首記の件につきましての質問です。
現在自分の会社では、雇用調整助成金を申請・受給しているのですが、
この期間中は有給休暇を使用しない様にとの事で、実際に会社を休んでも欠勤扱いになってしまいます。
この事自体は特に問題ない事なのでしょうか?あと、休業(又は教育訓練日)に有給休暇を使用して会社を休もうとする場合と、平日に有給休暇を使用して会社を休む場合とで、違いがあるのでしょうか?

わかる方、教えて頂きたく、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

会社都合の休業でない勤務日がある限り、年次有給休暇の行使はできます。


労働者が行使した日を休業日にするには会社は、時季変更権しかありません。結局移動した日の休暇日に賃金支払い義務が生じます。

有給休暇日の賃金不払いということで労基署に提起してください。
(教育訓練日とのかねあいは不知なので言及しません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり問題有りなのですね…。
回答して頂きまして、ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2009/05/21 21:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食店の助成金

飲食店の助成金

飲食店に特化した助成金というのはあるのでしょうか?
対象が中小企業などの法人主体なので、対象と言えば対象なのですが、製造業や鉱業に見られるような業種に特化した様な助成金で、飲食店が主体になるものがありましたら、教えて頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんなのがあります。

参考URL:http://kaigyou-joseikin.com/joseikin/

Q夏期休暇、年末年始休暇が有給休暇から引かれている

私の働く職場(株式会社)は夏期休暇、年末年始休暇等が有給休暇から引かれます。
ですので実質自分が希望した日に使える有給休暇はごくわずか…。
どこの会社でもそういうものなのでしょうか?

※ちなみに採用募集要項には「有給休暇、夏期休暇、年末年始休暇あり」と記されていたと思います。

Aベストアンサー

すべての有給休暇をそういう一斉休暇(正式には有給休暇の計画的付与といいます。)にあてることは許されませんが、5日以上自由にとれる日があれば一定の要件を満たせば認められます。

Q企業の海外進出の助成金

地方の飲食店で勤務していますが、
海外(シンガポール)に飲食店を出店します。

助成金の対象になるでしょうか?
今まで国内でやっていた事業を新しく海外で
行うということです。

Aベストアンサー

日本の経済にも雇用にも貢献しないので、日本の公的な助成の対象にはならないでしょう。シンガポールの助成制度の対象にはなるかも知れないので、シンガポール政府に問い合わせてはいかがですか。

Qインフルエンザで休んだら欠勤扱い

正社員で、インフルエンザで休んだら欠勤扱いとなって
給料がその分引かれてしまった場合、これはおかしいことなのでしょうか?

Aベストアンサー

まともな扱いです。

可笑しくないとお考えの方が可笑しいです。日給月給の計算で差し引かれるのが通常です。

インフルエンザは、公用でなく、社員の不注意に拠る罹患ですから、会社にその責任は無く、罹患した社員が休んで、会社に損害を与えたことになります。休んだ社員が責任を取ります。

社員は何もかも優遇されるとお考えなら、間違っていますから就業規定を再読してください。

Q雇用調整助成金 と 中小企業緊急雇用安定助成金

雇用調整助成金 と 中小企業緊急雇用安定助成金 について、
(1)中小企業緊急雇用安定助成金 は 雇用調整助成金 の範囲を拡充したもの
(2)中小企業緊急雇用安定助成金 は 雇用安定助成金 とは別で創設されたもの

上記(1)(2)のどちらの解釈が正解でしょうか?
私個人は(1)だと思っていたのですが、別のQ&Aでは、(2)であり、教育訓練などの助成金も(1)(2)併用できる、という回答があったので、再度確認できればと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中小企業に該当するか否かは「事業主の一つ一つの事業所」規模で判断するのではなく、「事業主そのもの」の企業規模で判断します。

ですから、休業についても教育訓練についても「雇用調整助成金」「中小企業緊急雇用安定助成金」の両方の助成を併用して受けられることはありません。

先に回答したように、「雇用調整助成金制度を見直し、中小企業緊急雇用安定助成金制度を創設し」たのですが、枝分かれし大企業対象と中小企業対象に棲み分けしたとお考え頂けるとよいと思います。

Q有給休暇について

入社して6ヶ月未満で病気で2週間くらい休んだ場合、有給休暇はいつから発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

6ヶ月経過時点で8割以上出勤していれば、発生します。会社の規則も確認してください。

参考URL:http://www.roudou.net/ki_yasumi.htm

Q助成金を会社で使わず 事務員にあげることはできますか? その助成金は代替要員の助成金でその助成金を代

助成金を会社で使わず
事務員にあげることはできますか?
その助成金は代替要員の助成金でその助成金を代替要員としてきてくれてるひとにあげたいらしいで

Aベストアンサー

助成金として会社で普通に受け取る。
同じ金額を代替要員の方にボーナスなどの名目で支給。

Q有給休暇の理由

ありがちな質問ですみません。
先日、社内通達があり、有給休暇を申請する際、
次回からは明確に理由を記すこととなりました。
(それまでは私用で大丈夫でした)
先週、有給休暇を申請しようとしたところ、
月末だという理由で渋々ですが受理していただけました。
ただ、その際「通院」と書いたところ、上司に
「なんでこの日じゃないとダメなんだ?」と言われました。
受診している医師の都合と答えたところさらに
「なんで?」と・・・。
結局おおまかにどんな病気でどうしてこの日なのかを答えざるを
えなかったのですが、正直なんでここまで言わなきゃいけないんだと
思いました。

このような時、労働基準監督署などに相談して是正指導してもらうことは
可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

有給休暇は、社員の権利ですが、取得させる権利を持っているのは会社側です。

有給休暇を取得する就業規則は、会社と社員の間で取り決められ、労働基準局に提出されています。(pimo2020さんは関っていないかも知れませんが)
その就業規則に「明確に休暇事由を報告」と記載されていれば、明確に記載して提出しなければいけません。

また、大体は、就業規則に「会社に迷惑が掛からない日」「上司が認めた日」「1週間前の提出」等のキーワードが書かれていると思います。

今回のpimo2020さんが、上司に恵まれていませんね。お気持ちをお察しします。
今後の対応としては、こういうのはいかがですか?
 ・有給休暇届けを提出する。
  →上司に文句を言われる(我慢する)
   →次の通院日に支障がない日を元々確認をとる。(お医者さんの事情があると思うので何パターンかを選択する。)
   →次からは文句を言われるなくなる(多分)

Qコンサルティング企業が行うセミナーの助成金対象可否について

コンサルティング企業が行うセミナーの助成金対象可否について

経営全般(売上向上の指南・社員教育など)のコンサルティング会社の者ですが、HPを見た方から【セミナー受講は助成金の対象となりますか?】と言う問い合わせが来ました。
確かに雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金等で教育訓練を行うと助成金が出たりしますが、この助成金の対象となれる団体・企業(または講座内容?)か否かはどの様なボーダーラインなのでしょうか?

また数多く存在する助成金で経営全般(売上向上の指南・社員教育など)のコンサルティング会社で対象となりうる可能性のある制度があれば教えて頂ければと思います。

お詳しい方、ご教授の程、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

是非仕事上お付き合いさせていただきたいところですが、まあそれは良いとして。

助成金の申請代行を行っております。
助成金の対象となる団体、企業は非常に広範囲に認められます。
おそらく貴社も問題ないでしょう。
それよりも、カリキュラムの内容、科目の方が詳しく聞かれます。

重要なことは
・入社時研修、新任管理職研修など元からある通常の教育カリキュラムではないこと
・転職や再就職のためではなく、その会社の業務効率化、売上増に役立てること
・自習、適性検査ではないこと
・これまでの業務をおさらいするような内容ではないこと
など。

そこらへんが問題なければ職業訓練は、職業に関連する、あるいは配置転換に必要な訓練である(技能向上、フォークリフト等の技能講習、経営哲学、マーケティング、品質向上、語学、新分野進出に関するもの、ISO、コーチング、OA関係、財務分析、モチベーション向上、メンタルヘルス、人事労務管理、リーダーシップ能力開発、コミュニケーションなど広範囲に認められます。
腰痛解消体操などというものもありました。

御社では売上向上の指南・社員教育などを行うことになると思いますが、管理職向けと一般職向けではカリキュラムを別にした方がよさそうです。
また、セミナーとありますが1日で終わる、会社案内あるいは導入のようなものであれば厳しいと思います。
そこらへんに注意しながら、顧客企業にとって教育を受けることが今後の売上増、コスト削減に必要であると言うことを職業安定所、労働局に説得することになります。

なお、今年4月から要求が厳しくなりました。

それ以外、御社に該当しそうなものとしては
・キャリア形成促進助成金(教育を行うもの)
・両立支援助成金(育休中の社員教育をおこなうもの)
・建設業新分野教育訓練助成金(建設業の社員に教育を行うもの)

後はもし御社が全体的な経営のコンサルをされるのであれば
・雇入れ方法の変更
・高齢者の雇用継続制度作成
・正社員化の制度作成
・意識改善
などを行い、併せて助成金を支給してはどうか、と顧客に提案することはできそうです。

是非仕事上お付き合いさせていただきたいところですが、まあそれは良いとして。

助成金の申請代行を行っております。
助成金の対象となる団体、企業は非常に広範囲に認められます。
おそらく貴社も問題ないでしょう。
それよりも、カリキュラムの内容、科目の方が詳しく聞かれます。

重要なことは
・入社時研修、新任管理職研修など元からある通常の教育カリキュラムではないこと
・転職や再就職のためではなく、その会社の業務効率化、売上増に役立てること
・自習、適性検査ではないこと
・これまでの業務をお...続きを読む

Q有給休暇について

こんにちは。私は26歳の女で今の会社に入社して2年目ですが、自分の会社ついてわからないことだらけなので、こちらで質問させて下さい。

私の会社は設立して間もない小さな会社で、もともとあった別会社の一部を買収しOEMでやっています。本社は外国にありますが、日本支社というような形で設立し、代表取締役の名前は本社の代表の名前になっています。

まず、日本支社の社員は3人です。事業部長、技術部長、そして業務の私です。事業部長と技術部長は管理職で年俸制、私はいわゆる一般職の残業をすれば残業代が出るという待遇です。

事業部長は設立当初から関わっていることもあり、一番偉いことになっているのですが、全て会社の決まりが彼の好きなように決められていて私と技術部長は最近矛盾を感じてきています。

有給休暇について今回どのように管理するかという話が挙がり、事業部長は「私の有給休暇は有って無い様なものだ。何故なら無限大に有る様なものだからだ。」と言っており、私と技術部長には初年度10日、翌年より+1ずつ上がって行くと言っています。

こういったことはあって良いのでしょうか?私の希望は、OEM先で実施しているように初年度10日で+2ずつにして欲しい。社員皆が勤務年数に応じて取れる日数を同じにして欲しい。ということですが、会社が小さく組合も無いので、交渉するにもどのようにしたら良いのだかわかりません。どなたかの御意見やアドバイスを御参考に頂けると嬉しいです。長くなりましたが、よろしくお願い致します。

こんにちは。私は26歳の女で今の会社に入社して2年目ですが、自分の会社ついてわからないことだらけなので、こちらで質問させて下さい。

私の会社は設立して間もない小さな会社で、もともとあった別会社の一部を買収しOEMでやっています。本社は外国にありますが、日本支社というような形で設立し、代表取締役の名前は本社の代表の名前になっています。

まず、日本支社の社員は3人です。事業部長、技術部長、そして業務の私です。事業部長と技術部長は管理職で年俸制、私はいわゆる一般職の残業をすれば...続きを読む

Aベストアンサー

> 私と技術部長には初年度10日、翌年より+1ずつ上がって行くと言っています。

労働基準法(39条)では、勤務開始から6ヶ月経過した際に10日、以降は、
6ヶ月経過した勤務日以降、1年経過時に11日
6ヶ月経過した勤務日以降、2年経過時に12日
6ヶ月経過した勤務日以降、3年経過時に14日
6ヶ月経過した勤務日以降、4年経過時に16日
6ヶ月経過した勤務日以降、5年経過時に18日
6ヶ月経過した勤務日以降、6年以上経過時に20日
有給休暇を付与する必要があります。

2年目までは質問者さんの言う+1日で問題ないですが、3年目の付与日数が法定の基準を下回る事になります。


> 私の希望は、OEM先で実施しているように初年度10日で+2ずつにして欲しい。
> 社員皆が勤務年数に応じて取れる日数を同じにして欲しい。ということですが、

労働基準法で、待遇を同じにしなきゃならないって条文は見つけられませんでした。
日本国憲法でなら、そういう解釈が出来るかも知れない条文はありますが…。

日本国憲法
| 第14条
|  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

そういう方向で交渉しても、会社としては、じゃぁ公平になるように、事業部長の方の有給付与日数を減らすか、労働基準法の付与基準に合わせるって事になるかも?

--
> 会社が小さく組合も無いので、交渉するにもどのようにしたら良いのだかわかりません。

通常であれば、質問者さんの言うように、まずは職場の労働組合へ相談。
組合が無い、まともに機能していない常用でしたら、社外の労働者支援団体へ相談してみる事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

> 私と技術部長には初年度10日、翌年より+1ずつ上がって行くと言っています。

労働基準法(39条)では、勤務開始から6ヶ月経過した際に10日、以降は、
6ヶ月経過した勤務日以降、1年経過時に11日
6ヶ月経過した勤務日以降、2年経過時に12日
6ヶ月経過した勤務日以降、3年経過時に14日
6ヶ月経過した勤務日以降、4年経過時に16日
6ヶ月経過した勤務日以降、5年経過時に18日
6ヶ月経過した勤務日以降、6年以上経過時に20日
有給休暇を付与する必要があります。

2年目までは質問者さんの言う+1...続きを読む


人気Q&Aランキング