはその逆・・・etc

これらの言葉を見ただけで、色んなことをイメージできる人は、「ひらめき力」のある人と思います。そしてこれらの言葉は基礎に他なりません。
    • good
    • 0

努力と経験による習得と先天的才能。


どんなに努力しても、駄目な奴は駄目、or、限界がある。
先天的な素質があっても、それに甘えて努力しない奴も駄目。

質問者が、どの程度の“ひらめきと発想”をイメージしてるのか分らないが、高1位までは“努力と経験”で補えるが、同じ程度に努力しても、高2以上では“素質”が現れる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング