子供が脳腫瘍になり摘出手術を受けました。一部(極わずか)どうしても摘出できない場所があり残存しています(手術中肉眼では確認できたようです)。ただMRIでは残存腫瘍は確認できません。そこで質問です。
1.この場合、医学上全摘になるのか亜全摘になるのか。
2.全摘の定義はやはり肉眼ですべて摘出した時のみ使う言葉なのか。
3.予後を考えれば肉眼で全摘とわずかでも残存が存在するのとでは雲泥の差があるのか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.亜全摘ですね。

全摘とは言えません。
2.そうですね、最低限肉眼的に全部摘出できているのが前提です。かつ病理検査(顕微鏡での検査)で切除断端に腫瘍がないことが必要とされることもあります。
3.雲泥かどうかは腫瘍の種類によるかと思いますが、すくなくとも全摘と同じ経過は期待できないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。やはり亜全摘ですか・・・。

お礼日時:2009/05/23 20:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脳腫瘍の基礎知識〜初期症状・良性と悪性の違い・治療方法

    脳腫瘍とはどんな病気か  頭蓋骨のなかにできる腫瘍です。体のほかの部位にできたがんが転移してくる転移性(てんいせい)脳腫瘍と、脳そのものから腫瘍ができる原発性(げんぱつせい)脳腫瘍に分類されます。原発性脳腫瘍は、さらに良性と悪性とに分けられます。  診断は、手術で取り出した腫瘍を顕微鏡で観察して最終的に決めます。一般に悪性脳腫瘍は周囲に根を生やすように発育し、それに対し良性脳腫瘍は周囲の脳とはある境...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳腫瘍を増大させてしまう要因は?

私は脳腫瘍持ちで、昨年ガンマナイフで治療しましたが、最近の検査で、新たに腫瘍の発生が確認され、また治療を受ける事になりました。
 そこで質問です。
 体質(病気による)もあるかと思いますが、脳腫瘍を増大させてしまう要因は何でしょうか?
生活習慣でしょうか?
嗜好は、お酒、コーヒーで、タバコは一切吸いません。
お酒は晩酌に赤ワインを小さめのグラスで1杯だけ。
コーヒーは1日に多くても2杯程度。
 眼を駆使する仕事なので、食事以外にビタミンC等のサプリを採っていますが、やめた方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、素人です。

脳腫瘍に遺伝以外の明確な原因なんてなかったような、と思い調べて
みました。

http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200903/clinic.htm
>脳腫瘍の原因は遺伝子の変異とされていますが、それ以上のことは現
>在でも不明です。ただし、腫瘍の進行を助長するものとして、高たん
>ぱく・高脂肪食品の過剰摂取、過度のストレス、喫煙などがあげられ
>ています。また、ほかの臓器にがんがある場合、身内に脳腫瘍を発症
>した人がいる場合は、脳腫瘍のリスクが高くなると考えられます


高たんぱく・高脂肪食品というと、肉、魚、卵、大豆、乳製品、ってと
ころでしょか。ただこれも進行を助長する要素であり、発生原因とは少
し違うと思いますが。

Q脳MRIの造影剤使用なしの判断

脳の検査で、造影剤なしのMRIを撮影した後、造影剤ありのMRIを撮影する必要はないと判断された場合、どのような理由で造影剤を使用しなかったのでしょうか?また、どのような病気の場合、こういった判断になるのでしょうか?

【経緯】
めまいと手のしびれを理由にとあるクリニックを受診したところ、念のため、検査専門の病院でMRI+MRAを取ることになりました。
訪れた検査専門の病院の問診では、「まず造影剤なしで撮影し、病気が疑われた場合には、さらに造影剤を投与して撮影する可能性がある」と医師から説明を受け、造影剤使用に関する同意書にサインをしました。
しかし、結局、造影剤の投与はありませんでした。

実際に同じような経験をされた方や専門の方にお答えいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

看護師です。
MRIや造影MRIを受ける患者さんたちを多くみてきましたので回答させていただきます。

まず、造影剤を使用するかしないかの違いですが、
医師のかたが説明したように、「まず造影剤なしでMRIをとり、その後もし何か疾患があれば造影剤を使用する」という言葉通り、造影剤を使用したほうが、より微細な情報をとらえられるという解釈で問題はありません。

造影剤というのは、血管から投与して、造影剤はその後全身の血管を巡っていきます。
MRIを撮影して造影剤があるかどうか?ということを見るわけですが、
造影剤がないところには血管がないということがわかり、
造影剤があるところには、そこには血流があるんだということがわかります。
これが診断上どんな意味を持つかとういうと、
代表的なものとしてがんなどの腫瘍をそのステージなどかなり詳細に判断できることです。
腫瘍も血液がないと活動できません。
腫瘍は他の細胞と違い異常な細胞ですので、他の血流とは造影剤の移り方が違うので、腫瘍がどのような状況か判断ができるわけです。
また脳の場合には脳内出血の細かい状況なども判断できます。

少しわかりにくくなってしまいましたが、
造影剤を使用することで、脳内の腫瘍や脳内出血の詳細が分かると考えていただければと思います。
造影剤を使用しなくても、脳梗塞や脳萎縮の有無などは十分みることができます。
一方腫瘍の有無や出血の有無はある程度わかりますが、その詳細までとらえることは難しいのです。

基本的に、造影剤なしのMRIで異常が認められない場合、わざわざ副作用のある造影剤を使用してもう一度MRIをとる、ということはしません。

おそらく質問者さんの場合、造影剤なしのMRIで特に異常がなかったということなのだと思います。

長文となり申し訳ありません。
少しでも参考になれば幸いです。

看護師です。
MRIや造影MRIを受ける患者さんたちを多くみてきましたので回答させていただきます。

まず、造影剤を使用するかしないかの違いですが、
医師のかたが説明したように、「まず造影剤なしでMRIをとり、その後もし何か疾患があれば造影剤を使用する」という言葉通り、造影剤を使用したほうが、より微細な情報をとらえられるという解釈で問題はありません。

造影剤というのは、血管から投与して、造影剤はその後全身の血管を巡っていきます。
MRIを撮影して造影剤があるかどうか?ということを見るわけで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報