どの作品も役柄も変わりばえしない役者っているじゃないですか、どんな作品も役も、結局一緒じゃん!この役者そうだよねって言う人いたら教えて下さい。
それと逆に、この人、作品・役に応じて変化する役者って誰ですか?
個人的には、いろんな色に変化できる人こそ役者だと思うのですが・・・

A 回答 (6件)

堤真一さんは、本当に役によって印象が変わるな~って思います。



ちょっと古いですが、
「やまとなでしこ」の時の、見るからに頼りなさそうな魚屋さんと、
「Good luck」の時の、口数が少なく厳格な先輩パイロットを
演じ分けられる技術はすごいと思います。

役によって顔だけでなく、表情の変化や、かもし出す雰囲気まで変えることのできる、
数少ない役者さんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですね~!自分も好きッス!いいとこ突いてきますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 14:57

どの役やっても同じだなぁと思う人。



・掘北マキ
・ジャニーズ全般(嵐の二ノ宮・SMAPの慎吾・V6の岡田除く)

役によって全然違う演技がうまいと思う人。

・堤真一
・阿部ひろし(トリックと白い春。別人ですよね)
・豊川悦治
・戸田エリカ
・筧利夫
・津田寛治

やはり舞台で活躍されてる方は演技力がある人が多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう~!!!
アイドル系は、仕方ないですね~って言うか、掘北マキが来るとは、ビックリです。もちろん同意見として・・・

お礼日時:2009/05/20 16:11

どの役柄を演じても一緒に感じるのは、キムタクと江口洋介です。


この二人の演技は、私にとってものすごーく物足りないです・・・。

演技がうまいっ!!と感じるのは、役所さんと柄本明さんですね。
普通な感じから黒い役まで。見ていて唸ってしまいます。
前に仰ってる方もいますが、小日向さんもいいですね。
いい人と極悪人・・・どちらも同じテンションでやってもそう見えるのがすごいです!!
古田新太さんや生瀬さんなど舞台出身の役者さんもやっぱりうまいです!

他の板でも言いましたが、若手では瑛太さん・山田孝之さんがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キムタクは、自分の友達も言ってました。どの役しても、キムタクだって。でも、新作見ますけどね。
舞台出身者は、見た目じゃなく実力で生きてきた感がありますね。
あ・り・が・と・う・ございました。

お礼日時:2009/05/20 15:12

じぶんが監督だったら、


笑福亭鶴瓶を悪役に起用したいなあ。
「善人そのものの顔の裏には冷徹な殺人鬼」
なんて役にはどんぴしゃとおもうけど。。
釣瓶のワルは怖いぞー。
これは釣瓶の演技力をアテにしてるんじゃなく、
持ち味を見込んでのこと。監督が、
「この役にはこの役者を」というのは、
演技力よりも持ち味ではない?
どの役でもデニーロだから、デニーロはへただなんて、おかしいとおもう。
持ち味を生かす演技力があるかどうか。
ということじゃないのかな。
「七変化を演じる機用貧乏」ってことば、ないかなあ。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう~!でも、デニーロを下手だなんて思ってませんよ・・・
同じ様な芝居だと、ん~!?って思うだけです。
英太のワルも個人的には、見てみたいです。優しい役が多いから・・。

お礼日時:2009/05/20 15:06

小日向文世をご存知でしょうか。


http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp2509

ちょっと冴えないしょぼくれた中年男の役ばかりです。
何を見ても登場時はいつも同じキャラクターです。

けれど、この役者のすごいところは一見同じような役柄でも
ある作品ではこの上ない善人、注文通りの無害な存在、またべつの作品ではとんでもない異常者
それをきっちり演じ分けるところです。

>どんな作品も役も、結局一緒じゃん!
>作品・役に応じて変化する役者
両方を兼ね備えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かな説明アリガトウございました。確かに、小日向さんは、変化しますね!

お礼日時:2009/05/20 11:39

個性が強いタイプの役者さんは、どの作品でも同じ味わいをかもし出していることが多いですよね。

例えば、ロバート・デニーロ。彼は、どの映画をみてもデニーロです。
逆に作品ごとに変わるのは、ケイト・ブランシェットやジム・ブロードベントのような役者さんかな。

どちらのパターンに、良いも悪いもありませんが、見ている方としては、七変化の役者さんの方が凄くみえますよね。でも、デニーロのような役者さんも渋い演技をするので逆にMeet the parentsみたいにデニーロの「らしさ」を逆手に取ったコメディーもあるわけです。
どちらに転んでも、皆さん素晴しい役者さんたちですよね。

この回答への補足

出来れば、日本人の方でいませんか?

補足日時:2009/05/20 10:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり、どの映画を見てもデ・ニーロじゃダメじゃないですかね?
好き嫌いは、人それぞれですが、そう思いました。
でも、イイ意見教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 11:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歌舞伎役者の方への差し入れはどのような物が宜しいのでしょうか?

歌舞伎役者の方への差し入れはどのような物が宜しいのでしょうか?

Aベストアンサー

出番にも寄りますが、巡業でしたら、その街の有名菓子などが良いかも知れません。
月公演なら、沢山の方々が差し入れするでしょうから、変わったものも良いかも知れませんね。

まあでも、楽屋では衣装着替えにお化粧にと天手鼓舞で忙しくしてますから、1つ1つラッピングして有る様なもので、手が汚れず、1口サイズで、軽い物がお口に運び易いのかなと思います。
比較的平均年齢は高いので、御茶請けや甘い物などは好まれると思います。
ケータリングではその様なものが多いですから、多分、差し入れとかはケータリングに並べられるのかも知れません。

Q結構 窪塚洋介のキャラクターの役柄や雰囲気を パクってる役者さんて 多いですよね?? 元祖が こちら

結構 窪塚洋介のキャラクターの役柄や雰囲気を パクってる役者さんて 多いですよね?? 元祖が こちらの しってますかね??

Aベストアンサー

ああいう雰囲気の役は窪塚が元祖というわけでもありません。
真似た子供のせいで放送中止になってしまいましたが、木村拓哉のギフトもあんな感じの描写がありましたが、IWGPより3年前です。
髑髏城の七人のような演劇界でもちょっとトンだ人としてはよくあるスタイルです。
元をたどれば歌舞伎くらいまではいけるはずです。
もしかしたらバサラという言葉を使っていた世界でもそうかもしれません(未だに研究が突き詰められていないのでそこが限界)

Q徳永英明って歌うまいですか?

徳永英明さんはカバー曲のアルバムを出したりしていますが、歌うまいですか?
私は声に特徴はあるなぁと思いますが、世間で言われているほどに歌がうまいとは思わないのですが。

ファンの方の感情的、盲目的な回答ではなく、ちゃんとした声楽的見地からの回答お待ちしています。

Aベストアンサー

私は歌のうまさでは声量、力強さを重視するので、私の感性では徳永さんはあまり上手いとは思わないです。
ただ声に特徴があって魅力的だとは思います。

ちなみに私にとっての歌上手い人は
倖田來未
絢香
superfly
などなど…です

何を重視するかで上手いかどうか人それぞれ違ってくると思います。

Q役者と狂気 役に入る、役を抜く 役者魂、役者根性

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わずに「信じる」という言葉を使うなら、名優とは自分を演じている役だと信じきっていたり、レプリカの銃を向けられているのに本物の鉄砲を向けられていると思って恐れたりする、可能な特異な能力の持ち主だと思います。演じるには、「信じる」ことが大事で、「信じ」てさえいれば、素でいても演技していることになるのかな、という気がしています(映画じゃなくて、舞台なら発声法が大事でしょうし、場合によっては技巧的な演技が必要だと思いますが)。

「演じる」ということを「狂気」あるいは「信じる」という言葉を使ってを論じている書物などをご存知でしたら、どうかご教示いただけないでしょうか。

また、「役者魂」、「役者根性」、という言葉がありますが、どういう意味で使うのが一般的ですか?スタントマンなしで危険な演技(もちろん訓練して)をしたり、あるいは濡れ場を演じることでしょうか。あるいは徹底的に役作りをして、役に入り込むことでしょうか?この二通りの意味で使われている気がするのですが、どうでしょうか。

役作りに関する努力は、古代が舞台の映画で主演する俳優が風呂に入らない、携帯を持たない、など色々耳にすることがあります。少し前には、ジョニー・デップが酒場で酔っぱらって転倒したというニュースがあり、アルコール中毒役を演じるための役作りの可能性もある、と解説されていました。

役作りの逆(「役抜き」とはいいませんよね、なんて言うんでしょう)で、「役が抜けなくなる」ということもあると思うんですが、役作りと併せて、面白い逸話などがあったら、あるいはそうした逸話が集められた書籍があれば教えていただけないでしょうか。

映画で恋人や夫婦役で共演した役者が結婚して、すぐに離婚してしまう、ということが多いように感じるのですか、このあたりは、「役に入る」、「役を抜く」ということと関係があるでしょうか。

あるいは、狂気の役を演じた俳優が本当に精神を病む(最近なら、沢尻エリカに関してこんなニュースが流れましたが)ということは、実際におきたのでしょうか?

「山崎努」の『俳優のノート―凄烈な役作りの記録』という本と、『ドッグヴィル』の撮影風景をおさめたドキュメンタリーを購入したので、まずはここからヒントを探そうと思っています。

僕は役者志望ではないのですが、役者の仕事、精神のありように非常に感心があります。
他に考えるヒントになりそうなものが教えていただければ大変ありがたいです。

もし「狂っている」ということを、「理性があるのにおかしなことをすること」と定義するなら、「自分がAだと知っているのにBだということにする」役者は「狂っている」(悪い意味は全くこめていません)と言えるかもしれません。

そして、素人の印象としては、「役に入り込む」、あるいは「役が憑依する」名優は、「自分がAだと言うことを忘れてしまって、完全にBだと思い込んでいる」いるのであり、そうでない俳優よりも「さらに狂っている」と言えるかもしれません。

また、「狂っている」という言葉を使わず...続きを読む

Aベストアンサー

 アクターズ スタジオのインタビュー集は、なかなか面白いですよ。
 成功している俳優、演出家、映画関係者を集めたインタビュー集で、なかなか突っ込んだ意見交換もありました。
 俳優さんの演技スタイルも千差万別のようで、役にはいりこむデ・ニーロのようなタイプもいたり――あくまで役と距離を保ち、どう効果的に観せるかを探求する――アンソニー・ホプキンスのようなタイプもいたりと、興味深いです。
 役者だけをあつかったインタビューではありませんが、扱う視点が多い分、思考の幅が広がり、ヒントには良いかと。
 DVDと書籍で出ているようですので、よろしければ。

Qどの作品も役柄も同じ芝居の役者?

どの作品も役柄も変わりばえしない役者っているじゃないですか、どんな作品も役も、結局一緒じゃん!この役者そうだよねって言う人いたら教えて下さい。
それと逆に、この人、作品・役に応じて変化する役者って誰ですか?
個人的には、いろんな色に変化できる人こそ役者だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

堤真一さんは、本当に役によって印象が変わるな~って思います。

ちょっと古いですが、
「やまとなでしこ」の時の、見るからに頼りなさそうな魚屋さんと、
「Good luck」の時の、口数が少なく厳格な先輩パイロットを
演じ分けられる技術はすごいと思います。

役によって顔だけでなく、表情の変化や、かもし出す雰囲気まで変えることのできる、
数少ない役者さんだと思います。

Q韓国女優チェ・ジウさんの役柄スジンって、日本名にたとえるとどんな感じ?

拙い文章ですいません。
韓国女優チェ・ジウさんが、出演した「新貴公子」でスジンという名前のお嬢さん役を演じてました。
また映画「オルガミ 罠」という作品にもスジンという新妻の役をしていました。
そして「冬のソナタ」ではユジンという役名でした。

この「スジン」「ユジン」という名前は、無理やりに日本の類似の名前に当てはめるとどんな感じの名前になるでしょうか?。

この質問は回答はあってないようなもんですが・・・。
なぜ類似の名前を使っているのか?。役柄のキャラクターも似ている。
なんか製作側の意図があるならそれも併せて回答下さればさいわいです。

Aベストアンサー

「冬のソナタ」での「ユジン」には「愉珍」という字を当てていたと思いますが,「スジン」はちょっとわかりません。
韓国の女性にの名前に比較的「~珍」というもじが使われるようです。
冬ソナのユジンの妹も「ヒジン」ですし。(「喜珍」でしょうか・・。)
「夜を賭けて」の監督の金守珍は男の方ですが。

Q軟式テニスの誰でもできる技

軟式テニスで誰でもできる技ありませんか? あったら詳しくお願いします。      

Aベストアンサー

中学で軟式テニスをしていた者です。
軟式、硬式に関わらず、例えば「テニスの王子様」などのテニスマンガのように自分の個性や特徴を表し、それに特化すれば強くなるというような技はほぼ無いでしょう。プロが「ジャックナイフ」や「ジャンピングサーブ」と呼ばれる様な打ち方をしていたとしても、それはそのひとのタイミングや歩数、打点などの違いによって生まれるものです。
しかし、私自身や同僚は、安定しないという理由で(一発が凄くても、安定しなければ試合では勝てませんからね)試合ではあまり使いませんでしたが、練習時には面白い「技」つまり名の付くショットを使うこともありました。
例えばサーブ。私は細身でしたがサーブのスピードは自他共に認めるほどの高速で、練習に来た全国区の選手を討ち取る事もありました。それはフォームで打っていたからです。筋トレも必要ですがフォームを研究すれば、「スカッドサーブ」や「ダンクスマッシュ」を打てる日が来るかも知れません。
そしてボレーでは「ドロップショット」。これは常識かも知れませんが、前衛がボレー時に相手の不意を突き、力を抜いて球をネット際に落とすもので、タイミングと力の抜き具合によっては相手を意気消沈させることができます。
さらに私の同僚はなんとバギーホイップショットこと「スネイク」を打つことが出来ました!強烈な左回転をかけフォアで打つもので、ポール上を通って球が入って来たときは驚きました。
また、相手に試合で使われた「スピンロブ」。これは前衛の頭上ギリギリをスピンをかけた中ロブで通し、後衛を走らせるというテクニックです。これは抜群のコントロールさえあれば試合でも大変有効なものです。
以上、ダラダラと長話をしてしまい申し訳ありません。
これらすべてをすでに知っているかもしれませんね。プロにしてみれば普通のものもありますしね。
やはり「技」と名の付くものは誰でも出来る、と言うわけにはいかないでしょうが
うまくなる過程で知っている技、又は編み出した技を習得していって下さい。

中学で軟式テニスをしていた者です。
軟式、硬式に関わらず、例えば「テニスの王子様」などのテニスマンガのように自分の個性や特徴を表し、それに特化すれば強くなるというような技はほぼ無いでしょう。プロが「ジャックナイフ」や「ジャンピングサーブ」と呼ばれる様な打ち方をしていたとしても、それはそのひとのタイミングや歩数、打点などの違いによって生まれるものです。
しかし、私自身や同僚は、安定しないという理由で(一発が凄くても、安定しなければ試合では勝てませんからね)試合ではあまり使い...続きを読む

Q女性の役者さんは女優と呼びますが男性の役者さんはなぜ俳優なんですか?男優じゃだめなんですか?

女性の役者さんは女優と呼びますが男性の役者さんはなぜ俳優なんですか?男優じゃだめなんですか?

Aベストアンサー

男優さん・・・、なんか卑猥に聞こえますね。
だからじゃないですかね。(^_^;)

Q小川知子さんって、まだ宗教やってんですか?

すみません。題のままです。
幸福の科学の広告塔の小川さん。
一度、あぁいうのをやってしまうと辞めにくいだろうなぁと思います。芸能人は大変・・・別に辞めなくてもいいんだけど。

で、まだやってらっしゃるんですか?

Aベストアンサー

「脱会した」という話も聞かないので、おそらくまだ「信者」なのだと思います。

「脱会」したなら、多分「私はこうしてだまされた!!」という「告白本」を出されると思いますから。

以上、お役に立てれば幸いです。

Q藤原紀香って男の人からしたら魅力的ですか?美容にお金かけ過ぎじゃないですか?

この間、スマスマをみたら藤原紀香がでていて、1日に10種類以上の美容法に時間とお金を費やしていました。男性から見たらそんな女性ってありですか?また藤原紀香の外見は魅力的ですか?

Aベストアンサー

最近スマスマでみた藤原紀香はよかったですね。あれだけ綺麗なら、美容にお金を掛けても問題なしかと(妻としてやるべきことをやっていることが前提です)。藤原紀香が溺愛している水素はちょっと興味が持ちました(笑
http://xn--eckybs1p812o741cf9mhg1b.xyz/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報