自分は大学4年生で、内定が複数決まって、今は今後の進路を考えています。

自分は2浪をしています。家族の仲が悪く、親に逆らったら、逆上した父親に肋骨を折られたことで、高校2年から母方の親戚の家に居候していたのですが、居候先で母親を庇う親戚に、メチャクチャな家の責任、母のやってきたことが全て自分に擦り付けられ、無実の罪を着せられたことで、親戚中から笑い者にされ、気がついたら1浪中にうつ病になっていました。

2浪が決まった時、親戚の都合で実家に戻されましたが、病気も重度のまま、謝罪もなく、大学に合格が決まった友人から逃げるように姿を消して…

僕にとって2浪は、人生最大の挫折でした。

ただ、親族中から「穀潰し」とまで蔑まれた屈辱、汚名をそそぐために自分は一年バイトをして、受験費用に入学金、生活費を全て自分で稼いで大学に合格しました。

その時の自分は、失うものが何もなくて、やってみよう、もしそれで駄目なら死ねばいい、と思っていて、一度自分の命をドブに捨てました。その時の自分は何の生産性もなかったので、むしろ死に花咲かせるくらいの気持ちで生きました。

結局、それでがむしゃらになれて、大学に合格しましたが、大学の同級生はひどく子供で、適当にやっていても単位は取れ、大学はただただぬるい場所で、浪人時代以上に頑張れたことが、一度もないんです。

本当は法曹関係の仕事がしたくて、大学院に行く勉強を続けていました。しかし、精神病の後遺症である脳波の異常で、集中力、記憶力の低下が残り、「法律の勉強は、君には負担が大き過ぎる」と、医者に止められ、自分は長年の夢も失いました。

その中で、2浪、精神病という悪条件がはじめからあった就活をはじめ、内定を数社からもらい、自分は就職活動まで、大した苦労もなく終えました。

しかし、2ヶ月経っても自分の行き先が決まりません。友人からは「お前は何のために就活をしたんだ」と言われるのですが、ただ、フリーターだった浪人時代を思うと、暇ゆえの時間で苦悩するのが嫌で、何でもいいからどこかで働きたかった、悩むより動ける場所がほしかったというだけで、実際は、仕事はもう何でもいい、くらいの理由しかありませんでした。

自分の大学生活は、合格から今まで、長い燃え尽き症候群の中にいたようなものでした。

そして、気がついてみると、僕はもう自分の人生に、何の興味もないんです。

一度もう、ドブに命を捨てたことがあるので、もう自分の幸せとかが上手くイメージできなくて。これから就職して、自分の力を試してみるけど、ダメだったら職を失って、最悪の場合、のたれ死ぬことになるのですが。

最近ではそれを「まあ、それだけのことか」と、自分の破滅までも客観的に捉えているんです。

そんな心境に到達して、僕は社会人になることに対して、特に幻想めいた初心表明もなく、ただ、生きてみよう。それで駄目だったら、死ねばいい、の、それだけしかないんです。

自分で自分を殺すことが出来るか知っておきたくて、自殺志願者と言うわけでもないのに、気がついたらリスカを練習感覚で一度やっていました。怖いという感情があまりわかないということだけ確認して、ためらい傷の未遂で終わりました。

自分は死ねると思ったら楽になってきましたが、同時に僕はもう、自分個人の幸せに、何の興味もなくなっていることに気がつきました。

恋人とか地位とか高収入とか、そういうものに関心がわかず、ただ、燃え尽きるまで生きること以外、自分の人生に、何の意味も思い浮かばないんです。むしろ、そうなる時が来るのを待っていて、僕はもう、今では自分の命さえも、真剣に向き合っていないんです。

僕を昔から知る知人からは「あなたは人から長年蔑まれて、自分に何の価値もないと思い込んでいるだけ」とか、「2浪や精神病を恥じているから自分を汚物だと思って粗末に扱う。この不景気で内定ももらえたんだから、自分を信じてみなさい」とか、最近よく言われるのですが、確かに自分でも、そうなんだと思います。

確かに「死ぬ前に精一杯生きてみたい」ということと「いつ死んでもいい」という思いが共存する矛盾がある時点で、自分は間違っていることもわかっているんです。

ただ、一度捨てた命を、もう一度拾い上げて、自分のために生きる術というのが、どうすればいいかよくわからなくて…今まで、ただ自分を無価値だと言った人間に、やられっぱなしなのが我慢できないと言うだけで生きてきたので、気がつくと、自分の幸せのために生きたことがなく、自分のために生きる方法が、全然わからないんです。

生きていく中で、自分の生きる意味が見つかった経験談とか、自分のために生きるとはどういうことなのか、教えてもらえると嬉しいです。

A 回答 (9件)

躁鬱です。


毎日死にたい生きたいという思いを繰り返しながら惰性でなんとか日々をやり過ごしています。
質問者様と同様、幼少の頃両親から受けた言葉や体の暴力も恥ずかしながらいまだに自分の人生や恋愛や職場での人間関係に影響しています。

それでも20代は比較的恵まれていたし、趣味も多く芸術ごとにいそしんでささやかながら楽しい青春を過ごしたと思います。
周囲からも評価もあり、面白いひとたちに囲まれていたように思います。
色々な思想を持ち、自分のアイデンテティを大切にしていたと思います。

3年ほど前くらいから人生が壊れ始めました。
長くなるのでわかりにくいかも知れませんが簡単に書くと、両親との幾度にもわたる確執、最愛の相手と別れてから無駄な恋愛を繰り返した上での中絶、勤務先の倒産、友人は気づけば帰郷したりして減っていきました、引越し、最愛の祖父の死、また引越し、恋愛また離別・・・・
細かいこともたくさんあって、どんどん人嫌いになり、殻に閉じこもるようになりました。
金銭的にも常に余裕がないので(うちは両親ともに無職みたいなものです)働くのですが、すぐ鬱になって結局離職して休養してまた再就職・・・を繰り返しています。趣味どころか人生に対する欲望みたいなものもなく何のために生きるのかと、十代に考えるようなことを違った視点で自問自答するようになりました。

今もストレスというのは恐ろしいもので体をも蝕んで多くの小さな病(自分にとっては日常生活に充分な支障をきたしている)を併発していて、その病気とひとつひとつ対峙するのにも忙殺されていて、今もこれから生きていって何か楽しいことがあるんだろうかと考えてしまっていました。

彼氏もいます。私は別れたいのですがなぜか別れず守ろうとしてくれています。彼氏以外にも支えてくれる異性もいます。
今では両親は過干渉なくらい私を心配していますが、自分達のしたことは棚に上げてるようです。でももう高齢だしそんなことを責めるつもりはありません。

すみません、つまらないことを長々書きましたが、最近また猛烈に死にたくなったのに死ねない、そんなときに考えたのは、敵は自分自身だということだけでした。

今のこの状況、この人生の中でわたしが生きることを、希望を持つことを妨げているのは職場の人間でも両親でも家族でもない。

わたし自身なんだと思いました。
わたしが心地よく生きるに当たって邪魔なのはわたし自身なのです。

そうなると答えはシンプルで、わたしはわたしと戦って勝つか負けるかしかないんだなと思いました。

ストレスは外的要因だと思いがちです。
もちろん火種は外部にもあるでしょう。
でも自分の中に核があるのです。

なぜ人生に希望が見出せないのか
なぜ楽しく生きようとしないのか
なぜ過去を捨てられないのか

これと対峙して乗り越えない限り、ずっと生か死かの選択という生きるに当たっての基本的なところで迷い続けなければなりません。
それこそ徒労以外のなにものでもありません。

マズローという人の「欲求段階説」でいうところの第二段階「安全の欲求」が満たされてないのです。

いきなり明日から目的意識もあって自己実現を夢見る日々が送れるなんて思っていません。
だからまずはわたしはわたしの中で「安全の欲求」をなんとか満たしてあげたいと思うのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1% …

回答になってなくてすみません。

参考URL:http://www.dango.ne.jp/sri/maslow.htm
    • good
    • 0

タイトルが目にとまり、拝見いたしました。



>命を粗末にした生き方は、死んでいるのと同じなのか

いいえ。死んでいることより苦痛だと思います。かといって死なないでください。

私も生きている心地がしなかった時期がありました。
しかし、なんだかんだで生きています。
質問者様もどうか、どんなに苦痛でも生き続けてください。

質問者様は将来、独立することを考えてみてはいかがでしょうか?
誰にも使われず、自分の力のみで運営するのです。。
うまくいくもいかないのもすべて質問者様の責任。
もう、人に振り回される人生ではなく、自分で回していく人生を目指してください。
    • good
    • 0

>自分個人の幸せに、何の興味もなくなっていることに気がつきまし


>た。
>恋人とか地位とか高収入とか、そういうものに関心がわかず

まさに悟りの境地かもしれませんね。
浪人していた2年間は、人生最大の挫折だったんじゃなく
人生最大の試練だったんじゃないですか?
その大きな試練を乗り切って、人間的にかなりの成長を
されたんだと思います。

その時のあなたは死んでいた訳でも自分を殺した訳でもなく、
失うものは何もないと思うことで、前向きになれたんです。
人って前向きに進んでいる限り、周りから助けがあります。
ただそれは物質的な助けでは無いかもしれません
人からの有り難い言葉であったり、人からの言葉で救われたりと
前に進む力を貰えるもんなんです。

あなた自身が前向きになり、あなた自身が乗り越えたんですよ。
そこまでの経験があるとなると、確かに大学の同級生は
子供っぽく見えたでしょうね。
それだけあなたの成長はめまぐるしかったと言う事ですね。

もしもう自分の幸せに興味がないのでしたら、
人の幸せの為に動いてみませんか?
どうやったら人の役に立てるだろうかって考えてみましょうよ。
それが出来る事で、あなた自身が幸せを感じられるように
なると思いますよ。

法曹関係の仕事も諦めたと言っていますが
法律は苦しんでいる人を助ける事も出来ます。
病気の後遺症で脳波に異常があるって事ですが
それで勉強が負担になるのは、可能性であって
確実なものでは無いんです。
人間の身体は多くの可能性を秘めていると思います。
自分は無理なんだという思い込みを拭い捨て
自分なら出来ると考え直してみてください。
悪い思い込みで、身体に異常をきたしてしまう事もあります。
良い思い込みで、不可能だと思われた事が可能になる事もあります。
これってあるんですよ。ほんと。

大きな試練を乗り越えてきたあなたなら
可能に出来ると思います。
是非もう一度挑戦して頂きたいです。

質問の内容とは違う回答になってしまったかもしれませんが
質問文を読んで、「あっ、この人なら出来る」と
なんだか確信出来てしまったもんで・・・。
    • good
    • 0

私も色々と苦労しました。

しています。その中で私の心の支えとなっているのは国語辞典を読むことです。国語辞典を読むと、毎日毎日少しずつでも成長していると実感できます。今は広辞苑まで覚えきることが私の人生の意味です。周りからはばかげているように思われるかもしれません。しかしそれでも良いと思います。貴方は貴方なりの生きる意味を見つけると良いと思います。その中の候補に国語辞典を読むことを入れていただけると幸いです。

追伸 命を粗末にした生き方は死んでいるのと同じかという題名ですが、私は人間、生きているだけで十分だと思います。毎日毎日苦しんでいるのですから、生きてさえいれば十分ですし、自分を責める必要は無いと思います。自分と一生付き合うのは自分自身です。自分が自分を嫌いになったら、一生辛いのですから。
    • good
    • 0

世界の難民キャンプ巡りをして、


ヴォランティアでお役に立ってきませんか。
日本語を話す機会がないので、ちょっとしたオフの時間を活用して
自分と会話しながら、これまでの
人生を材料にして
発想の転換・逆転の発想・逆転の空想で
小説なり童話なり絵本なりエッセーなりを書いてみませんか。
多くの人に勇気を与えるライフ・ストーリーが質問文の行間に
滲み出ているのを感じますので視点・視覚を変えて書けば多様な
作品を創れるとおもいます。

アナタさまが[ドブに捨てた]とおもっている人生ですが、以前は、
もっと悲惨な状態で勉強をつづけていた人が、ごく普通にいましたし、
それ以上に、大学進学を諦めざるを得なかった優秀な人が
無数にいました。

難民キャンプで
人生観・価値観・美意識・倫理観・人間観・世界観etc.が
変わるでしょうが……自分のために生きるというスタンスではなく
アナタさまの経験・感性・才能を活かして、多くの人たちの
潜在能力を発見・開発してあげるような感覚で生きてみませんか。

60歳の定年を迎えるころに医学を志し、
60歳になってから医師の国家試験をクリアした人がいます。

なっていたかも知れない自分になるのに
遅すぎることはない。  〔 George Eliot 作家(女性) 〕

人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。
   〔 Stanley Baldwin 英国の政治家 〕

アナタさまもご自分に負けなければ大丈夫、
弁護士さんになれます。
脳髄の状態が勉強に耐えられるようになってから
始めてみてください。

ごめんなさい。私はなぜか、
アナタさまの質問文の行間から
そこはかとない怒りを感じてしまうのですが……間違っていたら
ごめんなさい。怒り・恨み・辛みが難民キャンプでの暮らしの中で
消滅することを祈っています。

[期待心][依存心][与えられる(=受ける)ことを希求する心]etc.が
[不満][飢餓感][焦燥感][怒り][恨み][辛み]を生み出すことが
ありますので、そうした感覚とは縁を断っておきましょう。で、
プラスのストロークを日々積み重ねながら、
ベスト・スマイルで全身から輝くオーラを放散し
[与えること][お役に立つこと]に徹していれば
《あの人のためなら》
と大勢の皆さんから思われるようになり
ネガティヴではない人間関係が構築されるでしょう。
自分のために生きるより
困窮している人・飢えている人に救いの手を差し伸べる生き方のほうが
遥かに崇高で素晴しいと思いませんか。

心の奥の奥の奥で暗躍している感情が
消滅するとアナタさまは違った感覚で生きられるでしょう。
救うことでしか救われないのかもしれません。
心のエネルギー・レヴェルを高くしてください。
そうすることで
アナタさまの周辺が変ってくるでしょう。

(リスカは本心では自殺を望んでいない人がチョイスする方法です。
自殺など考えないで、ご自分の気持ちに正直に生きてください。
とりあえず、
[願望列挙法]で希望や願いのすべてを書き出してみませんか。で、
可能なことから実行・実現させてゆけば宜しいのです。中には、
条件・環境を整えることが必要になることもあるでしょう。逆に、
嫌なこと・不快なことは[欠点列挙法]で書き出し、知恵と創意工夫で
改善しましょう)

The future belongs to those who believe
      in the beauty of their dreams.  〔 Eleanor Roosevelt 〕
    • good
    • 0

>本当は法曹関係の仕事がしたくて、大学院に行く勉強を続けていました。



やりたいことがあるようなので、医者に何を言われようと挑戦してみてください。あなたの選択で、あなたが決めた生きる方法となるでしょう。まずやってみることをお勧めします。

>生きていく中で、自分の生きる意味が見つかった経験談とか、自分のために生きるとはどういうことなのか、教えてもらえると嬉しいです。

自分が生きる意味。私も今でもはっきりこれ!なんて言えないし、分からない人多いと思うよ。あなただけではないです。あえて言えるのは両親の為に死ねない、だから生き続けて天寿を全うしたい。

答えにならないかもしれませんが、自分の弱さとかダメなとことか、素直に受け止めて、自分を誇示しようとか、ここで弱音は吐けないとか思うのをやめて自分に偽りなく人と接すると、そんな自分を見せても愛してくれてそばにいてくれる人が自分が思う以上にたくさんいて、そうなると自然と自分を愛するようになりますよ。そして生きていくのが楽になります。

あ、留学とかどうですか?
異国での生活は思っているよりも大変です。海外に住んですぐの頃のサバイバル感はあなたの心を満たすことが出来るかも?!
    • good
    • 0

 こんにちは。


内容読ませてもらいました。
 まず、大変でしたね、、、
 自分の力でがむしゃらにひたすら生きてきたあなたに敬意を表します。
 あなたの波乱含みの人生は、後々きっと人生のためになると思います。
 まず、大学生活はどうでしたか?
 
 あなたは、大学に入る前に確かにつらい思いをされて、あなたいわく自分を自分で殺してまで入学した、、、
 自分を自分で殺す、、、それ以上のつらい経験はない、、、
 あなたの大学の友達は楽観的、あなたの奈落の底を経験した目からは確かに彼らは楽観的に見えるかもしれませんね。
 さて、そう思った時点であなたは彼らに対してどう思っただろうか?
 自分とこいつは人生のレベルが違う、、、
 俺は一回自分を殺したんだ。這い上がってきたんだ、、、
 その時点であなたはもう周りの人間を虐げている、あなたが彼らから学ぶものがないと思ってるからですよね?
 果たしてそうでしょうか?
 その楽観主義、実は社会では必要なこともあります。

 まず、今のあなたの価値は十分ある、あなたが複数内定を取れたのも、きっとあなたの学生としての価値を会社側が認めたから、、、
 だけど、それはその時点での話、あなたはこれからも成長しなければいけない。
 だけど、自分が変わる事を拒否しているようでは成長しない。
 自分を自分で殺す、、、
 私は過労性のストレス鬱ですのでよくわかります。
 結局、あなたは今の自分を認めているようで認めていないのです。
 精神的なものは、最低の自分、最悪の自分、価値がないように思える自分、、、
 その自分を自分で認められない、殺してしまう。
 心を殺す、、、どうあがいても、自分の心は変われない、だから、リスカをする、痛みを感じることで心に傷をつける、、、
 そこにあなたの鍵があるはず、、、
 
 楽観的な自分、それが許せない自分、、、
 自分で自分の首を絞めてませんか?
 最悪のリスクを考えて生きる、、、確かに大事です。
 すべてなんとかなるさの社会ではない、、、
 だけど、すべてにおいて最悪のリスクを考えたところで何かが動かせるでしょうか?
 何か物を動かすにはメリットとデメリットは必ずつき物です。
 デメリットはできるだけ減らす、その努力は必要だけど、それを完璧に消すことはできない。
 今の完璧主義のあなたの許容値にはまったくかすりもしないでしょうね、、、
 仕事、社会というものはそういうものです。
 ベストを尽くすといいますが、その結果はベターだったりベリーだったり、、、
 でも、成果だけではなく努力を認めてくれる社会も実際はあるのです。
 
 完璧でない自分をいじめず、ちょっとだけまず許してみませんか?
    • good
    • 0

 医者がなんと言おうが、もう一度法曹関係の仕事に向けた行動を起こしてください。


 これまでに受けた精神的ダメージの回復については、何らかの方法があるはずです。
    • good
    • 0

自分には価値がないとか、自分の幸せに関心がないならば、他人の幸せのために生きてください。



あなたは、価値のない人間なんでしょう?

では、あなたと違って、価値のあるお客様や同僚・上司に尽くす人生を送ればいいではないですか?

人の役に立てれば、それが生きがいになります。

そういう人生もありですし、いいんじゃないでしょうか?


以前、別のサイトで病気治療のアドバイスをよくやってましたが、私にとっては、うつ状態からの復活のきっかけになりました。

励ましてお役に立てることが張り合いになってます。

そういう人生もありですよ。

自分のための人生を考えるのを止めて、自分のような不幸な人生を歩まずに済む人を増やす人生を目指してください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング